足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

引き続きユーロ問題が相場を決める

2011-12-31 07:56:55 | 株式

2011年の相場は終わった。

日経平均は年間で-13.7%であったが、NYダウは+5.5%であった。

ただ期待されたS&P500-0.002%とわずかであるがマイナスで終わった。大統領選の前年は高いという経験則は破れた。

2011年は波乱の年であった。ウォール街では波乱の理由として①日本の震災②ギリシア問題を発端とするユーロ危機③8月の米議会での債務上限引き上げの混乱④中国をはじめ新興国の景気の減速―が上げられている。

米景気はダブルディップの懸念が薄れ第4四半期は回復の足取りが確かなものになった。

2012年の相場を読む上での最大のカギは引き続きユーロ問題である。

この問題はだれにも明確な回答を出すことが難しい。

引き続きヘッジファンドのデビッド・グリースパンの金言集から一文を引用する。

“市場外で取引されているデリバティブは大まかな推定であるが60兆ユーロで、ユーロ圏のGDPの4倍に相当する。もしユーロ圏のどこか一国か、メガバンク1行が破産すれば世界の金融システムは1時間以内に崩壊する”(フェリクスW・ズーロッフ)

ズーロッフはスイスでヘッジファンドを運営している。2000年代の最初の10年間は慎重論を貫きリーマンショックも無傷で通過した。2000年をピークとするスーパーブル・サイクルの反動期が続いていると読んでいる。誰よりも早く金相場の上昇を予測した実績をもつ。

米バロンズ誌の新春座談会の常連メンバーでもある。

読者のみなさんには、来る年が良い新年でありますようにお祈りしています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NY株は景気指標、イタリア国債の入札を好感

2011-12-30 07:26:21 | 株式

NY株は好調な経済指標を好感して大幅高になった。

年初来ではNYダウ、ナスダックはプラスを維持している。

ユーロ圏でのイタリア国債の入札の好調もプラス要因であった。

引き続きデビッド・グリーンスパンの2012年版「金言集」からの一文を紹介しよう。

今年も好調なパフォーマンスをあげたヘッジファンドのブルース・コフナー(カクストン・アソシエーツ)の言葉を紹介。

“彼(マイケル・マーカス)はきわどいことを教えてくれた。時々、損失を出すことを恐れるな。それは悪いことではない。損を出せば次は正しい判断が下せる。その次にまた損を出せば正しい判断が出来る。再び損になると第3回目の正しい判断が下せる。そして最後には2倍の投資成果を上げることができる”

ブルース・コブナーはハーバード大で教鞭をとったあと、商品のトレダーからヘッジファンドに転向し成功した運用者である。2011年には引退を表明したが、その輝かしい成果で彼の設立したカクストン・グローバルは依然として人気のヘッジファンドである。彼の金言集は3万ドルの元手で2500倍とう驚異的な成果を残した先輩マイケル・マーカスの投資哲学から引用。

投機家として成功する要件を端的に表現している。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イアタリア国債の入札は好調…相場は屈折点にきた

2011-12-29 07:28:30 | 株式

今週のNY株は2日間の連続安になった。

これまでの世界の株価を覆ってきたユーロ問題であるが、昨日は注目のイタリア国債の入札があり6ヵ月の短期国債の金利は3.25%と11月の6.5%からは急落した。残るは10年国債であるが日本時間の今夕に行われる。ユーロ問題をゆすぶってきた国債の金利の上昇は小康状況を迎えている。

現在の相場の低迷は市場参加者が極端に少なくなり、休暇にはいり、取引を見送っていることが大きい。彼らの関心事は2012年の相場展開をよみ、その戦略を読むことにある。先は急がない。

昨日に続きデビッド・グリーンスパンの金言集からジョー・ロゼンバーグの次の言葉の引用をしたい。

“現在のような状況は過去50年間みられなかったことだ。私でさえどれから手をつけるかに迷うほどだ。歴史的にみても屈曲点にきている。現在の株価は1980年代初めの債券相場と同じで当時の債券利回りは15%であった。いま株式投資すれば向こう5~10年間で年10%の年収益率が期待できる。手持ち資金のすべてを株に投資する勇気がないなら、危機の懸念が増幅するのを頭に入れて資金を分けて投資することだ”

金言集に取り上げられたロゼンバーグは有名なコングロマリットのロウズ社で資産運用に当たってきた。投資歴60年のベテランである。最近、ウォーレン・バフェットがIBMに投資したが、「いまさらの感じだ。むしろバフェットは親しいビル・ゲイツのマイクロソフト(MFST)に投資すべきだ」と語る。同時にこれまでの経験から「現在の心境は子供がキャンディ・ストアーにはいって、どれから手を出そうかと迷っている心境だ」と語っている。「世界でも最高の米国企業の株価が割安株の仲間入りした」という。

東京市場では新年を見据えてネットワン(7518)に再度、注目したい。2012年には往年の人気を奪回するだろう。

 。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デビッド・グリーンスパンの金言集

2011-12-28 08:04:47 | 株式

クリスマスのプレゼントにニューヨークのヘッジファンドから毎年、投資の「金言集」が届く。

この世界では確実に成果を上げ世界の投資銀行の間でもっとも注目されているデビッド・グリーンスパン(ブルーリッジ・キャピタル)が編んだもので、今年は56人の言葉が集められている。私は小冊子をいつもデスクの上に置いて、時間があれば繰り返しページをめくり頭にいれ、自分の行動の反省に利用している。

いつも感心し引きつけられるのはグリーンスパンの情報の入手の範囲の広さである。世界をリードする投資家、政治家、経営者、金融マン、アナリストなど広範囲な著名人の言葉を集めていることだ。

時間との勝負である運用という世界に身を置きながら、その情報収集のための精力的な努力には頭が下がる。それがあるからこそヘッジファンドの成功者になった。

さてその金言集のなかからまず一文を選ぶ。

“投資の7つの法則

ジェームズ・MontierGMOのストラティジスト)は行動ファイナンス論を投資の世界に導入して注目されている。彼は最近、「不変性の7つの投資法」という優れた論文を書いた。価値評価についての次の重要な法則を指摘している。特に長期投資の成果は企業の価値に市場価格が接近することによって決定づけられると7つの法則を指摘している。

    常に安全性マージンにこだわる

    今回は異なることはない

    忍耐をもって最高の成果を待つ

    逆張り

    リスクは永遠に資産を減らす

    レバレッジには疑問を持つ

    理解できない場合は投資を手控える

ひとつひとつは当たり前のことであるが、なかなか実践となると努力のいる法則である”。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新興市場に個人資金が還流に兆し

2011-12-27 07:41:08 | 株式

昨日は今月のIPO銘柄の中から株価が反騰する銘柄が出た。

1213日に公開したサンセイランディック(3277JQ,14日のネクソン(3659)である。

サンセイランディックは10月に公開した日本管理センター(3276JQ)が公開後に安値から3倍になった先例が株価の見直しになった。不動産の権利調整事業で、これまで不動産開発企業が行ってきたビジネスを専業化して成功している。特に東京をはじめ大都市では先行きニースが膨大である。いわゆる資産バブル時には「地上げ」が盛んであったが、バブル崩壊ですっかり冷え込んでいた。しかし東京では投機が動機ではなく、実需のある権利調整が着実に増加しはじめた。新しいビジネスモデルである。

ネクソンは韓国人の経営者によるSNSゲームソフト企業で本社は日本に置くがビジネスの主体は韓国というユニークな企業である。公開時の資金の吸収が1000億円近くで需給関係から売られたが中長期的には成長が期待できる。

9月に公開したKlab(3656・マ)の株価が、この日は大幅高になりネクソンにも連想買いがはいった。Klabは新年116日に第1四半期の決算発表があるが見通しの大幅な増額修正を大手証券のアナリストが予想しはじめた。SNSゲーム関連ではグリー(3632)と並んで先行きこのセクターの人気をリードする銘柄である。

新興市場に、この種の現象が出始めたのは個人投資家の市場への復帰の兆しともとれる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加