Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

BS時代劇 塚原卜伝  第一回  *感想*

2011-10-06 | 秋ドラマ(2011) 感想
* 塚原卜伝 「鹿島の太刀」 *   番組HP

「高く飛ぶ力なれば、新右衛門は誰にも負けぬ。」 と 新右衛門(堺雅人)の父が のたまっていたけれど
いくらなんでも 高く飛びすぎだろっ!と 激しい突っ込みを入れたくなったクライマックスシーン。
あの ぶっ飛びの戦いシーンにゃあ かなり驚かされたし 心の中で大いに突っ込みたくなったワケだけど 
なるほど~っ このドラマは 今後もこの手のぶっ飛んだ戦いが描かれていくのね・・・(知らないケド。) 
と 見る側の覚悟さえ決まれば 今後は それほど 抵抗なく見られる気がする(笑)。

なんというか 少年漫画だとか ゲームだとかを彷彿とさせる展開となっていて
時代劇をあまり見ない私でも 抵抗感なく見るコトができるというのもいい。
盗賊たちを バッサバッサと斬り倒す様は なんとも痛快。
17歳の新右衛門を堺さんが演じるというのは かなり無理がある気もするけれど
暗がりでの戦いシーンだとか ふとした瞬間の表情などは 意外に若々しく見えたりもするので まあいいか。
新右衛門と共に旅に出る左門(平岳大)が 時折見せるコミカルな表情や 彼と新右衛門の掛け合いは面白いし
今後 繰り広げられるのであろう 数々の武勇伝を見るのが楽しみになってきた。
「勝ち続ける他に道はないのか。殺さずして勝つ事はできぬのか。」 
伊勢宗瑞(中尾彬)の問いに対する答えを見出すほどの成長が見られるのか・・・このアタリも楽しみ。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。共感していただるトコロがありましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラストマネー -愛の値段- ... | トップ | 秘密諜報員 エリカ   第1... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ぶっ飛んだ戦い(笑) (Unknown)
2011-10-08 17:09:17
ほんと、オヨヨ~って笑えたけど
Leeさんの言う通り、覚悟を決めれば
CG?というんでしたっけ、
高飛びもアリで、楽しめますね。

顔アップのカメラ撮りにムダがあるように思うけど、雅人は年の割りに可愛いお坊ちゃん顔だから良いかー。

あと、農民の演技が一応に劇団風でまとまり、貧困のはずの老人も、顔の艶やかなデカ顔で可笑しかったなー。笑
あれれ↑ (uumika)
2011-10-08 17:11:50
名前が入ってなかたかな。。↑uumikaです。ペコリ。
uumika さま (Lee)
2011-10-08 19:31:33
こちらにもコメントありがとうございます♪

なるほど~ 顔のアップかぁ・・。そこまで気付きませんでした。
堺雅人ファンの方々へのサービスでしょうかねぇ。
農民たちの顔色についても あたしゃ気付かず・・・。
結構 突っ込みドコロがあるドラマかもしれないですねぇ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL