赤い彷徨 part II
★★★★☆★☆
永田充不安クラブ♡
 



仕事から帰って携帯でネットを見てたら、今日(正確には昨日か)の教育リーグ東京V戦に達也が出場、クロスに頭で合わせてゴールしたらしい(前半途中でセルと交代、ちなみに試合は惨敗だったようだが…)。

幸い永井も復帰、調子を上げているので、引き続き慌てず騒がず(自分が騒いでるか…)、万全になるまでじっくり治して欲しい。いずれにせよ、また一歩復帰に近づいたことは素直に喜びたい。

これから代表強化試合のドイツ代表戦の「ディレイ」中継があるらしいが体力の限界っす。録画して寝ます…。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




仕事帰りにコンビニに寄ると、前々から美味い美味いと友人に煽られつづけているじゃんず@練馬のカップ麺を発見。躊躇なく購入してしまった…。とはいえ、さすがにこの時間から食べる勇気も気力もないので味はまた後刻レポします。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




世の中、少なくともマスコミはW杯モード一色に染まってきている。一方で、自分はといえば、テレビの前で絶叫していたドーハやジョホールバルの頃に比べて年々代表に対する想いは薄くなってきている。今回の大会についても、マスコミが必死に煽れば煽るほど、それに反比例して冷めた目で見ていた自分がいた。

ところが、だ。昨晩なにげなくスパサカを見ていたら、コインブラさんが緒戦豪州戦のスタメンとして「何もなければ」とした上で示唆したメンバーにオレたちの坪井が入っているらしいじゃあないか。これを聞いてからと言うものの、さすがの自分もにわかにドキドキソワソワしてきた。少なくとも鳴り物入りというほどでもなく、一大卒選手として浦和に入団してきたあの坪井が、遂にW杯のピッチに立ってしまうのだ。もう想像しただけで目に汗かいちゃいそうだ。胸騒ぎが止まらない。もう子供を見守る親のような心境、いや子供はいないからわからんが・・・。こうなったら当日は意地でも仕事を早めに切り上げて自宅で祈るような気持ちでテレビの前にいようと思う。

一方で残念なのが伸二。これまで、コンディションさえよければスタメン確定だった伸二がここに来てそのスタメンに入っていない。ようやく、ようやく良いコンディションで晴れの舞台を迎えられたときにこのような状況に陥るとは皮肉なものだ。状況は厳しいが親善試合はあと2試合ある。あきらめずにそこで活躍してヤクザ福西あたりからスタメン奪取して欲しい。チームのバランス?そんなことは知ったことか。J2に降格した当時の浦和に残ってくれた天才・小野伸二には、自分は未だに特別の想いがある。甘い、そうだろう。でも伸二には今回こそ思いっきり楽しくプレーさせてあげたい。

そしてスタメン当確のアレ。今期の絶好調の勢いそのままに大暴れして、これまでしたり顔で散々ボロカスに言ってきたヤツらをギャフンと言わせて(死語だな)跪かせてやって欲しい! アレの父ちゃんが浦和のジャージ着てテレビに出てたという話を聞いてその願いはさらに強まった。あと、個人的にはいつもどおり君が代を熱く歌い上げるのも期待してるよw

というわけで、普段、特にくだらない親善試合とかでは代表についてヒネたようなこと言ってるけど、現金なもので何かちょっとだけテンション高まってきた。いやそれでも浦和の勝ち進んでいるナビスコ杯>>>>W杯には変わりはないし、とりあえずまずは来週の川崎戦だけど、それでも6月はニワカ代表サポになります。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Everyone knows the song that Millwall fans sing, to the tune of 'Sailing': ' No one like us/No one like us/No one like us/No one like us/We don't care.' In fact I have always felt that the song is a little melodramatic, and that if anyone should sing it, it is Arsenal.

Arsenalのサポである筆者が、Arsenalがみんなから嫌われることについて記述している。その理由について彼は自らの愛するクラブは”We're boring, and lucky, and dirty, and petulant, and rich, and mean, and have been, as far as I can tell you, since the 1930's."、つまり「30年代から今(この本がかかれた91年)に至るまで、ひたすらサッカーは退屈で、運だけは良くて、薄汚くて、キレやすく、金はあってもそのくせ中位を彷徨っている」ことを挙げている。センスが良くてフェアであったりするWest HamやTottenhamとは対極にあるという。随分と自嘲的だが、そんなものだろうか。しかしArsenalが嫌われていたとは知らなかった(現在はどうなんだろう?)。

しかしそれより笑えたのはMillwallのファンが"Sailing" 、Rod STEWARDの名曲で、いわずと知れた"We are Diamonds"の原曲を歌っていたという点。"No one like us."というと自嘲的にも感じられるが"We don't care."と歌っているあたり、誇らしげに歌っていたのかな? 聞いてみたいなあ。

(このシリーズ、gooに移転してくる前から書いてます。興味のある奇特な方は”お気に入り”の「赤い彷徨」の『読書感想文』のカテゴリをご覧ください。)



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




三保の松原を後にして、途中またまた鮮魚を食わせる店に寄って(後刻レポ、ってまだ続ける気ですすいません。)海の幸を堪能した後、サポ用パーキングに車を停めて一路日本平へ。今回日本平を訪れたのは噂の藤本を見るためでも、代表入りのかかったアベッカムや、ましてや手巻を見るためでもなくパルちゃんに会うためだ。

 

4月にエコパを訪れた際はパルちゃんにほのぼのさせられてサポートがヌルくなっちゃいかんと構えて、ゴール裏から遠く冷凍みかんショーをぼんやり眺めているに留まった(それでも「冷凍みかん」の歌のサビが頭にこびりついたが・・・)のだが、今回は浦和絡みの試合じゃないし、もうご覧のとおりがぶり寄りw 思う存分萌え殺されてきた。目の前にどこかでみたようなパペットが見えるが、まあ気にしない。ついでにチアガールのお姉さんにも相当萌えていたのはナイショだ。いいじゃない人間だもの。

あ、そうそう

 

試合(ナビ予選L清水×千葉)は清水がマル何とかの1点を守りきって勝ったようだ。攻守の入れ替わりが激しくて試合としては面白かった(取ってつけたように)。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




清水旅行から随分経つのだが、Jが中断して話題もないのでだらだらこの話題を引きずってしまう。三保の松原編のつづき。「神の道」を抜けてついに浜辺に辿り着く。名所旧跡好きなのだが、今回はバタバタしていて結局この松について何も下調べせずにきてしまった。友人に寄れば天女が舞い降りて羽衣をかけたという伝説がある松、らしい。後にネットで調べたら樹齢650年らしい。晴れていれば大きな富士山が拝めるらしいのだが、残念ながら見えず。一言で言えば、曇りの日に野郎二人でくるところじゃねぇ、っつーことだ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日エスパデザイン自販機の写真をアップして思い出したのが、3月に広島遠征した際にやはり発見したサンフレデザイン自販機。自販機があった場所がサンフレのオヒサルショップの前だったから、さもありなんとは思いつつも、さいたま市内ではこの手のものはついぞ見掛けたことがなかったのでびっくりした。それともどっかにあるのだろうか、レッズデザインの自販機って? 個人的には赤黒というおどろおどろしい色の自販機で飲み物を買いたいとは思わないが・・・w

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




話はちと戻るが、エスパのジュニアユースと思しき少年たちがいたグラウンド(そういえば赤星もあそこでプレーしたのかな?)のそばにエスパルスロゴ入りのジュース自販機があった。写真は旅先で舞い上がって思わず缶コーヒーを買ってしまった浮かれポンチな大人の図w 後にドリームプラザでも同じものがあったが、市内のあちこちにあるのかな?



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




犬飼社長の「勇退」が正式に発表された。友人からのメールで知ったのだが、既に報道もあったのでショックはなかった。浦和にビッグクラブへの道筋をつけてくれた犬飼さんには本当に感謝している。とりあえずはお疲れ様でした。その情熱と手腕でJリーグ専務理事としてリーグ全体も良い方向に導いて下さい。つか次期椅子男就任フラグ立った?w

後任で社長となった藤口さん。前任の功績が大きいがゆえにプレッシャーも大きいだろうが、頑張って頂きたい。慶應卒、三菱出身、代表歴のある選手出身と犬飼さんと共通点は多いようだが経営手腕は果たして。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




日曜、埼スタに向かう前に松戸の”兎に角”に立ち寄った。石神本に載っていたという理由だけで、さして期待もせずに行ったのだが、開店早々に到着したにもかかわらず行列ができていて驚かされた。結局並んでから麺にありつくまで45分ほど待たされる羽目に。都内の超有名店ならともかく、まさか松戸でここまで待たされるとは。これでハズレだったら目も当てられない・・・。薫玉つけめん(750円)をオーダー。

で、これが美味い!麺は自家製麺、中太でもちもちしてて食べ応えがある。スープは魚介が強いがコクがあって麺にも良く絡んでいる。特筆すべきはチャーシューで、決して柔らかくはないのだが、適当に噛み応えがありつつもほどよくほぐれていて味がしみていておいしい。ネットで調べたところでは薫製らしい。なるほど。薫製玉子はあまり「薫製」感はなかったが、とろとろで個人的にはありです。量も比較的多いしこれはオススメ、45分並んだ甲斐があったというもの。是非また来たい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




土曜に実家に帰ったついでにまたきくちひろき@熊谷へ。移転前に紹介したがんこ系のお店。前回醤油にしたので、次回はこの店のウリらしい塩にしようと思っていたのだが、ボケっとしててまた醤油にしちまった。しかも背脂たっぷりの「こってり」に。_| ̄|○

写真のように、見事に白い背脂で表面が埋め尽くさており、ここまで背脂が浮いてるものは久々だったので圧倒される。とはいっても醤油なんでどうしようもないほどこってりでもない。生来胃腸が弱い自分は見事にやられたがw

個人的にはなんとなく麺の存在感が大きすぎるような気がするのだが…。味玉はとろとろ、チャーシューは箸をつけると崩れてしまうほどでやや柔らか過ぎか。今度来るときこそ塩にしようと心に誓う。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




久々にカラっと晴れ上がって中断前最後の公式戦を迎えた。スタメンはシトンの1トップ、ヤマ、永井の2シャドー、サイドは右に平川、左に相馬。ボランチは啓太、長谷部。3バックは左から内舘、ホリ、細貝、GKにサプライズ、何と加藤の公式戦デビューとなった。3バックだけでも結構ドキドキなのにこの上加藤デビューですか、と思わずマゾっ気がくすぐられる…w 横浜は4ー4ー2、那須が左SBをやってるとは。久保は結局ベンチにも入らず。しかしとばっちりでブーイングされてたY瀬の弟ちとカワイソw
開始早々、シトンが攻め上がっても瓦斯戦同様相変わらずフォローがない場面があり、不安が募った。が、そんな中20分過ぎだと思うが、あっけなく先制点。前線に蹴出されたボールにヤマとシトンが反応。線審はヤマに対してフラッグを上げるも結局触らず、セルフジャッジして足を止めた横浜DF陣の隙をついてシトンが流し込む。攻め込み始めた浦和はさらに平川のクロスを真ん中で受けたシトンがタメをつくり近くにいた選手(ヤマ?)へ、そこから逆サイドを駆け上がってきた相馬へ。相馬が落ち着いてゴール右スミへ決め2点目。さらに前半終了間際、永井の浮球を受けた平川がクロス、これをファーにいたシトンが右アウトサイドで器用に決めて3点目。 シトンは華麗な足技で主力を欠いた横浜DF陣を翻弄。ゼロックスの頃に出来はまだまだと聞いて好調になったら化け物じゃんかと思ったものだが、ホント化け物だわw
相馬は好守に渡って好調を維持。ドリブル突破、危険なクロス、倒されてもすぐ起き上がってボールを追うといった執着心で存分に楽しませてくれた。こういうギラギラしてるヤツ、いいね。 結局緑から獲得した2選手が本日の全得点を叩き出したこととなるが、大宮の小林大とあわせてこれだけの選手を揃えながら降格するというのは理解できない…。
加藤は緊張感がこちらにも伝わってきたが無難なデビュー。FKをファインセーブする場面もあり、自信をつけたられたのではないだろうか。
途中出場の岡野のクロスを三度のシトンが頭で押し込みさらに加点するも、終盤になって押し込まれて2失点はちょっと頂けない。やや気の緩みがでたか。いずれも加藤のミスということではないと見たが。 他にも永井を筆頭に各選手がそれぞれ良いパフォーマンスを見せてくれたし、何より勝って気持ち良く中断に入れて良かった。途中出場のカニ、赤星にはもうちょっと頑張って欲しかったが…。しかしハーフナーはマジデカかった。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




オレたちの犬飼社長の進退について、報知で報道があり、今月限りで退任、後任は藤口氏、犬飼氏はJリーグ専務理事とのこと。本人も「(社長は)長くやるものではない」とコメントしてたし、某夕刊紙でも「犬飼チェアマン誕生」なんて電波記事があったのでいつかこういう日が来るだろうとは思っていたが、まさかこんな性急な感じで出てくるとは…。報知は監督や選手の報道については基本的に電波なるも、たまに大スクープがあるだけにいつも踊らされてしまうが今回は果たして。

明日の横浜M戦、闘莉王出場停止のため細貝、ホリ、内舘という3バックになるとか。とりあえず啓太は帰ってきてくれるようだが、花やしきのジェットコースターなみのスリルが味わえそうな悪寒w 横浜も松田と河合が出れないらしいのでどうなることやら…。

追伸:とりあえず移転してみました。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




三保の松原にやっと到着。松の並木道?(神の道)を通り抜ける。せっかくの風情もムサい野郎2人で台無しだがまあ気にしないw 松原に向かう道の周辺は普通の住宅街という面持ちで、本当に自分たちが目的地に向かっているのかやや不安になったが、ほどなく観光地らしいお土産屋などが見えてきて、松の木々の向こうに浜辺が見えてきた。波打ち際にむかって歩き出す。野郎2人でw




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




一兆で贅を尽くし、運転疲れもあって泥のように眠った。翌朝は心配された天候も何とか雨は止んだので、悩んだ末に三保の松原に向かった。日曜の朝とあって道も込まず、あっという間に付近に到着したものの、道がよくわからずうろうろしていると左手にエスパユニの選手たちが目に入る。エスパの練習場だと思い、慌てて車をとめて近づいてみる(はいバカですw)。と、どうもプロの選手にしては体格が小さい。おそらくはジュニアユースの選手たちだったんだろうが、練習試合の最中だったようだ(冷静に考えればマッチデーにユニ着て試合なんかやるわきゃない)。実はエスパの練習場もその付近に発見したのだが入ることが出来ず、敢えなく断念。しかし本当に三保の松原、つまり海に近いところにあり、気持ちよさそうな場所。海なし県で育った自分からするとそれだけでうらやましい。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ