ふくろたか

札幌と福岡に思いを馳せるジム一家の東京暮らし

ルヴァン杯・鳥栖戦の展望

2022年05月18日 | コンサドーレ
今夜はルヴァン杯グループ最終節のほか、
J1・J2・J3の変更試合が数戦控えており、
未明には長谷部&鎌田のフランクフルトがEL決勝に臨む。
平日ながら、なかなかのフットボール・ナイトと言える。

そのルヴァン杯のグループ突破がかかる鳥栖戦を語る。
札幌のグループCは、4グループで唯一の
「4クラブすべて突破も敗退も確定していない混戦集団」になった。
札幌の突破条件(=鳥栖に負けない)は以前に語ったが、
鳥栖も「札幌に勝つ&柏が京都に負けない」
他力本願ながら突破の可能性を残している。

敵地で勝つしかない背水の相手に、ハナから引き分け狙いは愚策。
しかも鳥栖はクラブ史上初めての突破がかかっており、
川井監督も「勝つためのメンバーを送り込む」と地元紙に明言した。
スタメンの強度を上げてくる相手に対して、札幌も勝ちを第一に目指し、
「引き分け上等」は最終盤のプランBにとどめるべきだろう。
まずは得点を奪いにいく布陣で臨んでほしい。

ただ、その布陣がなかなか悩ましい。
ルーカスの出場停止や宮澤の磐田戦(22日)出場停止、
ミネトモの負傷離脱などを考慮しなくてはいけない。
宮澤はCBでフル稼働してもらうとして、
右WBにネコタク・ボランチに駒井・シャドーに青木・・・
といった起用が考えられるか。何よりも前線の組み合わせが難しい。
現・ルヴァン杯得点王の大嘉をいかに使うか。
速さと高さを備えた大嘉は、前掛かりの鳥栖には脅威だろう。
得点を奪う姿勢を前面に出すならば、
いきなり2トップ発動もアリと考えるが、はたして。

また、柏対京都の結果に突破が左右される鳥栖は、
同時刻開始の日立台の経過をシャットアウトすると推察される。
試合展開次第だが、もし京都が前半に3点ぐらいリードしていたら、
後半開始時に「ささやき戦術」を仕掛けてもよいか。
まあ、「札幌の心も連れてゆく」シロッコ化を招く危険も大きいが。

グループ突破以外にも白星を求める理由をお互いに抱える。
先のリーグ戦は、片や首位に、片や最下位に、4失点の大敗を喫した。
カップ戦とリーグ戦の違いはあるが、5月後半の過密日程の中で
黒星を重ねることは避けたい。勝ち点3の良薬を得るのが札幌になることを祈る。

  • ホークス
西武を5対1で下し、那覇2連戦の初戦を制して4連敗阻止。
ノーヒッター東浜が7回無失点。サブマリン與座が8回無失点。
沖縄尚学OBの両先発がともに好投。ホークスは二番手・津森が
8回に1点を失ったが、9回にこれも沖縄出身の平良を攻め立て、
ギータとグラシアルの連打などで一挙に5得点をもぎ取って逆転した。
  • 新日本酒田大会
スーパーJrのBブロック初戦。デスペやファンタズモらが白星発進。
一方で、ワトがTJPにギブアップ負けとつまづいた。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする