あなたの本の世界を変えましょう!

板宿の書店主から見た、本・まち・環境を語ります!

たった ひとつの ドングリが -すべての いのちを つなぐー

2019-03-15 16:29:24 | 

  板宿で里山活動をし始めて13年余り。この3月10日に第12回の記念植樹をして、延べ1200本以上の植樹をしてきました。元々は常緑樹とニセアカシアの真っ暗な森でしたが、クヌギ、アベマキ、コナラを中心に落葉樹を植えて、元通りの山へ戻りつつあります。秋にはどんぐり拾いをして、苗木を育てて、山に返しています。

 この本では、コナラの仲間のホワイトオークが主人公です。森の生態系の出発点はドングリ。ドングリは実として動物に食べられたり、昆虫は卵を産み付けます。発芽したドングリはホワイトオークの立派な木に成長すれば、鳥たちには住処を与え、人間にも憩いの場になります。樹液は昆虫たちのドリンクになります。

 「たった ひとつの ドングリから うまれる、ゆたかなもり。」

 私たち、人間もその生態系の一員です。

『たった ひとつの ドングリが -すべての いのちを つなぐー』(ローラ・M・シェーファー&アダム・シェーファー/ぶん、フラン・プレストン=ガノン/え、せなあいこ/訳、評論社、本体価格1,400円)

コメント

すぐに真似できる 天才たちの習慣100

2019-03-12 16:34:20 | 

 前回は、天才の育て方でしたが、今回は天才の習慣を探っていきましょう!100人の天才の様々な習慣を観察してますが、共通点があります。それは

「シンプル」

であること。スティーブ・ジョブズは、三宅一生のデザインの黒のタートルネックとリーバイスのジーンズ、ニューバランスのスニーカーというスタイルが定番。マーク・ザッカ―バーグはグレーのTシャツを着、アインシュタインは古ぼけた革製のジャンパーかジャケットが日常服。何を着るか、衣服を決めるのにあれこれと考える暇があれば、自分の事業や研究に没頭する時間にする。無駄を省く姿勢が分りやすい。

 また、成功者は

「細部へのこだわり」

が強い。大枠だけを考えて、あとは任せるのではなく、任せた上でも最終評価には自分の思いを細部へも徹底的に追及する。イーロン・マスクしかり、スティーブ・ジョブズも同様です。イチローも「結局は細かいことを積み重ねることでしか頂上には行けない。」と言っています。

 そして、

「新しいことへの挑戦」

を忘れていません。デヴィッド・ボウイ、ポール・マッカートニーは新しいトレンドや音楽シーンに注目し、取り入れていき、マイルス・デイヴィスは新しいことを吸収するために、若いミュージッシャンと演奏することを心掛けたそうです。変化することを恐れず、現状のままだと成長しないのでしょう。

 最後に、面白い習慣と思ったのは、宇宙工学者の糸川英夫先生の、

「1日のうちの2%を10年、20年先のために使う」

というもの。彼は2%の時間をライフワークである、ヴァイオリン製作や執筆に向けていました。私で言えば、落語でしょうか。

 前回の育て方にも因りますが、各人の習慣はルーチンの如く、その人を形作ることでしょう。

『すぐに真似できる 天才たちの習慣100』(教養総研著、KADOKAWA、本体価格1,500円)

コメント

あの天才たちは、こう育てられていた!

2019-03-07 15:11:01 | 

 天才と言えども、人間です。幼少の頃から天才ぶりを発揮している訳でもなく、普通の子どもです。本書に登場する36人の天才も各人が問題を抱えて成長しています。その子の独自の才能を開花させるには、やはり、環境が重要です。とりわけ、親、祖父母、親戚、そして先生がその子にどのように対するのかが分かれ目となります。

 例えば、人類初の動力飛行に成功したライト兄弟。彼らの母親の父、つまり祖父はドイツ系で、車作りを職業にしていました。母親スーザンは息子たちを祖父のもとに連れていき、仕事で使用する旋盤などの機械を見せていました。彼らがおもちゃを壊した時に、母は、「どうすれば直るか、考えなさい。工夫すれば、あなたたち自身でできるはず。」と促しています。普通の親なら、「アホやなぁ~壊して。もう捨てなあかんで~」と言われると思われます。ものづくりへの道に誘導するその一言が人生を左右しています。

 この本には36通りの育み方が書かれています。自分のお子さんのタイプと一番近い天才の育ち方を学び、天才への道を歩ませましょう!

『あの天才たちは、こう育てられていた! 才能の芽を大きく開花させる最高の子育て』(諸富祥彦著、KADOKAWA、本体価格1,500円)

コメント

神道が世界を救う

2019-03-03 13:05:12 | 

 『英国人記者が見た 世界に比類なき日本文化』(ヘンリー  ・S・ストークス、加瀬英明共著、祥伝社新書、本体価格800円)で、ヘンリー・S・ストークス氏から教えてもらった、日本は、「和の国」「自制の文化」「美の感性の国」であるということ。これには、日本だけにある神道が寄与しているとも書いてありました。そこで紹介されていたのが、サンマリノ共和国の駐日大使であり、在日外交団長を務めている、マンリオ・カデロさんの日本の深い理解のこと。これは、一度、マンリオ・カデロさんのことを知ろうと、本書を読みました。

 神道と、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教が比較されています。

            【神道】                 【ユダヤ教、キリスト教、イスラム教】

教祖         いない                     いる
教義・戒律     ない 心の信仰                ある 契約の宗教
神           平等                      序列
最高神        女性                      男性
天国・地獄        なし                       あり
自然            人間は自然の一部             人間が自然を支配
布教         しない                     する

 このように考察すると、神道が穏やかで、和を重んじ、争わない、美を尊ぶ考えである事が判ります。また、現在、世界で問題になっている、宗教戦争、環境問題、人種差別などの課題解決の切り札に、神道の思想が有効になってきます。しかし、神道も宗教ではないかと問われますが、それに対して、マンリオ・カデロさんは次のように訴えています。

 「神道は、宗教というよりも、人々の日常を律している〝ライフスタイル〟-生活態度か、〝フィロソフィー〟-人生哲学だといったほうがよいでしょう。」

神道で大切にしているのは、「清い」ことですから、宗教ではないかもしれません。しかし、このように考えると、日本人で良かったと深く思います。

『神道が世界を救う』(マンリオ・カデロ/加瀬英明著、勉誠出版、本体価格900円)

 

コメント

世界史とつなげて学べ 超日本史

2019-03-02 07:39:05 | 

 新聞を読んでも、世界の動静は自国だけでなく、自国の置かれた環境に左右されているのは納得できます。自国の歴史もおいても、当時の政権担当者の決断は同様の判断をしているはずです。しかしながら、学生時代の学んだ歴史は、受験用の学びであり、大人になってからの教養としての位置付けはありませんでした。本書を読んで、まさに知りたいことが書かれていました。

 例えば、戦国時代。大名たちがスペインやポルトガルからやって来たキリスト教の宣教師に布教を許した理由は、火縄銃、鉄砲の火薬の原料の硝石を輸入したかったから。逆に、宣教師たちの思惑は、キリスト教を布教することによって、日本を自国の植民地にすることであり、日本人を海外への売りさばく奴隷にすることでした。このことを知るだけでも、豊臣秀吉の伴天連追放令、徳川政権の鎖国の手腕は素晴らしいものでしょう。また、秀吉が朝鮮出兵したことは、彼の主君であった織田信長に宣教師が中国へ攻め込むことを提案していたらしい。中国を植民地にするために、日本の軍備を活用するという戦略だったことを、宣教師たちが自国への報告に書いていました。

 それでは、このようなことを我々は知らないのか?戦後の歴史教育での、キリシタン研究を担ったのが、「ラテン語の文献を読めるカトリック系の大学の研究者」であり、「彼ら自身の多くがクリスチャンであり、(中略)宣教師たちの苦難と殉教を称賛し、これを弾圧した秀吉や江戸幕府の圧政を糾弾する、という価値観に従って歴史を記述してきた」からでした。私自身も、そう学んできたし、記憶に留めています。歴史は片寄った価値観から学ぶと恐ろしいことになり、事実を事実のまま提示し、判断できる自分を育てないといけません。そのきっかけに、本書はなるでしょう。

『世界史とつなげて学べ 超日本史  日本人を覚醒させる教科書が教えない歴史』(茂木誠著、KADOKAWA、本体価格1,600円)

コメント

日本4.0

2019-02-21 16:26:58 | 

 江戸時代を、内戦を完璧に封じ込めたので、日本 「1.0」と定義し、明治時代は欧米国家をモデルにした近代化を達成したので、日本「2.0」、第二次大戦後は、国防はアメリカにおんぶにだっこで、経済国家へ突き進んだので、日本「3.0」とした上での日本「4.0」になるための課題は、

少子化と北朝鮮の核

と断じています。特に、核への対抗手段としては、北朝鮮の基地を先制攻撃でき得る軍備を持つ必要を訴えています。専守防衛からの逸脱と考えられるかもしれませんが、国を守るには踏み切らざるを得ないでしょう。米朝会談による、北朝鮮の非核化、そして、共産党政権下での経済発展の北朝鮮のベトナム化がなされれば、その軍備の必要性はなくなるかもしれませんが・・・。昨年の8月に書かれているのに、北朝鮮のベトナム化は、次の米朝会談がベトナムなので、著者の筋書き通りかもしれません。

 また、米中の貿易戦争に関しても多くを割いて書かれています。核兵器を持っても使用することはありえないという立場から、地政学から地経学へシフトし、軍事や経済の奥にあるデジタルの主導権争いが勃発の裏側を知ることが出来ました。

 『日本4.0 国家戦略の新しいリアル』(エドワード・ルトワック著、奥山真司訳、文春新書、本体価格800円)

 

コメント

何を捨て何を残すかで人生は決まる

2019-02-15 17:47:28 | 

 これからの時代、どう生きるかについてのキーワードは、書名の通り、まさに

何を捨て、何を残すか」

に尽きると思います。AIやITが進歩すればするほど、また、モノや情報が溢れれば溢れるほど、今までの常識を葬り去り、自分が主体的に考え、行動すること、この一点にかかっています。マスの世界から、あなたしかできない、オリジナルのマニアの世界を創っていくことが生き残りには大切です。だからこそ、「何を捨て、何を残すか」が重要なポイントになります。そのためには、

自分で考え続けること
過去の常識をリセットすること
実験をし続けること
少しの勇気を持つこと

を提唱されています。さらに、社会環境が一変し、どんな地平でも通用できるためには、スポーツ選手なら練習を積みますが、一般の人間にとっては勉強になります。徹底した学びを重ねていくことは不可欠になるでしょう。

 本書を読むか読まないかは、人生を歩む上での試金石になるでしょう。

『何を捨て何を残すかで人生は決まる 』(本田直之著、青春新書、本体価格860円)

コメント

いつかパラソルの下で

2019-02-13 13:48:37 | 

 森絵都さんの、大人の世界を描いた小説は初の体験でした。

 父に厳格に育てられた子ども3人は、二十歳を過ぎて、父に対する反発から、長男、長女が家を飛び出し、次女だけが実家で暮らしていました。その父が突然亡くなり、四十九日の法要を迎えようとしていたら、父の勤めていた会社の女性から肉体関係があったことを告げられます。男女関係にことさら厳しかった父がなぜ不倫をしていたのか?3人の子どもたちは、無口だった父がどういう人間なのかを探るために、父の友だち、そして、生まれ故郷の佐渡島を訪れ、親戚から多くの情報を得ようとします。父のことを知れば知るほど、同じ血が自分にも流れていることに納得もし、また、否定したいことも見えてきます。

 「父の根底にあったのは、人間はかくあるべきという理想ではなく、人間かくあるべからずという絶望だったのかもしれない。」

 「愛しても愛しても愛されなかったり、受け入れても受け入れても受け要られなかったり。それが生きるということで、命ある限り、誰もそこから逃れることはできない。」

 いずれにしても、我々も含めて、親の影響は死ぬまで付いてくる、そういう覚悟で生きていかねばなりません。

『いつかパラソルの下で』(森絵都著、角川文庫、本体価格514円)

コメント

英国人記者が見た 世界に比類なき日本文化

2019-02-07 17:10:28 | 

 日本に50年住み続けておられる、ヘンリー・S・ストークス氏から日本のことを逆に教えられました。日本は、

「和の国」「自制の文化」「美の感性の国」

と述べられています。この根幹は、多神教である神道が大きく影響しています。神道は、「八百万の神が横並びに」祀られ、「心と身のまわりを、清明に保つことが求められて」おり、一神教であるキリスト教、イスラム教などとは根本的に異なります。一神教は文字通り一つだけの神様を信じることから、文化的にも二者択一であり、そうなれば、勝ち組、負け組を構成して、ここに不和が生じます。多神教であれば、一極にまとまるのではなく、合議の上でお互いを尊重し合い、最終的に「和」を追求します。外国からは優柔不断とみなされますが、すべての命を生かそうとする文化では当然のことになります。

 そして、この日本の精神文化を世界に広め、混迷の21世紀の世界の諸問題の解決にあたって欲しいという発言はとても重い。宗教問題からの紛争、移民、また、深刻化する環境問題などへのアプローチとしては、日本の「和」「自制」「美」はどれも有効に思われます。

 本書を読んで、とても興味深かったことは、日本人だけが自国のことを「母国」と呼び、他国は「父国」と称するらしい。日本は母、女性がベースの国であるのは呼称からも頷けます。

『英国人記者が見た 世界に比類なき日本文化』(ヘンリー・S・ストークス、加瀬英明共著、祥伝社新書、本体価格800円)

コメント

金の人生 銀の人生

2019-02-06 17:26:35 | 

 19年前に書かれた本ですが、内容が全く古びていないというか、書名ではありませんが、さらに、いぶし銀の如く輝いています。

 書かれた当時よりも、デジタルのスピードは速く、その進歩は計り知れませんが、そうであればこそ、金よりも銀を目指そうという提案です。これは、昨今の禅流行りではないですが、「いまここ」を大切にする生き方です。例えば、友とのやり取りはメールよりも手紙やハガキで行い、散歩で季節を感じ、お寺で座禅を組むよりも毎日の深呼吸と、簡単でしかも心潤う方法を実行すると良いですよね。

 本書で感銘を受けたのは、

 「長い物差しを持て!」

ということです。著者がイスラエルのベドウィンという遊牧民のおじいさんに夜に話を伺ったとき、「こんな何もないところで生活していて、寂しくはないですか」という問いに、「寂しいものか。わしは毎晩、星と語っているんだよ。」という渋いお答え。おじいさんの心の中にある「悠久の時間という物差し」を、私たちも持っていたはずですが、便利な生活に慣れ、自然との距離が増すと、短期的な視点が主流になり、イライラとしてしまう。天との対話をできるぐらい、心にも時間にも余裕のある生き方を目指したいと思います。

『金の人生 銀の人生 毎日がいきいきと楽しくなる』(松永伍一著、祥伝社黄金文庫、本体価格552円)

コメント