真夜中の血糖

どうやってケムニマコウか煩悩ちう。

うかれポンチがランチに行くゾ

2016年08月19日 | 糖質量コントロールの外食

どーも。足元見てなかったプーカプカです。

 

いやね。

外食しずらいなーっていう思いは、糖質摂取量のコントロールを始めてからずっと抱いている気持ちなんですが。

特に自分は、経済的制約から、独りで行動する事の方が多いので、おのずと入店する対象も限られてくるのです。

最近は、自炊の費用も抑えられるようになってきて、ちょっと余裕もあるし、気持ち的にも遊びのノリシロを持っていないのは、張り詰めた糸みたいなもんだからして、ぷちんっと切れる事態を避けるためにも、小さな冒険を繰り返したい。

 

それで、まじめにネットで検索したらですね。

なんと。

ウチから見えるビルに、いつの間に!!その名もずばり、低糖質食堂なるもんがオープンしてた…

うっわー

 

低糖質食堂医食同源

メニュー見た感じでは、男女とも使いやすそうな。しかも、よくある「ゆっるーい糖質制限」ではなく、きっちりと1食20g以内に納めて参りましたよ!な宣言してる

管理栄養士のコメントを読むと、医療機関での糖質制限相談を11年もやってはる。

 

しかも、この店と同じビル内に、別の業態でも出店しており、そっちでも低糖質の宴会コースがちゃんと設定されていた。

海鮮料理 酔喜

なんとまぁ、灯台下暗し、とはこのこと

 

すんません、うかれてます

コメント (3)    この記事についてブログを書く
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 間違ったパンの一日 | トップ | よりによって全国1位 »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東のくぅ)
2016-08-20 07:36:17
プーカプカ様、おはようございます。
こちら、朝からゴーゴーと激しい雨で 仕事行くのを躊躇う十分な理由になっておりますが。…行きます…

うちの方にも、通える範囲で低糖質料理を謳う飲食店がいくつかあり、プーカプカ様が浮かれてしまわれてるお店と同様、糖質20g以下のセットメニューを出している所へ行って参りました。
何か嬉しいって、その謳い文句を信じて
しまえば、なにも考えず ただ美味しくいただく事だけに集中できる、という そろです!
これ食べたら、いくつだから、後はこれとこれ?なーんていう思考が勝手に起動する脳みそに「今日は休み!」って言ってあげられた!

低糖質な食材も、コンビニも、いろいろな情報すらも 選択肢が増えたこの時代に発症した自分、糖質制限という道を選んで いま現在は正常値を保てている自分、いままで身を挺していらした先人へ、感謝しかありません。
Unknown (佐々木カルフ)
2016-08-20 09:46:39
おお、なんという素晴らしいお店が。

近所だったら絶対行ってますわ。

大阪城に行く際には必ず寄ります!!
Unknown (プーカプカ)
2016-08-20 18:19:05
【東のくうぅさん】
早速、脳みそ休ませに行ってきました!
でも食べてる最中も「これ書きたい、撮りたい~」って、脳みそフル稼働(笑)

新しい記事でも書きましたが、3店舗で一か月は違うメニューを食べられる事が分かりましたので、ランチの為に頑張って働いて稼ぎます!


【佐々木カルフさん】
聖地誕生です←いやマジで

問題は、昼間は地元に居ない自分って事で(笑)

コメントを投稿