toty日記

toty日記です。感想などいただけたら、喜びます。最近mixiに参加、気軽に声をかけてください。

「神は愛なり」を歌う

2014-12-13 23:50:43 | ハレルヤ会
今日は、ハレルヤ会の練習。

久しぶりに1484君もみえ、
今日はおやじ(玉川学園の創設者)の命日なので、

皆でおやじの好きだった讃美歌「神は愛なり」を歌おうとの提案で
明日のクリスマス礼拝に歌う歌に加えて、「神は愛なり」を歌う。

いくつかのおやじの思い出も語られ、
おやじは、「情の人」だったという話になった。

二日続けてなので、今日は早目に練習を終わったが
時間がある人で、おやじの家を訪れ、

そこで、おやじとおばさまの写真を前に讃美歌を歌った。

お花が飾られ、おやじが書いた廣瀬淡窓の「休道の詩」が掲げられていた。



数名の人が、「君は川柳を汲め、我は薪を拾わん」等つぶやく、
覚えているものだ。

以前、おやじの家(記念館)については、一回書いた

おやじの家は、礼拝堂の入り口付近に建っている。

帰路について、振り返ると
暮れかけているのに、異様に明るい空の下
礼拝堂がシンとたたずんでいた。

明日はここで、同窓生の為のクリスマス礼拝。


「神は愛なり」を歌う! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります!


コメント   この記事についてブログを書く
« 当たって嬉しいような、でな... | トップ | クリスマス礼拝とミニコンサート »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ハレルヤ会」カテゴリの最新記事