赤い彷徨 part II
★★★★☆★☆
永田充不安クラブ♡
 



とある週末、実家に行く道すがら浦和で途中下車、レッドボルテージに立ち寄ったついでにブランチ(?)とてRVの向いくらいにある八頭龍(おろち)@浦和に立ち寄る。開店してまもなくの11時半前くらいだったせいかテーブル中心の店内は空いていて、余裕でカウンターに座れた。事前情報なしだったので、店頭でイチオシっぽかったつけめん鶏和牛(中盛、800円)にした。ネットで調べたところ戸田に本店のあるチェーンらしい。

麺は何となく日本そばっぽい感じで特徴的。つけだれは鶏ベースであっさりしていながら、それでいて牛の臭いも仄かにしたような。「ラーメン王石神氏も絶賛」らしいのだが、正直「感動!」というほどのことはなく「まずまず」。ステレオタイプなつけ麺じゃないところは好感だが、近くにあれば喰うかなあってところかと。なお、ご覧のとおり具はネギ含めて別皿にて供される。ネギ含めてというのはちょっと珍しいかな。夜は飲み屋テイストが濃そう。

住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町1-5-9
電話番号:非公開
営業時間:11:00~15:00 17:00~24:00
定休日:無休

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




J-league Div.1 - 2010 season 21st sec
Urawa 1 x 1 Kashima@ Saitama Stadium 2oo2, SAITAMA(HOME)

ロスタイムに追いつかれるとは・・・、ホント悔しいですね。しかし暑さにも、世界の西村(笑)大主審のジャッジにも、鹿島の攻勢にも屈することなくよく戦ってくれた。何より、ここのところ試合を重ねる度に「戦う集団」になって来てるんじゃないかななんてポジってるんですが・・・。疲労からか集中欠いた感じのトラップミスするや否やベンチに下げられた元気も、力強さや気持ちが見え始めて、あと2、3歩かななんて。ホームでドローで喜んでちゃいけないけど、下を向く必要はない。そういう意味で惜しみない拍手を送りました。歩いていこう。

しかしW杯で活躍した選手が海外移籍するように、W杯で活躍した西村主審も海外移籍とかないんですかね。できればコロンビアあたりでwあとは鹿島さんの毎年恒例の「様式美」が見れなくて、罠だと思ってるのでちょっとホッとしたような、ちょっと寂しいような。

J1第21節 浦和1×1鹿島@埼スタ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




前回からの続き)

瑞鳳殿の前に立ちはだかる涅槃門。門をくぐると石段あり。



涅槃門アップ。



そして瑞鳳殿。伊達政宗公がホトトギスの泣き声を聞くためにこの丘に入ったところ、自分の死後この場所に葬るよう従者に命じ、その約1ヶ月後に亡くなったとのこと。この「瑞鳳殿」の名は、遺命によるものとか。



極彩色が鮮やか。約30年前に復元されたもので、つい最近まで改修されていた由。



二代忠宗公の感仙殿と、三代綱宗公の善応殿につづく門。



(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




仕事から帰宅してから、本日の語る会(Talk on Together)の模様を文字起こしして下さったサイトを拝見しました。何せ文字情報だけなので雰囲気的なものは全くわかりませんが、基本的には、想定の範囲内(死語)と言うか、目新しいもの、また違和感を覚えるような回答・説明は特にないかなあという印象。素人の私は一部は非論理的に(笑)3年は待つ覚悟を固めていますので、ここからチームとしてある程度のブレイクスルーを達成し、奇跡的な快進撃で「目標」(「ACL圏内」というのはそういうものであると自分は理解しています)を達成してくれることを心から祈っております。

さて、とりあえず週末の鹿島戦。立ち直りの早くて楽観的な自分は楽しみで仕方ありません(で、浦和に関しては痛い目に遭うことも多々w)。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




とある金曜日に出先での仕事後に所用で秋葉原へ行ったついでに、偶然発見してしまった麺屋武蔵 厳虎@秋葉原に飛び込んで夕飯につけ麺(750円)を喰らう。値段は大中並どの盛でも変わらずとのことだったが、この日は腹の調子がいまいちだったこともあり、自重して並にしておいた。まあ、いつものことながら腹の調子が悪いなかつけめん喰ってる時点で自重もクソもあったもんじゃないわけだが。

ごわっと噛み応え十分の太麺が、ケモノ押しで味は少々濃いスープによく絡む。こういうの個人的には好みなんだが、味そのものはステレオタイプかなとも思う。L字カウンターのみの店内は、少なくともこの日の18時過ぎの時点では野郎率100%だった。3月末にオープンしたばかりのこのお店、厳虎は「げんこ」でなく「いわとら」と読むらしいが、内装といい接客といいいかにも麺屋武蔵って感じ(特にネガティブな意味ではない)。

住所:東京都千代田区外神田1-3-9
営業時間:11:00~22:00
定休日:無休


コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




J-league Div.1 - 2010 season 20th sec
Shonan 1 x 4 Urawa @Hiratsuka Athletics Stadium, HIRATSUKA(AWAY)

現時点ではJリーグタイム@NHKBS1のダイジェストしかみていないのだが、とにもかくにも、情けない話だけど残留争い的な意味でもしっかり勝ってくれてよかった。しかしながら、アウェイで下位のクラブ(下位などという表現を浦和ファンが今えらそうに使ってよいのか甚だ疑問だが)に大勝ってのは記憶に新しいところだし、何より次節は再び上位クラブとの対戦ということで、浮かれることなく、それでも心穏やかに1週間を過ごしていきたい。それにつけても、頑張ってた選手がようやく少しだけ報われたのは、うれしい。

しかしC大阪は本当に鹿島に相性がいいんだね。いや、相性だけでなく今は相当勢いがあるみたいだけど。同じ4-2-3-1でも(ry

J1第20節 湘南1×4浦和@平塚競技場

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




とある金曜、何となく自分の中で煮干分が足りない気がしたので一路鶯谷へ向かう。駅の出口を間違えてしまったため、ラブホ街を突っ切って行く羽目になるが、このあたりではむしろアベック(死語)より1人で歩いている方が肩身が狭いくらい。人気店だけに混雑を予想していったのだが、遠くから見て「げっ」と思った人だかりは近づいてみたら隣の焼鳥屋のものだった。まあ金曜だしなと。

伊藤@王子の息子さんの営む人気店にも関わらず店内は意外にも他に客なし。肉中華そば(中盛850円)にする。煮干全開ではあるのだが、嫌味にならない適度な加減。この、ややもすると固めに感じるストレート麺は個人的にはツボ。これがしっかりと口までスープを運んできてくれて、おかげさまで煮干を堪能することが出来た。そういえば、帰りに入谷まで歩いている途中でBUZZが閉店?して新しい麺屋になっていることに気づいてびっくりした。

住所:東京都台東区根岸1-3-20
電話番号:080-6672-7111
営業時間:(平日)11:30~15:30 17:00~21:00
     (土日祝)11:30~17:00
定休日:不定休

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




前回からの続き)

対仙台戦(アウェイ)は引き分け。よーく考えたら対仙台は今季アウェイもホームも1×1の引き分けだったってことなんですなぁ・・・。ちなみに試合終了後の仙台駅、JR降りた直後はこんな感じ。



試合終了のホイッスルと同時に席を立ったため、バスが囲まれている頃には既に国分町を徘徊中。あの試合内容でそんな騒動に発展しているとは露も思わず、翌朝びっくりした。しかし居酒屋で食べた牛タンは思いのほかおいしかった。



翌朝は観光用周回バス「ループル仙台」を利用して伊達家代々の廟へ。「瑞鳳殿」というのは仙台藩始祖・伊達政宗公の霊所で、二代伊達忠宗公の感仙殿、三代伊達綱宗公の善応殿もあるが、いずれも戦災等で消失し、後に再建されたもの。



これが何だったかどうしても思い出せない・・・。まあ既に3ヶ月も前の話だけに無理もないはn



山の上にあるもんで、こんな階段を登って行くことになる。2時間断続的に飛んだり跳ねたりした翌日だけに、それなりに応えるのは必定。



(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




前回からの続き)

松島を後にして、仙石線で一路塩釜へ。寿司屋の集積する試合前に塩釜へ向かう目的はひとつ。こんな標識が見られるのも港町ならでは。



まずは、○○と煙は高いとこ、ということで市内の建物屋上の展望台へ。特定重要港湾である仙台塩釜港を一望。



勘を頼りに入った「すし哲」というお店だったが、どうやら長年に渡って高い人気をキープする全国区のお店だったようで、連れの引きの強さには脱帽。生かき(1200円)。以降は説明不要かもしれません。



まぐろの串焼き。清水でも同じようなものを戴いたことがあるが、そちらは値札がなくて精算の際にすこぶる痛い思いをした苦い記憶あり。こちらのものも、大変おいしゅうございました。



上にぎり(2600円)。少なくとも、費用対効果はかなりいいと思う。東京で喰ったらいくらするのやら。



あら汁(430円)。そういえば同じフロアにも関東地方から来たであろう浦和者の方がいたような・・・。



寿司を堪能した後は、恒例の漁港散策を軽くこなす。その後、塩釜からそのままタクシーで宮スタ入り。時間といい運賃といい、意外とリーズナブルでびっくり。



(つづく)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




J-league Div.1 - 2010 season 19th sec
Urawa 1 x 1 Sendai@Saitama Stadium 2oo2, SAITAMA(HOME)

昇格初年度のクラブをホームに迎えて、必死こいてやっと引き分け。残念ながらこれが現時点の実力。とうに腹は括ってる。とことん付き合いますよと。

J1第19節 浦和1×1仙台@埼スタ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




毛嫌いしている韓流モノを、諸般の事情から平日に鑑賞。そんなわけで、昔CMで浜辺を海から上がりながら「アナタガスキダカラー!!」と叫んでいたチャン・ドンゴンという俳優しか認識できなかったが、韓流ファンに言わせれば有名な俳優がたくさん出演しているらしく。内容は、韓国の大統領3代の公私に渡るストーリーを青瓦台(官邸?)の料理長目線からオムニバス形式で描いたもので、一緒に行った方のひとりも言っていたが、韓国版"Love Actually"みたいな映画。ストーリーといい絵といい可もなく不可もなくというのが正直な感想。日本ではよく政治モノのドラマは受けない定説なんてのを聞くが、韓国ではどうなんだろうなあというのは少々気になる。映画中、唐突かつ非現実的な「旭日旗」の使い方とか、「東海」っていう表現とか、そういうのは「はいはい」と鼻で笑っておけばいいのではないでしょうか。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




去る月曜の仕事後に往訪。旨玉本枯そば(800円)にした。具はデフォのネギと、後は9種類から3種類を選べる仕組みで、今回は炭火焼豚、キクラゲ、岩のりの3点をチョイス。食券を購入してカウンターに陣取ると、目の前でまるで本格的珈琲店のようにサイフォンが並んでいて、お店にあった薀蓄によれば、どうも「旨味」を抽出している由。そのスープは濃すぎず薄いこともなく、良い按配の魚介尾の香ばしさ。麺は少々柔らかめではあるが、小麦の香りと味が存分に楽しめてスープとの絡みもバッチリ。全体的に凝りに凝ったラーメンという感じで好印象。汗だくになったし、個人的には電車のアクセスが良いほうとはいえないが、また来たい。ところで、お店の近所にあった「こんにゃくえんま」っつーのが気になったかな。


良く見たら入口の上に魚雷っぽい影が・・・

住所:東京都文京区小石川1-8-6アルシオン文京小石川102
電話番号:03-5842-9833
営業時間:11:00~15:00 18:00~23:00
定休日:水

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




平日に早めに職場を出て神田の未訪店に足を運んだところ、スープ切れで敢えなく撃沈。セカンドチョイスの店も行列中であり、やむなく久々にそら@神田を訪問。相変らずいかがわしさ満点の通り沿いにあるが、並びに浅草開花楼の麺を使用しているお店が出来ていて少々そちらも気になった。暑い中歩き回ってしまったのでつけ麺(780円)にした。テーブルのみの店内は、21時過ぎでさすがにサラリーマン率が高かったが、確か2階は女性専用フロアだったと思う。

ちぢれた中太麺はほどよい「つるしこ」感で喉ごし上々。スープは醤油ベースであっさり目ながら、若干甘めでほどほどに主張があって麺との絡みもまずまず。
具のサイコロチャーシューも個人的には好み。ついでに純レバ丼(380円)まで喰っちまったのはナイショだ。今度来るときは、ひさびさに「そらスペ」も食べてみたい。

住所:東京都千代田区鍛冶町1-7-1
電話:03-5294-9191
営業時間:(平日)11:30~15:00/18:00~23:00
     (土)11:30~15:00
定休日:日祝

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




7月の木曜日、仕事を終えた後に何となく立ち寄る。既に21時半過ぎだったが、カウンターのみの店内は5、6割の入り。暑かったので、冷やしラーメン的な季節メニュー・夏色トマト冷麺(730円)にした。トマト、ナス、鶏肉、菜っ葉、生クリームと言う構成だが、真ん中にトマトソースが丸ごと凍らせてあってちょっと笑った。しかしまあ、それなりに気の利いた味だし、麺もラーメンの麺ではあるんですが、何度喰ってもこれはパスタですなぁ・・・。ちなみに隣はネギめし(280円)です。

電話番号:03-3239-4343
住所:東京都千代田区三崎町2-17-8
営業時間:(平日)11:00~25:00 (日祝)11:00~23:00
定休日:無休

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




J-league Div.1 - 2010 season 17th sec
Kobe 1 x 0 Urawa @HOMES' Stadium Kobe, KOBE

映像さえ観られていないため専ら記録用。現地に行った仲間によれば、ここのところの「ワンパターン」とも言える試合ぶり、内容は前節よりさらに良くなかったとか。気長な自分としては、「3年待つ」覚悟は出来ているのですが、このまま何も見えないダッチロール状態が続くようだと世論も沸騰するでしょうから、ぼちぼちフィンケさんとの旅も風前の灯火かもしれませんな・・・。こんな状況だと言うのに、8月のアウェイは所用により行けずホームのみ。もどかしい。

柏木のコメントあたりから、現状の深刻さが伝わってきます。

J1第17節 神戸1×0浦和@ホームズスタジアム神戸

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ