美容と健康に悩む人たちと共に歩む

コロナワクチン

みなさんこんにちは。

昨日、4月25日から東京・大阪・京都・兵庫の4都府県に3度目の緊急事態宣言が適用されました。

ダイエットにとっては、飲酒を含む飲食店の休業要請などで、外食が制限され好都合になったという方がいるのかもしれません。

ところで私ごとですが、4月22日に医療従事者として一足早くワクチンの1回目を接種させていただきました。

コロナワクチンはみなさんご存知のことと思いますが、mRNAワクチン(ファイザー、モデルナ)またはウイルスベクターワクチン(アストラゼネカ、J&J)が代表的なワクチンです。

私はファイザー製のワクチンを接種しました。有効性が高いとされていますが、mRNAワクチンの副作用としては接種した局部の腫脹・発赤、頭痛、筋肉痛(筋肉注射のため)、嘔気等が挙げられています。

私の場合、筋肉痛が2日ほどありました。今は痛みはありません。2回目の接種の方が副作用が多いと言われています。医師として身をもって接種に臨むつもりです。何かありましたらこちらでもご報告したいと思います。

では。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


間食

みなさんこんにちは。

間食とは「毎日の規則的な食事の間に摂る補助的な食事(軽食)」を指すそうです。(Wikipediaより)

日本では、昔は2食(朝・夕)の食事の間に労働(特に肉体労働)のために間食を摂る規定があったそうで、江戸時代に3食を1日に摂取するようになってからはこれに加えて間食も摂るようになったようです。

では、現代の日本における1日3食に、間食は必要なのでしょうか?

成長時期にあたり、栄養が必要な小児には大切と考えられますが、栄養が十分な現代の食事においては、間食はオーバーカロリーとなり、肥満になる危険性があります。

一般的に男性は間食を摂る方が少ない傾向にありますが、女性は間食により太ってしまったという方が少なからずいらっしゃいます。

ストレスを原因に、間食せずにはいられないという言い訳があるパターンも多いように感じます。

間食がダイエットの妨げになるとは言い難い部分もありますが、一日の摂取量を決めて食べたり、昼食と夕食のに食べることで夕食の吸収率を下げ、その分夕食の量を減らすなど、調整することができれば、栄養価を考えて「補食」と捉えることもできます。(甘いものに限らず、食事で足りていない栄養素を摂る)

何れにしても多くの女性は甘いものを欲してしまうように思いますが、昼食の後のデザートとして摂ってしまう方が、一日の摂取量を決めやすくおすすめです。

では。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


地中海式ダイエット

みなさんこんにちは。

ダイエット中の皆さんは「地中海式ダイエット」はご存知でしょうか?

地中海式ダイエットは、20世紀中頃のギリシャやイタリア南部の人たちの食生活を取り入れた食事法ですが、現在でもアメリカでは人気の食事法です。

この特徴は、バランスのいい食事が種類で、

  1. 主食には硬質小麦・全粒粉
  2. タンパク質は魚から
  3. 毎日コップ6杯の水を飲む
  4. 良質の脂質やオイルを摂取
  5. 昼食をメインにして朝、夕食は軽めにする

これに適度の運動と、食事は「楽しんで」食べるとのこと。

では果たして、この食事法が日本人に合うかどうか?ですが、日本には「和食」という地中海式食に勝るものがあります。

1についてはご飯や玄米を、4・5については?ですが、和式ダイエットというのはアメリカでも人気が出てきているのではと思っています。

一般的にアメリカでの食事は、特に外食ではバランスというよりサーボス=ボリューム重視なので、地中海式、和式の食事は良い選択と言えるでしょう。

では。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


春バテ

みなさんこんにちは。

みなさんは「春バテ」という言葉を聞いたことがありますか?この季節になるとなんとなく疲れやすいと感じる方は、そうかもしれません。

 

春になると日照時間が長くなり、一日の活動量が増えることが要因なのでしょうか。春は新生活スタートのタイミングでもあり、ストレスを感じやすいということも考えられます。総じて、自律神経の乱れが一番の要因でしょう。

寒暖の変化も一因です。このコロナ禍で太ってしまったという方も、春バテに加担しているかもしれません。

季節的な要因はしばらくすれば体が慣れるかと思いますが、コロナ太りに関しては生活習慣の見直しと食事の調整、運動それによる減量が春バテの解消になるかもしれません。

暖かくなり体が動かしやすくなる春、春バテを脱却して軽やかな身体を手に入れたいものですね。

では。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


Egg Diet

みなさんこんにちは。

「Egg Diet」は2017年にアメリカで最も検索されたダイエット法の一つだそうです。

スタンダードなゆで卵ダイエットとして、朝食にゆで卵を2個食べ、昼食と夕食時には低炭水化物と低脂肪のタンパク質(卵2個を含む)を摂る方法です。摂取カロリーは女性の場合1,000〜1,200kcalに制限するという条件もあり、短期間でダイエット効果が得られ人気を博したようですが、長期間にわたり実践すべきダイエットではないとも言われてきました。

 

しかし、今年の3月27日付のYahoo!Americaで。このEgg Dietの記事が掲載されているのを目にしました。そこには、卵1つのカロリーは低く、炭水化物は0g、高タンパク質で、さらにビタミンやコリンを含有していることが記載されており、過去のデータからダイエット効果を訴求しており、このダイエット法を再燃させようということなのか?と感じました。

一方、他の記事ではこのダイエット法について、単純に言えば糖質・カロリー制限に卵を置き換えるだけのダイエット法で、糖尿病・高コレステロール血症、心臓疾患などの基礎疾患を持つ方には適していない方法であるとして注意を喚起していました。

 

やはり、以前から改善されていないこのダイエット方法は、言わずもがな究極のダイエット法ではありません。ダイエットにカロリー制限は必要ですが、栄養バランスの取れた食事によるダイエット法には敵わないと思っています。

では。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


日本の肥満状況

みなさんこんにちは。

日本の肥満状況は、世界と比較すると成人の肥満率は4.5%で世界ランキングの順位では189か国中、166位であり「肥満国」とは言えないようです。

しかし、令和元年の厚生労働省による「国民健康・栄養調査報告」によれば、20歳以上の肥満(BMI25以上)の割合は男性33%、女性22.3%となっています。

年代別では男性は40代が39.7%で50代が39.2%、女性では高年齢層で60代は28.1%となっています。

日本での肥満者の割合の年次推移は20歳以上で10年前とそれほど変化はなく、肥満に対しての意識は大きくないでしょう。

また、日本人の肥満者の4人に1人は「食習慣を改善するつもりはない」「運動習慣を改善するつもりはない」という意識調査の結果があります。

今は肥満大国ではありませんが、今後近い将来、ランキングの順位は上昇していくのではないかと思います。

特に現状で肥満の方は、少なくとも食習慣を改善してみることが急務と言えるでしょう。

では。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


5A DAYプログラム

みなさんこんにちは。

アメリカは「肥満大国」としても有名ですが、18歳以上のアメリカ国民の人口のうち、BMI30以上の比率は実に33%で、日本の約10倍にものぼります。

肥満の理由は、「アメリカンサイズ」の食事、栄養の偏った食生活ですが、人種別では黒人(非ヒスパニック系)の女性が多いようです。

アメリカ国中での対策として、マクドナルドでオートミールの導入、ジャンクフードのCMを禁止する、学校での清涼飲料水の販売中止、ソーダ禁止令など色々と行われていますが効果はなかなか出ていないのが現状です。

また、アメリカ人においての肥満認知についても、肥満である人ほど「実際は痩せている」と思いがちで、自分が太っていてもそれを認めたくない、という傾向があるようです。

 

そこでアメリカは、健康のために1日5サービング以上(品目)の野菜と果物を食べることを目標に「5A DAY(ファイブ・ア・デイ)」プログラムを1998年に掲げました。

この施策によりわずか3年で野菜の消費量が15%、果物の消費量が17%も向上して、1990年代には日本を上回ったそうです。

「5A DAY」は現在約30カ国で推奨されており、日本でも2002年に「5A DAY協会」が設立されました。

以下、日本の5A DAY協会の記事からの抜粋です。

「1日に5サービング」ではなく、正確には「1日当たり5~9サービングの野菜(3~5サービング)と果物(2~4サービング)を食べましょう」というものです。このシンプルでわかりやすいメッセージを学校、職場、流通、外食産業、メディア向けに各種のプログラムを用意し推進活動をしています。野菜の1サービングとは、生の葉野菜1カップ、その他の調理済み又は生の野菜1/2カップ。果物の1サービングとは、中サイズの果物1個、100%果汁のジュース3/4カップ。

日本でも、アメリカの5A DAY運動の成果に着目し、日本人の生活習慣にあったバランスのとれた食生活の重要性を啓発するため、1998年より設立準備委員会を設け、2002年7月にファイブ・ア・デイ協会(5A DAY)が設立されました。
「1日に5皿分以上の野菜と200g以上の果物を食べましょう」(※1日当たりの野菜の目標摂取量350gを、野菜料理5皿分」(1皿約70g)に置き換えてわかりやすくしたもの)をスローガンに「健康日本21」や「食生活指針」と連動し、活動を推進しています。

1日に必要な野菜は350g、という指標はみなさんもご存知かもしれませんが、頭に入れやすい指標で覚えておくと良いと思います。

では。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


抗アレルギー薬

みなさんこんにちは。

ついに本格的な花粉症シーズンの到来ですね。

現在、多くのアレルギー薬が開発されており、病院での処方のみならず、薬局でも容易に購入することができる時代です。

その際、花粉症に罹患されている方が一番知りたいのは、運転中や仕事中・勉強中に眠くなりにくく、効果が高い薬でしょう。

今回添付する画像は、抗アレルギー薬(ヒスタミン薬)の比較表です。(医療広告データベースより引用)

 

ちなみに私は「ザイザル」を服用しています。薬の効果や副作用には個人差があるということを念頭におきつつ、自分に合った抗アレルギー薬を見つけてこの季節を乗り切りましょう。

 

では。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


ワセリン

みなさんこんにちは。

以前、花粉症の話を投稿しましたが、本格的に花粉症シーズンを迎えるにあたり、良い方法がないか考えてみました。

もちろん花粉症に対しては抗アレルギー薬や点鼻・点眼薬が多く開発されており、本人に合った薬をお使いになっていることと思います。

その他、眼鏡やマスクは必需品ですが、マスクはコロナ禍ということで花粉のカットに役立ちます。

そこで今年はプラスアルファの対策として、ワセリンを鼻や目の周辺、さらには鼻腔内にも塗布し、花粉の侵入を軽減するという方法をお勧めします。

ごく簡単な方法ですが、意外と効果があるようです。バーム状の似たようなものでも良いと思います。

安価でどこでも入手しやすいので、試してみてはいかがでしょうか?

では。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


8時間ダイエット

みなさんこんにちは。

最近注目されている「8時間ダイエット」みなさんはご存知でしょうか?

つまり16時間は断食ということで、睡眠時間を引くと実質8〜10時間の断食となるダイエット法です。決まった時間に食事することをルールとしているケースもあるようです。(12時間ダイエットなるものも散見されます)

 

完全な断食と違って、1日の間で8時間だけ食事を摂取するという面では、食べながら痩せる方法とも言えます。確かにその間に暴飲暴食しなければ、カロリー制限により体重減少を認められるかもしれません。

 

しかし、これを永久に続けていくことは難しく、リバウンドは必至でしょう。

16時間も長時間にわたり栄養が入ってこないことを考えると、メカニズムとしてオートファジーと呼ばれる細胞活性化作用が働き、基礎代謝が増え痩せやすい体質になると報告されているようですが、エビデンスは明確ではありません。

 

やはり、1日3食の規則正しい、バランスの取れたカロリー制限が一番良いと考えています。

 

では。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )  |  gooヘルスケア gooヘルスケア


« 前ページ