旅倶楽部「こま通信」日記

これまで3500日以上世界を旅してきた小松が、より実り多い旅の実現と豊かな日常の為に主催する旅行クラブです。

ボローニャのゆるキャラに出会う、アジネッリの塔に登る

2019-05-12 09:15:51 | イタリア
雨の朝、プブリコ宮殿の下で

ピンク色の丸いのが飛び跳ねているのが見えた

ナニ者かとおもったら、ボローニャ名物のハム=モルタデッラのゆるキャラだった

イタリアでもこんなものをつくるようになったんですね
空港の売店でぶらさがっていたこのハムだ↓

↓朝食で出てきたところ

↓エミリア・ロマーニャ名産の食材地図にもど真ん中に載っております↓

**
ボローニャのシンボル、二つの斜塔のうち高いほうがアジネッリの塔↓

1109から1119の間に建設された、日本の平安時代のものだが高さは97mもある
登ってみたくなりますよね?
しかーし、きのうの午後に行ってみると
「今日の入場券は全部売り切れー!」と叫んでいたので
翌日(今日)の16:15の分を予約したのだった。
もちろんエレベーターなどありません

こういった中世の塔の内部、多くはがらんどうになっていて、木製の階段がとりつけられている

まっくらになりそうなところに、ところどころ明り取りの窓

↑赤い屋根がきれいにみえる
ボローニャは「赤の街」とも呼ばれる

五百段弱をのぼりきると

吹きさらしの頂上に出た

***
市庁舎の二階は無料開放されている↓二階からの眺め
↓右手にペトロニウス大聖堂

雨だがきのうに引き続きジーロ・イタリアが開催中
市庁舎内でも関連した展示、イタリアの自転車レース伝説のチャンピオン、ファウスト・コッピをとりあげていた


****
聖ドメニコ教会

ドメニコは母の胎内にいるときから松明を咥えた犬の姿になって世界を照らすために走り出ていたあという伝説

棺は15世紀に現在の姿に飾りたてられた↓

ミケランジェロが刻んだ天使の像もある

↓ボローニャの名家ペポリ家の墓碑↓
↓ファミリーのシンボルは市松模様↓

*****
お昼前、街角でパスタ作りの実演

セルフサービスのお店でちょっとだけランチ


******


コメント   この記事についてブログを書く
« ボローニャで自転車レースの... | トップ | ボローニャ産業遺産博物館  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。