表裏一体

表の話題も裏の話題もひっくるめて適当に語る徒然日記

「盤上遊戯」で大笑い。

2006-03-31 21:29:19 | 生態記録
「言葉」の意味で言うと「爆笑」とは「大勢で笑うこと」であり、「一人」で笑っても「爆笑」にはならない。
そんなわけでタイトルは「大笑い」。

さて、現在もラビリンス続行中。
明王の協力技も手に入れてちょっと楽しい戦闘が続く。
ルートを重ねるごとに宝箱が増えていく。
一番最初の「絆の関」は同時に何人も切ることができるのだが、二章で「クリスマスを誰と過ごすか」は一人しか選べない。
よってそこで目的のキャラのルートが決められてくる。


以下、将臣ルートにおいてのネタバレを少々含むので注意したい人は引き返しましょう。


クリスマス選択で「将臣」を選択。(ちなみにクリスマスイベントでは声が入る)
すると、「みんなでゲーム」という状況になる。
主人公が買ってきたのは「ボードゲーム」で、説明を聞いているとどうやら遙か1の「盤上遊戯」のようだ。

主人公は同行する相手を選ぶことになる。
選択肢は3つ。「誠実そうな若武者」「優しそうな金髪の少年」「理知的な陰陽師」……どう考えても頼久、詩紋、泰明。

ルート的に見ればここは頼久を選ぶところなんだろう。
しかし、他のを選ぶとどうなるかちょっと見もの。

まず「陰陽師」を選択。
「安倍晴明のお弟子さんって設定なんだね」と景時。
ああ、やっぱりね。そしてリズ先生が「問題ない」と言いつつ「陰陽師」を分析。
主人公「なんとなく雰囲気が先生に似てるなあ……」
似てるのは雰囲気じゃなくて声だと思うけどね。

続いて「金髪の少年」を選択。
弁慶が出て来て「年下が好みなんですか?」と言う。
白龍は「やはり小さい頃の私が良かったのか?」と言う。
それくらいならちょっとニヤける程度なんだけど。
その後。
弁慶「ちょっと真似してみましょうか。『僕でいいんだね』」
詩紋の真似をする弁慶に大笑い。
確かに「弁慶」なんだけど「詩紋」でもあるんだよ。
うっわぁ……アフレコ現場めっちゃ見てみたかっった。
ちなみにヒノエに「違和感ねえのが信じられねえ」とツッこまれていた。


そして頼久を選んでみる。
主人公が頼久を選ぶと将臣が「俺もそいつ狙ってたのに」と言う。
ここでも笑えた。
そして将臣は戦闘によって主人公から頼久を奪う。主人公は「ひどい」と言うが、将臣は「『承知しました。お供いたします』って言ってるじゃねえか」と、頼久の言葉の真似。
これは大分将臣が入ってたのでちょっと笑った程度。

一番のツボは「詩紋の真似をする弁慶」で、今日も何度も思い出し笑いをしそうになってしまった……。(^_^;)
コメント

つながり。

2006-03-30 21:31:32 | 声優さん
昨日のトリビアの影ナレは(旧)スネ夫とハイジだった。
どうやら「国民的アニメ」が基準らしい。
しかし、フジテレビ系ならコロ助でも良かったんじゃないかと思うんだけど。
考えてみればトリビア紹介だから「~ナリ」が付いてたらちょっとしつこいからハイジになったのかもしれない。

私的株価上位の人が出る日は遠いかも……。(-_-;)

「つながり」というのは「おやつのページ」の「つながりシリーズ」にあるように、「共演作品によって立場や役が違っているのを楽しむ」というもの。
普通のドラマでは「俳優さんの共演が多い」なんてことはなかなか無い。
アニメで声優さんならではのことだろう。
ちなみにこれはギャップが大きいほど笑える。

最近のつながりのツボのはネオロマ声優さんでBLEACHに出ている人が多いこと。
もちろん立場や声のトーンは多少違うけど、名前だけで見たら結構おもしろい。
「浦原」が「花太郎」の言いなりになってたり。(by遙か2:雪月花)
「一護」と「恋次」でデュエットしてたり。(byコルダ:Espressivo2)
「東仙」と「更木」でデュエットしてたり。(byアンジェ:White Dream)

そして、「つながり」に気付いた時は1日中嬉しかったりするのは私だけである。
コメント

いつだったか……。

2006-03-29 20:51:11 | 呟き
今日はトリビアがスペシャルなのでラビリンスはできなさそう。
そして副音声が気になるのでこれ書いたらすぐにリビングへ移動の予定。
リビングのテレビでなければ主音声と副音声を同時に聴くことができないので。
先回の影のナレーションは(旧)スネ夫だったけど、今日は誰だろう。やっぱりベテランの有名どころだよねえ。
緑川さんとか保志さんとか石田さんとかは出ないよねえ?(-_-;)
いや、ベテラン声優さんのナレーションももちろんいいんだけどさ。

故に本日の気まぐれSSはお休み。

話は変わるが、いつだったかの討論番組で。
「官能小説を書く為に風俗に勤めている」と言っていた人が居た。
それに対して「じゃあ殺人を題材にしている小説家は殺人を起こすのか?」と反論したコメンテーターが居た。

それを私的に言うならば。
「男じゃなくてもBL小説は書ける」
ってなところだろう。

まあ、BL書き始めてまだ3年ちょっとなんだけどね。
ふいにそんな話を思い出した。
コメント

BLEACHも映画化らしい。

2006-03-28 21:36:40 | 感想
ラビリンス、平日は時間的にも一日一人を落とすので精一杯かな。

さて、今日はBLEACHが1時間スペシャルだった。
「水と花火のイリュージョン」というサブタイトルからして岩鷲が出て、先日合流した花太郎も出るだろうと踏んでいた。
案の定、花太郎登場v
どうやら四番隊から派遣されたらしい。
そして一護達と合流。

同じ画面に花太郎と恋次がっ……(≧▽≦)

BLEACH夢のネタがまた浮かぶよ。
ていうか既に待機しているネタが2,3本。
まずはラビリンス攻略しなきゃだけど、4月1日は花太郎の誕生日だからその日に花太郎夢を1本上げるかもしれない。

でもなぁ……後半は雨竜とバウントの話だけで花太郎も恋次も出なかったんだよねぇ。(-_-;)
来週もスペシャルらしいからもっと出ればいいなあ。

そういえば、CM中に「BLEACH2006年12月映画化」というのが出た。
どんな話か&出演者次第で映画館へ行くかレンタルにするかが決まる。

それからアニメフェス’06のCMも流れて。
BLEACHからの出演声優は最初森田さんだけだったのに宮田さんや折笠さんや遊佐さんや朴さんが増えている。
私は既にSEED&DESTINYの舞台in大阪のチケットを取っている。
BLEACH&銀魂の舞台も同日ならチケットを取ったかもしれないけど、違う日だから行くのは諦めよう。
コメント

居るじゃん。

2006-03-27 21:00:00 | 呟き
ラビリンス、取り敢えずリズ先生クリアしました。
一周だけではクリアできないのは3の特徴なのでしょうか。

それはそうと、確か昨日か一昨日の芸能ニュース。
某アイドルグループの「魅力」について語っていた町の人々。

それを総合するアナウンサーが。
「『ちょいワル』『エロカッコイイ』『エロカワイイ』という男の人は今まで居なかったから、より人気が高まるのでしょう」
というコメントをした。

………………。


居るじゃん。
ネオロマ声優に何人か。
私の価値観なんで誰とは言わないけど。

まあ、「業界」が違うから知られなくても無理ないんでしょうけどね。
コメント

THEネーミング・3

2006-03-26 18:45:39 | 創作裏話
今日もラビリンス漬けです。

四章後半で迷宮が抜けられずに行き詰っていたのですが、某サーチサイトの某攻略質問板に問題の解決法が書かれていたので何とか解決しそうです。

ところで、皆さんは自由に付けられる主人公名の場合どうしているでしょうか?
きっとデフォルトだったり本名だったりペンネームだったりするのでしょう。
天臣は遙か3の場合、主人公名を「三木島実礼」(みきしま みらい)にして遊んでます。
これは本拠の半生夢小説「Lovely Voice」の主人公のデフォルト名です。
やっぱり「遙か」だからそれ使わないとってなことで。(笑)
苗字は「パパ」と同じなので決定なのですが、名前は「てんおみらいく」から『みらい』を取って字を当てて付けました。

夢小説の主人公名をそういう由来で付けたのはそれが最初です。

屋根裏地下室のイザ夢のデフォルト名「ミュア」は思いつきの響きです。苗字は「INVOKE」を聴きながら考えていた為、『レヴォリューション』からもじったものです。

同じく屋根裏地下室の岳人夢のデフォルト名「虹」(にじ)……これもたまたま聴いていた歌からです。遙かの「花鳥風月」の『虹の向こうに』を聴いていたのですよ。
苗字は考えてません。ていうか更新予定が全く無いので。(苦笑)

そして先月から始めたBLEACH夢のデフォルト名「初嵐双葉」(はつあらし ふたば)。
これもたまたま聴いていた歌から来ています。苗字がモロなのでわかる人には丸わかりでしょう。(笑)
和風でカッコイイ名前にしようとして分厚い辞書を引いたのですが「これ!」と言ったものが無く、花太郎夢の話の筋は立っていても名前が無いので話が書けずにちょっと立ち往生していました。
そんな時に気分転換に遙か2の「紅葉舞」を聴いていて突き当たったのが「初嵐の眩暈をお前と」。
そこから「あ。『初嵐』っていいじゃん」と思って苗字決定。そして歌詞の「二人」から名前を「双葉」にしたわけです。
何で花太郎夢なのに「秋風と宵闇の薫物合」の中からじゃないのかってツッコミは置いといてください。(笑)
ちなみに斬魄刀のデフォルト名「星影」(ほしかげ)は主人公苗字の候補の一つでした。

これからも本拠や屋根裏地下室問わず、聴いていた歌の歌詞から付けられれたキャラクター名が出て来るかもしれません。
コメント

ラビリンス始めました。

2006-03-25 22:13:22 | 生態記録
ということで、昨日取りに行った「遙かなる時空の中で3 運命の迷宮」を朝から始めた。

初めてプレミアムボックスなるものを買ったんですが、予想以上に大きくてビックリした。
写真集や付属CDはネタバレになるっぽいので中を見るのは全部クリアしてから見ることにしよう。

まずはプレイ。

現代であの衣装はマズイのか(確かに剣は銃刀法違反だし)、現代の新衣装で登場の八葉+白龍(大)+朔。

基本的なシステムなどは3と同じなんでやりやすいと言えばやりやすい。
今度は「イベントの章」と「戦闘の章」が分かれています。
「運命の迷宮」の謳い文句に「遙か3や十六夜記を知らなくてもプレイできます」とあるけど、やっぱり知っていた方が楽しい。

ていうか「遙か3」を知らなきゃラビリンスも買おうと思わない人多数なのではなかろうか……。


以後、プレイしていて驚いたこと、思わずツッこんだこと、笑ったこと。
クリアに差し支えはないけどストーリー上のネタバレ少々。


有川家は日本家屋の門。しかもでかい。でも中はわりと洋風。
主人公宅はその隣で洋風のドア。どうやら朔だけが主人公宅で暮らしているらしい。
そして有川父は海外出張で有川母はそれについて行って不在。
なんてご都合主義。(自分の小説において人のこと言えない)

ヒノエは現代に馴染み過ぎ。携帯使いこなすならまだしも、株って何さ。

リズ先生は剣の稽古とかって言ってシャムシール(真剣)出すしさ…見つかったら捕まるよ?

九郎がスーパー→タイムセールは戦争状態=恐ろしい場所と解釈したのは面白かった。

それから、戦闘に入る時や技の前の掛け声が「3」とはちょっと違っていた。
その中で一番に笑ったのが九郎の「九郎義経、いざ、参る!」
何で笑ったかって?
「いざ参る」が「イザ参る」って聞こえて二人で行くのか?!って思ったから。
3での「いざ、尋常に勝負」でも思ったけどさ。(笑)

次はリズ先生の一言で「この相手ならば問題ない」。
ああ……やっぱり地玄武は「問題ない」なんだなって思ったり。(笑)

そして弁慶。
こちらが攻撃のターンに入る前に、前衛に居る誰かが主人公に声をかける。
かける言葉は何種類かあるんだけど。
弁慶が「今が好機です」と言った時、「いや、あなた(弁慶の声の主)が幸季(さん)でしょう」と思わずツッコミ入れて笑ってしまいました。
ちなみに九郎や敦盛も「好機」という言葉を使ってます。
しかも九郎は「攻め落とす」とまで……。(笑)

今日は三章の迷宮の途中で終えたけど、明日はどこまで進めるか……。

ちなみに主人公名は「三木島実礼」でプレイしています。(笑)
コメント

検索避けってヤツ。

2006-03-24 22:49:36 | 呟き
「検索避け」とは言葉を入れて検索にかけてもヒットしないようにするシステム。

たとえば普通、「雷紅堂」と入れて検索すると、「雷紅堂」だけでなく「雷」や「紅」の文字にも引っ掛かる時がある。
しかし「検索避け」を施すと「雷紅堂」と入れても「雷紅堂」に関するページは一切引っ掛からない。

では何故「検索避け」というものがあるのか?

それは二次創作を書く者の立場を守る為。
そして自分が咎めを受けない為。

二次創作はいくら人気のバロメータになろうとどんなお題目を掲げようとどんな経済効果があろうと、著作権違法に違いはない。
見つかれば咎めはある。
同人誌がたくさん出てコミケがあっても注意されないのは、黙認ではなく対処しきれないからなのである。

でも、「検索避け」をしているのにサーチサイトに登録しているのはちょっと矛盾していると思う。
読んでほしいのか読まれたくないのかどっちかわからない。
検索避けをしていない二次創作系サイトはたくさんある。
検索避けをしているサイトと検索避けをしていないサイトが同じサーチサイトに登録していたら行くことができる。
その二次創作に興味があろうと無かろうと、クリックすれば行ける。
中にはアンチ目的のマナー違反者も居るだろう。
そもそも誰がどこから来るかわからないのがネットの妙なのだ。

なんてことを考えたのは。

面白いサイトを見つけたのに「検索避けをしていないサイトはリンクできません」って書かれていたのがつまんなかっただけなんだけどね。
コメント

それでも単行本派。

2006-03-23 23:37:37 | 生態記録
チャットルームにアイコンを追加しました。
BLEACHキャラを5人ほど。
取り敢えず趣味で花太郎と恋次は入ってます。(笑)
素材サイト様へは『飛躍』のページから飛んでください。

以前にもチラッと話しましたが、BLEACHはアニメ放送から1年以上経ってようやくハマりました。
ジャンプは毎週読んでいるのでキャラの声優さんぐらいは知ってましたが、水曜日午後6時30分までに帰れる状況ではなく、運良く帰れた場合だけ見ていました。
1年のうち1、2回ぐらいでしょうか。

そして番組改編でゴールデンに進出。新シリーズから本格的に見始めました。
それから原作を1巻から読みました。
今は21巻まで読みました。
でも、雑誌に掲載されてから単行本になるまでは約3ヶ月かかります。
今からジャンプで毎週読み始めてもきっと話の筋がよくわからないだろうと思うので、単行本派です。

アニメの方もいつかレンタルDVDで1話から見ようと思いつつ、ゲームも欲しいし夏に向けての貯金も必要なので足踏み状態。

明日か明後日、予約したラビリンス取りに行かなきゃ……。
コメント

東京進出?

2006-03-22 23:49:55 | 呟き
ネオライブ2005冬で「パシフィコに入りきらないから今度は東京ドーム」と言っていた出演者の方々。
東京ドームほど大きい場所ではないけれど、ソニーアニメフェスの一環で東京の渋谷でネオライブがあるらしい。

場所がライブハウスだからいつもの舞台より近づけるというのが売りらしいけど。
でも。
関智さんだけの為に東京までは行けないな……(-_-;)
もちろん関智さんの生歌は聴きたいさ。
他の出演者の方々も嫌いじゃない。

でも、夏の為には我慢するしかない。

夏の遙か祭で石田さんが出るとなったらまた同盟でお花スタンド企画とかやりたいし。
映画の前売り券も買いたい。

そして明日はラビリンス発売日。

そんな時に何故またライブを……orz

そもそもSEEDとBLEACHでネオロマできるじゃん。
同じアニメフェスならそこで揃えようよ、そこで。
コメント