天燈茶房 TENDANCAFE

さあ、皆さん どうぞこちらへ!いろんなタバコが取り揃えてあります。
どれからなりとおためしください

熊本県から見えた!H-IIBロケット9号機による宇宙ステーション補給機「こうのとり」9号機(HTV9)の打上げ

2020年05月21日 | 宇宙
本日2020年(令和2年)5月21日午前2時31分00秒(日本標準時)、宇宙ステーション補給機「こうのとり」9号機(HTV9)を搭載したH-IIBロケット9号機(H-IIB・F9)がJAXA種子島宇宙センターから打上げられました。

現在、新型コロナウイルスの感染対策として種子島では本土からの渡航自粛が呼びかけられており、宇宙ファンの見学やマスコミの来島取材も無く一種の厳戒態勢下での打上げとなりましたが、僕の住む熊本県南部からは雲ひとつ無く晴れ渡った初夏の夜空に駆け昇っていくH-IIBロケットの飛翔を見ることが出来ました!




打上げ時刻から40秒ほど経ってから、九州山地の稜線からH-IIBロケットが飛び出して来ました。
固体ロケットブースタ(SRB-A)を通常型のH-IIAロケットの倍の4発も噴かしているので、真っ赤な噴射炎がとても明るく見えます。
第1段のメインエンジンLE-7Aも2発ですから、2機のH-IIAのコア機体の周りにイプシロンロケットが4機束ねられているのと同じ構成です。本当に怪物のような巨大ロケットであることが分かります。
美しく、そして力強い飛翔です!


打上げからおよそ2分でSRB-Aは燃え尽き、切り離されます。動画には映っていませんが、切り離されたSRB-Aが2回に分かれて火の粉のように舞い落ちていく様子も肉眼で確認出来ました。
SRB-Aが切り離された1分半後には「こうのとり」9号機(HTV9)を覆っていたフェアリングも切り離されますが、この頃にはH-IIBロケットは既に宇宙空間の高度に到達しており噴射炎も青白く広がっているのが判ります。
この時点で機体は四国の遥か南方沖の太平洋上空を飛行しており、やがて第1段エンジンが燃焼停止して視界から消えていきました…
そして打上げから約15分後にHTV9を予定通りに分離、打上げは成功しました!

新型コロナウイルスが世界的に感染拡大している状況での打上げという、日本と世界の宇宙開発関係者が史上初めて経験する極限状況下での打上げでしたが、晴れ渡った星空の中を天の川の流れをくぐるように駆け抜けた見事な打上げでした。
これでH-IIBロケットは打上げ計画を全て終了、宇宙ステーション補給機「こうのとり」と共に全ての打上げを成功させて有終の美を飾る事が出来ました。
関係者の皆さん、本当におめでとうございます!

H-IIBロケットと宇宙ステーション補給機「こうのとり」の任務は、今年度中にも初号機が打上げられる日本の新しい基幹ロケットH3と新型宇宙ステーション補給機HTV-Xに引き継がれます。
新しいロケットの打上げは人類が新型コロナウイルスに打ち勝って自由を取り戻してから、種子島で見たい…そう願っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のSL人吉(令和元年10月26日)

2019年10月26日 | 鉄道
今日は昼からいい天気…だったのですが、SL人吉通過のほんの数分前から夕陽が雲に隠れてしまい、ああ無情な結果に(笑)
ただの薄暗い写真になってしまった…

さて今年のSL人吉の運行もいよいよ来週まで。
まだ何度かチャンスはありますが、きれいな夕陽SLの写真は撮れますかね。。。
とりあえず明日も頑張ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

即位礼正殿の儀の日のSL人吉

2019年10月22日 | 鉄道

本日、令和元年10月22日、即位礼正殿の儀が執り行われました。
おめでとうございます!

そんなめでたい日のSL人吉、今日くらいは機関車にお召し列車風に日の丸を掲げて欲しかったのですが、いつもどおりの姿で走り去りました。


令和元年のSL人吉の運行も残すところあと僅か…
夕陽のSLを見られるのは今だけです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「第32回やつしろ全国花火競技大会」に伴う臨時列車が運行されました

2019年10月19日 | 鉄道

本日、令和元年10月19日に開催された第32回やつしろ全国花火競技大会への観客輸送の臨時列車が、今年も多数運行されました。


毎年おなじみの北九州と博多から運行される団体臨時列車は、今年も2本とも783系ハイパーサルーンでの運行。ここ数年は787系の八代入線はありませんね…
それにしても、雨こそ降らなかったものの曇天模様の天気の悪さもここ数年、毎年おなじみのもの。
せっかくの花火大会なのに、なかなかスッキリと晴れてくれません。


「やつしろ全国花火競技大会号」として走った811系。これも毎年おなじみの、福岡地区からの応援車両です。
「八代」の方向幕を掲げて走る811系は一年で一度、花火大会の日だけ。


いつもは早朝の時間帯に定期列車として八代まで走る415系も、乗車定員の多さを活かして午後に走ります。


817系は2編成併結して4両編成を組んで運行。
福北ゆたか線からも応援の車両が来ていたようですね。


811系は八代駅到着後の折返し上り列車は回送列車として熊本に引き揚げたようです。


八代駅で団体客を降ろして一旦引き揚げる783系。
来年は787系も来るといいなぁ…
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

復活急行「阿蘇号」が走りました

2019年09月28日 | 鉄道

令和元年9月28日、広島駅と熊本駅の間を復活急行「阿蘇号」が走りました。
これは熊本県とJRグループが開催する大型観光キャンペーン「熊本デスティネーションキャンペーン」の一環として先月運行された「サロンカー明星号」に続いてプレミアム運行されたもので、かつて山陽本線と鹿児島本線等を経由して運行していた急行「阿蘇」のイメージを持つ12系客車の昼行列車を一往復限りで復活させたものです。

終着駅への到着は午後7時前、すっかり日も暮れた熊本駅に出迎えに行ってきました。


かつて20年以上前、熊本駅がまだ高架化されていなかった頃には夜行急行「かいもん」の座席車として毎晩12系客車が熊本駅に停車していました。
随分久しぶりに熊本駅にやって来た12系客車ですが…
「かいもん」の現役当時とは全く雰囲気の違う現在の熊本駅の木造屋根の高架ホームに停車する12系客車の姿には懐かしさ等は無くて、かなり違和感が。


デッキにはしっかり「阿蘇」「急行」の愛称サボが挿してありました。


急行「阿蘇」の現役当時は赤い電気機関車ED76が牽引していたのでしょうが、現在JR九州は電気機関車を所有していないので代役として「ななつ星」カラーのディーゼル機関車DE10が牽引しました。
DE10と12系といえば久大本線の普通列車が思い起こされますが、あれは国鉄色のDE10が牽いていたのでまたイメージが異なる…
所謂“リバイバルトレイン”なのだけれど、「過去に実在したことが無い列車」になっているので不思議な雰囲気が漂います。


熊本駅で乗客を降ろした復活急行「阿蘇号」は車庫へと引き上げて整備後、すぐに明日の復路便のために博多駅へと向かいます。
今回は「サロンカー明星号」よりも1両短い6両編成なので熊本駅から直接操車場に入れたようで、八代駅まで回送しての機回しは行われませんでした。

ともあれ、高架駅になった熊本駅に青い客車が入るのはこれが最初で最後でしょうね…
さようなら12系客車。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加