Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

<ドラマ>パーフェクトワールド 第5話  *感想*

2019-05-23 | 春ドラマ(2019)感想

樹(松坂桃李)つぐみ(山本美月)
洋貴(瀬戸康史)葵(中村ゆり)
元久(松重豊)、咲子(堀内敬子)、、

それぞれの想いや感情が溢れていて、
その熱量に圧倒された感じがあるわ。

どの想いや感情も率直すぎるほどに率直で、
その赤裸々な様子にクラクラしたわ。


とても繊細で、深刻で、悩ましい、、
難しい状況にいる人たちの想いを、
強烈に感じたストーリーだったわ。

これは、ただただ見守るしかない、、よなぁ。

チラッと共感されましたならポチっとね♪
<ドラマ感想>

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 向かいのバズる家族 第7話... | トップ | ストロベリーナイト・サーガ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
前回のラストで予想は (パインル)
2019-05-24 22:15:02
出来ていたのですが、今回は特に重かったなぁ。

ただその重さは嫌いじゃないので、結構泣けましたし、「HOPE」トリオ(山本・瀬戸・中村の3名)の熱演で、改めてレギュラー3名の演技力の確かさを実感もしました。

ラストの“偽装の「未来」夫婦”ぶりと別れを切り出す樹...つぐみの両親の今後への不安、文乃の病室を出てからの涙...辛いっすね。
Unknown (chocolate-chocolate_001)
2019-05-24 23:13:44
パインル さま

そうか〜。
HOPEトリオか〜。
ほんと、皆さん熱演されてましたね。
様々な感情に圧倒されながら視聴しました。

辛いっす。

コメントを投稿

春ドラマ(2019)感想」カテゴリの最新記事