足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

トランプ就任式を前に一服・・・ソロスは弱気

2017-01-20 06:42:29 | 投資戦略
トランプ大統領の就任式を翌日に控えNY株は見送り気分が強く下落した。ダウ平均の2万ドル台乗せは達成できなかった。
足元の米国のファンダメンタルは好調。決算発表は好調で予想を上回る銘柄が多く人気株のネットフレックス(NFLX)が好決算で買われた。マクロ指標では失業保険申請件数が減少、住宅着工高は予想を上回った。
先にトランプ氏はウォールストリート・ジャーナル紙との会見でドル高は行過ぎと言及したが、多分に中国元の割安を目標にした感が強く、その後の相場への大きな波及はなかった。円相場が一時は買われたがこの日は114円台後半で推移した。
為替については新財務長官ムニューチン氏の領域で、今後はその発言が相場に大きく影響するだろう。これまでは沈黙のままで、先行き就任後にはどのような見解を出すかが最大の関心事である。
IBMが決算を発表した。利益は事前予想の$4.83を上回り$5.01になり、株価は+4%。バフェットの笑顔が浮かぶ。現在、バークシア・ハザウェイは8.54%の筆頭株主で第2位のバンガードの5.95%を大きく引き離す。
彼は2012年以来、持ち株を増やしてきたが、これまでは報われず最近、ようやく時価がコストを上回ってきた。ハイテク株を避けてきたのに、ハイテクの王者を執拗に積み上げてきた裏には、親友ビル・ゲーツの助言があったのだろう。(ゲーツはバークシアの社外取締役)。
われわれも「バフェットにコピー(提灯をつける)」ことにした。

ソロスがダボス会議に出席したが株価には弱気。最近は10億ドル損失したが、引き続き弱気のポジションをとる。
一方、ヘッジファンドの新鋭運用者のデビッド・アイホーン(グリーンライト・キャピタル)は独自のトランプ銘柄を選び前向きの戦略をとる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トランプ大統領演説を控える

2017-01-19 07:01:24 | 投資戦略
NYダウ平均はもみ合い。ヨーロッパ、新興諸国株は上昇した。
ウォールストリート・ジャーナル紙とのインタービユーでトランプ氏がドル高に言及したが、ドル高の方向性への影響は一服し、この日には大きな変化がなかった。
銀行、保険、バイオ、通信には押し目買いがはいった。ゴールドマン・サックス、シティの決算は好調で金融株をリードした。
ヘッジファンドが静かに動いている。12月の大統領選でのトランプ勝利で業界の顔であるソロス、カールアイカーンは大きな損失を出したが、多くのヘッジファンドは12月という季節感もあって極端なポジションを取っていなかった。
ここへきてようやく動きが始まった。ことしは金利上昇がコンセンサスになり債券には売りポジション、商品相場には強気である。通貨は円安、英ポンドの下落を見込み、NY市場で中小型株に注力する。
明日20日にはトランプ氏の大統領就任の演説がある。これまでツィツターを通じて、個別の案件については見解を発してきたが、トランプノミクスの大きな柱を打ち出すだろう。

スイスのダボスで世界経済フォーラムが開催された。運用資産が1500億ドル(17兆円)と世界最大になったレイ・ダリオは「2017年はポピュリズム人気が世界的に盛り上がる。本年最大の課題だ。向こう2~3年は一段と世界中で勢力を高める」とトランプ新大統領の誕生が、世界のパラダイム(価値観)を大きく変化させると強調した。
投資の世界でも重要なテーマである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日米とも新大統領の就任まで調整

2017-01-18 07:12:49 | 投資戦略
週末3連休明けのNY株は3日間の続落。20日のトランプ大統領の就任式演説を控えて市場では見送り気分が強まった。
トランプ氏はウォールストリート・ジャーナル紙とのインタービユーで「ドルは強過ぎる」と珍しく為替に言及した。中国が元相場を意識的に抑えていると攻撃した。攻撃は止まらない。これまで通貨への言及を意識的に抑えてきたが、中国批判の一つの手段として中国元の操作を指摘した。今後もこの種の揺さぶり出てくる可能性が高い。円相場はその余波の影響を受けた。
英国のEUからの完全離脱の浮上も地政学リスクの一つとして気にする。昨年に続き、世界のどこかではこの種の地政学リスクがことしの相場の撹乱要因になりそう。
石油、金相場は上昇した。市場での数少ない明るい分野だ。
新鋭ヘッジファンドのデビッド・アイホーン(グリーライト・キャピタル)は「トランプ政策は日々、発信されひとつにまとめるのは難しい。しかし一貫しているのは雇用増だ」と語る。ポートフォリオをトランプ政治に合わせて再構築を進行中。

東京市場にとっての最大の関心事は新政権が円相場をどのように判断するかである。当局であるムニューチン新財務長官の就任後の円相場の姿勢が大きなかぎをにぎる。ゴールドマン・サックスで活躍した経験の持ち主だけに、どのような現実路線をとるか、いまのころ彼の見方はつかめない。

日本株には割安論を口すする国際投資家が増えてきた。特に企業業績の復調が大きな材料だけに、為替相場の動向の株価への影響力は一段と高まる。NY株が調整局面にあるだけに、東京市場桃見合い相場が続く。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バフェットが最高益、ソロス、カール・アイカーンは損失・・・王道が勝利

2017-01-17 06:09:38 | 投資戦略
NY市場は祭日で休場。
東京市場の下落を先頭にアジア、ヨーロッパ株も軟調。NY市場の円相場は114.46円。昨年来のトランプ人気は一服し、日米とも第3四半期の決算発表が目先の焦点になった。

注目の世界の投資家の2016年の成果は大きく分かれた。
一段と輝きを増したのがウォーレン・バフェットだ。個人資産が年間で120億ドル(1兆3600億円)も増加した。バークシア・ハザウェイの持ち株の評価が大きく跳ね上がり、米国ではビル・ゲーツ(マイクロソフトの創始者)の個人資産に迫り、この調子が続くと米国でトップの富豪に立つ可能性も出てきた。
米大統領選では応援したクリントン候補が落選したが、トランプ相場で人気の出た金融株をはじめ一連のバフェット銘柄が活躍し、バークシア・ハザウェイ(BRKA)が年間で30%上昇した。
彼の「スノーボール」論(長期投資は雪だるまのようにころがり資産が自己増殖)の成果が実証され、株式投資で成功する不変の原理を実証した。
20世紀が生んだ偉大な投資家ジョージ・ソロスはトランプ相場で10億ドル(1140億円)の損失を出した。クリントン候補に賭け選挙後には弱気ポジションをとり損失が膨らんだ。
いまひとり皮肉な現象はカール・アイカーンだ。昨年は20%の損失になった。人生で最大の損失。選挙ではトランプ氏の熱烈な支持者であり、当選に貢献した一人で新政権では大統領の特別顧問に就任した。運用ではロングもショートも銘柄を間違い投資人生では最悪の1年になった。
一方、ソロスの僚友であるドラッケンミラーは選挙後、ソロスとは異なる戦略で2016年は+10%になった。
2016年の相場が株式投資の教科書に新しいページを加えた。“バフェット流の投資が王道”ということだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米バロンズ誌の座談会・・・日本株に強気

2017-01-16 06:10:14 | 投資戦略
週末、任天堂(7974)が東京お台場のビッグサイトで新製品「スイリッチ」の発表会を開催した。日経新聞は開場前3500人の行列と伝えた。
その前日、会社は報道、その他の関係者を招き日米でプレゼンテーションを行った。広大な開場には外国人の姿も多かった。私も出席したが華やかな熱気に包まれた会場であった。
午後1時に始まったが任天堂の株価は時間が経つにしたがい下落し、終わりは大幅安であった。
「スィツチ」の価格が2万9800円と事前の一部アナリスト予想2万5000円に比べ高いことにマイナス反応した。
当日の夜(日本時間)の本場ニューヨークでのプレゼンテーションの反応は全く別でジェフリーズ証券の著名アナリストのアトル・ゴヤルは早速、レポートを出し「価格の$299は妥当な価格。株価は先行き56%上がる」と強気レポートを出した。新製品のハイブリッド機能(据え置き&携帯)を高く評価し、サードパーティ80社がソフト開発に参加するのに注目した。1本のソフトで両用できるハイブリッド機能はコストパフォーマンスがゲーム・フアンにも開発者にも魅力があることに注目した。同時にソニー(6758)も強気の格付けで株価は47%上がるとした。

今週のバロンズ誌が2017年新春座談会の記事を掲載した。毎年、朝食会にはじまり夕刻のカクテルで終わる熱のはいった9人の運用者の激論の場だ。相場観のコンセンサスはトランプ相場が続き前半は上昇し後半は一服するとい見通し。この座談会に初回から30年間にわたってスイスから参加してきたフェリックス・ズーロフ(ズーロフ・アットマネジメント)は「目先は日本株が有望」と慎重派にはめずらしく強気。今回が最後の出席になり、主催者や読者に惜しまれてメンバーから去る。すぐれた国際投資家でわれわれも彼のズーロフ・ファンドに2007年から投資を始めたが、暴落を無傷で乗り切った実績の恩恵を受けた。
バフェットのバークシア・ハザウェイの社外取締役マリー・ウイットマーも常連メンバーだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加