足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

サンタは一服

2015-12-19 08:38:13 | 株式
NYダウ平均は367ドルと大幅安。ダウ採用銘柄はキャタビラー(CAT)を除き29銘柄が下落した。ボーング(BA)が-4.11%、アップル(AAPL)は2.71%。
先週末のダウ平均は17,265ドルであったが、この日は17,128ドルで引けた。
米連銀が7年振り利上げに踏み切ったが、むしろ先行きに不透明感が消えたことを好感して利上げ後は200ドル以上もあがった。
この日の相場の下落で注目されたのは先物、オプション、個別銘柄の決済日に当たったことで、相場の地合いが悪い時は下げに拍車をかける。

勢いよくウォール街を目指してきたサンタクロースが一服した。

日銀の政策会合では一段の緩和策とみられる部分もあったが、問題はかつてのような「緩和策の選択肢はいくらでもある」という黒田総裁の元気のよい声は消えた。最大の目標である消費者物価2%の達成式が見えず、苦闘している模様がありありとわかる。
相場のふらつきはだれのせいでもない。
「目先のことはだれにもわからない」という相場の神様ウォーレン・バフェットの言葉が再び脳裏によみがえる。

掉尾の一振はどこかえいったのか?
現在の相場は1週間前の日経平均19,130円に対して18,986円と週間で下落した。
テクニカル指標(日経平均)をみると25日移動平均の乖離率は-2.18%→-2.80%、騰落指数(25日移動平均)は102.33%→86.46%と好転している。
先週の「トリトンスケア通信」で注目した2銘柄(医薬品、新興市場株)を狙う方針でいきたい。
短期、長期とも狙える銘柄だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NY株に安定化・・・連銀の政策を好感

2014-12-18 06:34:20 | 株式
米連銀の2日間にわたるFOMCが終了し、声明文が「かなりの時間の現状維持」から「引き締め開始は我慢する」に変化したが、現状維持という見方と解釈し株価は反騰した。
市場は「利上げのペース」を軟化させたと微妙な変化を読み取り、ハト派寄りの見解を好感した。
イエレン連銀議長と市場の間には心理的なかけ引きは続くが、どこまでも市場の動きに配慮した政策に安心感が表面化した。
物価動向についての連銀の見方は「落ち着き」とみて堅調な雇用増のトレンドを確認した。世界の投資家が気にするロシアにまったく言及されなかった。
金利目標は2016年に2.87%というのを2.50%に引き下げた。イエレン議長のブレない政策に信頼感が高まった。
懸念されていたロシア問題だが中央銀行が動いた。これまで通貨ルーブルが46%暴落し、1998年のロシア危機の再来を想起する向きもあったが、銀行に流動性を供給する対策が動き市場の混乱は沈静化してきた。
現在のロシア経済は1998年当時に比べ国力が安定化し海外からの債務にも問題はない。当時はアジアにも金融危機があり、日本も足元がふらついていたが、現在の世界は米国の国力が回復し世界を安定化させる余裕が出てきた。
S&P500は+2.1%と2013年10月以来の上昇率。小型株指数ラッセル2000は+3.7%と3年ぶりの上昇率だ。ロシア問題に配慮した連銀の政策コメントとみた投資家が出動した。世界の中央銀行としての言動が市場の自信を呼び起こした。


NY株は高値から4.6%下落したが市場では10月のように目先、底入れの人気が伺える。
ドル相場が落ち着きを取り戻し円相場もNY市場では118円台に下落した。
東京市場も年末にかけて再び戻り相場に復帰するだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新規公開株の投資戦略

2014-12-17 06:04:10 | 株式
今月のIPO(新規公開)は15日(月)のテクノプロ(6028)で始まったが、本格的には昨日の5銘柄の公開が事実上のスタートだ。
15日のテクノプロは公開値1950円に対して当日の引けは1915円と不発に終わった。2日目も+13円高と人気はなかった。
さて関心の昨日だが人気の筆頭は予想通りメディカル・データ・ビジョン(3902)に人気が集まった。病院、その他医療機関、製薬企業からビッグデータを集め患者の治療費を1日当たりの包括評価で決めるシステム関連。治療費の合理化の決め手を提案するニュービジネス。富士フイルムが大株主というのも人気が出る理由になった。
2番目に上昇したのはU-NEXT(9418)で吸収資金が46億円と大きくIPO価格3,000円に対して初値は3,650円と穏健な株価であったが引けは+55%の4,650円買いとストップ高で引けた。われわれの理論株価が5,700円であり割安であったが、合理性が人気に反映された。米国では先輩企業にネットフレックス(NFLX)という超人気株がありヘッジファンドの間で人気のある株だ。
市場からの吸収資金が7億円と少ない鍼灸接骨院チエーンのアトラ(6029)はIPO価格740円に対して+36%の1,013円で引けた。小泉政権下の規制緩和が生んだ業界だが世間でも認知された第一号である。
マークラインズ(3901)は公開価格1,980円に対して3,510円で寄り、引けは2,810円(+41%)で売り気配で終わったのは意外であった。世界の自動車メーカーや部品メーカーなどにプラットフォーム関連の製品情報を提供するインターネット関連で、会員数は1,700社を超え14万人が利用する。欧米、中国、韓国、タイなども海外顧客が39%を占める国際企業である。業種は異なるがMonotaRO(3064),エムスリー(2413)のビジネスモデルを想起させる。押し目は絶好の買いとみる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

IPO市場に本命が登場

2014-12-16 06:40:46 | 株式
NY市場の焦点は石油価格に絞られてきた。$55と5年ぶりの安値である。
これまで相場が下落すると必ずOPEC総会が開催され価格変動に介入してきたが、今回はこの常識が崩れたことで大きな不安感が巻きおこった。これまではOPECの盟主であるサウジアラビアがリーダー役になり相場の安定に乗りだしたが、相場の世界の勢力図が多様化し、相場の方向性をひとつにまとめるという常識が崩れた。
これまで石油関連株に投資してきた投資家にとっては大きな誤算で、こんなにもろくも秩序が崩壊するとはだれも読み切れなかった。この逆オイルショックの打撃は日本人には実感としてつかみがたい。
救いは米国景気が金融緩和の出口論が議論されるほどの余裕が出てきたことと、日本経済が回復基調の方向性を確かなものにしてきたことだ。
2014年の相場もあと2週間。年内は勝負があったというところか。
残るのは新興市場のフアンにとって今月は後半に入って27社の新規公開が押し寄せることだ。先週後半には5社が出たがテクノプロ(6028)以外はいずれもIPO価格を大きく上回った。
これからがIPO人気の本番で本日は本命のマークラインズ(3901)、メディカル・データ・ビジョン(7902)が出る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日米とも調整は当然

2014-12-13 07:23:43 | 株式
NY株は10月初め以来の大幅な下落になった。その後、市場は極端な悲観ムードになった。
今回の悪材料の引き金は原油価格の下落で$60台を割れても下げ止まりの兆しはないことだ。
10月の調整はウクライナ、中東でのISIS、エボラが悪材料であったが、今回は原油暴落がマイナス材料視されはじめた。世界経済の先行きの不透明感を気にしはじめた。
はキャタビラ(CAT),デュポン(DD)など典型的な景気循環株が下げの先導になった。
ただ総悲観人気でなく「これで2015年への相場の発射台が安定」という見方も出ている。
市場が急に弱気人気に傾いているのはCNNMoneyの「Fear&Greed」(恐怖&貪欲)指数が37と1週間前の60から急降下したのをみてもわかる。
クリスマスを前にして調整局面いりは皮肉な現象だが、日米とも救いは景気の基調が上方にあることだ。日米の景気の先行きには問題はない。
東京市場はNY株に先駆けて調整局面いりしていた。テクニカル指標の騰落指数、25日移動平均の過熱感が解消に向かい始めていただけに、しばらくの足踏みは当然である。
今週後半から始まったIPO(新規公開)人気は好調な始まりだが、例外はあるものの選別買いが出始めている。今月後半のIPO銘柄は玉石混交だが、なかには久しぶりにキラリと光る銘柄も散見される。特にインターネット関連に魅力のある銘柄が登場する。この種の銘柄に人気が集中するだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加