こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

レッドクリフ Part I

2009年05月31日 | ラ行

『レッドクリフ Part I』
---RED CLIFF: PART I---
2008年(アメリカ/中国/日本/台湾/韓国)

監督:ジョン・ウー
出演: トニー・レオン、 金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン 、中村獅童


西暦208年。
帝国を支配する曹操(チャン・フォンイー)は、いよいよ劉備軍、孫権軍の征討に向け80万の大軍を率いて南下を開始した。
最初の標的となった劉備軍はわずか2万。撤退が遅れ、曹操軍に追いつかれてしまい全滅の危機に。
しかし、関羽と張飛の活躍でどうにか逃げ延びることに成功する。
軍師の孔明( 金城武)は、劉備(ユウ・ヨン)に敵軍である孫権(チャン・チェン)との同盟を進言、自ら孫権のもとへと向かう。
しかし、孫権軍では降伏論が大勢を占めており、孔明は若き皇帝孫権の説得に苦心する。
そんな時、孔明は孫権軍の重臣・魯粛の導きで、孫権が兄と慕う司令官・周瑜(トニー・レオン)と面会することに。
最初は互いに警戒心を抱いていたものの、次第に2人は相手への尊敬と信頼を深めていく。
(allcinemaより)


---------------------------------------------------------------------




三国志はどうも苦手です。
中国の歴史は、あまり興味はないのですが、とにかくDVDはレンタルしてみました。
壮大なスケールというのが分かります。
大きな国ですよね、中国は・・・。
パートⅡと合わせて5時間の大作の赤壁の戦い。
中国史がお好きな方にはたまらない魅力の映画だと思います。

私はパートⅡもDVDで鑑賞したいと思いました。m(_ _)m




『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
«  宮廷画家ゴヤは見た | トップ |  僕のニューヨークライフ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スクリーンで~ (cyaz)
2009-06-05 08:26:53
小米花さん、こんにちは^^
パートⅠは僕もちょっとイマイチだったんですが、
パートⅡは非常にわかりやすく、且つ本来の赤壁の意味が理解できる映画になっています。
DVDもいいですが、この手の映画の醍醐味は、
やはり大きいスクリーンで観ることじゃないでしょうか^^
cyazさんへ! (小米花)
2009-06-05 21:05:04
パートⅡは、劇場がオススメですか~?

確かに壮大なスケールの映画ですからねぇ。。。

書き込みありがとうございました!!

コメントを投稿