赤い彷徨 part II
★★★★☆★☆
永田充不安クラブ♡
 



J1第9節 浦和4×2札幌@埼スタ

そう、札幌戦といえば想い出がいっぱい。いやその、ヤな想い出ばっかりだけど・・・。上から目線のつもりはないけど、経営さえやばい状態からよくぞここまで這い上がってきたものだ。さて、本日はひょんなことから某チームの方々の場所に入れて頂きまして、いつも階段でヌルくやっている自分にとっては何といいますかそれなりに緊張感のある場所だったため写真を撮る勇気も湧かずwスタ内の写真はありません。あしからず。

事前情報どおり永井がベンチからも外れトップ下には梅崎が入った。そしてベンチからは達也、山田直輝が外れて西澤、セル、高崎がin。達也は足?に張り?があったとのことだが、大丈夫だろうか。しかし京都戦をはじめとしたここ最近の試合内容で、しかも中二日という条件を踏まえれば劇的に内容が向上するはずがないのだが、それにつけても前半はやっぱりぐだぐだ。

札幌のスタメンで西澤とクライトン以外で唯一名前を覚えていた砂川に最終ラインの裏を取られて開始早々にあっさり失点。これは今日も苦労しそうだなぁといきなり覚悟を決めさせられる立ち上がり。その後阿部のグラウンダーのミドルを相手GKがまるで物とじゃれる猫のようにファインブルするラッキーなゴールで同点に追いつくも、直後にクライトンの右からのFKのクロスボールをファーでフリーになっていたDFの選手に頭で押し込まれて再び勝ち越しを許す。が、CKから闘莉王が頭で捻じ込んでまた同点に追いつくという実に目まぐるしい展開。まさか札幌とこんな試合になるとは。

後半に入ってFWが簡単にはたくようになったからだろうか、サイドの選手が多少存在感を見せ始め、サイドの山田からエジミウソンを経由して梅崎へ、梅崎が叩いたボールを再度受けたエジミウソンが鮮やかな弾道のミドルを決めて逆転。そしてクリアボールに頑張って追いついた高原が逆サイドに走りこんでいたエジミウソンにパスして更に加点して札幌を振り切った。永井を休ませても着実に勝ち点3を積み上げられて良かった。

まあなんというか、鹿島はもちろん、京都や大宮に比べても力が落ちる相手だったということもあるけど、本当に少しずつではあるが連携も向上はしているんじゃないかと思える点で京都戦よりは未来に希望の持てる内容か。付け加えれば、終了前にセルと相馬が投入されたが、相馬のポジションは左WBではなく、平川が左WBに入ったままトップ下だったように見えたが、今後新しいオプションとして考えているのであればちょっと面白そうだなと個人的には思ってみたり。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先週木曜にたらふくまんま@銀座を再訪。5/30でランチのラーメンが終わってしまうということでもう必死だ。この日も他にお客はおらず寂しい店内だったが、肝心の麺の方は相変らず口あたりがよくて味の深い白湯スープがとても美味かった。連れが気がついたのだが、店頭のポスターの絵では入っている青葱が実物には入っていない。なぜだ?

住所:東京都中央区銀座6-8-7 交詢ビル4F
電話:03-3289-9011
営業時間:(ランチタイム)11:30~14:30
定休日:日

らーめんとは一切関係ないが、微妙な感じではあるものの長谷部初ゴールおめでとう
しかしこのインテルともガンバともつかぬセカンドユニには激しく違和感が・・・

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




【J1:第8節 大宮 vs 鹿島】オズワルドオリヴェイラ監督(鹿島)記者会見コメント [ J's GOAL ]

笑止!

開幕してわずか2ヶ月も経たない段階から早くもエクスキューズ全開の上、なぜか浦和に八つ当たりすかw

これまで鹿島というクラブに関係するものについて羨ましいなどと思ったことなどないが、正直唯一つ最近になって「監督」だけは羨ましいと思っていたのだが、そんな思いも一気に吹っ飛んだ。今季の浦和はある意味過渡期にあると感じられ、少し長い目で見なければいけないかなと思いつつも、それでもやはりコイツらだけには絶対優勝させたくないなとあらためて。

とりあえず昨年の浦和の日程をこのオッサン宛に親展でお送りしておきましょうw

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )


一歩  


J1第8節 京都0×4浦和@西京極

本日もまたFootnik@恵比寿にてテレビ観戦。事前情報どおりユースから前倒し昇格した期待の2名のうち、山田直輝(トップ登録されたので今後「君」はつけません)がベンチ入りし、負傷の坪井が帯同せず。左WBには相馬でなく平川で、右WBにはヤマ。対する京都は前節守備陣の主力に退場者が複数出てり監督まで退席処分になり、おまけにFWパウリーニョが負傷したりでかなりのメンバー落ち。

そんな京都を向こうに回しても、前半は、ゲルトさんは風下を理由にしていたようだが、それにしても余りにも無為無策のまま相も変わらず中盤を制圧されて攻め込まれてボールが収まらずイライラが募る展開。そんな状況のすべてを変えたのが京都#9田原のいわゆる「報復行為」による一発退場。京都は前節不可解な判定で退場者が相次ぎ気の毒だったが、あれは致し方ないだろう。

その退場後に待ちに待った高原のゴール。永井のスルーパスに飛び出してGKをかわし(?)、難しい角度から落ち着いてよくぞ決めてくれた。ゴール後にゴール裏に向かって深々とお辞儀をする姿が印象的だった。形はともかくもこの高原の待望のゴールと、山田直輝をトップデビュー(おめでとう。バックパスのミス1つ以外は無難なプレー振りだった)させられたことだけが、勝ち点3獲得以外のこの試合の収穫とも解釈できる。

続いてエジミウソンのクロスを闘莉王が頭で合わせて加点、さらにその後もセットプレーから闘莉王と高原が各々2点目となる得点で終わってみれば表面上は4得点での圧勝という結果に。とはいっても、前半の攻撃の内容にはさほどの改善は感じられず、闘莉王の中盤配置は相変わらずほとんど機能していないどころかチームに混乱さえ及ぼしており、またバックラインも寄せられてアタフタする様子が未だに垣間見える状態で、田原の愚行がなければ果たしてどういう展開になっていただろうか。このグダグダ状態、GWの過密日程や代表の日程などをふまえれば、もうしばらくの付き合いになりそうで今後の試合も楽観はまったくできない。そうであっても「ロビーが帰ってくれば何とかなる」という個人頼みのサッカーへの回帰は一番勘弁してほしいことだが。

しかしKBS京都の実況は相変わらずというか余計に酷くなってるんじゃないだろうか。実況がある程度ホーム寄りになるのはまったく構わないと思うし、多少の電波解説はむしろ笑えるので結構だが、ヴィジターチームのネガティブな面ばかりを、時には実態以上に強調したりするのかなりイライラさせられた。しまいにはピッチレポーター?まで不愉快な発言するし、あんな放送ならいっそのこと音声切ってほしいくらい。京都というクラブには何の恨みもないので、彼らKBS京都にだけ心から「ざまあみろ」と申し上げたい。




ところで次々々節の対戦相手である千葉が未だに勝ちなしという事実に密かに怯えているのはオレだけでしょうか・・・。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




このところCNNを見ていると、毎日のように世界のどこか繰り広げられているこんな光景を見せられていた。そしてそれを見るにつけ、いつかどっかで見たことある光景だなあ、はて何だったっけ・・・と思っていたのだが、それが今日やっとわかった。













「ボコスカウォーズ」だ

「名作」とは言いがたく、恐らく今で言う「クソゲー」に分類されると思うのだが、一時何か妙に熱中した記憶が

そしてあのBGMの歌詞をいまだに記憶しているオレ

確か


♪すすめーすすめー ものどーもー じゃまなーてきをー けちらーしー
 めざせー てきのー しろへー おーごーれーすたおすのだ

(※)「おごれす」は敵の王様の名前


またつまらぬことに脳細胞を使ってしまった・・・



毎年恒例の等々力チケ撃沈の日にふと思い出したのでした
しかし足立区内のローソン2軒とも2人並んでるってどうなってんだよ・・・

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




体調不良で入院していた川崎の関塚監督が突然の辞任。正直言ってスタジアムで見る彼の姿は「憎たらしいヤツ」以外の何者でもなかったが、ライバルチームの優秀な指揮官がこのような形で一時的とは言えクラブを去るというのは残念。不整脈ということのようだが、ゆっくり養生してまた帰ってきて欲しい。

川崎と、そして今季だけで2回も交通事故を起こした浦和は何か御祓いでもしてもらった方がいいんじゃないだろうか・・・(交通事故の被害者の方も回復をお祈りしてます)。しかし、こうした関塚氏のニュースを聞くにつけ、体調不良が長引いている啓太の動向が益々気になってくる。遠藤みたいな例もあるのでちと心配だなと。

他方、ACLは試合を観られていないが、過去2シーズンの浦和に連勝を止められた好調チームの例に倣ってすっかり呪いにかかったように調子を崩した鹿島が北京に不覚を取ったようで(・∀・)ニヤニヤ。対するG大阪はようやく完封勝ち。このまま突っ走ってグループステージ突破を決めるのか。そして残念ながらAl Saddは終戦のようだが、エメ退場したの?w

さて大陸変わってUEFA Champions Leagueでは録画しておいたBarcelona x Man. Unitedを前半途中まで観たが、やっぱり「間延びしない」フットボールはいいなとあらためてしみじみと・・・。京都も行けないし、週末にゆっくり観ようかな。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




新松戸に住むうぃあーさんのご紹介で訪れたお店。土曜の19時半過ぎに訪れたので店内は既にがらんとしていて、券売機で味玉つけめん(800円)にしてそのままサクっと座れた。いきなりディズニーCDでエレクトリカルパレードのテーマ?が流れ出して、それをBGMに時折ミッキーの声も入りつつ野郎2人でつけ麺を啜るというシチュエーションはちょっとマイったw

つけ汁は動物系が強めだが、濃厚というより「しょっぱめ」だが、つけ麺のつけだれとしては個人的には充分許容範囲内。麺ともきちんと絡んでいてよい。その中太の麺は自家製麺で、もちっとして弾力性があってかつぷりっとしていてなかなか。この日は昼もじゃんずでらーめん喰っていたのでスープ割りは自重したが、今度来たときは是非トライしたいもの。

何と言っても目立つのがレモン。この日はあえて途中で投入してみたのだが、柑橘系の味がほどよく加わってさわやか~な感じになって別物みたい。前に石神さんが言っていた「2度楽しめる」系とでも言うのかな。

いやおいしゅうござんした。いいお店を紹介してもらってありがとう陰獣さん。また埼スタ行くついでにでもお邪魔します。

住所:千葉県松戸市新松戸3-124-1
電話:なし
営業時間:11:30~14:00、17:30~20:00(※)
定休日:日月
(※)いつからかサマータイム?で営業時間が1時間延長になるようなことが書いてあった。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先週土曜日は、以前から師匠の高い評価を聞いたり、ここのカップラーメンを食べたりしてずっと気になっていたじゃんず@練馬へ電車に揺られて遠征。着いたのは14時前だったのにやっぱり行列があって並んでから麺が出てくるまで40分近くを要した。トッピング全部乗せのラーメンである特製汁そば(850円+大盛70円)をチョイス。麺は平打、中太、極太から選べるらしく、無難に中太にしておいた。

いわゆるとんこつ魚介のダブルスープというやつだが、結構さらっとしていてしかしそれでいてしっかりコクがあって何より魚介風味が程よい感じ。麺はもちっとしているのは勿論弾力性があってよい。具で印象に残ったのは解したシナチクとカイワレ。これならまあ行列もできるわなって感じか。そりゃ美味しいけど行列必至な上にいかんせん職場と自宅から遠いとくるので、機会があれば是非またってところだが。

西武新宿線練馬駅下車。南口を出て目白通りに出て左に曲がって直進。セブンイレブンのある交差点で右折して直進。1つ目の信号を左に曲がると左手に見えてくる。

住所:東京都練馬区豊玉北4-21-3
電話:03-3557-0141
営業時間:11:30~14:30、17:00~22:00(スープ切れ終了)
定休:火水

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




前回からのつづき)

二条城の次は平安神宮へ。最初は車でここまで来ようとしたものの、周辺も含めて駐車場が全然空いていなくてやむなく地下鉄で訪れた。平安神宮が明治時代に建立された比較的新しいものであること、そして桓武天皇、孝明天皇のお二人が祭られていることは恥ずかしながら今回調べて初めて知りました。ちなみに当社比で明らかなように、大鳥居の赤は強いて言えば現在首位の名古屋っぽい赤か。



応天門。以下写真とは関係ないが、明治の東京への遷都(?)によって衰退した京都の町おこしの一環として平安神宮が創建されたということも自分にとってはちょっと意外だったが、同様に、有名な「時代祭」もそういう文脈で始まったもので、こちらもやっぱり比較的新しいものだったのもこれまた意外。



神楽殿(?)。そういえば巫女さんに写真を取らせている不埒な輩がいたが、近づいてみたら渦中の五輪開催「予定」国からの観光客の方々でしたw まあ旅行ガイドとかもそこまで細かくはフォローしてないから仕方ない面もあるのかもしれないけど・・・、なんだかなぁと。だったら注意しろって話かもしれませんが。



平安神宮散策後は西京極での試合までちょっと時間があったので平安神宮に程近い「オシャレな」カフェでしばしまったり。野郎3人でお店の軒先にふんぞり返って営業妨害だったら大変申し訳なかったw



この時には、まさかこの後西京極で柳沢の幻のゴールを2年ぶりに見せられるとは夢に思っていなかった・・・

ちなみに今週末の京都遠征、こんな状況ですが財政的に行けません、ごめんなさい

(終わり)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


隘路  


J1第7節 浦和0×0大宮@埼スタ

本日は親戚の法事のためキックオフに間に合わず。こういうときに浦和美園駅から埼スタ北門へのバスは重宝する。水曜の京都戦で散々だったヤマがスタメン落ちして達也がベンチ入り。事前に発熱が伝えられていた啓太は欠場。これを受けてか、あるいは水曜の京都戦で中盤が機能不全に陥っていたからなのかは不明だが、闘莉王は再び中盤に逆戻りして堤が右STへ。

冒頭は見ていないけど前半は一進一退かやや押し気味? スポーツニュースで散々繰り返されるだろうけど、高原がドリブルでゴールに突進していった場面は力強かった。本当に少しずつ少しずつパフォーマンスが向上している。それだけに、全体練習に合流して間もなくで試合感も連携もイマイチの達也との交代はちょっと勿体なかったなぁという気がした。



闘莉王を再び中盤に上げてもこの試合では結局攻撃の形を作ることができず。京都戦同様個の力に頼る場面が多かった(まあ最近に始まったことじゃないか・・・)。大宮はFWのブラジル人選手は怖さはあったが、独力突破に固執してくれたため事なきを得る。ってか個人で中央突破ってオマエらいくらなんでもなめんなとさえ思うが。闘莉王奇襲作戦ももはや機能せずやや行き詰まり感が出てきたが、ロビーが戻ってくるまで果たしてどうなる。




そんなこんなで選手の挨拶も迎えずにスタジアムを飛び出し、まっすぐ帰ろうかとも思ったが針路変更して浦和に向かい、先日の豚とんテジを再訪してビールを飲んで肉を掻っ喰らってストレス解消。都内3店舗の次の4店舗目を浦和とした理由をお店の方に問うたところ、「5年前の統計によると埼玉県の豚肉消費量が全国1位だったから」らしい。でも現在は新潟に抜かれたとかw 変なアド街的知識を得ちまった。



そして勢い余ってそのままユザワヤに足を向けて腹いせにこんなものを買ってしまいましたとさ・・・。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )




噂を聞いて録画しておいたFoot!という番組のシトンのインタビュー、ちょっと泣けた。フルミネンセにコッパリベルタドーレス獲ってもらって、うちもACL連覇してまた東京で会いたい。



他方、困ったことに本日の試合でクソ審判界にまた新星が現れたようで・・・。次節京都と当たるので短期的には助かったとも言えるのかもしれないけど、後々を考えると戦々恐々。あ、あとナカタコ帰ってくるんすか、へぇ~。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




水曜にFootnik@恵比寿で京都戦を観戦後、そのまま連れ立って夕飯のらーめんへ。AFURIにでも行こうと思ったがやっていなかったので、通り道で発見したCHABUTON(恵比寿東口店)に飛び込んだ。有名な「ちゃぶ屋」系のとんこつ専門部門みたいなもんなのかな。2人でものの5分も待たないうちに着席できた。何となく味玉ざるさぁ麺(830円)にした。

つけ麺を頂く場合にはまずつけだれにつけずに麺のみ一口食べてみるのだが、その段階で自分にとっては有り得ない麺のヤワさであることに気づく。焦がし葱風味というスープにもいまいちコクみたいなものが感じられず、正直がっかりかなぁ。「とんこつらぁ麺CHABUTON」というくらいだから「とんこつらぁ麺」が「エース」だったのかもしれないな。浦和は冴えない試合だったし夕飯の麺もこんなだしで散々な夜でした…。

住所:東京都渋谷区恵比寿1-7-10
電話:03-3446-7201
営業時間:11:00~28:00
定休日:無休?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




日本代表候補メンバーを発表(08.04.17)(JFA)

腰痛を抱えて90分フル出場さえかなわない状態で浦和の大黒柱、いや生命線とさえ言える永井まで拉致ですか・・・


のび太曰く「この陣容で『全員がハードワークをするチームを目指す』」そうですが



















まあでもとりあえずはおめでとう

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




2008ヤマザキナビスコカップ
A組第3節 浦和1×1京都@駒場

本日はFootnik@恵比寿にて数年ぶりに座って観戦。カップ戦の予選の1試合ではあるが、開幕当初のチームがバラバラでぼろぼろだった状態から、監督解任、そして闘莉王を前で起用という劇薬でようやく立ち直りのキッカケを掴み、足取りは覚束ないながらも何とか連勝を重ねて首位鹿島を沈めることに成功し、さてこれからどうするんだというところで、ひとつのターニングポイントになり得るかもしれない試合として注目していたのだが・・・。

GKには山岸を起用、左WBには相馬、右STには坪井がそれぞれ復帰。そしてロビー復帰まで前での起用の継続もあり得るかと思っていた闘莉王が遂に最終ラインに戻った。これで闘莉王の起用に関してはエマジェンシー状態から通常モードにと理解してよいのだろうか。長いリーグ戦を考えれば早めに通常モードに戻っておくが吉と思うのだが。しかしそうなると中盤が・・・となるので難しいのかな。

そんな試合であったが、凡ミスで失点を許してしまい、運動量豊富で統率の取れた守備の京都が相手ということを差し引いても、攻め手に乏しく横パスやバックパスが目立ち、結局個の力ゴリ押しで奪い取った1得点のみ。頼みの永井投入もこの日は実らず、予選突破を目指す上では痛恨ともいえるドローとなった。

精一杯いいこと探しをするとしても、高原が本当に薄皮を剥ぐようにではあるがコンディションを上げ、チームにもフィットするベクトル上にはあること、山岸が問題なく使えることが確認できたこと、坪井も復調気味ということ、梅崎ゴールおめでとう、ロビーおかえりということくらいか・・・。リーグの次節大宮戦はいろいろな意味で重要な試合になりそう。

んなわけで(´・ω・`)ショボーンとして会社に戻るのも面倒になって夕飯にらーめん喰って、そのらーめんもイマイチで更に(´・ω・`)ショボーンとして帰宅。明日は早起きしないと・・・。



あ、小林宏之選手ゴールおめっとさんです。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




本日の昼飯は大崎さんのブログで紹介されていたたらふくまんま@銀座へ。職場から近いということで行ってみたが、建物のなかは大崎さんのところに書いているとおりとってもかなり場違いな雰囲気。具体的には1~3階は"Barneys New York"というアメリカの高級?デパートが展開しており、ラヲタのような人間が足を踏み入れるべき場所でないことは誰の目にも明らかw つかドアマンの居る建物なんて日本では入った記憶がないわ。とにもかくにもエスカレーターをみつけて一目散に目的地の4階へ。

その4階は4階で、レストラン街なんだがこれまた高級そうなお店ばかりが立ち並んでおり圧倒される。ランチでラーメンをやっているという「たらふくまんま」へ恐る恐る入ってみるも、ディナーのコースが最低でも15,700円みたいな表示をみて一体いくら取られるのかと恐れおののく労働者2名。ランチはラーメン(正確には「白湯鶏拉麺(パイタンチキンラーメン)」というらしい、950円)しか出していないようで、注文をとりに来るでもなく他にお客がひとりもいないオシャレな店内でひたすら麺を待つ。

しかし出てきたらーめんのまあうまいこと。魚介風味(かな?)ほんのりで、あっさりしていそうで実はしっかりと主張しているスープは、それでいて清々しいほど後を引かない。麺はやや硬めの中太ストレート。具は、細く刻んで揚げたゴボウはアクセントになっているし、玉葱のシャキシャキ感も上々。他に鶏のチャーシュー、葱、味玉などが入っていた。量が少なめということも加わってあっさりと完食。テーブルに置いてあるお口直しの梅干がこれまたウマくて、思わず6つも食べてしまった大人気ない労働者。

事前にネットで「ランチサービスは5月30日に一時休止」という表示をみていたので、話題になってラヲタが集結して景観を壊・・・いやお店が回らなくなったのかと思っていたが、お店はがらんどうでかえってびっくりした。さすがの銀座でも、昼時にこんな高級そうなところにランチに来る人が少ないのか労働者風情にはよくわかりませんが、いずれにせよ一時休止になるまでに何回か食べておきたいなと。ちなみにラーメンは1日50食限定らしいっす。



住所:東京都中央区銀座6-8-7 交詢ビル4F
電話:03-3289-9011
営業時間:(ランチタイム)11:30~14:30
定休日:日

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ