足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

魅力ある企業業績に注目・・・下値不安が薄れる

2017-04-29 10:13:24 | 投資戦略
ウォール街ではトランプ大統領の就任以来の相場についての記事が昨日は目立った。
今週末で就任後100日目を迎えるが相場の環境は選挙前に比べ大きく変わり、第2次大戦後ではケネディ、ジョージ・ブシュの両大統領に続く第3番目の上昇率を記録しいままで+14.22%。
大統領選までのボックス圏相場を抜け出し、下値の固い上昇相場にはいった。

依然として支持率は最悪だが、ウォール街の新大統領についての見方が大きく変わった。
新政策の発信では大きな柱で目を引く政策は皆無だが、減税、公共投資拡大と進行中の景気刺激策への期待観は強い。相変わらず世論のほかジャーナリズムの間での評価は2分されている。
投資家にとっては、世界の株価の動向をにぎる米国株の好調がトランプ大統領の最大の贈り物である。相場の人気で際立ったのは金融株でゴールドマン・サックス、バンク・オブ・アメリカが市場の牽引役として30%以上がり、NYダウ平均は1万9000ドル→2万ドル→2万1000ドルと着実に数字の節目を突破し続けている。
トランプ支持者は内外の政策についてきわめて理解しやすい内容に共鳴し、足元の景気回復の追い風もあって、先行きに決定的な問題点はみられない。
昨日のNY株はこれまでトランプ相場の主役であった銀行株は下落したが、代わってバイオ、コンピュータ、ハイテク株が高い。最近の典型的な相場展開で、相場への影響力の大きい金融株の着実な上昇はリーマンショック後の相場展開を彷彿とさせる。
米国の第1四半期のGDPが+0.7%と事前のロイターのコンセンサス予想+1.2%を下回ったが、「季節的な要因」と気にしない。

東京市場でも決算発表の好調な実績が個別銘柄の人気を押し上げる。
週末、第1四半期の決算を発表したMonotaRO(3064)に注目。引き続き成長に拍車がかかっており、昨年6月の高値4,025円(昨日の引値3,625円)を目先の目標にして投資を考えたい。われわれの有望銘柄15選のひとつである。業績見通しを変えなかったが、昨年と同じように期を追って増額修正されるコースは不変だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

任天堂関連に投資

2017-04-28 05:37:44 | 投資戦略
NY株は横ばい。下値には押し目買い人気が強い。背景には2017年3月第1四半期の好調な企業業績の発表がある。この日はアップル、マイクロソフト、シスコ、グーグル、オラクルが注目された。来週かけて決算発表は佳境にはいる。トランプ政策が経営者心理にどのように反映してきたが読める。

東京市場でも決算発表が米国を追いかける。焦点は円相場の動向で、現在の円相場110円台が続けば本格的な業績相場いりは確実だ。
東京市場でもハイライトは下元で始まった決算発表。

われわれの注目株(目下は売買代金ベースでは最大の資金を引き付けている)の任天堂(7974)が昨日の決算発表に続き、本日、アナリストとのミーティング。
「現在のミスター日本株は?」の質問をぶつけたら、現下の市場ではかつてのソニー(6758)に代わって第一に上げられる。
PERは任天堂43倍、ソニー(6758)45倍、キャノン(7751)29倍、トヨタ自(7203)11倍、三菱UFJ(7751)11倍である。年初来の上昇率は任天堂+11%、ソニー+14%だ。

超人気のあかしは連日にわたって東京市場での売買代金がトップ3に入っていることである。株価人気は長期的サイクルから勢いのある動きには異存はない。新製品人気を一身に担うのは、世界では初めての新技術とアイディアを盛り込んだ新製品のおかげである。
3月に販売した据え置き型ゲーム「スイッチ」200万台の新製品は販売では瞬間蒸発し、目下のところ入手不可能だ。

当面は6月のロサンゼルスの世界ゲームの祭典では「セルダの伝説」「マリオカート」に続く新ソフトのほか、品不足のスイッチ本体も増産して市場に出回る計画である。
昨日、発表された決算で純益が1026億円と事前のコンセンサス予想936億円をやや上回った。最近の円安を背景にした他のハイテク企業の予想と実績との乖離からするといまひとつの感があり、市場ではこの数字では満足しない。見通しに慎重なのはいつものことだ。しかし同社の上昇サイクルは中期的には確実に追い風に乗り、2018年3月期はどれだけの増産ができるかが株価の最大のカギである。
昨年夏のスマホゲーム「ポケモンGO」が火をつけ株価が3万円台をつけた。その再現は時間の問題である。本日のアナリストのミーティングではどのような材料をアナリストが引っ張り出すかに関心を持ちたい。
株価の買いやすいメガチップス(6874)、ホシデン(6804)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トランプ2.0相場に兆し

2017-04-27 05:59:00 | 投資戦略
“トランプ相場2.0”が始動した。

先の難民問題のトランプ議論は棚上げされたが、今後の政策運営へのギクシャクが気にされるぐらいで、側近にベテランで囲めた政策運営は急がず人気取りだけに焦点を絞る必要はない。

トランプ大統領は米国シンボル的な大都市NYをつくりあげた数々成功体験をもっと高く評価すべきで、歴代のどのビジネス寄りの大統領より、計り知れない底力もつ。
米国が病む1970年代のNYマハタンで下宿して米国生活を体験した。そのごのトランプの実用家の活躍の実績を知り、NYのことを隅から隅までこの肌身で感じられるのは幸せだ。

日米とも決算発表ははじまった。景気は回復の一端をつかんだだけだが、金融危機崩壊後のどの局面より、日本企業の成長期の基盤が強くなった。
歴史上、相場の世界で最大の投機バブルは17世紀のオランダのシューリップ投機と2000年のインターネット・バブルであった。
先週、ナスダック指数が史上最高値を記録した。
この一連の相場を、今後の日経平均の先行き予測に適用するにはリスクがあるか?わたくしは、そのようには思わなくなってきた。
アメリカ株の足跡がそのまま利用できるようになってきたからだ
最近、注目している新世界は中国、インド、フィリピン、ベトナム、台湾のほか、ラテンアメリカ、南ア、中央アジアである。これらの国々との溝が埋まってきた。
世界株投資で7~8年で2倍増を狙うプランを考えた。

今週の日本株はオムロン(6645)に注目をはじめた。詳しくは後日に記事にする予定。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界株のエンジン全開

2017-04-26 06:26:30 | 投資戦略

世界の株価はエンジンが全開、アジアに始まった買い人気はヨーロッパに波及し、NY市場も2日間にわたってダウ平均が200ドル以上の上昇になった。
ITバブル崩壊でナスダック指数は80%も暴落しハイテク王国の米国の先行きに大きな懸念が漂ったこともあったが、女神は米国の活力に未曾有の技術革新という息き吹きを与え、新しい21世紀への道をつくった。
今回の株価の原動力はナスダック指数で史上最高値更新で、ITバブル時に相場が80%も吹き飛び恐慌状況になったのがウソのようだ。
改めてウォール街の威力を世界の投資家に大きな前向きの自信を植え付けた。

トランプ大統領も動き出し、今週は公約の法人税減税15%を発表する。先行きの相場のお膳立てにはアニマル・スピリツツが顔をだす、米国ならではの風景である。
言葉に酔ってばかりいられない。

昨日のNY市場では人気株キャタビラー(CAT)が8%も急騰したほか、マクドナルドも8%高、最近、売られた銀行株も軒並高。今週はグーグル、マイクロソフト、アマゾン、インテルなどの人気株の決算発表がある。
円相場は111円台で安定した。
東京市場も欧米、アジアの流れに乗る環境がそろった。特に週末から始まる決算発表で意外性のある銘柄が続出しそうである。

昨日は日本新薬(4516)が業績の大幅増額修正を出した。会社はじまって以来のびっくりイベントだ。日本の薬品業界の再構築の口火を切る動きである。
日本新薬(4516)が2017年3月期の業績を大幅に増額修正した。
売上955億円→990億円(前年比+17%)
営業利益135億円→155億円(同+81%)
経常利益133億円→165億円(+84%)
当期純利益90億円→119億円(+87%)
医薬品株では希少性医薬品に特化した開発で存在感があったが、今回のような業績の急展開はこれまでなかったことで、日本の医薬品企業の世界での存在感を誇示した。これまで同じ関西の医薬品企業で小野薬品のように、世界的な企業に躍り出たケースはあったが、京都を本拠地として地道に特殊な分野で成長したケースは初めてである。
先に日経新聞が営業利益155億円の増額修正は報じていたが、今回の増額修正の原動力になったのは肺動脈性肺高血圧症治療薬とあまり耳にしない医薬品が国内だけでなく、欧米でも販売がはじまったことが原動力になった。経常利益率も16.6%と業界でのトップクラスの塩野義製薬、小野薬品のあとを追う。この医薬品は専門性の高い治療薬で、医師の国家試験の問題にも出たと親しい医師から聞いたことがある。
今後は独自の製品が続く可能性があり、成長株として見直しが続くだろう。
われわれの長年の注目銘柄である。塩野義製薬と並ぶ人気を続けるだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりにソニーに存在感

2017-04-25 06:45:07 | 投資戦略
朝、PCの前に陣取ってNY株の動向をみるとき、まずNY株の個別銘柄の動きをチェックするのはアップル(AAPL),アマゾン(AMZN),テスラ(TSLA),グーグル(GOOG),フェイスブック(FB)、バークシア・ハザウェイ(BRKA)である。NYダウ平均の動きをみるよりも、自分の運用資産の動向を的確につかめるからだ。これがここ数ヵ月の習慣である。
日本株は前日の立会いを追跡しているので、個別銘柄でなくPCの10画面を追跡すれば全体の動きがつかめる。約400銘柄余の動きが瞬時に把握できる。

東京市場とウォール街を比較していて痛感するのは、日本にはここに上げた米国株のようなシンボル的な銘柄が欠如していることだ。
表現を代えるなら日本株の代表銘柄がなかなか定着せず、人気銘柄がひんぱんに変わる。

全体で10兆円以上の銘柄に投資しているバフェットは金融株の動きをみていると、時価総額40兆円の自社株バークシア・ハザウェイの価値が感覚的に把握できる。
最近の東京市場では、このように運用資産の安定的な主力株を固定することが難しい。目まぐるしく市場の主柱が変化するからだ。
外人投資家が日本株のポートフォリオを組むのに苦労するのは理解できる。
最近の市場での売買代金のトップはETF(上場投信)のNF日経レバレッジ)が常連になった。投資家が個別の銘柄で運用するより指数での売買を選ぶ習慣が自然に身についてしまった。
これは大げさにいえば日本株投資の悲劇でもある。
本来なら最近の任天堂(7974)のような銘柄が売買代金トップ10に顔を揃えなければならない。この事実は日本経済が将来の方向性を探りながら苦闘する姿でもある。いつまでも現在の状況が続くことはないはずだ。

本日の「トリトンブログ」は理屈が先行する始末になった。
悲観的な話でなく、昨日の相場をみていると久しぶりに任天堂、ソフトバンク、ソニー、三菱UFJが売買代金のトップ5に顔を出したことに注目したからだ。
このような内容の相場が今後も続くのが日本株の存在感を世界に示す大きなかぎになる。

本日はソニー(6758)に注目をはじめる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加