和やか-散歩

「こんな映画見ました~」から「和やか-散歩」へ

真実

2021年04月15日 | こんな映画見ました~(洋画)
『真実
---La vérité---
2019年(日本/フランス)

監督:是枝裕和
出演:カトリーヌ・ドゥーブ、ジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホーク、リュディヴィーヌ・サニエ

「万引き家族」で第71回カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した是枝裕和監督が、初めて国際共同製作で手がけた長編作品。
母と娘の間に隠された真実をめぐる物語を、フランスを代表する女優カトリーヌ・ドヌーブとジュリエット・ビノシュの共演で描く。

フランスの国民的大女優ファビエンヌが自伝本「真実」を出版し、それを祝うためという理由で、アメリカに暮らす脚本家の娘リュミールが、夫でテレビ俳優のハンクや娘のシャルロットを連れて母のもとを訪れる。
早速、母の自伝を読んだリュミールだったが、そこにはありもしないエピソードが書かれており、憤慨した彼女は母を問いただすが、ファビエンヌは意に介さない。
しかし、その自伝をきっかけに、母と娘の間に隠されていた愛憎渦巻く真実が次第に明らかになっていく。
女優として優れていることを何よりも優先するファビエンヌをドヌーブ、娘のリュミールをビノシュが演じた。そのほかリュミールの夫ハンク役でイーサン・ホーク、ファビエンヌの共演女優役でリュディビーヌ・サニエら実力派キャストが顔をそろえる。2019年・第76回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品。日本人監督の作品として初めて、同映画祭のオープニング作品として上映される。(映画.comより)
     
 
 
-------私のひと言-------
 
お家鑑賞(Amazonプライム)。
是枝裕和監督作品でフランスの2大女優とイーサン・ホーク出演ということで見ました。意気込んでみた割には、感情移入しがたくて記事に出来ずに放りっぱなしになってしまいました。
気を取り直してアップします。
 
う~~ん、是枝裕和監督作品は割と好きなのですが、これは感情移入が難しかったです。
家族をテーマにしていることは分かるのですが、それで?って思ってしまうことが多く、私には難解。
それでも楽しく見られればいいのですが、そう楽しくもなかったのよね。。。_| ̄|○
 
 
 
 
 

 

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 草木染のストール | トップ | 藤が見頃~ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
国の違い (こに)
2021-04-17 10:34:19
これが是枝監督が描くところのフランスの家族というものなのだろうと思って観ました。
イーサン・ホークの扱いが軽かったのが少々不満でした(笑)
https://blog.goo.ne.jp/mikawinny/e/0173464499f86174231da021ffe9d869
こにさんへ! (小米花)
2021-04-17 21:05:26
どういう繋がりでフランスの家族を描くことになったのかは分からないままなのですが、
家族という形をフランスでも描いてみたかった、という事なのでしょうか・・・。
このテーマは、日本の女優さんで日本で撮った方が
分かり易かったかな、、と思いました・・・💦
でも、日本の家庭では難しかったということですね。

イーサン・ホーク、インパクトなしでしたね。
それでも出演してもらうのは大変なことだったのでしょうけど・・・。

コメントを投稿