足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

サクソンホールの会合

2016-08-29 06:17:33 | 投資戦略
米サクソンホールでの中央銀行のシンポジュームで黒田日銀総裁が「資産購入、通貨供給量の増加、マイナス金利の政策手段を組み合わせ、インフレ目標の達成に全力を上げる余力は残されている」と語った。マイナス金利の導入には銀行の間では評価が分かれ失敗と見る向きも多い。日本株はNY株の回復基調には乗れず低迷が続いてきたからだ。
「現在の日銀の政策に疑問の余地はなく、現在の手綱を緩めるつもりは全くない。これまでの政策効果を続けインフレ目標の達成に向かって必要なら躊躇なく行動を起こす」と9月20~21日の日銀会合で場合によれば新しい行動を起こすことを示唆した。
9月20~21日の会合で現在の金融政策について「総括的な検証」を進行中である。いわば、これまでの金融政策の効果についての9人の政策委員の運営結果の採点でもある。仮に問題点が浮かび上がれば、手直しを行うという意図を黒田総裁は示した。

この発言を受けてヨーロ中央銀行のブノワ・クレー専務理事も「ユーロ各国が金融緩和政策に踏み込まなくても、一段の緩和策を発動する」と語った。
米連銀の利上げ策とは対照的に日欧は一段の緩和策の発動を言及した。
米国と日欧の金融政策について方向性の違いが出てきた。米国経済は順調な回復基調が確認できたからだ。
先週末の円相場はこのことを察知し反転に転じた。

世界の株価はサクソホールでの主要国の政策首脳の発言に反応を示し、日米欧とも回復基調にはいるだろう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界中央銀行の総裁会合

2016-08-29 06:15:47 | 投資戦略
米サクソンホールでの中央銀行のシンポジュームで黒田日銀総裁が「資産購入、通貨供給量の増加、マイナス金利の政策手段を組み合わせ、インフレ目標の達成に全力を上げる余力は残されている」と語った。マイナス金利の導入には銀行の間では評価が分かれ失敗と見る向きも多い。日本株はNY株の回復基調には乗れず低迷が続いてきたからだ。
「現在の日銀の政策に疑問の余地はなく、現在の手綱を緩めるつもりは全くない。これまでの政策効果を続けインフレ目標の達成に向かって必要なら躊躇なく行動を起こす」と9月20~21日の日銀会合で場合によれば新しい行動を起こすことを示唆した。
9月20~21日の会合で現在の金融政策について「総括的な検証」を進行中である。いわば、これまでの金融政策の効果についての9人の政策委員の運営結果の採点でもある。仮に問題点が浮かび上がれば、手直しを行うという意図を黒田総裁は示した。

この発言を受けてヨーロ中央銀行のブノワ・クレー専務理事も「ユーロ各国が金融緩和政策に踏み込まなくても、一段の緩和策を発動する」と語った。
米連銀の利上げ策とは対照的に日欧は一段の緩和策の発動を言及した。
米国と日欧の金融政策について方向性の違いが出てきた。米国経済は順調な回復基調が確認できたからだ。
先週末の円相場はこのことを察知し反転に転じた。

世界の株価はサクソホールでの主要国の政策首脳の発言に反応を示し、日米欧とも回復基調にはいるだろう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米連銀が利上げの準備・・・今後の相場への影響は?

2016-08-27 09:01:12 | 投資戦略
世界の投資家の関心は米サクソンホールで始まった世界中央銀行総裁の会合のイエレン議長の講演に集まった。
毎年、夏季に米カンサスシティ連銀主催で行われるが、連銀総裁の講演が相場の方向性に大きな影響を与えることが多い。直近では2010年のバーナンキ議長の講演が、2010年以降の強気相場の発端になった。
今回、イエレン総裁は利上げを準備していることを明確に言及した。
これまで今夏に上げる方向性にあった決定が5月の雇用統計の挫折で引き延ばしなった。
英国民投票での離脱も株価に大きな影響を与えなかったし、中国,原油安という懸念材料も影を潜めた。
9月初めの雇用統計に変調がなければ、9月中の利上げの可能性が高まってきた。昨日の株価はすでに、9月説を織り込みはじめた。
年内の9月、12月の2回という観測もある。
11月には大統領選があり、それに配慮するなら9月は見送り12月の1回になる。
最近の株価の動きをみていると利上げを消化してきた感じが強い。
相場は高値から200円前後の下値で推移し、これまで底固めをしてきた。週明けの株価には大きな影響はないとみられる。
特にナスダック指数がプラスに終わったのは注目される。銀行、バイオ、ハイテクが高かった。
円相場は米ドル、ユーロに対して大幅に下落した。円相場は101.80円と久しぶりに1円以上の円安になった。
NY株が落ち着きナスダック指数のリードが続けば東京市場にも好影響を与える。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜のイエレン講演に関心が集中

2016-08-26 06:50:34 | 投資戦略
NYダウ平均の動きは7月8日に1万8000ドル台に乗ってから、今月中旬の1万8600ドルまで上昇したが、その後は小動きで1日の変動率は0.5%以内の動きを続けてきた。
この間、景気指標の回復が目立つがトレンドはまだ2ヵ月に達していない。
こんな環境下で本日(日本時間の夜間)、注目の米連銀主催の世界中央銀行総裁の会合が開かれる。夏季を利用して避暑地のカンサスシティである。バーナンキ前連銀議長の在任中にはこの会合での冒頭スピーチが、しばしば金融政策の先行きを占うイベントになった。
ことしも現下の金融政策の行方について方向観が分かれているだけに、イエレン議長の講演に関心が集中する。会合に先駆けてNY、サンフランシスコ、カンサスシティの各連銀総裁が年内の政策転換を示唆した。

次回のFOMCは9月20~21日だが、タカ派は利上げをほのめかす。ただ足元の景況観に万全の回復基調がみられないだけに、10月の企業業績の結果をみての判断という可能性も高い。イエレン議長が9月説に傾けば、相場は反応してボックス圏を下に離れる可能性も残る。
逆に決定を年末にまで先延ばしに示唆をすれば、相場は反騰に転じるだろう。

昨日、書いたペプチドリーム(4587)の再論。
先に発表した2016年6月期の時には会社として2017年6月期の予想を出さなかった。日経新聞には掲載されたが売上50億円(+15%)、経常利益25億円(+5.3%)、純利益20億円(+26%)は新聞記者の観測数字。
今期はこれまでの創薬開発プラッフォーム(PDPS)の販売から、軸足を自前での新薬開発にも多様化する。臨床試験をはじめが、独自の新薬が出ればそーせいG(4516)のレベルに一歩近づく。今期の業績も大きく伸びるが、その先の自社開発の成果にも注目したい。特殊ペプチドという新分野はもっと見直されてよい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペプチドリーム(4587)に注目

2016-08-25 06:12:19 | 投資戦略
ウォール街の相場の基調には変化はない。
米連銀の利上げの時期をめぐっての思惑が相場の人気を左右する。
週末のカンサスシティでのイエレン議長の講演の内容待ちの動きだ。

ペプチドリーム(4587)は8月9日に2016年6月期の決算を発表した。
数字は四季報の予想を次のように上回った。(予想)→(実績)
売上31億円→43億2700万円(+74.9%)
営業利益15億円→25億4800万円(+83.2%)
経常利益14億5000万円→23億7200万円(+58.5%)
大幅な増額修正であった。たんぱく質の一種である特殊ペプチドを使った小分子化合物で抗体医薬品に使われ、これまでの高価ながん治療薬と異なり製造コストが格段に安いことも特色である。
世界の最先端をいく大手医薬品メーカーが日本のバイオ・ベンチャーのなかでもそーせいG(4565)と並んでもっとも高く評価している企業である。すでに内外の大手製薬企業が同社の技術に注目してその創薬プラットフォーム(新薬開発の基盤)を利用し数が17社にのぼることからしても、技術の革新性が理解できる。
これまで創薬プラットフォームの導出でキャシュフローを上げてきたが、2021年を目指して自社でも新薬の開発をはじめ、フェーズⅡの段階に進む開発案件が出てきた。
そーせいG(4565)と並ぶバイオ企業の代表で、大手製薬会社の仲間いりをするだろう。
株価は高値から35%下落し、戻りは4.4%と小さい。
日本のバイオ・ベンチャーの成功例として人気が続くだろう。
問題は2017年6月期の決算見通しを出していないことで、株価の思惑での変動が大きいことで会うが、長期投資にはマイナス要因でない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加