The Contrail in KOMATSU

小松空港をベースにヒコーキの写真・動画を撮影するYOSHIRJNKのブログです。

本日のシルクウェイウェストは間近で挑む

2016-01-31 20:39:02 | 小松空港

 就航から一週間、まだまだ撮らないといけない課題が満載のシルクウェイを求めて空港へ

本日は生憎の曇り空、空も山もイマイチなのでスカイパークでの接近戦にしました。

Silk Way West Airlines Boeing 747-83QF/SCD VQ-BWY

前回はC4で停まりましたが、今回はエンドまで転がってくれて目の前で迫力のタキシングを拝めました。

以前から撮影してみたかったカラーリングされているエンジンと機体のロゴを重ねて一枚。間近で撮影できるスカイパークならでは画となりました。

そして仁川へ向け出発、雨も降りだし前回同様に厳しい撮影となりました。

こうして2回目の撮影が終わりました。今回積載の荷物があまりにも少なく、春以降の運航継続が心配になるほどでした。万が一のために白山ショットなど撮影出来る時に撮影しなければ、と感じた今日のシルクウェイでした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

コメント

黄昏の大日山

2016-01-30 20:46:00 | 小松空港

 本日の撮影から。

先週の寒波の積雪は、すっかり溶けて無くなりガッカリでしたが、冠雪した山々が美しく見えていたのでそちらと絡めて

黄昏の空に浮かび上がる大日山の雄姿が印象的だった今日の小松空港でした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

コメント

黄金色に染まった空港

2016-01-29 22:54:17 | 小松空港

 私がヒコーキ撮影で好きな時間帯は夕暮れ時。夕陽はもちろん、空が一日で最も劇的に変化する時間帯であり、これまで一期一会の光景を見てきました。

今回もそんな夕暮れ時の一枚

とある夕暮れ、西日が空、草地、そして機体を黄金色に照らし出した光景。

こういう光景に出合えるから、夕暮れ時の空港に通わずにはいられません。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

コメント

白銀の空港

2016-01-27 20:56:47 | 小松空港

 日曜の撮影からもう一枚

白銀の世界となった小松空港、エプロン・タクシーウェイがここまできれいに積もるのは一冬でも数える程度。

奥の基地も地吹雪で霞んでいるのも雰囲気が出ています。

暴風雪で体をホールドしながらの撮影でしたが、白銀の世界に出会えた一枚です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

コメント

ウインターオペレーション

2016-01-25 20:09:25 | 小松空港

 シルクウェイ就航した昨日は終日ダイヤが乱れ、欠航も相次ぎました。

そんな中、冬の厳しいオペレーションを表現してみた一枚。

出発地の小松はもちろん到着地の福岡までも雪のアイベックスに、上空待機・ゴーアラウンドをえて着陸したANA。

飛び立つ者も降り立つ者も大変な一日でした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

コメント

祝!シルクウェイウエスト航空が小松空港に就航しました。

2016-01-24 23:46:20 | 小松空港

 ついに、というかようやくシルクウェイウエストが小松空港に就航しました。最初のアナウンスから半年近く、季節はいつ間にか白い季節となりました。

初就航である今日は、全国的に大寒波に覆われ小松空港も暴風雪に見舞われ欠航便が続出する事態。

こんな天気では、記念すべき初便が他の空港へダイバートしてしまうのではと皆が心配していましたが、願いが通じたのか奇跡的に回復。

アゼルバイジャンの翼が小松の空に、その姿を現しました。

白銀の小松空港、そのランウェイに記念すべきランディングを決めました。


ここからは各部を見ていきましょう。

まずは機種、アゼルバイジャンの国旗に、Silk Wayのロゴ、そして最近の流行りの波打つラインが胴体に描かれています。

そして4発のエンジンはブルーに塗られロゴが入れられています。まるでエアブリッジカーゴみたいです。

そして尾翼にはSWのロゴ、胴体後部にはSilk Way West AirlinesのロゴとURLが入れられています。

ターミナル内では就航記念式典が開催され、谷本石川県知事、駐日アゼルバイジャン大使、シルクウェイ副社長、小松基地副司令など関係者によるテープカットが、行われました。

そして今回は暴風のためか、ノーズカーゴドアは開けずに積載作業が行われました。

そしてカーゴルクスと同じく約2時間の滞在で、次の経由地である韓国の仁川に出発しました。

今回は初就航ということでデッキで無難に撮影しました。次回は外周で自分の画を狙いたいと思います。

そしてこの翼が、いつまでも小松で見れることを祈ります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

コメント

サマスケから4便となる小松空港の羽田線

2016-01-21 21:36:23 | 小松空港

 本日3月27日からのサマースケジュールが発表され、報道通りANAの羽田線は1日6便→4便に減便されることとなりました。

減便の対象になったのは、午後の1091/1092便 夜の757/760便です。1091/1092は、羽田の国際線の発着枠を暫定的に使用したもので返納となりました。755/760は飛来機の便でありました747や773が機材繰りや整備明けの運航で、バラエティー豊かな思い出の便でありました。

そして新ダイヤでは羽田への最終便が、18:50のANA758となります。これまでは20:00の760便があり、仕事帰りに家で一服してから空港へ行ってましたが、今後は職場から直行になりそうです。

そして肝心の機材、B737-800で占められていましたが、減便による座席数の減少を補うため751/755/759にB767-300で運航となりました。

787とはいきませんでしたが、スターウォーズやゆめジェットなど特別塗装になりやすい767が復活し、737では機体の印象が弱かったショットも狙えるようになります。

残念ながら減便になりましたが、新幹線開業以降の苦しい状況を思うと撤退にならなかっただけ安心しました。

ちなみにJALは引き続き6便を維持し、ダイヤにも大きな変更はありません。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

コメント

ゆめジェットが小松空港に帰ってきた!

2016-01-18 22:19:48 | 小松空港

 今日は低気圧による悪天候でしたが、あの機体が久しぶりに飛来するということでずぶ濡れになりながら空港へ

ANA Boeing 767-381 JA8674 ゆめジェット

関東の悪天候のため2時間近く遅れての到着でした。

小松でゆめジェットの姿を見るのは昨年の春以来、767自体の運航はありましたがゆめが来ることはありませんでした。

本音ではJA604Aのスターウォーズの方がよかったのですが、767が来てくれるだけありがたく贅沢はいけませんね。

ということで久しぶりのゆめジェットでした。明日は暴風になるので、よほどの機体でない限り空港へは行かないぞ

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

コメント

エイティーンホイーラー

2016-01-16 21:48:11 | 小松空港

 シルクウェイ就航でにわかに盛り上がっていますが、もちろんカーゴルクスは変わらず運航されています。

今日は生憎の雨模様の天気、どうせ降るなら雪の方が画になるのにとボヤきながら撮影した一枚

ランウェイ06にランディングしたカーゴルクスのB747-8F LX-VCE

真正面から狙うことでジャンボの迫力を表現してみた一枚、重い機体を支える5つの車輪と18個のタイヤ、別名エイティーンホイーラーと呼ばれるジャンボの特徴の一つです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

コメント

シルクウェイ・ウエスト、いよいよ小松空港に就航

2016-01-14 21:18:05 | 小松空港

 今朝の新聞記事にありましたようにシルクウェイ・ウエストが、24日から小松空港への乗り入れを開始するとのことです。

シルクェイウェイ・ウエストは、中東のアゼルバイジャンの航空貨物専門会社であり首都のバクーにヘイダル・アリエフ国際空港を中心に欧州・アジアへの貨物便を運航しています。

シルクウェイウエストHP

新聞報道では日曜と木曜日の午後に到着し、他のアジアの国を回ってバクーに帰る運航だそうです。

そこで現在公表されているダイヤから推測するに、日曜と木曜に運航されているバクー→上海便(AZG 041・031)をバクー→小松→上海→バクーにするのではないかと思います。

機材は2機のB747-400Fと3機のB747-8F、ですが400Fは一機しか運航していないとの情報も。

そこで注目すべきはB747-400F、レジは4K-SW008。この機体、実は小松とゆかりがある機体なのです。

かつてはLX-PCVとしてカーゴルクスに所属し尾翼とウイングレットにだけロゴを入れた、あのグレージャンボなのです。ちなみにこの塗装になる前は、完全ホワイトでLX-PCVのレジのままシルクウエストに出向していた履歴を持つ機体なのです。

残念ながらこの機体は近距離便で運航されておりアジアの方へ来ていませんが、もし小松に来ることがあれば里帰りとなることになるでしょう。

この乗り入れは定期便ではなく、あくまでチャーター便としての乗り入れなので春以降の継続は実績次第となります。

暗い話題が多い小松空港に久しぶりに明るい話題、これを機に新たなステージに行ってほしいと願います。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

コメント (2)