表裏一体

表の話題も裏の話題もひっくるめて適当に語る徒然日記

辻褄と年代と。

2017-04-13 22:47:56 | 創作裏話
コルブリの舞台は尸魂界。


霊術院の創立年数からすれば、『クラシック』の時代がリアルタイムであった時期もリアルタイムで死神が存在していることになる。

だから『昔』の表現が10年20年の世界ではなく百年単位で適当に考えました。


その後に思いついたのが琴の音で奏でられるクラシック。


実際、琴でクラシックからポップスまでいろいろな曲を弾いている動画がすぐに見つかります。

楽器が違っても「音楽」という繋がりがあるからこそ、とコルダの世界なら言うことでしょう。



内容と背景とイメージから「この曲にしよう」と思ったまではいいですが、作曲家名はコルダの影響でいくらか覚えていますが作曲された年代についてはほとんどノーチェックの為、改めて調べました。


いろいろ検索して「ジュ・トゥ・ヴ」にしようと思ったわけですが作曲年代が1900年とのこと。


それではちょっと計算が合わないと思って調べたら「バロック音楽」の時代と言うことが判明。


他にもこれがいいという曲があったものの、若干ニアミス。


結局元の位置に着地しました。


辻褄合わせが必要になる前に年代に気づけばよかったです。
コメント

若干混ざりかねない。

2017-03-12 21:49:00 | 創作裏話
先週・先々週と日曜日は遠方に居たので、今日は久々のまったり日曜日です。


起きる時間はいつもと一緒です。
今回のスーパー戦隊は、ジュウオウジャーほどの個人的ハマり具合ではないですが普通に面白いと思うぐらいです。


ワンピースがマラソンで放送しなかったので、スーパーへ行った後に取り敢えず眠気を消そうと眠りました。


余計な気を回してしまったのか、焦るような夢で何度か目が覚めてしまいましたが。


それから遙か3Ultimateをプレイ。


リズ先生の蜜月はすごくややこしいことを何となく覚えていたのでさっさとフラグを回収しようとしたのですがそれさえうまく行かない件。
白龍のアドバイス通りに行ったはずなのにいつの間にやら縁が薄くなっているとか言われてどうしましょう。


それから、3週間ぶりの遙桜記。


以前までどのような展開だったかを記録から呼び出し、下書きをある程度書こうと思ったのですが頭痛が来て薬で回復するまで時間を取られてしまいました。


しかし、下書き無しでも何かが降りて来ると1時間ほどで所定のキロバイトを書き上げることもできるのですね。

遙か3をプレイしているのでいきなり遙か1に持って来るのは若干混ざりかねない気もしましたが、何とかなりました。


そしてまた月曜日が始まることへの不安感。


まだ遙か3感謝祭から1週間しか経っていないのに、これが日常のの日曜日だと思い出しました。
コメント

考え浮遊中。

2016-10-23 23:45:51 | 創作裏話
「雷紅堂」のサイトサーバーが来年10月で閉じられるという話を受けてから2~3ケ月経ったでしょうか。

まだ何も決めていません。


このブログを続けるのには、まだ「課金」という手段が残されていたのです。
メールと合わせて月数百円なので、外食をしない私にとってはちょろい節約です。


どうしても維持したいものに対して、月にいくらまで出せるかが鍵ですね。

そして容量の問題もあります。


過去のものは、多分読み返すと恥ずかしいぐらいじゃないかなあ、と。
今でも自分が好きで楽しんで書いているだけなので胸を張って前に推しだせるとは言い切れませんから。


オリジナル分も書き直そう書き直そうと思って随分止まったまま。

ストックがあったはずの救魂屋の流れもどうだったかさっぱりです。


やはり時間と若さは宝物なのですね。
コメント

時間はあったはずなのに。

2016-08-16 23:31:15 | 創作裏話
ふとコルブリの編集版を前に更新したのはいつだったかと気になってサイトの方を見に行きました。


見れば、昨年11月。

7カ月近く気まぐれSS版の方ばかりを進めていたことにようやく気付きました。


そりゃあ自分でも「今どこだっけ?」と思うわけです。
何となくの記憶を引き出してこうしよう、と考えつつも(いつもの如く)流れで別のキャラと会って別の方向へ向かってしまうこと多数。

コルブリの時間軸ではまだ数日です。


お盆休みで時間はあったはずなのに、買い物三昧(主に悩んで時間を割いていたのでじれっ隊予算は残ってる)で気が付けば通常の勤務時間へ。


じれっ隊準備の為に金曜日の分を前倒しする必要があるし。

じれっ隊が過ぎたら別の作業(notオンライン)が待っています。


その上で星奏学院祭までにある程度…となると、気まぐれSSをしばらく休む必要がありますね。


BLEACH原作も来週完結してしまうのですよね。

最終回次第でコルブリの内容をどうこうする、ってことはないですけどね。ただでさえ非公式の非公認ですから。


公式のカップリングが自分の推しでない時に二次創作で補完するというのに似ています。


どうするかは来週決めます。
コメント

後付でやりたかった。

2016-07-18 23:20:57 | 創作裏話
最近、ログレスのCMで「BLEACHコラボのうた」をよく耳にします。

一番最初の時は歌の部分は普通に聞き流していたのですが「卍!解!」でハッとしてテレビをみたら森田さんが映っていたという感じでした。


それから結構見るようになった気がします。

見ていなくても歌が聴こえてきたらそれだとわかりますから。


「声優の仕事」でも顔出しする人としない人が居るのでこういうのはちょっと嬉しいです。


別に顔出ししない人がいけないというわけではないですけどね。
そういうポリシーを邪魔するつもりはありません。

ただ、それだけ需要があって人が望んでいることは知っておいてもらいたいような気もします。


そのCMを見る前に、コルブリ(気まぐれSS版)で火原が悩みを抱えている流れは作っていました。


でもっていつものように行き当たりばったりで考えていたらここは一護の出番だと思い始め、今日書いていたらあのCMを思い出して使わずにいられなくなった感じです。


他作品ですけど、星奏祭でもそのネタ上がるでしょうかね?(笑)


コルダでBLEACHが出てきたら、それこそ私にとって数年来書き続けて来た夢のコラボです。
コメント

近づく。

2016-07-04 22:49:53 | 創作裏話
BLEACHの原作でコミック完結巻が決まったそうです。

早売り(卸に到着する木曜日)で銀魂実写化と共にTwitterでは話題になっていたことですけども。

本誌にもカウントダウンの回数が書いてありました。


今日73巻発売で、数回分は既に本誌で進んでいるとしたら、多分あと一桁。


現在の流れを見ていると、いくつかの場所で闘いが行われているけれど全部の決着がついているのかどうか覚えが無い感じです。

王道ジャンプ漫画で主人公が勝たないわけはないと思いますけれど。


暗殺教室も終わってしまったし、銀魂もそのうち終わるのではという噂が立っています。


寂しくなります。


私的にはまだワンピが残っています。

最近になって本誌でハイキュー!やヒロアカを何となく追いかけ始めました。


この頃始まっている連載では特に惹かれるものなし。

そのうちにハマる漫画が現れるのでしょうか。


そしてBLEACH原作は終わってもコルブリはいつ終わるか定かでないのは今更な話です。
コメント

うっかり半年以上。

2016-06-27 23:25:42 | 創作裏話
着地点が見えそうで見えないコルブリ。


編集版を見直してそういう設定だったことを思い出してはまた次のエピソードへ移ります。

現在のエピソードをいつから書いていたのか自分では覚えていないという。(苦笑)


編集版も、気が付けば以前に編集したのが半年以上前になっています。


これからの土日はじれっ隊へ向けての前倒しもあって当分暇は無さそうです。

エアコンを買ったのでせっかく真夏でも昼間にパソコンを触れるようになったのですけれど。



現在のエピソードの収束の鍵は見つけていますが、それを出すのがいつになるかわからないという体たらく。


月末ということで仕事もなかなか忙しくなっています。


働いている方が落ち着くのですが、やはり時間が迫ったり方法がわからなかったりするとテンパるのが人間です。


取り敢えずメンタルを壊さない程度に頑張るしかないです。

フォローの効く環境は有難いものです。
コメント

一体何が書きたかったのか。

2016-04-19 23:39:55 | 創作裏話
金曜日の気まぐれSSにて。


『こんな流れにしよう』というのは頭の中にあったのですが。その時はものすごく眠くて頭が上手く働きませんでした。


ただでさえ上手く働いたところで『傑作』と呼ばれるものには行きつかないわけですが。(苦笑)


眠気と闘いながら、1日のノルマ分の長さを書き上げてすぐに布団へ入って眠りました。

翌日が休みだったので目覚ましをかけずにぐっすりと。


そして昨日、今週分のコルブリを書こうと前回の物を読み直したら何故こんな所にこんな単語があるのかわからないことになっていました。


自分は何の言葉を入れたかったのかが全く思い出せません。


「睡眠は大事」と思いながらも今日も日付を越えてしまいます。


いつもお肌のゴールデンタイムを逃しています。

あと2週間と少し後のことを考えればまずそこから直していきたいところなのですが、もうずっとこんな感じです。


もっと眠っていられなくなったら戻るのでしょうか。
コメント

紙に出すには。

2016-03-02 23:11:41 | 創作裏話
毎日気まぐれの行き当たりばったりで進めているコルブリ。


いつだったか、一度全部紙に印刷してみようと思ったことがあった。

初代のプリンタが壊れてから、もう何年も家では印刷していないですけれどこれを機会にプリンタを買う手もあったのです。


ただ、つらつらと書き続けたおかげで紙に出したらいくらか詰めてもきっと大変な量になります。
下書きならともかく、この形式になって改行まで無くすことはできません。


業務用のリース複合機なら結構簡単かもしれませんが、素人が自宅にそんなものを引き入れるわけにはいきません。
オフィスにあればそれなりにコンパクトに見えるでしょうが、天臣の狭い部屋に入れたら窮屈です。


だから使いたい流れがあっても記憶の中から引っ張り出すしかないのですね。


先日、作っておいた設定のことをすっかり忘れて戦闘を行わせました。

不意に作った設定を思い出し、第二ラウンドで入れ込みました。


一応辻褄は合ったでしょうが、こういう時に『編集』が居ると助かるかもしれない、とも思いました。


ただ、他人があまり介入すると『気まぐれ』の意味が無くなるのでもどかしいところです。
コメント

きる。

2016-02-22 22:38:52 | 創作裏話
パソコンの変換には学習機能が付いている。

使う頻度の高い文字が変換候補の上に来る……それは「ワープロ」の時代からあったこと。


今では「予測変換」として、それに続くであろう文字が自動的に出て来ることもある。

私は今までのに慣れているので、パソコンでは予測変換はオフにしているけれど。


今日のコルブリで「着る」という単語を使うことになった。

一気に変換すると、一番最初に出て来たのが「斬る」の方。


遙桜記で土方や沖田によく言わせたせいだと思う。

頼久も武士で刀は使っているけれど、それはあくまで怨霊(敵)を倒す為の手段だからあかねとの会話の中には出て来ない。

一方で新選組幹部達は斬ることが現実だからあかねとの会話の中にも出て来るし、あかねの理解の為に避けて通れない単語でもある。


これは公式では無いであろうこと。


そういう発見があるから誰の目に留まることは無くとも書くことはなかなかやめられない。
コメント