あなたの本の世界を変えましょう!

板宿の書店主から見た、本・まち・環境を語ります!

仏教と科学が発見した「幸せの法則」

2017-10-30 15:43:31 | Weblog

 お釈迦様の本当の教えに近い、上座部仏教のスマナサーラ長老と、日本での幸福学研究の第一人者で、ロボット工学者・前野隆司氏の対談は非常に興味深く読めました。

 お釈迦様の教えである仏教は、「実践して、その経験に基づいて語っている」実証科学であり、「心の精密科学」と考えられています。その特徴は、「無常・苦・無我」であり、人間を幸福に導く教えです。世の中には永遠というものはなく、無常であり、苦の連続の人生では、「苦をなくそうと努力」するために人は成長し、自分自身が生きていたいという気持ちを諦めて、執着を一切捨てる「無我」の境地に到達することが悟りであると説きます。行動としては、むさぼり、怒り、無知の「貪・瞋・痴(とんじんち)」ではなく、生命あるものは慈しむ存在であり、平等なので、他人の喜びを自らのそれとして喜び、他人の悲しみは自分のそれとして思い、助ける、「慈悲喜捨」の実践を勧めています。

 幸福学では、金・物・地位などの有形の地位財とは違った、非地位財の4因子の幸せがあることを論じています。それは、

①第一因子:自己実現と成長(やってみよう因子)
②第二因子:つながりと感謝(ありがとう因子)
③第三因子:前向きと楽観(なんとかなる因子)
④第四因子:独立と自分らしさ(ありのまま因子)

であり、本質的には仏教の考えに似通っています。「我」をなくすことは簡単なことではありませんが、「貪・瞋・痴(とんじんち)」から脱却するには、自分の存在を考慮に入れない心を醸成しなければなりません。

 対談内の仏教の教えには難しい箇所も多くありましたが、これを読み解くのも「苦」と考えれば、素晴らしい1冊に出会えたと感じます。

(スマナサーラ長老・前野隆司著、サンガ、本体価格1,800円)

コメント

LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略

2017-10-23 13:50:09 | 

 この本は現代人のバイブルです。将来、人間の「長寿化」は避けられない事態となります。副題にあるように、100年時代は栄養の充実、健康志向の向上、医療技術の進歩、検査による早期発見・早期治療などに寄るものです。先進国で2007年生まれの半数は、少なくとも104歳まで生きる見通しとなれば、人生の戦略をじっくりと考えなければなりません。

 今の高齢者のほとんどの人は、教育 → 仕事 → 引退という3ステージの人生を歩んできました。しかし、長寿化する場合、このパターンの人生では引退期の年数が長くなり、とても金融資産がもたない状況に陥ります。従って、仕事期間が長くなるのは必然であり、これを前提に人生設計をしていく必要があります。

 また、AIの進歩などにより、仕事の内容も大幅に変容することから、キャリアを維持または向上させるには、教育 → 仕事 → 教育 → 仕事 というように次の仕事への移行期間に再度教育をしなければならない。

 また、長い幸せな人生を歩むために、お金の有形の資産だけでなく、見えない「資産」である家庭、友だち、地域コミュニティーへの無形の資産の構築も避けられません。有形と無形の資産のバランスも考え行動する人になるべきです。

 では、不確実性が増す長い将来を生きるためにはどのような心構えがいるか?

 「自分について良く理解し、人生に意味と一貫性をもたせ」、

 「多様な考え方を受け入れ、多くの選択肢を持ち、主体的に自らの人生の道を選択する」

度量を養っていくべしです。前回の方丈記や徒然草で語られた「無常観」をベースに、自分なら必ずできるという気概だけは持ち続けましょう。

『LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略』(リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット著、東洋経済新報社、本体価格1,800円)

 

コメント

方丈記徒然草に学ぶ人間学

2017-10-23 13:13:11 | 

 方丈記や徒然草と聞くだけで、“古典”アレルギーが出てしまって読むのを諦める方も多いかと思います。学生時代の古典の授業は「睡眠」時間と決めていた、あるいは古典を学ぶのはテストなどで評価されるために面白くないという思い込みがあるのではないでしょうか。今回、本書を読んで、方丈記や徒然草は現代日本人にとって、とても有意義なことを伝えてくれていることがわかりました。

 この二作品とも訴えたいのは「無常観」です。すべてのものは変化、生滅し、永遠の存在はないということ。これを踏まえて、いかに生きてゆけばよいか?

 まずは、「自分の好きなことを一所懸命やるだけ。結果はもうすべておまかせ。」

 その上で、一切の人間が尊いから、「他利になること」をし、

 「人の喜びを自分の喜びとして、人の悲しみも自分の悲しみとして、みんなで心を一つにして生きていく。」

 そして、明日死ぬかもしれないから、「今日一日をいきいきと生きる。」「日々是好日。」

と説かれています。

 特に、徒然草では、現代日本人が忘れてしまいそうな、生滅するものへの愛着であり感動を持つ心、「もののあはれ」を感じることを強調しています。満開の桜だけでなく、散り際や散りそめでも、命の変転の素晴らしさを味わう余裕を持って生きていきたいですね。そういう意味では「自然と一体になれる」時間を自ら生み出していかなければなりません。

 最後に、徒然草に書かれている「色道」、男女の愛着の道について述べられています。吉田兼好の求める、女性に対する理想的な男についてまで、徒然草に書かれていたとは知りませんでした。古典もよくよく味わって読む必要がありますね。

『方丈記 徒然草に学ぶ人間学」(境野勝悟著、致知出版社、本体価格1,800円)

コメント

LIFE DESIGN

2017-10-13 15:38:26 | 

  一流大学 → 一流企業・公務員という人生の流れがパターン化されていたの時代も過ぎ去り、自分らしい人生を歩むべしに舵は大きく切られています。しかしながら、追うべきモデルが見当たらない、あるいは流れるままに生きている状態では人生設計など想定にも及びません。

  そんな時にデザインの思考を用いれば、人生に横たわる課題を解決し、次に進むべき道が開けてきます。「優れたデザインとは、ひとやモノにもともと内在し、発見されるのを待っているものを最高の形で解き放つプロセスから生み出される」ように、自らや自らが置かれた環境から、方向性を導き出すことが大切になってきます。「人生に唯一の正解なんてな」く、「成長と変化」の人生を楽しめる人格を創っていけばよい。

  そのために5つのマインドセットが必要です。それは、

①好奇心(興味を持つ)
②行動主義(やってみる)
③視点の転換(問題を別の視点でとらえなおす)
④認識(人生はプロセスだと理解する)
⑤過激なコラボレ-ション(助けを借りる)

であり、各々のノウハウも本書にはしっかり書かれており、演習をこなすだけで自らの解に結びつくようになっています。

 私自身、この本の良さを感じたのは次の2点です。

 まずは、人生のコンパスの2つの部品である、仕事観と人生観の一貫性を求めることです。往々にして、この2つは反しており、生きるために渋々仕事をこなす場合が多い。しかしながら、思いと行動が一致しないと幸福になれないことをしっかりと押さえている点は素晴らしい。

  もう1点は、デザイナーが「現実とは闘わない」から導き出している、現実を直視し、あなたのあるがままを受け入れる」姿勢を強調していることです。人生には躓きも必ずあり、失敗を避けようと安全を期すと、自ずと世の同調圧力に屈し、自分の本当の人生を歩めなくなります。「失敗の免疫」を持って、いまここを良くすることに専念すれば、人生は開けてくるでしょう。

『LIFE DESIGN スタンフォード式最高の人生設計』(ビル・バーネット、デイヴ・エヴァンス著、早川書房、本体価格1,600円)

 

コメント

1週間であなたは伝説になる挨拶のバカ力!

2017-10-01 14:06:39 | 

  著者の世之介師匠は落語家でありながら、大正大学客員教授として、学生に心理学、脳科学、生理学などの分野の研究を行い、言葉や所作などのコミュニケーションの専門家です。世の中を渡り歩くには、人間関係が一番大切です。人は一人では生きていけませんからねぇ。そのためには、本書の内容はとてもわかりやすく、そして、実践しやすいように書かれています。

  まずは、挨拶から。挨拶はコミュニケーションのはじめの1歩。挨拶はするものと思っている方が多いでしょうが、なぜするのか?

   挨拶とは禅語であり、「心の中を推しはかり、相手の悟りの程度を知ろうとする」ことです。つまり、こちらからは相手へのコミュニケーションの入口として、相手の気持ちをこちらに向けるための言葉です。ただただ、言葉だけではなく、互いに立ち止まり、相手の顔を見て挨拶をする所作が必要になります。相手を大切に思う気持ちを表し、笑顔で(和顔愛語)、語先後礼であれば素敵です。論語でいう「仁」を発揮すると、お互いの脳が気持ち良いと感じ、脳内物質を湧出します。そして、心が整い、人格も向上するのです。良い言葉(プラス語)を使う意味も理解できると思います。

  特に、所作は視覚誘導を招き、よりよく相手の印象を良くします。人間関係は相手からの評価がベースですから、所作は第一印象の大きな要です。ですから、

「所作を整えることは心を整えること
 所作を磨くことは心を磨くこと」


に結びつきます。テーブルマナーにしても同じです。常識で知っておかないと思うよりも、相手が心地良く思うためにはどうすればよいかの思いやりで全ては解決します。そのためにも、3S(Smile、Shake hand、Sign)を大事にしてきたいですね。Signは手書きの手紙になります。コミュニケ―ションはリアルが最も重要なことはよくわかりました。

『1週間であなたは伝説になる挨拶のバカ力! ことばと所作のスペシャリストが講義します』(金原亭世之介著、三五館、本体価格1,200円) 

 

コメント