足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

世界株のエンジン全開

2017-04-26 06:26:30 | 投資戦略

世界の株価はエンジンが全開、アジアに始まった買い人気はヨーロッパに波及し、NY市場も2日間にわたってダウ平均が200ドル以上の上昇になった。
ITバブル崩壊でナスダック指数は80%も暴落しハイテク王国の米国の先行きに大きな懸念が漂ったこともあったが、女神は米国の活力に未曾有の技術革新という息き吹きを与え、新しい21世紀への道をつくった。
今回の株価の原動力はナスダック指数で史上最高値更新で、ITバブル時に相場が80%も吹き飛び恐慌状況になったのがウソのようだ。
改めてウォール街の威力を世界の投資家に大きな前向きの自信を植え付けた。

トランプ大統領も動き出し、今週は公約の法人税減税15%を発表する。先行きの相場のお膳立てにはアニマル・スピリツツが顔をだす、米国ならではの風景である。
言葉に酔ってばかりいられない。

昨日のNY市場では人気株キャタビラー(CAT)が8%も急騰したほか、マクドナルドも8%高、最近、売られた銀行株も軒並高。今週はグーグル、マイクロソフト、アマゾン、インテルなどの人気株の決算発表がある。
円相場は111円台で安定した。
東京市場も欧米、アジアの流れに乗る環境がそろった。特に週末から始まる決算発表で意外性のある銘柄が続出しそうである。

昨日は日本新薬(4516)が業績の大幅増額修正を出した。会社はじまって以来のびっくりイベントだ。日本の薬品業界の再構築の口火を切る動きである。
日本新薬(4516)が2017年3月期の業績を大幅に増額修正した。
売上955億円→990億円(前年比+17%)
営業利益135億円→155億円(同+81%)
経常利益133億円→165億円(+84%)
当期純利益90億円→119億円(+87%)
医薬品株では希少性医薬品に特化した開発で存在感があったが、今回のような業績の急展開はこれまでなかったことで、日本の医薬品企業の世界での存在感を誇示した。これまで同じ関西の医薬品企業で小野薬品のように、世界的な企業に躍り出たケースはあったが、京都を本拠地として地道に特殊な分野で成長したケースは初めてである。
先に日経新聞が営業利益155億円の増額修正は報じていたが、今回の増額修正の原動力になったのは肺動脈性肺高血圧症治療薬とあまり耳にしない医薬品が国内だけでなく、欧米でも販売がはじまったことが原動力になった。経常利益率も16.6%と業界でのトップクラスの塩野義製薬、小野薬品のあとを追う。この医薬品は専門性の高い治療薬で、医師の国家試験の問題にも出たと親しい医師から聞いたことがある。
今後は独自の製品が続く可能性があり、成長株として見直しが続くだろう。
われわれの長年の注目銘柄である。塩野義製薬と並ぶ人気を続けるだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりにソニーに存在感

2017-04-25 06:45:07 | 投資戦略
朝、PCの前に陣取ってNY株の動向をみるとき、まずNY株の個別銘柄の動きをチェックするのはアップル(AAPL),アマゾン(AMZN),テスラ(TSLA),グーグル(GOOG),フェイスブック(FB)、バークシア・ハザウェイ(BRKA)である。NYダウ平均の動きをみるよりも、自分の運用資産の動向を的確につかめるからだ。これがここ数ヵ月の習慣である。
日本株は前日の立会いを追跡しているので、個別銘柄でなくPCの10画面を追跡すれば全体の動きがつかめる。約400銘柄余の動きが瞬時に把握できる。

東京市場とウォール街を比較していて痛感するのは、日本にはここに上げた米国株のようなシンボル的な銘柄が欠如していることだ。
表現を代えるなら日本株の代表銘柄がなかなか定着せず、人気銘柄がひんぱんに変わる。

全体で10兆円以上の銘柄に投資しているバフェットは金融株の動きをみていると、時価総額40兆円の自社株バークシア・ハザウェイの価値が感覚的に把握できる。
最近の東京市場では、このように運用資産の安定的な主力株を固定することが難しい。目まぐるしく市場の主柱が変化するからだ。
外人投資家が日本株のポートフォリオを組むのに苦労するのは理解できる。
最近の市場での売買代金のトップはETF(上場投信)のNF日経レバレッジ)が常連になった。投資家が個別の銘柄で運用するより指数での売買を選ぶ習慣が自然に身についてしまった。
これは大げさにいえば日本株投資の悲劇でもある。
本来なら最近の任天堂(7974)のような銘柄が売買代金トップ10に顔を揃えなければならない。この事実は日本経済が将来の方向性を探りながら苦闘する姿でもある。いつまでも現在の状況が続くことはないはずだ。

本日の「トリトンブログ」は理屈が先行する始末になった。
悲観的な話でなく、昨日の相場をみていると久しぶりに任天堂、ソフトバンク、ソニー、三菱UFJが売買代金のトップ5に顔を出したことに注目したからだ。
このような内容の相場が今後も続くのが日本株の存在感を世界に示す大きなかぎになる。

本日はソニー(6758)に注目をはじめる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仏の総選挙は混沌・・・IBM安がバフェットに影響

2017-04-24 06:28:55 | 投資戦略
日曜日に行われた仏大統領選の結果が混沌としている。
中道派のマクロン(元経済産業相)とルペン党首(極右国民戦線)の一騎打ちになったが、過半数を制する候補が出ない場合は2週間後の5月7日の決戦投票に持ち越される。
昨年、11月の米大統領選の場合と同じように国民の見方は2分している。
選挙の内容をみてユーロ相場が昨年11月以来の高値水準になった。東京市場にはプラスだ。
世界の株価への影響は米国の大統領選とは異なり、結果いかんにかかわらず大きな影響はない。

バフェットが苦闘している。
昨年11月の米大統領選後の上昇に乗り、保有株の含み益が大きく増加、バークシア・ハザウェイの株価は市場平均を大きく上回った。ポートフォリオの40%以上は金融株が占めており、銀行株の上昇が成果に大きな影響をもたらせる。トランプ相場では規制緩和と企業寄りの政策を見込んで金融株が先頭を切って上昇しバフェットの成果につながった。
しかし急騰した金融株が反動局面に入ったうえに、筆頭株主である銀行ウェルズファーゴに、この銀行には考えられないような不祥事が発生した。預金者に無断でクレジットカードの発行を行うという事件が一部の支店で発覚した。株価は15%急落した。

さらにここ2年間にわたって下値を買い続け筆頭株主になったIBMが先週、第一四半期の決算を発表したが、結果は事前の予想を下回った。誤差の範囲内程度の減額修正だがバフェットの買いが続き市場はIBMの業績底入れを読んでいた。株価は発表後には7%急落した。
バークシア・ハザウェイからはトランプ相場で積上がった含み益の一部が吹き飛んだ。
バフェットの投資人生からはめずらしいことでなく、この種の経験はいままでから味わってきたが、相場の先行きに見方が分かれているときだけに、大きな注目を集めた。
バークシア・ハザウェイは昨年11月の安値から26%も急騰したが、今回は8%の下落になった。
「出来すぎた成果の一部が剥ぎ取られただけ」という心境だが、バフェット・フアンには打撃を与えた。
フアンの一人として、バフェットの次の一手を見守りたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

下値固まる・・・物色株を考える

2017-04-22 09:49:42 | 投資戦略
相場に影響を与える材料もなく相場3指数とも小幅安で終わった。
関心は日曜日に行われる第1回目の仏大統領選だが、昨年夏の英国でのEU離脱時のような関心はない。
NY市場の中味もコンピュータを除く全業種の株が下落したが、特に弱気人気が台頭したわけでもなく、目先の材料はこれまで進めてきたムニューチン財務相が立案中の減税策が控えているだけに、先行きには慎重論は無用である。
トランプ政権が始まっていらい新政権が計画した新政策は難民の入国制限ぐらいのもので、目玉の公共投資の大幅拡大、思い切った所得税減税の作業が進行中である。

米国では今週から第1四半期の決算の発表がはじまったが、先陣を切った銀行の決算はまちまちの反応。ダウ採用銘柄ではゴールドマン・サックスの業績悪化発表が相場全体の足を引っ張ったが、他のダウ銘柄でほかに目だったのはIBMの減収・減益決算で株価が大幅に売られた。
米国を代表する象徴的な存在感のある株だけに、市場の人気には暗い影を落とした。

昨日の東京市場の人気は横に大きく広がった。引き続きテーマの不在の相場で、あえて取り上げるなら消費関連である。われわれの関心事も知らず知らずの間に分析対象の銘柄は消費関連に向かう。
そのような地合いのなかで本日の日経新聞には日本新薬(4516)、ソニー(6758)の増額修正の記事が掲載された。業績相場展開を暗示させる記事である。この種の見直し人気が来週からは始まるだろう。
日本新薬は株式分割でもあれば株価の居どころは大きく変わる時期にきている。
小野薬品(4528)のように株主の声を無視して不人気株に脱落したような行動を経営陣は取るべきでない。コーポーレートガバナンスの優れていることを示すチャンスでもある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トランプ相場が戻るか?

2017-04-21 07:43:55 | 投資戦略
世界の株価の雰囲気は一変した。アジアでは注目の香港株が急騰し、その人気が総選挙を控えたフランスに飛び、NY市場に移りナスダック指数の上昇が目を引き1%近い上昇になった。
ウォール街では雇用市場が好調で失業保険申請件数が大きく減少した。
先頭をきって上昇したのは主柱の銀行株でバフェットが大株主であるウェルズファーゴが急騰し、銀行株指数が+1.98%と急騰した。バイオ、医薬品、製造業、コンピュータなど、最近の人気株も軒並高で、投資家の心理が大きく好転した。
今週の前半にももたついた金融株では決算数字の悪化で売られたゴールドマン・サックスも急反騰した。バフェット銘柄であるウェルファーゴ、JPモルガン(個人勘定で大量投資)も上昇した。バフェットのバークシア・ハザウェイの投資部門の40%を占める金融株の人気化は、市場の空気を一変させる。東京市場を中心に運用する日本人投資家にはちょっと考えられない市場人気の内容である。
最近、もたついてきた主な銘柄の動きをみるとアメリカン・エクスプレス+5.92%、アップル+1.25%、アマゾン+2.86%、フエィスブック+1.53%、GS+1.85%と軒並高。トランプ相場の反撃が始まった感を受ける。

NY市場での金融のような存在感のある業種が欠如しているのが東京市場である。一時期はハイテク関連が主軸のひとつで、ソニーのほか、トヨタ自、パナソニックように世界でも存在感のある銘柄が外人の間で評価されたが、現在は不在。ウォール街ではアップル、グーグル、フエィスブック、アマゾンのほか、バフェットが主力の投資対象にする金融株が主座を占め、次代の成長業種であるバイオ関連もある。

最近の東京市場でひとり気を吐くのが任天堂(7974)である。連日、売買代金のビッグ3位以内を占める。しかし任天堂だけでは日本株の存在感を誇示するにはさびしい。今後の日本の産業界の将来の問題があるといえる。

毎日、東京市場の渦中にはいっていると、この種の問題意識を忘れがちだが、無視するわけにはいかない重要な点である。
知らず知らずのうちに、PCの相場画面のなかで、最近は存在感を大きく高めるのが消費関連である。企業の決算説明会に顔を出す回数が最近はめっきり増えた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加