赤い彷徨 part II
★★★★☆★☆★
永田充不安クラブ♡
 



前回からのつづき)

1日目の夕食は片町にある赤玉本店で金澤おでんをいただきました。店舗は新しく小奇麗で女性客も多く、やや想定と異なり面喰らいました。もちろん味は確かでしたが。



一番搾りとの相性も当然ながら上々であります。おでんは勿論のこと御造りもおいしゅうございました。




そして宿ではまた幹事としてやらかしてしまいまいました。ホテル泊だった前回に続いて、今回はいわゆるゲストハウス泊だったとはいえ、おっさん4人の旅なのにまたもやダブルベッド登場。やむなくじゃんけんで勝った人が一人ベッドで寝て残りは座敷で雑魚寝となりましたが、もう呪われているとしか思えません。参加者の方々にはこの場を借りてあらためてお詫び申し上げます…。しかしもう1組の外国人の若者たちの騒々しかったこと(笑)



翌朝は早朝に起きてバスで輪島に移動しました。NHK朝ドラ的には「黒歴史」かもしれない「まれ」の舞台ということもあり個人的には諸々楽しみにしていたのですが、能登半島を北上するにつれ段々と雲行きが怪しくなり…。



輪島漆会館のところでバスを下されるとそこはとんでもない暴風雨で茫然と立ち尽くします。外を歩いている人の傘がおちょこになるような状況でとてもではありませんが外出する気力がわきません。



それでもしばらく雨がおさまるのを待っていたのですが一向に和らぐ兆しも見えず、やむなく近場、道の向こうに見えるお土産屋さんに移動します。



そちらの休憩スペースでいただいた金箔コーヒー。少しでも加賀らしいものをということで。



多少雨が和らいだこともありランチへ向かいます。当初「海亭 のと吉」で昼食を取るつもりで事前に予約の電話をしたところ、電話にでたおばちゃんに「予約なんてなくても全然大丈夫!」と言われたのでそれならと当日向かおうとしたら「今日は貸切です」とあっさり言い放たれさすがに閉口しました(わざわざ顛末をブログに載せるくらいにはおっさんの食べ物の恨みは恐ろしいですよ(笑))。とはいえ、やむなく急遽飛び込んだ「漁師の店こだわり」のお料理(ブイのたたき丼(1000円)にミニ刺身のトッピング(300)等をつけたものだっと思います)もご覧のとおり文句のつけようのないものでしたので良しとします。



そういうわけで結局観光らしい観光もできず失意のうちにバスで夕方に金沢に戻り、駅前でバスを降りてそのまま北陸新幹線で首都圏に戻ります。



帰りの晩飯は駅弁「利家御膳」(税別973円)で旅を締めくくりました。今回も楽しい旅でしたが、何せ宿の件の粗相では皆様に大変ご迷惑をおかけしました。他方、個人的には結局年明けの連休にも再度金沢を訪問しましたので、またそれは「番外編」として後刻ご報告申しあげます。




(おわり)

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


«  空母ではない... 7月16日(月)の... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (真っ赤な陰獣)
2018-07-17 16:22:19
改めて幹事お疲れ様。個人的に四半世紀振りに訪れた金沢を堪能出来ただけでなく、拘置所くんの面白ネタも出来て楽しい旅でした(じゃんけんで勝ったから言える事だけど、笑)。

この枕元のティッシュが淫靡さに拍車を掛けてるよね~
 
 
 
その節は (東京拘置所(haab1328))
2018-07-19 02:19:25
いえその節もご迷惑おかけしました。過分なお言葉を有難うございます。もう幹事としての自信を失いかけております(笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。