足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

新興国株の投資を考える

2007-08-31 09:03:30 | インポート

昨日の相場の戻りをみていも東京市場の元気のなさが目立った。

外人投資家が市場の60%以上を支配し、2003年以来の上昇相場での主役の一人になった個人投資家に元気が全くみられないからだ。

昨日のアジア市場の上昇率は東京市場をはるかに凌駕した。特に香港、中国、台湾が好調でアジアの人気の中心は完全に中華圏に移っている。この地域の市場の元気のよさは経済のファンダメンタルも去ることながら、国内の個人投資家や機関投資家が健在であるからだ。ウォール街が世界の株価に影響を与える構図は変わらず、その人気が日々、確実に、これらの地域には伝わり、国内の市場では人気が増幅される。グローバル運用の時代に入り、海外投資がきわめて簡単にできる時代に入っただけに、最近のこれらの人気の動きを、われわれのポートフォリオ運用により一層、生かさなければならない。

メリルリンチの「投資戦略/グローバル運用・824日」にとると新興市場国から、最近は大規模な資金流出があった、「株式投信からの大規模な資金の流出は相場の底打ちを示すシグナル」としている。

レポートでは①新興国株式投信:823日までの1週間で49億ドルの純流出となった。この規模は月間ベースで過去4番目に大きい②グローバル投信:1週間で過去最大の30億ドルの純流出③新興国債券投信:8億ドルの純流出となり、週間ベースで過去2番目に多きい規模になったーとある。

逆張り発想の戦法からは、エマージング市場への投資に注目すべき時期である。われわれは海外で設立されたグローバル運用の新興国株のファンドに注目したい。

相変わらず任天堂(7974)の人気が続く。東京市場の顔になった。

関連株のなかから数々の出世株がでたが、テクモ(9650)の人気化に注目を始めたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NO1エコノミストのEd・ハイマンの見方・・・相場を動かす

2007-08-30 10:09:36 | 株式

NY株が大幅高になった。

理由のひとつとしてあげられているのが、有名なエコノミストのエド・ハイマン(ISIグループ会長)の「連銀は近くFFレートの利下げに踏み切り、先行き0.25%ずつ下げ、金利を4.0%にする(現在5.25%)」というレポートである。

ひとりのエコノミストの見方が相場を動かすというのは、合理性の働くウォール街ではめずらしいことではあるが、過去27年間にわたって人気投票NO1の地位を守り続けてきただけに、市場はその見方に信頼を置く。

彼は独立して調査会社を興す前には、伝統のある機関投資家向けの証券会社サイラスローレンスで活躍した。東京にもしばしば来て、彼の話を聞いたこともある。

「連銀は2年間にわたって利上げを続けたがその結果、住宅市場は16年ぶりの不振に陥った。現在の状況を評価付けするならば“非常に悪い”といえる」

「金融政策が緩和に向かうとき、株価は一本調子で上昇するというのが歴史が物語るところ」

「連銀のこれまでの政策評価はAランクだ。インフレの進行にブレーキ役をはたすというすばらしい機能を発揮した」

「利下げの効果が出るまでには時間がかかる。経済成長率は1.0~1.5%に落ちるだろうが、浮上するのは2008年である」

「不況になることはない。ただ住宅市場は向こう3年間は不振が続き、サブプライム問題は尾をひくだろう」

「雇用の増加は減速する。それが連銀の利下げの行方を判断する道標になる」

「いまは先行きに投資する時期だ。米国はインフレのない好ましい状況に移行するのに賭ける時期だ」

久しぶりに明るい見通しのレポートにウォール街は大きく反応した。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

買い増すとき来たる・・・バフェットが動く

2007-08-29 16:19:07 | 株式

世界第2位の富豪であるウォーレン・バフェットが経営するバークシア・ハザウェイ(BRKA)が鉄道株のバーリントン・ノーザン・サンタフェ(BNI)の大量投資をしたと伝えられたのは5月であった。それが伝わるや鉄道株に見直し人気が入り、80ドル前後の株価が95ドルまで跳ね上がった。

しかし7月中旬以来の株式市場の暴落で75ドルまで急落した。

バフェットが当時,史上最高値であった鉄道株に手を出したことにはウォール街がびっくりした。これまで典型的な景気循環株であった業種の株に大株主として登場したこともおどろきであった。

昨日、ウォール街に流れた情報によると、その後も買い増しを続け発行株式の14.8%の大株主になった。

バフェットは鉄道株の投資について「この業種は過去に考えていたよりも魅力のある投資対象になつてきた。競争力がついてきた。過去の株価の動きからして長い間、偏見をもってきたが、いまや鉄道は有望産業に変わった」と語った。

日本のJRや私鉄と同じように資産を多く持ち、エネルギー価格の上昇で運送コストに競争力がついてきた。それにグロール化が進み、モノの動きが活発になってきたことにも注目する。

バーリントン・ノーザンのほかに、ユニオン・パシフィック(NSC)の大株主にもなった。

今回の株価の暴落で、再びバフェットが出動したのも注目される。投資のチャンス来るとみた。長期投資家にとっては暴落の解釈が違う。

この話を聞いてかねて、海運株のことが頭に浮かんだ。かねて海運株に注目してきたが、地球ベースでみれば海運株にも同じことが言えるのではないか?

われわれは中堅海運株に力点を置いて注目してるが、そのひとつは乾汽船(9113)である。ROE(株主資本利益率)が50%近くになるとみる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冷めた見方の外人投資家

2007-08-28 15:25:50 | 株式

安部新内閣の顔ぶれが決まった。

外人投資家は今回の組閣をみているか?モルガンスタンレーの東京在住エコノミストであるロバート・A・フェルドマンの見方をみてみよう。米議会にも招かれてその意見を述べるひとりだ。

「安部新内閣は経済政策の点では一歩後退である。何人かの新たな起用、例えば総務大臣に増田寛也前岩手県知事を起用したことなどは革新的だが、積極的に経済改革を導くような人は見当たらない。新閣僚では、地方のための支出拡大色が強まっており、また財政赤字削減のための増税に傾く感がある。

この内閣改造では安部政権について世論の変化は起こりそうにない。内閣には多くの守旧派が顔を連ねていることから、次の総選挙では民主党が勝利しやすくなったと言えよう。また新内閣は、自民党から不満議員グループが分かれる可能性を高めた。そのような分裂が起これば、政策再編成に向けた第一歩となろう。(中略)投資家は新内閣に失望の目を向ける可能性が強い。より積極的な経済改革への期待が薄れ、企業収益の上昇余地は小さくなるかもしれない。さらに、歳出削減の減速や増税傾向によって債券利回りに上昇圧力がかかる可能性がある。多くの投資家が政治は気にしないと言うものの、改革が停滞することで、いずれ企業収益への期待に不透明感が出よう」(モルガンスタンンレー・リサーチ モーニングサマリー)

外人投資家の間でも注目度の高いエコノミストの見方である。

金利の上昇は円キャリートレードの解消につながる。そのような動きが早速、本日の東京市場では出たのか?

今年のヨーロッパでは独、仏、英で政権交代が実現した。外人投資家は政治には大きな関心を寄せている。

東京市場はウォール街の動向に左右される動きから、なかなか離脱できそうにない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘッジファンドの中国観・・・銘柄発掘のヒントに

2007-08-27 15:48:14 | 株式

中国株が強い。今回のサブプライム問題の影響を全く受けていないどころか、世界の株価の暴落を横目にみて「わが道を行く」とばかり新高値を更新してるのは、「バブルのクライマックス」という常識的な見方だけで片付けてしまうわけにはいかない。

「上海、ボンベイ、湾岸諸国を訪問した。高い成長を遂げている国々である。なかでも中国は世界経済のマクロ分析には不可欠の存在になってきた。成長を分析するのに、その規模、パターンからして過去に類型を求めることは不可能である。11の地域に分かれているが、そのうち6の行政府がアジアの上位11ヵ国の仲間いりした。2001年には香港が最大であったが、いまや7番目になった。この事実は中国経済が米国やヨーロッパに依存するというよりも、米国のような州の集合体の経済に変貌してきてる」

ここに紹介したのは或るヘッジファンドの中国経済観である。

このまま中国の成長が続けば、米国やECのように自己完結的な経済の国になる。

それにアジアにはインドがある。第2の中国になることは間違いない。

また中国、インド以外のアジア諸国も1990年代と異なり外貨準備高が豊かになってきた。

今回のサブプライム問題を1987年のウォール街のクラシュ、1998年のLTCM、2001年のITバブル崩壊と比べる見方もあるが、中国の台頭をみてると、世界の動きを過去のこの種の類型に当てはめるのは間違っているような気がする。

東京市場の株価の戻り過程での人気株としては鉄鋼、海運、非鉄、不動産などがリードしている。ここでのヘッジファンドの見方を具現している感じである。

小型株で神戸発動機(6016)に注目したい。造船向けの舶用エンジンのメーカー。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加