教室・自然いろいろブログ

グループ彩雲の創作活動と身近な自然の観察記録

真夏に出会ったピカピカの甲虫たち

2019年08月16日 | 生き物

最近出会ったピカピカ輝く甲虫たちを並べてみました。

初夏によく出会っていたものの7月に入ってからはあまり見かけなくなっていた
ハンミョウに先日再会できました。


何度見てもうっとり・・

近所で樹液の出るクヌギは数本あって通りかかるたびに観察しています。


シロテンハナムグリばかり集まっている日は珍しい。
ここに数日前までクワガタのメスもいたのですが採集されてしまったかな。。
夏休みになった途端虫かごをもった親子連れが増えました。


いちばん多く見かけるのはこのカナブンたち

真ん中にいる小さい甲虫は

ヨツボシオオキスイ。


上からルリタテハ、クロカナブン、スズメバチは何スズメバチかな?
クロカナブンはカナブンより数が少なく感じられます。
アオカナブンにも会いたいな~☆

ここ数年、樹液に来ているカブトムシは見たことがなかったのに

先日、ムクゲにしがみついているオスに会えました。

暗くてジメジメしたところでは

センチコガネに


アオオサムシ
この仲間はよくいるのにすばしっこくてなかなか撮らせてもらえません。
色の変異があるようですがこの個体の緑色は素敵でした。
こんな色の車があったらいいな♪

いちばん撮りたいのはヤマトタマムシ。
この夏は飛んでいる姿を近所で数度見かけたのでチャンスはあるはず!
8月散歩の楽しみです。

コメント