赤い彷徨 part II
★★★★☆★☆
永田充不安クラブ♡
 

渾身  


J-league Div.1 - 2011 season 27th sec.
Kashima 0 x 0 Urawa@Kashima Soccer Stadium, IBARAKI(AWAY)

今のチーム状態からすれば「渾身のスコアレスドロー」とでも言うべきか。双方のパフォーマンスは低調、鹿島の数々の逸機にも助けられ、命からがらながら何とかかんとか掴み取った勝ち点1。その後の甲府がガンバを破ったことによってすっかり冷や水をかけられたような恰好になってしまったけど、それでも敵地で奪取した大切な大切な勝ち点1。これからの茨の道、残留争いで活かしていきたい。崖っぷち、情けない話だけどしばらくは内容云々なんて言ってられない。

それにしても、鹿島で試合があった日にこんな時間にPCに向かってるなんて初めてじゃなかろうか・・・。



J1第27節 鹿島0×0浦和@カシマサッカースタジアム

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2012 OLYMPIC MEN’S TOURNAMENT, Asian final-round qualifiers, Group C
JAPAN U-22 2 x 0 MALAYSIA U-22@Best Amenity Stadium, SAGA(HOME)
Goals; Keigo Higashi, Ryohei Yamazaki (Japan)
Attendance; 22,504

台風のお蔭で接待が中止となり、命からがらながら早めに帰宅できたのでまったりとテレビ観戦。

試合開始してから早い段階で先制点奪取に成功。その後も鮮やかな崩しをみせ、そのまま楽勝かなあと思われたのだが、むしろそれだからこそ日本がやや調子に乗りすぎたというか、自らリズムを崩してしまったかなあという印象の試合だった。加えて、馬代表が恐らく多くの人が予想したより(それだけ期待値が低かった、ということだけど)意外としっかりしたサッカーをしてくるチームになっていたこともあって、後半に何とかかんとか追加点をもぎ取ったものの、終始苦戦を強いられる展開だった。とはいえ、もし早い時間に追加点を取れていたらまた違った展開になっていたのかもしれないけど。

とにもかくにも最終予選の難しい初戦を勝利したのだから御の字。しかし馬相手はこの分だとまたアウェイで苦戦する予感・・・。

ロンドン五輪アジア最終予選グループC
U-22日本代表2×0U-22マレーシア代表@ベストアメニティスタジアム

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


彷徨  


J-league Div.1 - 2011 season 25th sec
Urawa 0 x 1 Yamagata @Saitama Stadium 2oo2, SAITAMA(HOME)

急件により本日のホームゲームも欠席。

テレビ中継から伝わってきたのは(当方の勝手な理解だろうけど)、語る会を経てますますスタジアムに増幅するクラブに対する不信感、引き続きサッカーになってないサッカー、残留争いのライバル相手の痛恨の敗戦、そして生え抜きの若手ホープが見せた試合後の号泣。余りにも切なすぎる光景。

そして追い打ちをかけるように、この期に及んでよくわからない「GM解任」の報。「浦和の未来は選手と俺達の覚悟で決まる」という横断幕、「もうフロントや指導者には期待できない」ってことかなとオレは解釈してしまったけど、その勝手な解釈が奇しくも裏書きされてしまったような・・・。

のほほんとテレビで見てただけでも思わず心が折れそうになったくらいだから、現地の方々の心中、これまた勝手にお察し申し上げます。いずれにせよ、こちらは声を出して力一杯「選手を」後押ししていくしかない。

J1第25節 浦和0×1山形@埼スタ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




FIFA Women's Olympic Football Tournament London 2012, AFC Final Qualification Round
DPR Korea women 1 x 1 Japan women @Shandong Sports Centre, CHINA

祝・なでしこジャパン ロンドン五輪出場決定。

今日は接待のため久々に早めに帰れたので録画しておいたものでテレビ観戦・・・(ただし、時間がなくて豪州代表戦、韓国代表戦はまだ見られていません)。

大会前にドーピングのため5人もの選手を入れ替えたという北朝鮮。その若さに任せた豊富な運動量に苦しめられて試合開始からほぼ防戦一方の状況を強いられつつも耐えに耐え忍び、徐々に相手の足が止まってきた後半にまんまと加点に成功。そのまま逃げ切ってすんなりとロンドン五輪出場を決めるか、と思われたが、ロスタイムに北朝鮮の圧力の前に屈してミスを犯して痛恨の失点、ドローに持ち込まれてしまったという試合。

ただ、夜になって中国代表が豪州代表に敗れたため五輪出場が転がり込む結果となった。諸般の事情からコンディションの良くない中、決して簡単じゃないアジア地区でよくぞ出場権を獲得してくれたと思う。ただ、本選に向けての課題として、今回は選手層の薄さを露呈してしまったのかなと思うので、W杯で活躍したメンバー以外の底上げが急務なのかなあと。とにもかくにも、おめでとう&お疲れ様でしたなでしこジャパン!

ロンドン五輪アジア最終予選
北朝鮮代表1×1日本代表@山東競技場

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




2014 FIFA WORLD CUP QUALIFIERS, Asian 3rd round
Japan 1 x 1 Uzbekistan @Pakhtakor Markaziy Stadium, TASHKENT

先週金曜の北朝鮮戦から、我らの柏木がベンチに下がって何と阿部をスタメン起用。そして長谷部主将をトップ下に配置したものの、劣悪だったであろうピッチコンディションや長距離移動による疲労感もあったのか、試合開始早々に「何となく」という感じの失点を喰らう実に重苦しい展開となった。久々スタメンの阿部に関してはちょっと今回の起用法は疑問というか、ちょっとかわいそうかな・・・。

GK川島の2、3のビッグセーブもあり最少失点で凌ぎ、ザキオカさんが得意の頭で捻じ込んで同点に追いつく。しかし、若いチームなせいか終了直前あたりのチームとしての対応が相当あぶなかっしい雰囲気だったのだが、何とかかんとかドローに持ち込むことには成功。ウズベクは強かったけど、それでも勝てない相手ではないという印象だったが、グループ1、2位の対戦でアウェイということを踏まえれば御の字かなと。

それにしても、個人的にはW杯本選やEUROなんかのエレガントなフットボールもそりゃ勿論楽しいのだけど、言い知れぬ焦燥感というか、地に足がつかない感じを覚えさせてくれるW杯アジア予選やアジアカップのこの妙な雰囲気がたまらなく好きだったりします。浦和がACLに出たときもたまらんかったなあ(遠い目で)。

さて、阿部も柏木も元気も気を取り直して頑張って頂きたいですね。

W杯アジア3次予選
日本代表1×1ウズベキスタン代表@パフタコールスタジアム

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




8月2度目の火曜日は海外赴任から戻った前職の同期と久々の再会ということで、20時前に北千住駅に到着した。お目当ての焼鳥屋に行く前にまずはラーメン(というやや普通じゃない順番)、ということで子竜@北千住を久々に訪問。この頃はまだまだ暑かったので冷やし塩ラーメン(800円)をチョイス。

さっぱり、さわやかな口当たりで麺の喉越しもよく、暑い日でもスルスルっと食べられてしまう。それでいてそれなりにパンチみたいなものもあり。ただ、普通の温かい塩スープに比べるとやや魚介風味が強いようにも感じられる。ここはおいしいのにいつ来てもガランとしていて心配してるんだけど潰れはしないよね。立地が悪いのかなぁ・・・。

住所:東京都足立区千住旭町2-1 江角ビル1F
電話番号:03-3870-1330
営業時間:11:00~21:00
定休日:水

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




8月2度目の月曜日、浅草で仕事を終えて21時頃につし馬@浅草で夕飯。5月に食べたばかりではあるのだが、今回も、限定メニューながらこの時間でも食えるバリ煮干しラーメン(750円)にした。前回「むき出しの煮干し」と表現したが、要は煮干しの旨味だけでなく、苦味というかエグさまで全部楽しめるということであり、煮干し好きな人向けなんだろうとあらためて思う。ただ、中太の麺については、やっぱりもう少しかためでもいいのかなとも。

住所:東京都台東区浅草1-1-8
電話番号:03-5828-3181
営業時間:11:00~21:30(スープがなくなり次第終了)
定休日 :無休

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本日の女子サッカーロンドン五輪アジア最終予選は、日本代表が3×0でタイ代表を下した。なでしこジャパンは先日のW杯時の主力の多くを温存。しかしながら、FW1枚を残して自陣に引きこもるタイを相手に、なまじ1対1で優位なだけにシンプルにプレーすることができず苦戦。途中、宮間や安藤さんを投入して何とかかんとかタイのゴールをこじ開け、終わってみれば順当勝ちで白星発進。それにしても、中一日で韓国代表と対戦いうのは結構きっついスケジュールだなあと。

他方、昨日の震災復興チャリティマッチ、ミランOB×JリーグOB@ユアテックスタジアム仙台。花試合ではあったが、ボバン、マッサーロ、バレージなど往年のスター選手たちが、体型は大分変わりつつも、確かな技術を見せてくれて思いのほか楽しめた。JリーグOBでは、浦和のレジェンド福田正博がミランの鉄壁GKジダからゴールを奪ってくれて、クラブW杯の準決勝で痛い目に遭わされた相手のゴールはちょびっとだけ快感だったりして。

以上、いずれもテレビ観戦でした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )