映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

47 RONIN

2013-12-20 | 映画 は行
「もうひとりの息子」を見た後、もう1本見ようと上映時間を確認したら本作が丁度よかったので
躊躇しつつ鑑賞決定。
ハリウッドが作る日本を舞台にした映画や日本映画のリメイクは危険です。
以前マシュー・ブロデリックやジャン・レノ主演で松田聖子や加藤雅也もちょこっと出た
ハリウッド版「GODZILLA ゴジラ 1998」。酷評されましたが「ゴジラ」でない別の名前の
怪獣映画だったら、十分面白かったのに…と思いました。
本作も「四十七士」「忠臣蔵」とは別の、ファンタジー戦闘映画だったらよかったのかも?

来年の夏、またまた「GODZILLA 2014」が公開されるようですね。
「キック・アス」のアーロン=テイラー・ジョンソンにジュリエット・ビノシュ、
渡辺謙に宝田明のカメオ出演まであるらしいですが、どうでしょう?
人気を博すかどうかは、やっぱりゴジラの造形にかかってくるでしょうね。
1998年版のティラノ・サウルスみたいなGODZILLAはあかんよ~。


    ********************

         47 R O N I N

********************

          
           キアヌ、殺陣頑張ってます。
 < ストーリー >
赤穂の領主浅野は吉良と妖女ミヅキの企みにより、将軍から切腹を言い渡され、大石率いる
赤穂のサムライたちはRONINとなり領地を追われる。1年後、喪が明けたら浅野の娘ミカを妻に
迎えようとする吉良。吉良の野望を阻止し、主君の仇を討つべく集まった47人の浪士たちは、
混血青年カイを仲間に入れ、仇討ちに向かう。

そもそも、何故「忠臣蔵」だったんでしょう?
「忠臣蔵」が武士道の「義」や「忠」を体現する物語だから?
ところが、西洋物にトロールやドラゴンが登場する如く、怪獣や大蛇?を退治する
ファンタジー映画でもあるのです。
監督さんのインタビューを拝見すると、
  忠臣蔵に日本の神話や民話の要素を大胆に導入し、新たな世界観を作りあげた。
  しかし、忠臣蔵に根付く“精神”は決して変えなかった。この物語で最も惹かれ
  たのは「忠義」と「名誉」そして結末で復讐の連鎖が閉じる部分だ。大石たちは
  復讐を果たすのと引き換えに大きな代価を払い、そこで復讐の円環が閉じるんだ。 
  四十七人は勇気と忠義を持って復讐の結果を受け入れたことを注意して描いた。
っと、仰っています。
日本の神話や民話を描くなら「日本武尊」とか「素戔嗚尊の八岐大蛇」なんか
よさそうです。そこに「忠義」と「復讐」を入れちゃうと……
「南総里見八犬伝」はどうでしょう?
       
「忠臣蔵」に妖怪や大蛇はあまりにもミスマッチで、
抑揚つけて「Asano~」とか「Kira」とか言われても・・・。
城や装束が見慣れた江戸時代のデザインとかけ離れているし、
白塗りにおちょぼ口のメイクにも笑ってしまって。
極めつけは将軍の被り物がヴァイキングのように角があり、下駄を履いて
カタカタ階段を降りてきたところでした。

高校の漢文の授業でT先生が「義士」の「義」について熱く語られたのを
覚えています。ウン十年前なので内容はおぼろげなのですが、
主君の仇を討ったことで浪士は義士になったのですというくだりだけ覚えています。

          
本作の流れでは「忠や義」の描写がいま一つ、外国の方々には結末がなんだかよくわからない
のではないでしょうか? 全員並んで切腹って?
グローバリゼーションのもと、敢えて異文化の代表作をベースにハリウッド映画を
作リあげたチャレンジ精神にはエールを送りますが、「忠義」にファンタジー、
そして許されぬ恋っと、ちょっと盛り沢山過ぎだったのと、
子供の頃から大河ドラマや映画などで何度も見てしっかり刷り込まれている「忠臣蔵」の
イメージを私が引きずっていて「ファンタジー忠臣蔵」を楽しむことができなかったのかも
しれません。

アメリカでの公開は12月25日からのようですが、果たして彼らの反応は
どうなのか?興味ありです。
忠臣蔵を全く知らない方が、エキゾチックファンタジーとして素直に楽しめるのかもしれません。


柴崎コウちゃんが綺麗でした。 
真田広之さん、ハリウッド作品にも沢山出演しておられますが、生まれるのがちょっと早かったかも。
いま彼が20代だったら…カッコよかったし、アクションもこなせるし、もっともっと国際的なスター
になれたでしょうに。
これからもがんばって欲しいです。応援してます。
     





  にほんブログ村 映画ブログへ




 ***** 見た 映画 *****
 
 12月18日 「ゼロ・グラビティー」@TOHOシネマズららぽーと横浜

      「鑑定士と顔のない依頼人」@TOHOシネマズららぽーと横浜

 12月19日 「ダニーのサクセス・セラピー シーズン1⑨~⑫」DVD



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
« もうひとりの息子 | トップ | ゼロ・グラビティー  GRAVITY »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2013-12-23 10:00:31
OH! JAPANESE忠臣蔵 FANTASTIC AND SWEET!

あんな一度に切腹しちゃいけません。
介錯する人用意するのだって大変だし。

忠臣蔵に似た話と思って見ればOKです。
Unknown (ふじき78さんへ(ryoko))
2013-12-23 23:48:27
う~ん・・・忠臣蔵に似た話/のようなもの、ということならいいか。
でも・・・やっぱり刷り込まれたイメージが強いんですよ。
別物として作って、日本人がなんとなく忠臣蔵に似てなぃ~?ってくらいで良かったと思います。
日本インターネット映画大賞運営委員会と申します (日本インターネット映画大賞運営委員会)
2013-12-29 21:17:37
日本インターネット映画大賞運営委員会と申します。当方では第18回日本インターネット映画大賞を開催しております。もし宜しければ概要(http://www.movieawards.jp/)を読んで頂きまして投票(締切1月16日)のほど宜しくお願い致します。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 は行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

10 トラックバック

『47RONIN』 真の主人公は誰だ!? (映画のブログ)
 『47RONIN(フォーティーセブン・ローニン)』のビジュアル――特に城と城下町が一体になって広がる光景が気に入ったので、翌日小田原城を歩きながら『47RONIN』のことを考えていた。  北条氏が豊臣軍と戦うために籠った小田原城は首都圏から気軽に足を延ばせる距離にあ...
47RONIN (風に吹かれて)
魁武士の本懐公式サイト http://47ronin.jp将軍徳川の治世の鎖国時代の日本。混血児カイは、赤穂藩藩主・浅野内匠頭(田中泯)に命を救われ、浅野の娘ミカ(柴咲コウ)と心を通わせるようになる。
47RONIN (だらだら無気力ブログ!)
ファンタジー忠臣蔵、コレはコレで面白かった。
「47RONIN」外国からの視点で描いた先にみた視点が変わっても基本は変わらない復讐の連鎖を断ち切る日本人の武士道精神 (オールマイティにコメンテート)
「47RONIN」は忠臣蔵を海外から観た視点で解釈して制作したリメーク作品で浅野内匠頭が吉良上野介の策略で斬ってしまった事で切腹となり領地が吉良上野介の物になった事により浪人と ...
『47RONIN』を109シネマズ木場5で観て、これはこれそれはそれふじき★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★忠臣蔵でない事に関してはどうでもいいんだけど、単純にテンポ悪くて見せ場の見せ方が悪いので映画としては残念。皆で見終わった後、話が弾みそうだからつまん ...
『47RONIN』 (2013) (相木悟の映画評)
楽しきハチャメチャ和風ファンタジー!となる筈が…?! 文句を言いたくとも言いづらく、面白いかといえばそうとも言えない、至極微妙な困惑作であった。 キアヌ・リーブス主演で『忠臣蔵』をハリウッド映画として撮るという一報に接した際は、「なんじゃそりゃ!」と...
「47RONIN」 ファンタジーだからって自分に言い聞かせて観た (はらやんの映画徒然草)
ついこの前に公開開始だと思っていたら、来週くらいから上映されない映画館も出てきて
「47RONIN」 (ここなつ映画レビュー)
赤穂浪士討ち入りの日、12月14日に鑑賞。菩提寺の泉岳寺には行かずに映画館へ。キアヌ・リーブス×真田広之は私にとっては願ってもない是非ものだから、「四十七士、忠臣蔵だよ!」と嘘をついて(違うって事もないんだけど)、土下座して次男に同行を依頼。本当は「清須...
47RONIN (いやいやえん)
もう設定からして「忠臣蔵妖魔伝」という感じですよね。日本人なら違和感を感じずにはいられない。 日本人の美徳もごっちゃ煮中国と一緒にされて、涙涙です。どうも中国っぽいのが否めないんだよね。 いやー別にいいんですよ、今更この全く違う設定を「忠臣蔵を大幅...
47RONIN (銀幕大帝α)
47 RONIN 2013年 アメリカ 121分 アクション/ファンタジー/時代劇 劇場公開(2013/12/06) 監督: カール・リンシュ 出演: キアヌ・リーヴス:カイ 真田広之:大石内蔵助 浅野忠信:吉良上野介 菊地凛子:ミヅキ 柴咲コウ:ミカ 赤西仁:大石主税 田中泯:浅...