足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

買いのタイミング到来

2017-02-28 06:09:50 | 投資戦略
NY株は12日間の上昇。警戒感をともないながらも日増しに強気が増える。
イエーレン連銀議長は「財政政策、企業業績の回復、アニマルスピリッツ台頭、企業寄りの政策、規制緩和など材料が多い」とコメントしている。歴代の連銀議長と異なり、現状を冷静に分析する。NYダウ平均は12日間の連騰で25年ぶりの強気相場の展開である。
3月には第1四半期の業績の見直しがでるが、基調は強い。
トランプ大統領は得意のツイートで“数十年ぶりの株価上昇、確信と楽観に減税が加わる”とコメントする。
今回の大統領選後の上昇相場にいち早く乗ったウォーレン・バフェットも現実主義者だ。昨年末からポートフォリオの一部を入れ替えアップル、空輸株など、これまでの投資哲学からは考えられない一連の銘柄に大量投資した。
機を見るに敏なヘッジファンドもその動きに追随するあたりさすがである。選挙後は慎重論を通していたヘッジファンドの雄デビッド・テッパー(アパルーザ・マネジメント)がCNBC出演し「今回は株も債券も買われる相場だ。米国景気の好調が日本多ヨーロッパにも波及し世界的な好景気になりそう」と昨年の慎重論を一掃した。

東京市場が出遅れてきた。円相場上昇を気にした内外の機関投資家の気迷いからだが、米国と同じように企業業績の好調が先行きの大きな材料になる。
個々の銘柄の25日移動平均は底値圏を暗示した。

25日移動平均との乖離率は次の通り。
NFレバ日経平均-0.86%,カルビー+3.8%、明治H+5.0%,塩野義-0.47%、そ-せい-0.65%、エムスリー+3.2%、コーセ+1.0%、小松-4.66%、ダイキン-4.4%、ソニー-1.7%、メガチップ-5.9%、ファナック-1.01%、ローム-2.06%、トヨタ自-1.4%。富士重工業-4.4%、三菱UFJ-1.3%、ソフトバンク-3.3%
どれをみても投資魅力のある数字である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バフェツトが年次報告書を発表・・・ 株で儲けるには?

2017-02-27 06:25:11 | 投資戦略
バフェットが2016年の株主向け報告書(letter)を公表した。
まず、報告書では株式投資ではプロでない投資家はヘッジファンドなどを選ばず、インデック運用を選択することを具体的なデータを取り上げて再度、強調した。
過去9年間(2008年~2016年)にわたりS&P500と著名なヘッジファンドの成果を比較した。
ファンドの具体的な名前は公表していないが5社を選び8年間の年平均の成果を比較表を掲載した。S&P500のインデックス・ファンドは+7.1%、ヘッジファンドは+2.2%であった。比較の基点を2008年のリーマンショック時にしている。
過去5年間のバフェットの成果は2012年+16.8%、2013年+32.7%、20014年+27.0%、2015年-12.5%、2016年+23.4%の推移であった。
またバークシア・ハザウエィの1965年~2016年の成果は+20.8%で、S&P500の+9.7%を大きく上回った。
バークシアの株価の成果は1株当たり純資産を上回り長期間の保有では市場平均に100倍以上の成果をもたらした。
一般には投資会社のようなイメージが強いが、今回の報告書では株式運用勘定よりも、傘下の企業経営による収益寄与のほうが3倍以上の寄与率があることを強調した。
バークシア・ハザウェイの評価をみる上で常識の塗り替えが必要である。バークシア・ハザウェイへの投資を強調したい。

新年来、本欄でもときどきビットコインのことに触れてきた。
新年早々、中国勢の買いで15万円まで急騰した。この動きをみて中国の関係当局が規制に乗り出し短期間に10万円割れにになった。中国政府は、その後も規制を強化し相場はしばらく沈静化した。
トランプ登場で株価が上昇するや、ビットコイン相場も米国市場が先導し立ち直おり、先週は日本でも14万円をつけた。ウォール街が先導しての人気化である。
「ビットコインは3年ぶりの高値を記録した。証券取引委員会(SEC)がビットコインのETFを認可の方向にあることが伝わった。先週初めから大きく上昇し始めた。米国でETFが認可されるとファンドに組み入れるビットコインを新たに購入するという思惑からの先行買いである。大手の投資家が資金を注入して、取引が始まれば相場には大きな人気材料になる読みがある。
現在の観測ではSECが3月11日に認可の裁定の予定。認可後にはBATS取引所(デリバティブなど金融派生商品の取引所)での取引の予定で、売買の内容が公明化され投資家の信頼感が一段と増す。現在のビトコインをファンド形態で運用する。ファンド名はウィンクルボス(WinklevossETF)。」
このようなニュースが今回の相場の背景を説明している。
われわれも新年に入っての暴落場面から初めて投資した。11万円台であった。投資してみて人気の動きがく把握できるようなった。読者にもお勧めしたい。多少、手続きは煩雑だが1万円からでも投資が可能である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NY株が11連騰・・・日本株にはチャンス

2017-02-25 10:32:22 | 投資戦略
NY株は11連騰。ここまで上昇が続くと、トランプ相場の本質を根本的に見直す必要がある。
昨日は医薬品、バイオ、製造業、通信が買われた。これまで相場を牽引してきたエネルギー、金融は一服だ。
今週の「トリトンスクエア通信」で注目したサウスウェスト・エアラインズ(LUV)が動き始めた。バフェットが見方を180度転換した空輸株の目玉的な存在で、われわれも長年、関心をもち以前に「トリトンスクエア通信」で奨めたことがある。先週、再び投資した。

ウォール街ではVIX(恐怖)指数が低位安定している。株価の先行きに安心感高まる。一方、金利も安定し外人投資家の米国債買いが続く。
経験則ではVIX指数が安定するとは投資家の株式選好が強いことを示し、普通なら債券からから資金が流出するが、今回は国債相場も低下し債券相場は上昇した。
米国の投資家の間ではトランプ政権の経済運営に日増しに信頼感が増幅している証拠である。ドル相場が対円でも上昇するはずだが安定して動かない。政権にとっては理想的な状況が続く。トランプ政策の謎のひとつである。

NY株の上昇に比べ東京市場の基調が固まらない。本来なら2015年6月の高値の2万952円の水準を抜いてもよいはずだが、気にしているのは円相場の動向である。日経平均は昨年10月からボックス圏入りして1万9600円台の上値を抜けない。

心配はいらない。円相場がこの水準で落ち着くなら3月決算の業績は増額修正組が増加し、個々の銘柄の材料になる。本日の日経新聞で12月決算の集計が出たが、足元の消費関連企業の好調で予想を上回る結果であった。国内消費は回復に拍車が掛かっていた。やがては3月決算の業績を織り込む人気が出てくるだろう。
消費関連、ハイテクの押し目を狙いたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NY市場でアクティビストが動き出す

2017-02-24 06:07:46 | 投資戦略
NYダウ平均は10日連騰。これまでトランプ大統領登場に悲観的であったバイロン・ウィン(ブラックストーン)も「これまでのワシントン政治を一新、インフレ低下、減税が効果を出す」とこれまで現政権に対して批判的な見方を変えた。ソロスの親友で、これまでの反トランプ陣営の先鋒にあったが見方を修正し始めた感じ。
継続する株高がウォール街の見方を変え、企業業績の好調を背景に、景気の先行きにも明るさが蘇ってきたからだ。トランプ政治に足がついてきた。
ただNYダウ平均の連騰には一休みをガ必要なことは確か。

トランプ大統領当選に功績のあったアクティビストのカール・アイカーンが動き始めた。大統領選までは慎重論でクリストン候補の実現に懸念したポートフォリオをとっていたが、ここへきてアクティビスト活動をはじめた。
標的はブリストル-マイヤーズ(BMY)だ。医薬品株は新大統領の医療費削減の政策を気にして調整局面をつづけてきた数少ないセクターである。株価は大幅な調整局面を続けてきたが、買収・合併の動きが出始めそうだ。がん治療薬の第一人者のブリストル-マイヤーズに大手医薬品の目が集まりはじめた。

東京市場でも相場の反騰に取り残されたのが医薬品株である。
ブリストル-マイヤーズと縁の深い小野薬品(4528)も最近の高値から66%暴落と際立った動きをした。日本の医薬品株のリード役が沈没したのが業界全体の人気に影響してきたが、株価が不当に下落すればは世界の大手企業が買収に関心を持つはずだ。
上昇相場に取り残されてきたバイオ株にも光が当たりそうである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バフェツトの投資に誤解・・・日本のメディア

2017-02-23 07:10:48 | 投資戦略
前回のFOMCの議事録が公表され、市場では3月利上げ説が有力になってきたが相場には影響なくダウ平均は9連騰。トランプ相場の基調に変化はない。
2月28日には議会にムニューチン新財務長官が減税案を提案する。
新政権かかげる景気刺激策の第一弾である。市場では所得税、法人税の減税策に大きな関心が集まる。実質的なトランプ経済対策の船出である。歴代のどの政権よりもスピード感のある政策遂行だ。年初来、ダウ平均は1月+1.8%、2月+3.8%上昇し+5.1%になった。1945年以来1~2月の相場が上がった年は27回みられるが、その年は例外なく株価は上昇した。
トランプ相場の先行きをみる上では心強いサインである。

NY株の好調な雰囲気に比べ東京市場にはいまひとつ元気がみられない。日経平均はNY株の動きに追随するが、相場展開には勢いが感じられない。NY株を追って元気のあるのは金融株ぐらいで、日本株の存在観を感じさせられるコア銘柄がみられない。
理由は円相場の方向観の気迷いでないか?年初には海外では120円説も出ていたが、その見方が消えた。現在の相場を支えるのは企業業績の回復だけに、円相場が100円になれば再び為替問題が業績に影響を与える。このことを日銀は熟知している。金融政策で為替の方向性を引き続き誘導することを期待したい。

バフェットのことが日本のメデイでもひんぱんに取り上げられる時代になった。ときどき間違った憶測の記事も散見される。
昨日のメディアでは「バークシアではバフェット氏の部下の2人が株式の短期売買を担当する。16年10~12月に保有が明らかになったアップル株もこの2人が手がけ「バフェット氏の投資」でない」と断定した。これには間違いである。
メディアは側近の考えでバフェットの介入でないとみる。これは間違った判断でこのように訂正すべきである。
「10~12月に明らかになったときは2人の部下の判断であったが、その後、バフェットが乗り出しバフェットが本格的な運用対象にいれた」というのが正しい。
最近のように断片的なニュースがウェブ上で氾濫する時代には、バフェットの動きも時系列的に克明に追跡しなければ真相は理解できない。
今週の「トリトンスクエア通信」ではバフェットのアップル買いの背景を取り上げがが、本件は3人の意見が一致して、世界最大の時価総額企業アップルの10位以内の株主に登場したことを解説した。バフェットはバークシアの社外重役のビル・ゲーツの意見も参考にしたはず(これは憶測)。アップル買いはバフェットが本腰を入れた長期投資である。
私はバフェットにコピー(提灯を点ける)することにし、アップルに投資した。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加