赤い彷徨 part II
★★★★☆★☆
永田充不安クラブ♡
 



(前回からのつづき)

アウェイ神戸戦前後の関西~岡山エリア遠征もやっとこさ佳境(嗚呼あの頃はまだましだった・・・)。5月5日の最終日は午前中に岡山城を見学して新幹線に乗り、一路姫路へ。しつこいようだがまた城なわけであります。世界遺産・姫路城へは姫路駅を降りて徒歩でまっすぐ。



GW期間中ということである程度の混雑は覚悟していたが、折悪しくそれに加えて姫路では菓子杯ならぬ菓子博が開催されており、観光客が更に増えていたようで後ほど地獄を見ることになる。菓子博の何たら大使とからしい、姫路出身の松浦亜弥の顔をあちこちに貼られたポスターで久しぶりに見た。



コテコテの観光地には違いないのだが、やはり絵になる。岡山城のところでも言った白鷺城(はくろじょう)というこの城のニックネームも納得。しかし「暴れん坊将軍」等の時代劇で江戸城として遠写しで使われていたというのは言われてみればという感じ。浦和銘菓?は「白鷺宝」(はくろほう)だったでしょうか。



明治時代に陸軍で城の建築・修繕を担当していた中村重遠(しげとお)大佐が上層部にに姫路城の保存を願い出て、ようやく姫路城修復の端緒をつけたんだとか。そんなわけで残る氏の顕彰碑。なぜか最近「大佐」という言葉に滅法弱いオレがいる。



(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




J1第14節 柏2×1浦和@国立

試合後に代々木で仲間と飲んだくれて試合のことはよく覚えてない。薄っすらと記憶に残っているのは

・柏バカ一代

・異常に耳に残る宇宙戦艦ヤマト

・フランサすげぇ

・都築と阿部はよくやってくれた。その都築は試合後にボトルを思いっきり叩きつけてた。

くらいか

あと、あんまり期待していなかったけど夕張キャンプなんてもんはやっぱり都市伝説みたいなもんだったということ、そんでもって残念ながらゲルトさんがこれまで「カップ戦にだけ強い」というのはそれなりに理由があると思わざるを得ないということか・・・。さて、アレの怪我が大したことないことだけを祈りつつさっさと寝よっと。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




これ喰って寝たら翌日の試合でいきなり連動性が向上して組織的なフットボールが展開される






わけがないので、いつもどおり適当にラーメンでも喰ってぐだぐだのサッカーを見に行く「平常心」を持参して国立へ向かうとしようか・・・



日本代表のアジア最終予選の組み合わせが決定し、豪州、そして苦杯を舐めたバーレーン嘗めさせられたバーレーンと同じ組に入ったようだが、どっちの組にしても大変なことに変わりはないだろう。むしろ心配すべきは相手どうこうというよりあのサッカーのまんまで本当に予選突破できるのだろうかということと、そのチームの監督をどこぞの会長が褒め称えている現状。

どうも最近愚痴っぽくていかんな・・・。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




5月29日(木)海外赴任する同期の惜別ランチpart2ということでお茶の水大勝軒へ。昼飯時ゆえに混雑を覚悟していたが思いのほか空いていてすぐにテーブルに座ることができた。特製もりそば(700円)にしたが、甘酸っぱくてコクがあり、それでいてしつこくなスープはうまい。麺が気持ち茹ですぎな感じはしたが、相変らずうまい。先日の「もりワンタン」はややしょっぱくて、この甘酸っぱさは感じられなかった。

しばらくはちゃんとしたらーめんが食べられないであろう異国の地へと旅立った同期も満足してくれたようで何より・・・。

住所:東京都千代田区神田小川町3-1-5 須田ビル2階
電話番号:03-3233-9911
営業時間:11:00~22:00
定休日:月

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




いつの間にかリーグが再開してた。各クラブとも補強の動きがちらほらあるようですが、今日の「イベント」の結果からするとやっぱり浦和の補強はないっぽいですね。ホント危機感ないように思えるけど大丈夫なんだろうか・・・。


しかし明日に限ってはコッパリベルタドーレスの決勝の方が気になるなと

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




5月25日(日)に免許の書換えで東陽町まで行き、ちょうど昼飯時に用事が済んだのでついでに恐らく2、3年ぶりに麺屋夢うさぎ@西葛西まで足を延ばしてみた。ちおみにいい歳こいてレッズのレプリカで免許の写真を撮り、東陽町駅で免許にICチップが入ったことを忘れて自動改札で思いっきり引っかかったのはオレです。駅から15分以上は歩く場所にありながらいつ来ても大盛況で行列があって凄い。日曜ということもあって家族連れが多かった。

前に来たときに食べたらーめんがおいしかった記憶が強くて今回も味玉らーめん(730円?)にしたが、オーダー後に店内にでかでかと「つけめん」という看板が飾ってあることに気づくタイミングの悪さ。いわゆるダブルスープなのだが、濃厚過ぎず、あっさり過ぎずちょうど良い加減。もちもちした麺とも良い加減でマッチしていておいしい。次回来る機会があれば大勝軒系というつけめんを試してみたいが、その頃まで覚えてなさそうだな…。



住所:東京都江戸川区北葛西4-21-11
電話:03-3804-3959
営業時間:11:30~14:30 18:00~20:30(月金は昼のみ)
定休日:火

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




5月24日(土)夜に久々に大喜@湯島へ。週末の19時半前ということで行列もなくすぐ入店できたが、さすがにおめあてのとりそばは売り切れで、いつもどおり次点のうめしお(780円)にする。

細めながらしっかりとした噛み応えの麺。仄かの梅の香りを感じつつのさっぱりした塩スープ。余り腹が減っていなかったので調度良い按配で相変らずおいしい。がっつり食べたい時or人にはちょっと物足りない部類に入るんだろうなとは思うが。

住所:東京都文京区湯島3-47-2 白木ビル1F
電話:03-3834-0348
営業時間:11:30~15:00/17:30~22:00(祝日は昼のみ)
定休日:日

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本日は筋肉痛に苦しみながらも、友人の披露宴と2次会に気合入れて(?)レッズネクタイで出席。毎度のご祝儀は正直ちょいと痛いけど、うまい飯を頂きながら昔話に花を咲かせつつ、縁ある人々が幸せになっていく様子を観るという作業は結構好きだったりする。まあいつまでも人の様子ばかり見届けてばかりいる場合でもないのだが。ともかく末永くお幸せに。

代表の試合は雨のなかを帰宅後に後半から観戦。勝ったとことはそりゃ素晴らしいが、バーレーン相手にあれだけ決定機を逸して苦しんでいるようで最終予選は本当に大丈夫なんだろうかなどと心配になる内容のように思われたが。さて、来週はリーグ再開だ。って、こりゃまたしばらく見届ける側にいそうだな・・・。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ここ数年いくら筋トレしてもゴール裏で跳ねても体重と腹回りの肉がじわじわと増していることに危機感を覚え、10年ぶりくらいにジョギング開始。週に1度は近所の河川敷を走ることをここに誓います。8月のシーズンチケットも届いたことだし、リーグ再開に向けてそろそろ90分戦える体力をつけておかないと・・・。

失意のまま(オレだけ?)合宿に入り、3バックだの4バックだの言っている浦和は再開後どうなる。今日のトレーニングマッチではさして変わり映えのメンバーのようにも見えるが・・・。録画しっぱなしで全く観るヒマのなかったEUROがようやくオレのなかでも開幕したが、こんなもんで現実逃避していられるのも今週末までだ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




前回からのつづき)

恥ずかしい件名を曝したまままだまだ続く岡山旅行記。岡山城天守閣内をひとしきり見学した後は下に下りて城の周りを散策。何つーか本日の記事はいわゆる「石垣萌え」ってヤツですよ。まずこういう光景を目にしただけでご飯3杯はいけちゃうオレは異常でしょうか。



当ブログお約束の苔アップ。早朝で城の周りにはまだ人気がなかったので石垣にガン寄りして撮影。世が世なら石を投げつけられるか熱湯を浴びせられるところ。



火縄銃を外に撃つための穴。ちなみにオフィシャルサイト等によれば、岡山城の石垣は宇喜多、小早川、池田それぞれの統治時代に建設されたものに分類できるとのこと。



これは月見櫓のところだったろうか・・・(記憶が既に朧げ)。だとすれば池田期の石垣ということになるらしいが。いやでも地図で確認すると違うっぽいな。多聞櫓か干飯櫓か三階櫓かなあ。



何期なんでしょう・・・、すいませんわかりません。当方城ヲタでもましてや石垣ヲタでもありませんのでご容赦ください。こんな写真撮って嬉々としてブログに掲載していては説得力もないか。



小早川期かなと思われる石垣の前に忽然と姿を現した鉄棒。他に遊具があるわけでもなし、何故か鉄棒だけポツンと。一スクール☆ウォーズファンとして、鉄棒を見てしまったらやることはひとつしかない、そうだよな?



そうだ懸垂だ。画面に向かって目一杯「イソップー!!」と叫んでみましょう。ちなみにそのイソップよりも懸垂できた回数が少なかったことはナイショだが。負けたぜ、ラグビーに負けたよ・・・。



こっから先は見ようによってはひたすら石ころが写っているだけw



宇喜多期のものに小早川が手を加えたものかもしれないし、そうじゃないかもしれない・・・。



六十一雁木下門?



石垣下から見上げた天守閣。これは宇喜多期の石垣のようだ。



後楽園に向かう橋からの1枚。といっても時間がなくて後楽園は散策できず、このまま路線バスで岡山駅に向かって新幹線に飛び乗り、一路姫路へ。ええ、また城ですよすいませんね。



(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




携帯で目にしてさすがに何かの間違いだろうと思ったG大阪DF水本のこのタイミングでの移籍のニュースだったが、G大阪公式にも掲載されていて本当だったので他人事ながらさすがにびっくり。変な因縁のできてしまったクラブに起こった事件ゆえ面白おかしく思う気持ちも多少はあるけど、さすがにこれは非道いしG大阪が気の毒とさえ。

フル代表でW杯出場がかかっているわけでもなしに、それも「ステップアップ」的な理由で世話になった千葉から移籍してわずか数ヶ月でのこの移籍劇。余りに身勝手かつ愚かな決断だと思うし、こんなもんプロのアスリートとして「逃げ」以外の何物でもない。この程度のメンタリティの選手が欲しいクラブなんて果たしてあるのか。しかも関係ない啓太のことまで引き合いに出しやがってこん畜生め(#゜Д゜) プンスコ!





オレは誕生日に心優しい友人からこんなTシャツをプレゼントされたのだけど、



これを水本さんにもプレゼントして差し上げたい。オレ?オレにはお似合いですが何か?
いやむしろオレも引っ叩かれた(ry

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




5月23日(金)に大学の同級生と渋谷で飲んでいて、気がついたら終電がなくなっていて気がついたら妻帯者であるその同級生宅に夜中の3時に押しかけるという鬼畜の所業を犯す。おまえは昭和のサラリーマンか、もう万死に値するがな・・・。そして翌朝(つまり5月24日(土))は図々しくも朝飯までご厄介になりつつ、近くの麺屋を勧めて頂いたのでせっかくだからということで(?)くたびれたスーツ姿のままのこのことそのオススメのらー麺 きんまで。開店時間の正午をちょっと過ぎたあたりだったお思うがそれなりの行列。辛つけめんが夫妻のオススメだったが、さすがに遅くまで飲んだ後だったのでノーマルなつけめん(700円)にした。

豚骨魚介のダブルスープだが、何といっても一番の特徴は背脂。しかしその背脂によるとろみ感は十二分にありつつも、そのくせ思ったほどのギトギトした感もなくすんなり食べられたが、とはいえやっぱり胃には若干もたれます。まあ、そんなことをいいながらしっかりスープ割は頂いてしまったわけですが・・・。麺は太め、もちもちしこしこ感があるし、スープとの絡みも上々。また来て見たいなあ、って思うが今度来るときはお詫びの菓子折り持って土下座しに行くときだろうか・・・。いやなんつーか生まれてきてすいません。

西武池袋線っつーことでやっぱり今は副都心線の混乱の余波があるのかな?



住所:東京都豊島区長崎4-12-7
電話番号:090-1815-5023(携帯?)
営業時間:12:00~15:00/18:00~翌1:00(売り切れ次第終了)
     (火)18:00~翌1:00(売り切れ次第終了)
定休日:月

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




5月23日(金)の昼飯は銀座五行@銀座へ。フィリピンに転勤になる同期の最後の目の保養も兼ねての銀座訪問。いつもお客さんがまばらだった店内は前よりお客さん増えたような気がしたのはたまたまだったのかな?まあもうちょっと流行ってもいいような気もするが土地柄いろいろ難しいのだろうか。

オレ的定番の焦がし味噌麺に五穀米などがついてくるランチセット(1000円)にする。熱々のスープが油の膜によって守られているためなかなか冷めない。そして濃厚ではあるがさほど腹に堪えるということもなく良い加減。スープの香りも悪くない。平打気味の麺はほどよい噛み応えで濃厚スープとマッチしている。

住所:東京都中央区銀座2-4-6 Velvia館7F
電話:03-5524-0002
営業時間:11時~翌3時 (日祝)11時~0時
定休日:無休

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




5月20日(火)の仕事後、友人にMDPを渡しがてらお茶の水に立ち寄り大勝軒@御茶ノ水で夕飯。この日は20時15分頃にお店に入ったが空席が目立ち余裕で入れた(しかし店を出たらまさにスープ切れ閉店になったところだったが・・・)。この日はもりワンタン(950円)にする。

オーソドックな「特製もりそば」に比べるとスープに甘酸っぱさが感じられなくて、むしろややしょっぱい感じ。とはいえ麺はもちっとしているし、絡みもあるので悪くはないのだが、個人的にはもりそばの方の風味が好みかなあと。ワンタンは普通に美味しいという感じ。

住所:東京都千代田区神田小川町3-1-5 須田ビル2階
電話番号:03-3233-9911
営業時間:11:00~22:00
定休日:月

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




plenusなでしこリーグ2008第7節
浦和7×0伊賀@駒場

スカっと天気のよかった本日は今季初のなでしこリーグ観戦。中断後緒戦はアジアカップから帰った代表勢も揃い踏み。開始早々のFW北本の先制点で一方的な展開を予想したが、その後はパスミスが多くボールの納まりもイマイチで決して圧倒的という感じでもなかった。


正直人間より横断幕の方が数が多そうな・・・。しかし人数は少なくても精一杯のサポート、リスペクトします。

それでもじりじりと力の差が出始めて次々と加点。MF高橋のミドルは綺麗な放物線を描いてゴールに吸い込まれる見事なものだった。エースのFW安藤はハットトリックを達成。それでも、2回くらいポジションチェンジをしていたと思われる、キレキレだった岩倉(主に左SB)と朴訥系高卒ルーキー堂園(主に左SH)の構成する左サイドに自分の視線は釘付け。



最終的には自力の差を見せ付ける形に。ボールがそれなりに回り、首位、そして高卒ルーキーがスタメンゲットって何かトップチームの閉塞感とは対照的・・・。まだまだ修正点はありつつも、あのベレーザに圧勝したというのも何となく納得できたような。何というか、メインスタンドからの歓声がバックスタンドでこだまする、レディースの試合の時の牧歌的な駒場の雰囲気も結構好きだな。


その後は渋谷で映画「アフタースクール」を鑑賞。実は映画館に来たのが昨年夏以来くらいだったりしたのだが、「水曜どうでしょう」とか全然見ていなくて大泉洋に対してまったくもって思い入れのない自分でもその展開だけで十分楽しめた。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )


« 前ページ