M2の山と写真

午年の馬力で近場の四季の山々をトレッキング

91 今年3回目の金勝アルプス 2018.10.17

2018-10-18 | 山行



  18.02.20の天狗岩

  18.03.03の天狗岩

2018.10.17(水) 今年91回目の山行 天候 晴れ時々曇り 同行者 愛知県の女性2人 途中から草津市の女性1人

[行程]

上桐生駐車場ー鶏冠山分岐ー落ケ滝ー分岐に戻るー北谷線K1ー子鶏冠

ー鶏冠山ー北峰縦走線K6ーK10 天狗岩ー耳岩分岐K11ー白石峰

ー重岩ー狛坂磨崖仏ー南谷林道出合ー逆さ観音ーオランダ堰堤

ー上桐生駐車場

今月下旬、ファミリー登山の予定がある。段々グレードアップして当初は伊吹山か武奈ケ岳を想定していたが今回は断念。

代わりに金勝アルプスとなった。21号台風の倒木被害により一時は通行止めだったので一応下見に出かけることにした。

六甲半縦ロングコース後、中2日はさすがに体調十分でなく足が重かった。

たまたま駐車場の隣に駐められた愛知県の女性ハイカー2人が、金勝アルプス初めてと聞いて同行する事になった。

山歴は2年ほどらしかったが、なかなかの健脚の持ち主でガイドするというより付いて行くのが精一杯だった。

天狗岩上では草津の男性Mさんと今年2月以来の再会となった。

途中何度か出会った草津市の女性ハイカーとは白石峰から上桐生駐車場まで同行した。

台風21号倒木被害は京都周辺に比べてそれ程でも無く全て歩けるように処理されていた。


  GPS設定ミスで2018.03.03のを使用

歩行時間 4時間15分 休息 1時間39分 合計 5時間54分

歩行距離 10.0km 通算 1596.9km (+) 13.5km

コースタイム

上桐生駐車場発    9.20
始めの分岐      9.26
始めの渡渉      9.33
鶏冠山分岐      9.41
落ケ滝        9.51-55
鶏冠山分岐     10.04
北谷線K1      10.13-15
子鶏冠       10.37-38
鶏冠山       10.47-53
北峰縦走線K6    11.13
天狗岩       11.53-13.01 昼食
十九道分岐     13.02
耳岩分岐K11 13.13-25
白石峰       13.36
重岩        13.43
新国見岩      13.48-50
狛坂磨崖仏     14.00-03
南谷林道出合    14.18
逆さ観音      15.00-01
オランダ堰堤    15.09
上桐生駐車場着   15.14


 上桐生駐車場を9:20にスタート。始めの分岐 9:26

始めの渡渉 9:33

落ケ滝へ

 落ケ滝 9:51-55

鶏冠山分岐に戻る 10:04
北谷線K1 10:13-15

子鶏冠 10:37-38

子鶏冠からの展望 栗東トレセンが見える

  鶏冠山 10:47-53

記念写真

  北峰縦走線K6 11:13

北峰縦走線からの展望 琵琶湖と比叡山系

  奇岩怪石

  天狗岩を見て

  琵琶湖と比叡山系

  右は比叡山系 左は音羽山系

 鶏冠山を振り返る

 天狗岩上からの展望 遠くに三上山

  琵琶湖と比叡山系

  天狗岩で

  天狗岩基部を後にする 13:01

十九道分岐で草津のMさんと別れる 13:02

天狗岩を振り返る

  岩上で手を振っているのは草津市のソロ女性ハイカー

  耳岩分岐 K11 13:13-25

展望岩で



  白石峰 13:36

重岩 13:43

  新国見岩からの展望 新名神が見える

  天狗岩 鶏冠山 三上山

  琵琶湖

  隘路 13:53

狛坂磨崖仏 14:00-03

出合へ

  南谷林道出合 14:18

南谷林道

  逆さ観音 15:00-01

オランダ堰堤 15:09

上桐生駐車場着 15:14





コメント (4)

90 三宮から摩耶山、六甲最高峰を経て阪急宝塚駅 2018.10.14

2018-10-15 | 山行




2018.10.14(日) 今年90回目の山行 天候 晴れ時々曇り 単独

[行程]

JR三宮駅ー新神戸ー布引雄滝ー布引貯水池ー桜茶屋ー天狗道取付

ーハーブ園分岐ー稲妻坂ー学校林道分岐ー天狗道ー摩耶山三角点

ー掬星台ーアゴニー坂ー自然の家ー車道東屋ー丁字ケ辻ー記念碑台前

ー神戸ゴルフクラブーみよし観音ーガーデンテラスー旧極楽茶屋

ー六甲最高峰ー東六甲縦走路分岐ー水無山ー船坂峠ー大谷乗越

ー譲葉台分岐ー砂山権現ー塩尾寺ー阪急宝塚駅

節目の90回。貯金も少なくなって来たので中1日だがロングコースに挑戦した。

JR三宮駅から阪急宝塚駅は過去に何度も歩いているが直近は2年半前である。

ただ宝塚駅から三宮駅の逆走は今年4月に歩いている。その時は中2日で9時間22分だった。逆走なので参考にはならない。

2年半前は7時間49分で歩けているので果たして今回はどれぐらいで歩けるか。秋の日は短い、暗くなる前に宝塚駅に着きたい。

4時起きで準備して暗いうちに自宅を出たが2分違いで地下鉄に乗り遅れ、これで三宮駅着は20分遅れた。

2年半前より三宮駅スタートで30分遅くなった。チャレンジ精神は旺盛なのだが如何せん体力の衰えは2年半で歴然としていた。

中1日だが結果は惨たんで前回より1時間40分も遅れた。一時はヘッデンが要るかも知れないと思った。

幸い17時過ぎに着けたので、その必要はなかったがヘトヘトになった。歳はとりたくないものである。

15年ほど前に須磨公園から宝塚駅まで12時間ほどで歩いた事が夢のようである。









歩行時間 8時間47分 休息 42分 合計 9時間29分

歩行距離 28.7km 通算 1586.9km (+) 20.9km

コースタイム        前回 2016.03.13との比較

JR三宮駅発       7.48
新神戸         8.10
布引雄滝        8.20
布引貯水池       8.39
桜茶屋         8.57-59 10分遅れ
天狗道取付       9.09
ハーブ園分岐      9.24
学校林道分岐      9.48-50 19分遅れ
反射板        10.12
アド分岐       10.21
摩耶山三角点     10.36
掬星台        10.40-46 32分遅れ
アゴニー坂下りて車道 11.08
杣谷峠        11.15-16
自然の家分岐     11.23
車道東屋       11.42-43
丁字ケ辻       11.55
記念碑台前      12.10
神戸ゴルフクラブ   12.21
みよし観音      12.33
ガーデンテラス    12.39-46
旧極楽茶屋      13.02   57分遅れ
六甲最高峰      13.42-58 昼食 64分遅れ
車道         14.04
東六甲縦走路分岐   14.16
道標 28        14.52
道標 29        15.03
道標 30        15.11-13
道標 31        15.27 車道へ
宝塚分岐       15.35 山道へ
大谷乗越 32      15.47-49 86分遅れ
岩原山取付 33     16.05
譲葉台分岐      16.19
岩倉山取付      16.23
砂山権現       16.30
塩尾寺        16.37-40
阪急宝塚駅着     17.17 100分遅れ


 JR三宮駅発 7:48

新神戸 8:10

布引雄滝 8:20



五本松堰堤 8:39

布引貯水池

 桜茶屋 8:57-59

天狗道取付 9:09

始めから急登に喘ぐ

 ハーブ園分岐 9:24

もう1ケ所ハーブ園分岐 9:26

稲妻坂にかかる



 学校林道分岐 9:48-50

天狗道



 三宮から見える反射板 10:12

アドベンチャー分岐 10:21

 摩耶山三角点 10:36

掬星台 10:40-46

縦走路から長峰山

  アゴニー坂を下る

 車道に出る 11:08

杣谷峠 11:15-16

自然の家分岐 11:23

今なお通行止めのサウスロード

 東屋 11:42-43

丁字ケ辻 11:55

 海が見えた

 記念碑台前 12:10

神戸ゴルフクラブハウス 12:21

みよし観音 12:33

ガーデンテラス 12:39-46

海が

 大阪市街

 旧極楽茶屋 13:02

車道と山道を出たり入ったり

 入る

 出る

 見えた最高峰

 出る

 入る

 出て入る

 入る
 
  唯一の花

 最後の登り 13:35

六甲最高峰 13:42-58 一等三角点 931m 5人程が写しあいしていたのを待てなかった 昼食を摂って14時にはスタートしたかった

  13:58

車道に降る途中 ハルカスは

  どの辺りか

 車道に降りて来た 14:04

東六甲縦走路分岐 14:16

道標 28 14:52

  意外に悪い道

 道標 29 15:03

 道標 30 15:11-13

ハルカスは

 甲山と北山貯水池

 道標 31 15:27 車道へ

  大平山電波塔

  市街地



  再び山道へ 15:35

大谷乗越 32 15:47-49

岩原山取付 16:05

譲葉台分岐 16:19

岩倉山取付 16:23

砂山権現 16:30

塩尾寺へ

 塩尾寺 16:37-40

ハルカスは

  阪急宝塚駅着 17:17




コメント (4)

89 仰木峠から水井山、横高山を経て大比叡 2018.10.12

2018-10-13 | 山行



  ケーブル比叡付近から大阪ビル群

2018.10.12(金) 今年89回目の山行 天候 曇り 単独

[行程]

戸寺バス停ー仰木峠ー横川分岐ー水井山ー横高山ー玉体杉ー青龍寺分岐

ー釈迦堂ー浄土院ー陸橋ー見晴台ー山頂駐車場ー大比叡ーケーブル比叡

東山トレイル71ー梅谷北尾根分岐ー梅谷道出合ー登山口ー地下鉄松ケ崎駅

21号台風後、2回目の比叡山系は倒木情報判然としなかったが、5週間経過ということと京都トレイル、東海自然歩道なので倒木処理は進んでいるものと思い出掛けた。

戸寺バス停から仰木峠、水井山まで倒木はあっても処理されていた。

水井山山頂部と南面の倒木はひどかったが通行は出来るようになっていた。

横高山までは問題なかったが、ここも南面半分ぐらいまで倒木はひどく木の根のステップが無くなって急坂を下降するのが容易でなかった。
何時もなら競合い地蔵まで8分ぐらいだが14分もかかった。

この後、玉体杉、西塔、見晴台まで全く問題なかった。もちろん倒木はあったが完全に処理されていた。

今日は気温が低い上に風もあり寒かった。見晴台で昼食にしたが震えながらビールを飲む始末だった。

大比叡をピストンしてケーブル比叡まで下って来た。ここから旧道を下り分岐の倒木帯は前回経験済なので5分で通過できた。

東山トレイル71に寄って今日4ケ所目のアベノハルカスを見た。

この後、前回の雲母坂を下れば問題ないのだが、まだ時間もあるしノコギリ携行していたのでトラブル覚悟で梅谷北尾根を降る事にした。

これが正解でほとんど倒木に出会わずにスムースに降りられた。

次回は横川から三石岳、八王子山ルートを歩きたい。






  赤線は今回 青線は9月23日

歩行時間 6時間19分 休息 1時間02分 合計 7時間21分

歩行距離 19.9km 通算 1558.2km (+) 9.6km

コースタイム

戸寺バス停発      8.20
防獣柵         8.29
小橋          8.44
尾根取付        8.45
東海自然歩道出合    9.09
仰木峠         9.20-23
横川分岐        9.32
水井山        10.06-11
横高山        10.33
競合い地蔵      10.47
玉体杉        10.55-57
青龍寺分岐      11.18
釈迦堂        11.38
浄土院        11.51
陸橋         11.59
見晴台        12.13-55 昼食
山頂駐車場      13.07
大比叡        13.14
山頂駐車場あとに   13.24
ケーブル比叡     13.50-54
東山トレイル71    14.17-20
梅谷北尾根分岐    14.23
切株         14.33
梅谷道出合      14.54
梅谷登山口      15.01-04
地下鉄松ケ崎駅着   15.41


  戸寺バス停を8:20にスタート。 途中見えた金比羅山と翠黛山

  水井山登山口 8:28

防獣柵は台風で壊れていた 8:29

倒木処理されていた

  問題ない

  きれいな林道

  小橋 8:44 2年前ここでスズメバチに刺されたので静かに通過 それにしても今年は未だほとんど見ていない

  尾根取付 8:45

  尾根を登る





  この尾根の人工林には倒木なかった

  東海自然歩道出合 9:09

東海自然歩道

  仰木峠 9:20-23 標高 573m

すぐ左に仰木分岐

  あるきやい東海自然歩道



  横川分岐 9:32 ここから東海自然歩道は横川に向かう

  水井山へ











  水井山山頂部は倒木で大荒れ

  水井山 10:06-11 三等三角点 794m

  山頂部と南面の一部が倒木ひどい















  ここから急下降だが倒木なかった この後外人カップルに出会う

  横高山の登り 登山口バス停からのソロハイカーに出会う

  横高山 10:33 767m

ここから中腹まで急坂の降りには倒木の為ルートが変わり往生した 何時もより倍近い時間を要した

  ひどい倒木がステップを消した





  やっとの思いで競合い地蔵 10:47

西面がひどい

  玉体杉は無事 10:55-57

双耳峰の比叡山

  まず1ケ所目のハルカス

  京都市街

  ドライブウエーと並行している

  青龍寺分岐 11:18 西塔へ

  この倒木は前から有ったかな

  倒木

  何の花

  ひどい事になっている居士林

  倒木の直撃を受けたようだ

  牧水の歌碑も倒れたまま

  釈迦堂 11:38

椿堂 11:43

  浄土院 11:51



段差のキツイ階段

  山王院

  陸橋を渡って見晴台へ 11:59

見晴台 風強く寒い 12:13-55 昼食

  横高山と水井山

  中央は桟敷ケ岳かな

  花背の塔と雲取山

  愛宕山と地蔵山

  奥に蓬莱山

  少し色ついて来た

  平坦な散歩道

  見晴台を後にする 12:55

山頂駐車場から横高山と水井山 13:07

  琵琶湖と沖島

  2ケ所目のハルカス

  大比叡 13:14 一等三角点  848m

  横高山と水井山



  近江大橋

  山頂駐車場を後にする 13:24

  ケーブル比叡へ







  ケーブル比叡の手前から見る3ケ所目のハルカス

  京都市街



  ケーブル比叡 13:50-54

  旧道を下る

  宝ケ池と国際会議場

  ケーブル

  旧道の倒木

  旧道

  前回の逆コースで倒木を通過する 14:03













左側斜面の倒木

  倒木帯を過ぎる 14:08

東山トレイル71 14:17-20

4ケ所目のハルカス

  京都市街



  東山トレイル71を後にする

  雲母坂

  梅谷北尾根分岐から北尾根へ 14:23

北尾根道





  切り株 14:33

  北尾根道











  梅谷道出合 14:54

梅谷と並行して下る

  梅谷登り口 15:01-04

地下鉄松ケ崎駅着 15:41

  



コメント (2)

88 上野から表登山道 伊吹山 2018.10.08

2018-10-09 | 山行


2018.10.08(月) 今年88回目の山行 天候 晴れ 単独

[行程]

上野表登山口ー1合目ー3合目ー7合目ー山頂部ー一等三角点

ー往路をピストンで戻る

6月1日以来、今年2度目の伊吹山である。絶好の好天に恵まれたが今月に入り4回目の山行なので体調はイマイチなのは仕方ない。

高速に乗らず下道でジャスト2時間でお馴染みの駐車場に着いた。何時もは空いているのに満車近かったのには驚いた。

この時点でもう下山して来た人がいると聞いて2度びっくりした。

準備を終えて出発。登山口まで1分の至便な立地である。入山料払う所に5.6人の列が出来ていたのに3度びっくり。さすが3連休の好天である。

1合目までのゴロゴロ道の登りは地味にしんどい。10人位に追い抜かれた。始めから飛ばす人は気持ちが逸るのか初めての人が多い様な気がする。

1合目からあまり追い越される事はなかった。ただトレランナーは別である。

2合目では20人位が休息中。3合目の休息所でも20人程が休息中。5合目ベンチでも同様だった。数十人を追い越したことになるのではないか。

6合目避難小屋前でも10人程。7合目でも10人程が休息中。この後は苦しいところなので追い越す事はあまりできなかった。

それでも山頂までのタイムは6月1日に比べて20分程遅かった。早い人は早いがほとんどのハイカーは3時間以上かかっているのではないかと思う。

山頂部は風があってやや寒いくらいだった。着替えてのんびりと昼食を摂った。

昼頃から少し雲が出て来た。琵琶湖越しの比良山系がいまいちすっきりしなかった。

12時20分ごろになって下山にかかった。この時間でも登って来るハイカーは多い。

狭い登山道を譲る事になるので8合目までは登りの時より時間が掛かった。

7合目まで降りて来ると時々登って来るハイカーもいた。3合目、2合目でもまだ登って来るハイカーがいるのに大丈夫かなと思った。

2合目近くで右足太腿が攣りそうになったので漢方薬を飲んだ。

下山も前回に比べて15分程遅くなった。これはあまりにも登山者が多かったせいもある。

今日はキツかった割には距離が伸びず貯金が目減りした。このへんで一発、ロングコースを狙わなくてはならないようだ。

帰途はやはり混んで3時間を要した。



歩行時間 4時間51分 休息 1時間12分 合計 6時間03分

歩行距離 12.0km 通算 1538.3km (+) 7.1km

コースタイム

上野登山口発      8.41
1合目         9.06-10
2合目         9.25
3合目         9.54-57
4合目         10.05
5合目         10.16-19
6合目小屋       10.31
6合目         10.35
7合目         10.48-50
8合目         11.05
9合目         11.22
山頂 日本武尊像    11.26
三角点         11.30 三角点そばのベンチで昼食
下山          12.23 伊吹山寺
9合目         12.30
8合目         12.49
7合目         13.02
6合目         13.13
6合目小屋       13.16
5合目         13.25-27
4合目         13.36
3合目         13.42
2合目         14.05-09 右太腿攣り気味なので薬飲む
1合目         14.22
登山口着        14.44


  登山口の三之宮神社 

  登山口 8:41

1合目 9:06-10 暑いのでTシャツ1枚になる

  1合目をスタート 9:10

2合目の途中の展望 霊仙山

  2合目では20人位が休息中 9:25

3合目の途中、臥龍山系と琵琶湖

  霊仙山

  2合、3合間

  徳蔵山とススキ 9:43

ようやく姿を見せた伊吹山 9:49





3合目 9:54-57 この先の休息所でも20人程が



  4合目に向かうハイカーの列

  ドンつきが4合目

  4合目 10:05

5合目 10:16-19 ここのベンチにも20人位が



  5合目スタート

  6合目避難小屋 10:31

6合目へ

  6合目 10:35

7合目 10:48-50

7合目から下を見る

  上を見る ハイカーの列

  8合目 11:05 この辺り苦しくて写真写せない

  9合目 11:22

伊吹山寺 11:27

日本武尊像 11:27

一等三角点 11:30 1377m 奇しくも3日蓬莱山 5日地蔵山と3回続けて一等三角点を訪問したことになる

  山頂部をぶらつく

  三角点近くのベンチで昼食 そこから写す 琵琶湖

  霊仙山

  一度登った事がある金糞山

  沖島と琵琶湖

  琵琶湖の向こうに比良山系

  下山にかかる 12:23

9合目 12:30

  8合目まで登って来る人多い

  8合目 12:49

8合.7合間

  7合目の手前から

  7合目 13:02



  7合.6合間



  霊仙山

  6合目 13:13

まだ登って来る人も

  6合目避難小屋 13:16

5合目 13:25-27

下る



  4合目 13:36

3合目 13:42

振り返る

  琵琶湖と沖島

 2合目へ

  霊仙山

  2合目 14:05-09

1合目 14:22

登山口帰着 14:14



コメント (6)

87 JR保津峡駅からつつじ尾根、愛宕山を経て地蔵山 2018.10.05

2018-10-06 | 山行



  水尾川

2018.10.05(金) 今年87回目の山行 天候 曇り 単独

[行程]

JR保津峡駅ーつつじ尾根ー荒神峠ー表参道出合ー水尾別れー黒門

ー石段下小屋ー地蔵辻ー地蔵山取付ー反射板ー地蔵山ー反射板

ー取付ージーブ道ー愛宕山三角点ー石段下小屋ー黒門ー水尾別れ

ー水尾道ー水尾ー旧道ー明智越ー新道出合ーJR保津峡駅

9月16日、蒸し暑さでバテて行けなかった地蔵山に行く事にする。

JR保津峡駅前広場に消防関係の車が2台止まっていた。何だろうなと思いながらつつじ尾根取付に向かう。ソロの中年女性も少し前を先行している。

取付の前で消防関係者5人と出会う。何事かと聞くと87歳の男性が遭難らしく捜索中のようだ。山行ルートが分からないので困惑気味だった。表参道方面には警察が行っているようだ。

踊り場で先行の女性ハイカーに追い付き先を行く。ウインドブレーカーが少し暑くなってきたので第二ピークで脱いだ。その時40代ぐらいの男性に追い抜かれた。

荒神峠までは何とかついて行けたが峠からは置いて行かれた。

峠から10分ぐらいのところで2人の下山者に行き会った。遭難者を探しているとの事だった。

表参道出合から水尾別れに着いた。そこには20人位の警察捜索隊がいてリーダーらしき人が電話確認をしていた。どうやら発見出来たようである。それとなく聞くと本人か確認中との事だった。

捜索中の緊迫感がなかったので良かったなとその時は思った。まさか遺体で発見とは帰宅後ネットで知った。ご冥福を祈りたい。

その後、黒門の手前で降りて来る7.8人の捜索隊に行き会った。

雨は降っていないが今にも降りそうで次第に風が強くなって来た。途中で着直したウインドブレーカーでも寒いくらいだった。

石段下小屋で一息入れて地蔵山に向かった。ジープ道の原分岐からは少し倒木や落枝で荒れていたが一昨日ひどい体験をしているので気にはならなかった。

取付を右折して地蔵山に向かう。ここからは植林がないので倒木も小規模だった。迂回も自在である。

ただこの時期の落葉で踏み跡は全く消えている。初めてなら困惑するかもしれない。新雪ノントレも経験しているので迷う事はなかった。

風は依然として東から強く吹いている。地蔵山山頂に着いてザックを降ろすと何と石段下小屋で付けたザックカバーがない。今にも降りそうなので即回収に下山を始めた。

風下を重点的に見ながら探した。取付まで戻っても見つからない。折からの強風で遠くへ飛ばされたかもしれない。

取付から5分の所で無事発見。倒木を潜っときに引っ掛かったらしい。ここで少時休息。直ぐ近くの倒木の枝払いを思いつく。21号台風からずっと携行して来たノコギリが初めて役にたった。

石段下小屋まで戻って着替え昼食にした。小屋も境内広場にもハイカーは誰もいなかった。

月輪寺道は依然として通行止になっていた。前回は表参道を下ったので今回は久し振りにしーちゃんやかおりさんが下った水尾道を辿る事にした。

水尾から旧道、新道と保津峡駅に向かう途中、水尾川右岸が2ケ所大規模な倒木に見舞われていた。新道に入っても左岸の斜面にひどい倒木があった。21号台風の凄まじい風害を今さらながら思い知らされた。







歩行時間 6時間15分 休息 1時間08 合計 7時間23分

歩行距離 20.2km 通算 1526.3km (+) 12.5km

コースタイム

JR保津峡駅発      8.27 消防関係車両2台を見る
つつじ尾根登山口    8.32 消防の人5人と出会う 遭難事故を知る 87歳の男性 
踊り場         8.37
急登ここまで      8.43
ヌタ場         8.49
第一ピーク       8.51
第二ピーク       8.54-56 WB脱ぐ この間に40代男性に抜かれる
ビューポイント     9.05
ベンチ場        9.15
荒神峠         9.26-28 
急登ここまで      9.51 途中、民間の捜索者2人に行き会う
途中、風強くてWB着る 9.56-58
表参道出合      10.07
水尾別れ       10.12 捜索の警察官20人ぐらいを見る 発見したが本人か確認中との事だった
黒門         10.32 黒門の途中で降りて来る警察官7人と出会う
石段下小屋      10.40-45
地蔵辻        10.52
竜ケ岳分岐      11.01
原分岐        11.04
地蔵山取付      11.15
反射板        11.34
地蔵山        11.47-49 ザックカバー無いのに気付く 雨降りそうだったので即探しながら下山
反射板        11.58
取付に戻る      12.18 まだ見つからない
ザックカバー発見   12.23-37 倒木2本の枝払いをする
ジープ道       12.42
愛宕山三角点     12.52
地蔵辻        13.01
石段下小屋      13.09-47 昼食
黒門         13.54
水尾別れ       14.13
水尾から1500m    14.19
1200m 14.25
900m 14.31
600m 14.37
社務所裏道分岐    14.42
300m 14.44
登山口        14.50
学校裏        14.54-57
明智越        15.17
新道出合       15.25
中尾根取付      15.34
JR保津峡駅着     15.50


  ホームから

  JR保津峡駅発 8:27

つつじ尾根取付 8:32

踊り場から 8:37 1本の枯れた倒木が景観を損ねている

  急登





  急登ここまで 8:43

ヌタ場  8:49

第一ピーク 8:51

第二ピーク 8:54-56 暑くてWB脱ぐ この間に40代男性に追い越される

  ビューポイントから愛宕山  9:05

ベンチ場  9:15

キノコ

  荒神峠  9:26-28

急登に向かう 9:28 40代男性に置いて行かれる

  キノコ

  急登

  捜索者2人と出会う

  急登





  急登ここまで  9:51

落枝で荒れている

  風が強くなったのでWB着る  9:56-58

ネット沿いの登り



  表参道出合手前の倒木

  表参道出合  10:07

表参道

  水尾別れ  10:12 20人位の捜索隊に出会う 9時半ごろに発見されていた事が帰宅後分かる

  表参道の倒木



  黒門  10:32 ここまでの途中7.8人の捜索隊と出会う

  表参道

  石段下小屋  10:40-45 気温 15.5℃

  神社には行かず石段の写真だけ

  月輪寺道は依然として通行止

  ぼんやりと京都市街

  地蔵辻  10:52

ジープ道の倒木

  竜ケ岳分岐 11:01

竜ケ岳が見える

  原分岐 11:04

ここから地蔵山取付まで倒木多い











  地蔵山取付 11:15

キノコ

  生裂き

  広葉樹の倒木



  反射板 11:34

地蔵山が見える

  問題にならない倒木

  地蔵山 11:47-49 一等三角点  947m ザックカバーないのに気付く

  再び反射板 11:58

裏愛宕山

  倒木がルートを塞ぐ



  取付まで戻るがザックカバー見つからない 12:18

戻る



 



  ザックカバー発見 12:23 小休止して倒木の枝払いをする

  ビフォー

  アフター 12:37

巨木の倒木

  ジープ道に 12:42

竜ケ岳分岐 12:45

  愛宕山三角点  12:52 890m

どんよりとした京都市街

  リョウブ

  地蔵辻 13:01

広沢の池が光る

  再び石段下小屋 13:09-47 着替えて昼食

  黒門 13:54

表参道の倒木



  水尾別れ 14:13

9月16日の巨木の倒木

アフター 

  水尾道を下る 全長1800m 14:13

水尾から1500m 14:19

  キノコ

  倒木

  水尾から1200m 14:25

  水尾から900m 14:31

水尾から600m 14:37

  社務所裏道分岐 14:42

  水尾から300m

水尾の由来

  倒木

  登山口 14:50

学校裏 14:54-57

  たわわな柿

  ムクゲ

  ヒガンバナ

  キノコ

  水尾川

  明智越 15:17 現在土砂崩れで通行止

  水尾川右岸斜面の倒木

  水尾川にかぶさっている

  何の花か

  新道出合 15:25

  左岸斜面の倒木

  中尾根道取付 15:34

  右岸斜面の倒木

  秋めいて来た駅前

  JR保津峡駅着 15:50
  






コメント (2)