足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

ヘッジファンドの大物が医薬品に注力

2014-02-28 07:38:33 | 株式

 NY株は堅調な地合いである。

 昨日の最大の関心事はイエーレン連銀議長の議会証言で、悪天候のために延期されていたが、内容はバーナンキ路線の踏襲を強調し市場に安心感を与えた。

 S&P5001854.29と節目の1850ポイントを上回り、相場の基調が上昇トレンドであることが確認できた。

 相場の中味をみるとナスダック指数の上昇率が目立ち市場の関心事はハイテク株指向である。2000年以来、出遅れていたナスダック指数の復調を示す。

 先にヘッジファンドのドラッケンミラーの最近のポートフォリオを紹介したが、医薬品のブリストル・マイヤーズ(BMY)、アストラ・ゼネカ(AZN,テバ(TEVA)を買っている。

 興味を持ったのは同じ医薬品株にソロス、レオン・クーパーマンも投資したことだ。

 ウォール街では本年の有望分野としてヘルスケアで一致しているが、ヘッジファンドの大御所のソロス、クーパーマンがドラッケンミラーと同じ銘柄に投資をしたことである。ドラッケンミラーとはどのような繋がりがあるのかは分からないが、この世界では銘柄選択の面で連携があるのに引きつけられる。

 小野薬品(4528)がブリストル・マイヤーズと次世代のがん治療薬の分野で共同開発をおこなっているのに注目してきたが、ウォール街ではブリストル・マイヤーズの人気が感じているより高いのには元気づけられる。

 またジェネリック分野の世界での第一人者テバ(TEBA)の人気の高さには改めて関心がそそられた。東京市場での銘柄選択の参考にしたい。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バフェットもハイテクの大株主

2014-02-27 07:50:41 | 株式

ヘッジファンドが投資しているビッグ5はアップル(APPL),マイクロソフト(MSFT),グーグル(GOOG),フェイスブック(FB),クワルコム(QCOM)である。

いずれもハイテクで時価総額の大きい銘柄をを選択している。先にソロスの元でカンタム・ファンドの運用を取り仕切ってきたドラッケンミラー(現在は自己資金でヘッジファンドを運用)は2014年の有望分野の第1位にハイテクを上げている。ここに並べた5銘柄には全くサプライズはないが、今年はこの種の銘柄が相場のリード役になりそうだ。

ソロスはフェイスブックの公開後にポジションを取り持ち株を増やし成功している。

ハイテクを並べてみて思い出すのはウォーレン・バフェットのIBMへの投資で、長年、「ハイテクには投資しない」と背を向けてきたが、IBMがポートフォリオのビッグ3にはいった。バフェットは「IBMはビジネスの内容よりも資産内容と、手元の豊かな資金を自社株買いに充てウォール街ではもっとも株主にフレンドリーな企業だ」と投資の理由を説明している。結果としてはハイテクに注目し始めたといえる。

ハイテク業界は技術革新の渦中にはいってきた。新しいIT革命がしずかに進行中で、最近はフェイスブックが2兆円近い資金を投じてワッツアップを傘下に収めた。独自で技術革命を乗り切ることに限界を感じたのだろうか。

ソフトバンクがアプリのラインの買収に動くのも当然の成り行きで資金調達力が飛躍的に改善され、これまでの成長戦略とは違ったM&Aに乗り出してきたのも、フェイスブックの行動に影響を受けたともみられる。

ヘッジファンドがハイテクに傾斜するのも理解できる。

われわれは注目株としてリゾートトラスト(4681)に注目している。米国でのウィンダムリゾート(WYN)への人気がヒントである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テスラモーターズ(TSLA)が急騰・・・新技術革新の足音

2014-02-26 07:50:09 | 株式

 NY株は小休止。前日、S&P500が新高値を更新しただけに当然のコースである。

 この日の最大の話題はテスラモーターズ(TSLA)だ。世界初の電気自動車の専業メーカーである。20106月に$17で公開したが、昨年初めまでは目立った存在でなかった。しかし昨年初めから上昇し人気を集めはじめ昨日は1日で+13.94%高になった。材料は電気自動車の心臓部であるリチウム電池の生産工場の建設に乗り出すというニュースだ。パナソニックと組んで米国内に世界最大の電池工場を建設という材料が株価を押上げた。本日の日経新聞でもトップ記事で報道され1000億円を投じて現在の世界のリチウム電池の生産量に匹敵する工場を建設する。テスラモーターズは南ア出身のイーロン・マスクが創業したベンチャー企業。彼はITバブル時にインターネット関連企業で成功した。名門ウォートンスクールで学位をとったあと物理学を学ぶためにスタンフォード大に入学したが、時代の流れを読んでベンチャー企業をおこして資産を築いた。

 2010年の公開以来の株価は15倍になった。

 テスラモーターズの成功物語をみていると、新しい技術革新の足音がウォール街で耳にするようになってきた。やはりアメリカはすごい国という印象を新たにする。

 ウォーレン・バフェットが中国の電地企業のBYDに投資して苦渋をなめている。投資したとき「エジソンにも匹敵する経営者」とみたが、テスラという名前は20世紀初めの米国の発明家に由来する。

 最近、フェイスブックが190億ドル(19兆円)を投じてワッツアップをグループ企業にしたが、米国では新しい技術革新が進み始めたことを感じさせる。

 ソフトバンクがラインを買収する噂が昨日は東京市場でも囁かれたが、テスラモーターズ、フェイスブックの成長戦略をみていると新時代の幕開けを感じさせる。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラッケンミラーのポートフォリオ

2014-02-25 07:59:38 | 株式

 NY株は先週末の地合いから一転して好転、S&P500は一時、史上最高値(24日の高値は1858.71)を更新した。

 景気指標は12月、1月の天候不順で停滞が散見されるが、昨年第4四半期の企業々績の好調が続き投資家の弱気心理を克服した。

 ヘッジファンドのドラッケンミラーのポートフォリオが明らかになった。ソロスの元で1992年のポンド投機でイングランド銀行と大一番の勝負を仕掛けて勝利した立役者だ。ソロスと同じように自己資金だけでヘッジファンドを組成し運用しているが、市場の注目度は高い。「彼が受けてくれる躊躇せず運用を任せたい」というのが大手投資銀行の評価だ。

 昨年末のポートフォリオで目立つのはヘルスケア関連株への傾倒で、ブリストル・マイヤーズ(BMY)とアストラゼネカ(AZN)のポジションを新しく取ったが、他にはジョンソン&ジョンソン(JNJ)とテバ・ファーマシュティカル(TEVA)のポジションを増やした。医薬品株への傾倒が目立つ。

 ほかにハイテク株にも力をいれ、グーグル(GOOG)の持ち株比率を増やした。ヘッジファンドの間ではアップル(AAPL に次ぐ人気銘柄である。ほかにアマゾン(AMZN)の持ち株が上位を占める。

 ウォール街ではことしの人気テーマはヘルスケア、ハイテク、エネルギーで一致しているが、ドラッケンミラーのポートフォオでも、これら3業種が主力を占める。

 医薬品株ではブリストルマイヤーズ、テバにはケン・グリフィン、ソロスも同調している。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週はイェーレン連銀議長が上院で証言

2014-02-24 07:59:03 | 株式

 今週のウォール街での注目点は2つ。

 S&P500がこれまでの高値を更新するかどうか。

 先週は1836ポイントで終わり1週間前の1838ポイントをわずか下回った。引け値ベースでの最高値は115日の1848.38ポイントである。昨年末に1848.36ポイントをつけているので、1848ポイントで2度にわたり立ち往生してきた。25日、50日、100日移動平均に対してはすでにゴールデンクロスをしており、上昇トレンドにあるが、1850ポイントが上値の抵抗線である。

 先週来の市場のセンチメントでは1850ポイントを抜くのは時間の問題とみられている。

 今週は木曜日にイェーレン連銀議長の上院での初の議会証言がある。2週間前には下院で証言を行ったが、バーナンキ議長の量的緩和策を踏襲することを強調しハト派であることを強調し、市場は好感した。

 ウォール街で注目が集まっているのが電気自動車テスラ(TSLA)である。20106月に$17で公開され、先週末は$209.60で終わった。3年半で株価は12倍になった。先週は第4四半期の決算を発表で市場の予想を上回った。決算発表では、これまで外部から調達していたバッテリーの自社での生産に言及した。工場は現在の全世界の生産量に匹敵する生産能力を持つ規模にする。米国での燃費効力の向上のルールをクリアーするための戦略である。

 この計画をみて感じたのは自動車業界が大きく変革しようとしていることで、エレクトロニクス化が大きく前進しようとしている。

 バッテリー工場は日本のパナソニック(6752)と組んで米国内で建設することが注目点。日本のハイテク技術が新しい分野で開花する。東京市場での新しい人気テーマが出現する。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加