赤い彷徨 part II
★★★★☆★☆
永田充不安クラブ♡
 





コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




同「サダム・フセインは偉かった」や「スーチー女史は善人か」と同じく、元産経新聞記者である髙山正之さんによるコラム集です。本作は2007年から翌年にかけて「週刊新潮」に寄せたコラムを集めたもので、そのような形式であるため、比較的容易く読み進めることができる作品だと思います。髙山さんは最近でも「正論」や「Hanada」といったいわゆる当世流「保守」=右派論壇でのご活躍が目立つ方で、従ってコラムでは当然ながら中国、南北朝鮮、朝日新聞といったあたりを舌鋒鋭く批判するものが少なからずあります(左右問わず自分と意見の違う者を罵倒する系統の文章というのは個人的には読んでいて正直余りよい気分はしませんが…)。しかしながら、髙山さんのご批判の対象はそれらにはとどまらず、米国、豪州、そして欧州、東南アジアやアラブの国々まで及び、いわば全方位外交でみんな叩きまくる=「特定の者だけに偏ることなくみんなを罵る」ため、そういう意味ではご立派であり、また信頼のおける方ということができるのかもしれません。

そして、冒頭で髙山さんが仰るには、米国駐在や中国の専門家など特定の国・地域の「通」とされる特派員、記者、学者、そして経済人といった人々がそれぞれの「通」とされる国・地域を見る目はとかく曇りがちで、専門家といいつつ実は評価が偏っていて実像が見えてこない。だからむしろどこにも「通」ではない自分が他国について書いてみようじゃないか、というのがこのシリーズの趣旨ということのようです。かくいう髙山さんもテヘラン支局長を務めたご経験はあるようですが、専門家や一定のコミュニティの「インナー」とされる方々には大なり小なり必ず「しがらみ」のようなものはあるでしょうから、髙山さんのこの指摘は一理あるとは言えそうです。そのあたりは読む側のリテラシーが問われるところなのでしょう。

コラムの内容はエログロ含め「うえぇ…」とげんなりする話もありますが、個人的に面白かったエピソードは、豊臣秀吉や徳川の治世におけるキリスト教の禁教について、とかく悲劇的な文脈で描かれがちだが実はその彼らの非人道性に理由があった、という指摘(個人的にはそれに加えて、植民地化の先鋒としての宣教師の位置づけもあったのではないかと邪推しています)はなかなか興味深いものでした。また、その昔米国ロサンゼルスにも市街電車や郊外鉄道が市民の足だった時代があった。しかし時のアイゼンハワー米大統領が50年代半ばに米国中にインターステート(高速道路)を建造する法律を制定する。そして石油会社やタイヤ会社がLAの鉄道会社の株式を買い占め、まもなく倒産させてしまった。それによりLAが車社会になっていった、といったエピソードあたりでしょうか。ただ、このシリーズで注意が必要なことがあります。数多のコラムの中で面白いストーリーや歴史的な「実は…」的なアネクドートを耳目にすると、面白いのでそれを誰かに話したくなるのが人間の性なのでしょうが、その場合、本作はあくまでコラムということで出典が明記されているわけではないので、そこはやはり自分なりに咀嚼した上で事実関係をしっかり検証する必要がある、という点です。

最後に僭越ながら1点だけ苦言を呈させていただけば、コラムの中で第2次世界大戦中に米軍パイロットが多勢に無勢の状況ながら日本の戦闘機群に単騎で戦いを挑み見事撃墜されてしまったが、無謀な戦いを挑んだ背景には人種偏見(「日本人なんて大したことはないだろう」という思い込み)があり、「白人優越主義が生んだ喜劇」と切って捨てています。しかし、その同じコラムの締めくくりにおいて、08年に「先日の情報誌に中国が米本土にも飛べるステルス爆撃機『轟8型』を開発したとあった。あまりすご味を感じないのはなぜだろう」と著者は締めくくっていて、おいおいそれはさすがに、、、最近の一部「保守」論壇やネットで好んで使われる「ブーメラン」ではないのか?と思ってしまったのですが(個人的には余り好きな言葉ではありませんが…)。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




J-league Div.1 - 2017 season 4th sec.
Urawa 0 v 1 Yokohama @Saitama Stadium 2oo2, SAIATAMA(HOME)

この試合はお彼岸の墓参りのため欠席して録画テレビ観戦でした。豪州代表にパスサッカーをやらせようとしていたポデスコグルー監督を迎えてマンチェスターシティ始めました(いや、モンバエルツ前監督時代から仕込みは始まっていた?)なFマリノスさんとの対戦は、彼方もまだまだ発展途上という印象こそあるものの、それでも明暗くっきりの点差以上の完敗という感じで、もしGK西川の一連の好セーブがなければもっとやられていたのかなという感じでした。堀監督はここまでなかなかうまく機能しないマルティノスを控えに回して2ボランチの4-4-2の布陣に変更。武富が興梠の少し後ろあたりに配置され、右サイドハーフに長澤、左サイドハーフには武藤をそれぞれ起用され、柏木、青木のダブルボランチ、遠藤が負傷のため右SBには菊池が抜擢されました。

マルティノスに代えて武富が起用されたこと等により長澤と武藤が攻撃に少し絡めるようになり、右SBに起用された菊池が好クロスでチャンスを創出する等、これまでの試合との比較で言えば少なくとも「まし」に見えた前半でした。ただ、その右SB菊池のクロスは悉く横浜守備陣に弾き返されたばかりか、菊池の裏を再三にわたり突かれてゴールを脅かされる場面が少なからずで、中盤の選手たちがそのカバーリングに回らざるを得ず消耗した上ビルドアップにも支障を来しているようにも見えました。そうしたこともあり後半に入ると浦和の選手たちの足が止まり、81分に左SB的なポジションの山中選手にカットインされ、その他の横浜攻撃陣の動きにつられてガラ空きになった逆サイドにウーゴヴィエイラ選手が侵入、危機を察知して駆けつけた興梠も間に合わずに浦和ゴールが遂に陥落した形でした。

淵田代表は試合後に堀監督の続投を示唆したようですが、果たしてどうなりますやら。

J1第4節 浦和0×1広島@埼スタ

--------

J.League YBC Levain Cup Group Stage MD2
Urawa 1 v 4 G.Osaka @Saitama Stadum 2oo2, SAITAMA

仕事を抜け出して埼スタまで足を運びました。どちらがリーグ戦3連敗中なのかわからなくなるような試合。失点は多少少ないけど勝てない堀体制が、遂に決壊して大量失点を、しかもリーグ戦絶不調のG大阪さんに喰らったという意味では状況が改善するどころかむしろもう1段階悪化したような。立ち上がりから前がかりのG大阪さんに好き放題やられていたような印象で、開始早々にアデミウソン選手のポストプレーから泉澤選手のクロスにファン選手に飛び込まれて開始10分で耐えきれず早々に先制を許してしまいます。とはいえ不調からなのかG大阪さんが早々にブロックを形成してきたこともあり浦和はボールを持ち回し始めますが、まるでゴールな予感がしない状況は変わらず。前半終了間際には両CBの間にいたFW長沢選手に頭で合わされ2点差で折り返し。



後半の盛り返しに仄かな期待を寄せていましたが、10分も経過しないうちにその希望は打ち砕かれます。泉澤選手のクロスをまた長沢選手にヘッドで決められ3失点目で万事休す。2失点目といい目を覆いたくなるような失点でした。その後浦和は青木の縦パスに反応して裏抜けした武富が泥臭いゴールを決めて1点を返すものの、終了間際にG大阪高校生FWの中村選手にドリブルで前進を許してそのまま初ゴールを献上する体たらく。こういう選手にやられるのは浦和らしいようにも感じますが、1失点目はポストのアデミウソン選手にスライディングをかましてカバーリングが遅れた岩波の動きや、両CBの間で相手FWがどフリーになっていた2失点目を見ている限り、守備の際の最低限の約束事のようなものもないのかなと暗澹たる気持ちになります。くたくたになっている荻原を引っ張ったことに代表されるように、監督の用兵にも首を傾げたくなるものがありました。



昨年途中から指揮を執り、今季はキャンプから仕込む時間のあった今季でもなおこの状態はなかなか厳しいですね。とはいえ、このタイミングで監督を交代したとしても浦和フロントがいい後任監督を連れてくることができることはイメージしにくく、こうなると堀監督の覚醒や内部昇格の暫定監督が奇跡的に素晴らしい指揮官となることを祈るくらいしかできないでしょうか。

ルヴァン杯GS MD2
浦和1×4G大阪@埼スタ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ