足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

落ち着いたショッピング季節(米国)・・・東京市場の過熱は高まらず

2013-11-30 10:08:51 | 株式

米国はブラック・フライディ。ショッピングシーズンの幕開けで人々はショッピングセンターや百貨店に急ぐ。クリスマスの贈り物の選びが、年末バーゲンシーズンに発展して日ごろ儲からない小売店もこの日はブラック(黒字)になる。小売の売上は昨年比で60%増。

NY株は飛び休にはいり金曜日は半日立会い。相場は閑散でナスダック指数だけがプラスで引けた。ウォール街の先行きを暗示する動きだ。米国のハイテク企業の象徴的な銘柄アップル(AAPL)が+5%と急謄した。大きく売られたところを機関投資家やヘッジファンドが拾ってきた。ナスダックの象徴的な存在といえばアップルとグーグル(GOOG)である。

昨日の話題はバーチャルマネー(仮想通貨)として存在感を増してきたビット・コイン(Bit coin)の価値が上昇し$1242と金相場の$1250にほぼ並んで一段とその存在感が高まってきたことだ。

今月初めには$900であったが1ヵ月で+38%上がった。1月は$13であったのが上昇率は9倍以上になった。当時1個しか買えなかったハンバーグは、いまは10個近く買える。

2009年に取引がはじまった仮想通貨で、Satoshi Nakamotoなる人物が考案したといわれる。

Mt Gox.com上で取引されているが、米国では一部のファーストフード店が決済に応じているし、今春に金融危機のあったキプロスでは授業料の支払いに応じている。取引の最大の国は中国で検索エンジンの最大手バイドゥ(BIDU)がサイト上での取引を行っている。日本でも携帯電話で取引ができる。

米国では春先から一部の大手メディアが注目して市場の模様を伝えてきたが、最近はウォールストリート・ジャーナル紙の金融ウェブ・サイトでも盛んに取り上げられるようになった。バーナンキ議長も通貨の代替手段として否定はせず関心をもつ(好奇心のある読者はMt Gox.comを開いてみられるとよい)。

東京市場は相場が本年の5月の高値に顔合わせして過熱感もあるが、相場水準だけでテクニカル指標は通常の過熱状況には至っていないのが現状である。25日移動平均の騰落指数は103で過熱の125の水準には達していない。それに新高値銘柄が100を超えたのは今月は1日だけで過熱現象の横の広がりがいつもとは異なる。

現状からは12月はひと相場が期待できる。現在のインターネット関連銘柄(ミクシィ、フルスピードなど)の過熱がどのような方向に進むかが関心事である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

証券株の新スター

2013-11-29 06:09:19 | 株式

相場は思わぬ円安を背景に日経平均は6月高値に顔合わせになった。

 物色範囲も広がり自動車、不動産、金融というアベノミクス相場の先導役になったセクターのほか海運株など景気敏感株にも人気が戻ってきた。

 そのほか2003~2004年に新興市場をけん引したドワンゴ、ミクシィ、フリービッドなどが直近のIPO銘柄を超える人気を集めている。このような個人投資家の資金がセキを切ったように流入してきたのは6月の高値時にはみられなかった現象である。

 個々の銘柄によってはテクニカル面で異常な過熱現象が出てきたが、買い方は業績の反転期待という材料に確信をもち新しい相場の始まりとみられる動きがでてきた。

 今週は証券株の反騰に注目したい。

 これまで大手証券に注目してきたが、中堅証券にも物色の範囲を広げたい。まずSBIホールディングス(8473)でオンラインブロカーではトップシエアを守り、そのなかでも業績の回復が抜きん出てきた。特にこの銘柄にはブロカー部門だけでなく大手証券のコピーである金融業としての多様化がここへきて収益力化してきた。それにここ10年間、力をいれてきたバイオ部門が来年は大きく花を開く。育成してきたバイオ企業が公開する。ほかの証券にはみられない材料である。このような多角化が他の分野にもみられる。先行き息の長い株価の人気になりそうである。

 いま一つは岩井コスモホールディングス(8707)。ブローカービジネスに強いうえに、最近は合併したコスモ証券の調査部門が戦力になってきた。証券株では相場への感応度が高い。

 

<o:p> </o:p>

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウォール街は休暇ムード

2013-11-28 07:49:28 | 株式

 今週のNY市場は木曜日が休日、金曜日が半日立ち会いで多くの投資家は休暇ムードである。

一部の景気指標が好調で株価は3指標とも上昇しダウ平均は16,000台、ナスダック指数は4,000台、S&P5001,800台を固めた。今回は大台替わり後も大きな波乱はなく、先高期待観を盛り上げるグリーンスパン前連銀議長はメディアに「景気の回復スピードは鈍化し、いまの株価にはバブルはない」と語った。

 今回の株価の上昇をけん引するのは出遅れてきたナスダック指数である。ダウ平均、S&P500は史上最高値を更新し続けるが、ナスダック指数は2000年の高値5048ポイントに比べて出遅れが目立っていた。それが先行する指数にキャッチアップのトレンドにはいった(昨日は4,044.75)。

 ヘッジファンドの持ち株の増加え率が高いのはグーグル(GOOG),アップル(AAPL,GM(GM)である。ナスダック指数の復調の原動力はインターネットとモバイルである。この人気は先行きも続くだろう。

 東京市場も相場をけん引していたソフトバンク(9984)が調整局面にある。ヘッジファンドのダン・ローブが大株主になり、この株に新しい視点での投資価値を付け加えた。先のインターネット人気のとき(1998~2000年)時のような人気の流れが出るかどうか、人気が横に広がれば人気の再燃が期待できる。

 ウォール街で注目する向きが増えている仮想上の電子マネーのbitcoinに注目するメディアが増えてきた。中本哲史(ナカモト・サトシ)が考案者とされるが、正体は不明。ことしは78倍に上がった。

 反面、円相場は昨日のウォール街で102.19円に下落した。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

IPO市場の現状・・・投資する場合の留意点

2013-11-27 07:31:38 | 株式

 NY市場が高値圏でもみ合っている。

 新年はナスダック市場に注目する投資家が増えてきた。昨日はナスダック指数が13年ぶりに4000ポイント台で終わった。ウォール街でグーグル(GOOG,フエィスブック(FB)などインターネットの代表的な銘柄への人気が日増しに高まってきている。

 東京市場では新興市場が元気がよい。

 先週からIPO市場では年内のIPO(新規公開)ラッシュが始まった。特色は初値形成が公開当日ではなく翌日になることが普通になってきたことだ。IPO価格の3倍以上で寄りつくのが普通になってきた。これまでのIPO人気の通例が投資家の楽観的な行動を支えている。

 年末までには19社の新顔が登場するだけに初値買いで成功する確率は低下してきた。先週からの公開の4銘柄の初値とIPO価格を比べると次の通り。

 ANAP(3189)5倍、メディアドゥ(36783.5倍、M&Aキャピタル(60803.0倍、じげん(36792.9倍。

 ここに上げた数字からみても人気が強いかがわかる。このような人気は、これまで初値買いをしても大きく値上がりするケースが普通であったからだ。

 留意しなければならないのはIPO価格の設定が最近のIPO人気をベースに決められる傾向が強まってきたからである。株価は長期的にはかならず合理性が働き適正価格に収斂される。

この中で注目したいのはメディアドゥ、じげんである。

 

年内に公開される20銘柄ののなかには初値で投資した場合でも儲かる株が必ず出るだろう。初値に飛び付かず、公開後の動きをみて株価の位置を再検討してからの投資を考えたい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソフトバンクの価値

2013-11-26 08:05:37 | 株式

 ウォール街での注目点はナスダック指数の13年ぶりの4,000台乗せである。20003月に5048.26ポイントを記録し、200210月には1114.11まで下落した。短期間に90%以上も暴落。その後もNYダウ、S&P500の回復には同調できなかった。しかし、ここへきてグーグル、アップル、フエィスブック、ツイッターなどハイテクのスター株が誕生し、米国での技術革新の再燃を背景に、大幅な回復路線に乗る。

 NYダウ平均、S&P500が史上最高値を更新するなかで、米国にはまだ出遅れた分野が残る。

 ウォール街では先行きに警戒感が増えているが、米連銀の異質の資金供給が続き強気筋の相場観を支える。

 東京市場の話題はソフトバンク(9984)の人気化である。

 新鋭ヘッジファンドのダン・ローブの大量買いで昨日は大商いのうちに大幅高。ウォール街でもソフトバンクの株価は+5.5%となり注目を集めた。2000年のインターネット・バブルの時には外人投資家の物色の圏外にあったが、今回は人気だけでなく孫社長の経営力を高く買う。いまやヘッジファンドの世界ではもっとも注目度の高い運用者だ。

 彼がソフトバンクに注目する伏線はあった。米国のヤフー(YHOO)の大株主になり、経営陣を総入れ替えし2年間で人気株に仕上げた。ソフトバンクが中国のアリババの大株主で、近くその含み益が顕在化することを熟知している。

 彼はバークレーのカリフォルニア大卒業後、コロンビア大でMBAを取得した。バフェットの後輩だ。親戚には米玩具大手のマッテルの創業者一族がいる。

 今回のアベノミクス相場には外人のなかでもいちばん早く出動した外人投資家である。ソフトバンクの株価にも新しい価値を付け加えるだろう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加