映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

ブリッジ・オブ・スパイ

2016-02-02 | 映画 は行
家の屋根・外壁の塗り替えをお願いし、家の周りに足場が組まれ、洗濯物も干せない状態が
続いています。強風に雪で、思ったより長引いています。
加えて、ベランダの支えの木の腐食が判明 早く気が付いてよかったねって、
洗濯物と共に落下なんてことになったら大変ということで、ベランダをやり直すことになり、
今週もまだまだ落ち着かない日が続きます。

本作は2週間も前に見たのに…思い出しつつアップです。


    *****************************

       ブ リ ッ ジ ・ オ ブ ・ ス パ イ

    *****************************

 < ストーリー >
保険分野専門の弁護士ジェームズ・ドノバンだが、ソ連のスパイとしてFBIに逮捕された
ルドルフ・アベルの弁護を依頼され引き受けることに。敵国スパイを弁護することに、
周囲から激しい非難を浴び、家族の身にも危険が迫る。そんな中、ドノバンとアベルの間には
互いに理解と尊敬の念が芽生えてくる。死刑が確実と思われたアベルだったが、ドノバンの弁護
により懲役30年で裁判は終わる。5年後、ソ連を偵察飛行中のアメリカ人パイロットのフランシス
・ゲイリー・パワーズが、撃墜されソ連に捕らえられる。両国はアベルとパワーズの交換を画策し、
ドノバンはその交渉役を命じられ、秘密裏にベルリンへ赴く。捕虜の交換は実現するのか?

子供の頃(冷戦下)、テレビドラマや映画で、こういうスパイの交換シーンをよく見たように
思います。離れた場所から一歩一歩、緊張みなぎる中ゆっくり歩む二人。
片方が走り出して撃たれ交換失敗に終わったり、
別人のエージェントが捕虜を装い、捕虜になった味方を確保して駆け戻る
なんていうのもありました。

本作を見終わって、事実に基づいたストーリーであることに驚きを禁じえません。
東西立場は違えど、祖国のため、命を懸け、信ずる道を進むドノバンとアベル。
対峙する中、互いに相手を認め、尊敬の念を抱き、ある種の友情のようなものが芽生える。
     
        
敵国への憎悪感情から死刑を求め、弁護するドノバンに敵意をあらわにする市民。
身の危険を感じつつ、アデルの死刑を阻止するドノバン。
そして5年後、思わぬ(ドノバンは予想していた)状況で再会するふたり。
CIAでもない一個人に、国家が秘密裏にこれほど重要な役割を演じさせるってあるんですね。

それ以上に驚いたのが、空軍のパイロットへの指示。
第二次大戦中、日本では「あえて虜囚の辱めを受けることなかれ」と捕虜になるくらいなら死を選べと
指示し、特攻の行為は欧米の兵隊には理解できなかったというようなことを聞いていたのですが、
冷戦下ではアメリカでもパイロットに「機密保護のため、飛行機は爆破し、捕虜になる前には
死を選ぶように」と毒針を仕込んだコインを持たせていたと。
    
アルゴ」同様、結末はわかっているのだけれど、
ドノバンが交渉のため東ドイツで奔走するシーンはハラハラドキドキ。
ベルリン壁てこんな風に作ってたのか~とか、当時の東ドイツの状況、東ドイツとソ連の関係など
非常に見応えのある作品です。
        

捕虜の交換に成功すれば、それぞれ自国に帰ることができるんだけれど、
帰ってからといって安心というわけではなく、捕虜になっているうちに
  国家機密を漏らしたのではないか?
  寝返って二重スパイになるのではないか?
っと、どちらの捕虜も帰国後も厳しい状況に変わりはないってところが悲しい。
まぁ、国家の機密がかかっているわけだからわからないでもないが。
同胞に歓迎されるのかどうかと尋ねるドノバンにそっと答えるアベル。
アメリカ人パイロットも同じこと。何故死ななかった?と詰られるのは辛いね。

ドノバン氏は「13デイズ」で知られる1962年のキューバ危機でも活躍されたようで、
こんなすごい方がいらしたんだなぁ~、こういう方がいたことを埋もれさせてはいかんなぁっと
思った次第です。
 → 私が知らなかっただけで、ただのやり手弁護士じゃなかったようです。   

先日NHKで「新映像の世紀 冷戦~世界は秘密と嘘に覆われた~」を見ました。
私たちが生きてきたあの時代、国家間の交渉や駆け引き。ちょっとした判断ミスでとんでもない
ことが起こりかねない綱渡りのような危うい時代だったのだなぁとひしひしと感じました。

いや、今の時代も中東、EU、ロシア、イラン、中国、北朝鮮、シリアにIS、難民問題にテロ、サイバーアタック、不安定な経済、伝染病にAI等科学技術の進歩による社会の変化などなど、
冷戦時代よりもっと複雑で先行きの見えない混沌とした時代を生きているんだわぁ~。
5年後、10年後、一体どんな時代になってるの?




にほんブログ村 映画ブログへ





 ***** 見た 映画 *****

 1月10日 「ブリッジ・オブ・スパイ」@TOHOシネマズ川崎

 1月12日 「CAKE ケーキ ~悲しみが通り過ぎるまで~」DVD ジェニファー・アニストン主演

       「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」DVD

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
« フレンチアルプスで起きたこと | トップ | パレードへようこそ  PR... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スパイも大変 (もののはじめのiina)
2016-02-03 09:45:49
>捕虜になっているうちに国家機密を漏らしたのではないか? 寝返って二重スパイになるのではないか?
生きて自国に帰っても、そのように疑われるのは辛いでしょうね。ある程度の期間は、監視されるのでしょうネ。

>死刑が確実と思われたアベルだったが、ドノバンの弁護により懲役30年で裁判は終わる。
将来の捕虜交換を予想して、敵国のスパイを保護することで保険をかけておいて正解でした。^^

Unknown (もののはじめのiinaさんへ(ryoko))
2016-02-05 02:21:47
スパイは大変です。
国家機密を守り通しても、絶対疑われ続けるって…あんまりやないか~とも思うけれど、実際寝返った人もいたわけですし。疑心暗鬼ですね。

ドノバンの慧眼ですね。流石、保険専門の弁護士さんですわ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 は行」カテゴリの最新記事

23 トラックバック

ブリッジ・オブ・スパイ (もののはじめblog)
アメリカとソ連が冷戦状態にあった1957年。 スティーヴン・スピルバーグ監督×コーエン兄弟(&マット・チャーマン)脚本による実話の映画化。 イギリス秘密情報部員ジェームズ・ボンドを主人公にした007が創られたのが1962年であり、スパイ合戦していた時...
ブリッジ・オブ・スパイ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【BRIDGE OF SPIES】 2016/01/08公開 アメリカ 142分監督:スティーヴン・スピルバーグ出演:トム・ハンクス、マーク・ライランス、エイミー・ライアン、アラン・アルダ Story:世界が戦争勃発の恐怖に怯える中、世界平和の鍵を握っていたのはひとりの普通の男だった。...
ブリッジ・オブ・スパイ (あーうぃ だにぇっと)
ブリッジ・オブ・スパイ@20世紀フォックス
ブリッジ・オブ・スパイ~実はソ連側の大勝利 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Bridge of Spies。スティーヴン・スピルバーグ監督、イーサン&ジョエル・コーエン脚本。トム・ハンクス、マーク・ライランス、スコット・シェパード、エイミー・ライ ...
ブリッジ・オブ・スパイ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
一触即発の緊張状態にあった米ソ冷戦時代に、実際に行われたスパイ交換をめぐる驚愕の実話をコーエン兄弟の脚本、スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演で映画化した緊迫と感動のサスペンス・ドラマ。共演は本作の演技で数々の映画賞に輝いた英国の実力派舞...
映画:ブリッジ・オブ・スパイ Bridge of Spy  よくも悪くも、スピルバーグ印(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
冷戦時代。 NYブルックリンで、ソ連のスパイが逮捕される。 裁判に際し、自由の国アメリカのイメージを世界に示すためにも弁護士をつける必要があり、トム・ハンクス(写真:右)が抜擢される。 期待されてもいない中、彼は真剣に弁護しようとするが、この時代の一般市....
ブリッジ・オブ・スパイ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ブリッジ・オブ・スパイ』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)今度のアカデミー賞作品賞の候補に挙げられている作品というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「1957年 冷戦の高まり。 米国とソ連は、互いに相手の核の能力と意図を怖れていて、...
ブリッジ・オブ・スパイ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(10) 安定した面白さはむしろ地味な作品の方が多いのでは。
ブリッジ・オブ・スパイ (C’est joli ここちいい毎日を♪)
ブリッジ・オブ・スパイ '15:米 ◆原題:BRIDGE OF SPIES ◆監督:スティーヴン・スピルバーグ「リンカーン」「戦火の馬」 ◆主演: トム・ハンクス、ピーター・マクロビー、アラン・アルダ、イヴ・ヒューソン、エイミー・ライアン、オースティン・ストウェル、マ...
ブリッジ・オブ・スパイ / Bridge of Spies (勝手に映画評)
事実に基づく作品。U-2撃墜事件でソ連に抑留されたフランシス・ゲイリー・パワーズの釈放にまつわる話を描いている。 U-2撃墜事件は、ちょうどベルリンの壁が構築されて時期にも近く、冷戦が最高潮の頃。それを理解しないと、アメリカでソ連のスパイを弁護するということ...
『ブリッジ・オブ・スパイ』をトーホーシネマズ渋谷6(B1F)で観て、ジェフ・ブリッジやないんかいふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★主演はトム・ハンクスだけど誰でもええわ】 脚本がしっかりできてて、演出がちゃんと脚本のまんまやってるから、よっぽど変な人を据えない限り、主役は年輪 ...
ブリッジ・オブ・スパイ (セレンディピティ ダイアリー)
スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演、コーエン兄弟脚本の、米ソ冷戦時代を舞台にし
ブリッジ・オブ・スパイ (風に吹かれて)
交渉術は大事です 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/bridgeofspy 事実を基にした映画 製作・監督: スティーヴン・スピルバーグ 米ソ冷戦下の1957年。ニュ
ブリッジ・オブ・スパイ (心のままに映画の風景)
米ソ冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ジェームズ・ドノヴァン(トム・ハンクス)は、ソ連のスパイとしてFBIに逮捕されたルドルフ・アベル(マーク・ライランス)の弁護を引き受ける。 敵国の人間を弁護することに非難を浴びせられても、弁護士としての職務を果たし...
ブリッジ・オブ・スパイ(ネタバレあり!) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ブリッジ・オブ・スパイ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2016年3本目です。 【あらすじ】 アメリカとソ連が冷戦下だった1950~60年代。 ソ連のスパイ・アベル(マーク・ライランス)の弁護人になったジェームズ・ド...
「ブリッジ・オブ・スパイ」 (ここなつ映画レビュー)
非常にきちんとした作品。更に言えば、トム・ハンクスの独壇場。きちんと真面目に職務を遂行する男。それがトム・ハンクス扮するジェームズ・ドノバンだ。ドノバンは、保険関係を担当している一介の弁護士だ。冒頭の日常業務の描写で、その後の出来事での彼の戦略を象徴す...
フツーの弁護士が、がんばりすぎ~~~(;´∀`)「ブリッジ・オブ・スパイ」~ (ペパーミントの魔術師)
正直なとこ私があんまし見るタイプの映画じゃない。(わわわわわ) でも、安定のトムハンクス。ヾ(・∀・;)オイオイ ジェームズ・ドノヴァンは、フツーの市民、フツーの弁護士、それも保険の。 それが、形式上は弁護士をつけなきゃくらいの気持ちで選ばれただけだった...
ブリッジ・オブ・スパイ (心のままに映画の風景)
米ソ冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ジェームズ・ドノヴァン(トム・ハンクス)は、ソ連のスパイとしてFBIに逮捕されたルドルフ・アベル(マーク・ライランス)の弁護を引き受ける。 敵国の人間を弁護することに非難を浴びせられても、弁護士としての職務を果たし...
ブリッジ・オブ・スパイ  監督/スティーヴン・スピルバーグ (西京極 紫の館)
【出演】  トム・ハンクス  マーク・ライランス  エイミー・ライアン  オースティン・ストウェル 【ストーリー】 アメリカとソ連の冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ドノヴァンは、ソ連のスパイであるアベルの弁護を引き受ける。その後ドノヴァンの弁護により、ア....
スパイ交換劇 (笑う社会人の生活)
9日のことですが、映画「ブリッジ・オブ・スパイ」を鑑賞しました。 弁護士ドノヴァンはソ連のスパイ アベルの弁護を引き受ける 敵国の人間の弁護に周囲から非難もあったが死刑を免れ懲役刑となる 5年後、アメリカがソ連に送り込んだ偵察機が撃墜され、乗組員が捕獲さ....
ブリッジ・オブ・スパイ  監督/スティーヴン・スピルバーグ (西京極 紫の館)
【出演】  トム・ハンクス  マーク・ライランス  エイミー・ライアン  オースティン・ストウェル 【ストーリー】 アメリカとソ連の冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ドノヴァンは、ソ連のスパイであるアベルの弁護を引き受ける。その後ドノヴァンの弁護により、ア....
ブリッジ・オブ・スパイ (Bridge of Spies) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 スティーヴン・スピルバーグ 主演 トム・ハンクス 2015年 アメリカ/ドイツ/インド映画 142分 ドラマ 採点★★★★ 私の世代的なものもあるのかも知れませんし、いつ見ても似たり寄ったりの服装にモジャモジャ髭と変わらない風貌のせいかも知れないんですけ...
ブリッジ・オブ・スパイ (タケヤと愉快な仲間達)
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:トム・ハンクス、マーク・ライランス、スコット・シェパード、エイミー・ライアン、セバスチャン・コッホ、アラン・アルダ、オースティ......