足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

日米とも相場は小休止

2014-08-29 06:03:28 | 株式

 NY株はウクライナ問題が引き続き気にされ、日欧株とも一服。

 いったん2000ポイントに乗ったS&P500も大台をはさんでの動きである。

 東京市場はこれまでの相場のけん引役であった新興市場のSNSゲーム関連、円安を背景にした自動車株なども一服。

 現在の市場の最大の関心事は数銘柄の新興市場株が東証の売買代金のビッグ10を占めるような相場展開が続くかどうかが最大の関心事である。

 

これまではミクシィ(2121)、Klab(3656)が新興市場のゲーム関連の人気の焦点であったが、昨日の日経新聞にはコロブラ(3668)の「白猫プロジェクト」の躍進が伝えられた。SNSゲームではミクシィ、Klabと並ぶ御3家的な存在で、最近の業績の成長の足跡にはいちばん安定感のある企業である。ガンホー(3765)、ミクシィのような超ヒット作品の輩出はないが、着実に人気作品が登場し業界での王者になる途を歩んでいる感じを強くする。ホームランを出すのではなく、ヒットの連続で業界でのトップグループの位置を築いてきた実績は、投資面でももっとも安定感のある存在である。

 今回もご3家の中では一番先に株価の調整局面にはいっただけに、SNSゲームの今後の人気の動向をにぎっている。コロブラの存在が関連株の目先の人気の動向をにぎるとみる。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Alibabaの公開が迫る

2014-08-28 05:50:38 | 株式

 NY株はダウ平均が17000ドル台、S&P5002000ポイントの大台固めのコースにはいってきた。これまでの相場の地政学リスクもこう着状況から、解決への糸口を本格的に関係国が探り出した感じである。解決に方向に進めば久方ぶりに先行きの最大の悪材料が落ち着くことになる。

 これまで8月公開とみられていた中国最大のインターネット企業アリババの公開が9月には実現しそうである。関係者の動きがあわたただしくなってきたようだ。直近の4半期の業績が大幅な好調で一時は市場に流れていた業績の停滞説を吹き飛ばした。公開されると調達資金はフェイスブックのIPOを上回り、グーグルに次ぐ存在になる。ここ数ヵ月の準備中も、間断なく新分野への進出が公表されてきた。公開が本決まりになれば、ハイテク、インターネット関連への人気の再燃が期待でき、ナスダック指数の新高値更新の大きなきっかけになりそうである。

 

東京市場も8月中旬以降の9連騰の後、微調整にはいつたが、個々の銘柄の短期的な過熱感の解消が進んでいる。

 現在の東京市場は個人投資家のホットマネーが方向性をにぎる。なかでもSNSゲーム関連の売買代金が、その動向を端的に示しているがミクシィ(2121)、コロブラ(3668)、Klab(3656)の間を人気が循環してきた。なかでもコロブラが出遅れてきた。

ソフトバンク(9984)に注目しよう。アリババのNY市場での8月の公開の予定が9月になったのは第2四半期(4~6月)の実績を見てからという判断からだ。第1四半期の売上は前年比+40%に減速したが、第2四半期は+46%と復調した。米ヤフー株も動き始めた。ソフトバンクにも人気が出てきた。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

S&P500が2000ポイント台固め

2014-08-27 06:18:32 | 株式

 NY株はS&P500は前日2,000ポイント台を瞬間に記録したが、この日は終値でも大台超えで終わった。ダウ平均の17000ドル台乗せのときは相場の天井感が出たが、今回は静かな雰囲気で、むしろ先行きには強気筋が増えている。

 2009年春のリーマンショック時の大底でのS&P500666ポイントまで下落したが、それ以来3倍になった。世界の株価をリードするNY株の堅調は東京市場にも好影響を与える。次はナスダック指数の史上最高値5048ポイントへの挑戦である(昨日の引け値4570ポイント)。

 ウォール街ではハイテク業界に新しい材料が続出している。

今週はアマゾンが話題のゲーム関連ツィッチ(twitch)1000億円投じて買収した。オンライン・ゲーム関連でスポーツのコンテンツに強い。YouTubeと買収を競っていた。インターネットのコンテンツの大黒柱にグーグル、アマゾンの姿勢が高まる。

 いま一つの話題は自動車の安全運転のカメラの人気である。8月初めにイスラエルのモービルアイ(mobileye)がNY市場で公開され人気が続いている。IPO価格は$25であったが、初日には$37をつけたあと、$46で取引きされている。ウォール街では目標値を$100とする証券会社(モルガンスタンレー)が出てきた。衝突事故防止に使われるが、2022年には世界の自動車の半分に搭載されるという予想が出てきた。第2iPhoneという見方も有力。普及が始まれば日本のお家芸の分野である。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユーロ中央銀行のドラギ総裁が相場に影響

2014-08-26 06:15:44 | 株式

 週末のジャクソンホールでの経済シンポジウムは欧米株に大きな影響を与えた。ことしの主役はこれまでのバーナンキ前連銀議長に代わってイエレン議長がつとめたが、引き続き雇用市場が明確に回復の兆しをみせるまで緩和政策を続けることを明言し出口戦略には触れなかった。

 スピーチを好感してS&P500は史上初めて2,000ポイントに乗せた。ダウ平均に比べて指数としてはメディアでの露出度は劣るが、ダウ平均が17,000ドル台乗せを実現してから、投資家の関心事はS&P500に集中してきた。米国を代表するグーグル、フェイスブック、インテル、ブラックベリー、HP,ネットフレックスなどハイテクの大物はダウ30種の銘柄でなくS&P500の主役たちである。

 それだけにS&P5002,000ポイント乗せは投資家のフトコロに与える影響度はダウ以上に大きい。今回の2,000ポイント乗せの背景には足元の米企業業績の好調がある。

 

いまひとつジャクソンホールが影響を発揮したのはヨーロッパ株だ。ヨーロッパ中央銀行のドラギ総裁は「ユーロ圏が落ち着くまで債券の買いを続け、どんな政策発動もいとはない」とこれまでの政策遂行を強調した。

 久しぶりにヨーロッパ株は軒並み反騰した。世界の株式相場への影響度は日本株を上回ることを実証した。

 残るはハイテクの宝庫であるナスダック指数である。2000年の史上最高値の11%下にある。ウォール街にはまだ挑戦すべき課題は残る。

ウォーレン・バフェトがゼネラルモーターズ(GM)の大株主になった。ここでGMを買い始めた背景は不明だが、IBMの大株主になったように、いまの市場の常識では解明できないが、彼なりの価値観をもつ。いずれ理由は明らかになる。

日本の自動車株に関心を持つ機関投資家がいる。東京市場でもトヨタ自(7203)、ホンダ(7267)に注力する有力な米機関投資家がでてきている。最近、日本の公的年金GPIFの運用を託されたハリスアソシエィツだ。この機関投資家はGMの筆頭株主でもある。2003年の円安を背景に人気化した自動車に魅力が出てきた。

トヨタ自、マツダ(7261)に注目しよう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

医療機器にもテンバガー(10倍になる)が出現

2014-08-25 07:37:27 | 株式

 夏休みも終わり世界の投資家は職場にもどる。先週、米国の保養地ジャクソンホールで開かれた米連銀主催の経済シンポジウムでの講演会にイエーレン連銀議長が登場し、現状維持の政策を強調しウォール街も平穏な気分になった。

 東京市場ではここ1ヵ月間の夏休み中の日経平均はほぼ横ばい。

 相場の中味は個人投資家の活躍で一連の仕手株や新興市場銘柄が活躍した。特に目立ったのはSNS関連で引き続き人気が残るだろう。

 これまでのミクシィ(2121)、コロブラ(3668)、Klab(3656)に、業界の大御所ガンホー・オンライン(3765)にも人気が回帰し、4社が人気の焦点になってきた。これらの銘柄が中心になり、SNSゲーム関連の人気は秋相場にも引き継がれるだろう。

 

先行きNY株の回復基調も加わり人気はほかのセクターに拡大されるとみる。

 朝日インテック(7747)に注目したい。市場の夏休み中に20146月期の決算を発表したが売上+40%、営業利益+37%、経常利益+27%と、同社が進めている医療機器(心筋梗塞などの心臓疾患分野)への進出が軌道に乗り、成長路線が明確になった。

 株価は200810月から先週末までに51倍になった。成長の本番はこれからである。日本の医療機器には、この種の企業が輩出する土壌が出てきた。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加