表裏一体

表の話題も裏の話題もひっくるめて適当に語る徒然日記

みすてりい?

2018-05-28 22:47:00 | 感想
さて「D5 5人の探偵」の感想らしきものを。


ミステリーで「感想」となると若干ネタバレを含まなくもないのですが、そこが良かったとかはあるので多少はご容赦を。


まず冒頭。


昨日のブログ記事でも書いた通り、別の映画の予告編による衝撃が抜けきらないままだったので話に入り込むのに時間がかかりました。


これから犯人を解く、という場面から時間が遡り、5人の出会いの場面へ。


原作があるようでもシナリオは出ていなのか、キャラクターについて説明があるのは有難いです。


彼らを集めた『依頼人』と『解決すべき事件』の謎が投げかけられます。
皆が断れないよう、お金だけでなく「あるもの」も提示します。


アメリカ帰りでやたらと英語を交える喋り方は正直そんなに好きではないのですが、何で緑川さんだとあんなにかっこいいのでしょう。


そして浪川さんのキャラがやたらと天然ボケで、それにちゃんとツッコミを入れる森久保さんのキャラ。
岸尾さんのキャラはパソコンに向かっていることが多く、小西さんのキャラは真面目でこの場をどうしようか考えている風で、森久保さんのキャラしかツッコミ役が居ないという。

浪川さんのはキャラ……キャラ、なのかな?素だと言っても違和感無いような。(笑)


そしてあらゆる要素を集めて謎を解いて行きます。


「真相」に辿り着き、アクションシーンに突入。


ただ、そのアクションシーンが電灯の点滅でよく見えない。
一体何と戦っているのかが不明。

浪川さんや小西さんはヘロQにも出てるのだから殺陣もできそうなものなのに、そこのところは結構勿体ないです。


総合的に見ると、謎が解けてもスッキリしない系のミステリーでしょうか。

続編があるかのような終わり方。


せっかくキャラが立っている『探偵』が集まっているのにあれだけで終わってしまうのは勿体ない気がしますね。


「キャラクター」としてのビジュアルドラマCDが出たりとかしているので、「企画」としては続いて行くのかもしれません。


映画があるならまた観に行きたいです。


その時は、どんな予告が来るかわからないので本編が始まるであろう時まで目を瞑るようにします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6期。

2018-04-01 21:41:52 | 感想
今日から「ゲゲゲの鬼太郎」の6期アニメが始まりました。


と言っても同じ時間にビルドが放送されているので録画予約をしておいて、ルパパトが終わってから視聴しました。


前作の5期から約10年。
人の感覚もIT関連も発達しています。

猫娘のデザインが大幅に変わっているというのが既に話題。


そして目玉おやじの声が野沢さんに。

主人公である鬼太郎さえも初代(2代目)からシリーズが変わるごとにキャストが変わっていたのに、目玉おやじだけがずっと存続していたので他に誰ができるのだろうかと思っていました。


「鬼太郎のアニメ」ではなく別の番組で目玉おやじが登場した時は別の方が声を当てていたとのこと。


果たしてどんな目玉おやじになるかと思ったのですが、子供の頃の悟空という感じでした。
悟天というよりは悟空というのを感じましたが、そこは流石野沢さんというのか「違和感」というのは無かったです。


そして鬼太郎の「指鉄砲」が明らかに幽白の霊丸な感じ。
あんなに構えて撃つんじゃなくて投石の感覚ですぐに全部の指が鉄砲になるのが鬼太郎の指鉄砲だったはず。
やはり「指」そのものが飛んでいくという描写がマズイのでしょうか。
だったら名前変えるかもっと別のオリジナルアイテム使うとかしても良かったような気が。


時代はいろいろ変わるものです。


これからももちろん視聴します。


そして切に願います。


鬼太郎もリアルタイムで見たいのでスーパーヒーロータイムの時間を元に戻してください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あくまで個人的意見の比較。

2018-03-21 22:28:13 | 感想
先日新聞のテレビ欄を見ていたら、海月姫の映画版の記載がありました。


先日最終回を迎えたドラマ版海月姫に合わせてのことっだったのでしょう。

ああいう系等なら、ある程度時期を開けてから夜9時からの枠で「地上波初登場」なんてやりそうなものです。

もしかしたら私がスルーしていただけでいつか放送していたかもしれませんが。


原作は一応最後まで読んで、ドラマも最終回までずっと見ていました。
漫画原作のドラマは時々挫折することもあるのですが、これは普通に見られました。

キャラクターがそのまま過ぎて。
ただ兄弟設定が逆なところだけが不思議に思いました。
キャストの実年齢に合わせてということらしいのですが、それくらい「若く見えるけど実は兄」とかすればいいだけのことなのに。



話は戻って。


録画しておいた映画版を見ました。


単行本約7冊を2時間強に収めようというのがそもそも無茶な話なのでしょう。
面白いエピソードを取り込めるだけ取り込んで突飛になってしまい、あるべき流れが途切れてしまっていたのがちょっと残念です。

ばんばさんも、原作だと最後まで目元が明かされないのが良かったのにしょっぱなからスコープ発動で見えてしまっていたし。

キャラクターの再現度もドラマ版の方が良かった気がします。
女装もフィリップよりキバの方が「女子」に見えた感じでしたし。


あくまで個人的意見ですが、そういう考え方も世の中にはあるわけです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どちらかと言うと。

2018-02-11 21:48:14 | 感想
今日から新しい戦隊シリーズが始まりました。

初の「VSもの」がイントロダクション。

今までVシネマで前後の戦隊が共闘するという「VS」はありましたが、テレビシリーズでは初でしょう。


どちらを応援するか、なんてのも出ています。


本来子供向けのものに「どちらか」の選択肢を与えるのも斬新かもしれません。
それを言ったら今までの戦隊モノで悪の組織を応援したがる子供も居たかもしれません。


そして大の大人が言うのもなんですが「いち視聴者」としてはルパンレンジャー派でしょうか。


キャラ的にはパトレンジャーの緑の子が良さそうなんですが、コンセプトやら設定やらで全体的に見るとルパンレンジャー寄りな感じです。

変身からの名乗りがゴーカイジャーに似ているからかもしれません。



両方の視点から描くというので、いつもの戦隊に比べての容量が半分になるのはやっぱりちょっと勿体ない気がします。


その切り替えが上手く行くような演出ならいいのですが、いきなり視点を変えられて話の繋がりが微妙、なんてことにはならないでもらいたいです。



そして初回の一番のツボは逃げたルパンレンジャーに対して言ったパトレンジャー(その時点ではまだ変身能力無し)が『おのれルパンレンジャー!』とどこかの警部を思わせるセリフを放ったところです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やはり滾るね。

2017-07-30 22:45:53 | 感想
今日はバラエティ番組で「スーパー戦隊大好き芸人」がテーマだったので見ました。


仮面ライダー芸人が放送した時に「スーパー戦隊芸人も……」と思ってから1年ぐらい経っていたのですね。
そういうえばあれはエグゼイドが始まる前のことでしたっけ。


そして朝のスーパーヒーロータイムでもCMを入れて来る辺り。


調理の音が被らないように夕食を少し早めに作り始めて待機後、放送。


1時間の枠では足りないと思っていました。
芸人達はシリーズ分の41週分くれ、とも言ってましたね。


確かに足りないですね。
写真で一覧は紹介されていましたが、「言葉」として名前が出て来なかった戦隊もありましたから。


紹介されるのはやはり展開や名乗りにインパクトのある戦隊でした。


シンケンジャーの筆文字変身。
ゴーカイジャーの過去戦隊変身。
カーレンジャーのサラリーマン事情と芋ようかん巨大化。
トッキュウジャーの守衛砲。
ジェットマンのトレンディ事情とエンディング。
サンバルカンのお宅訪問。

などなど。(順不同)


ただ詳しい人が集まるだけでなく、よく事情を知らない人が驚くというのがこの番組の良いところでしょうか。


ラストにはキュウレンジャーも登場。
でも敵は何故か野球仮面(声は関智さん)。
そして芋ようかんで巨大化。
キュウレンオーで倒してから生身の俳優が出て来て映画宣伝して終わり。


やっぱり次は3時間ぐらいでもっと掘り下げてもらいたいなあ、と思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何年経っても滾るもの。

2017-04-23 23:19:22 | 感想
一桁の年数ではないのですけどね。


今日の新聞のテレビ欄にて。

フィギュアスケートのエキシビジョンの欄にあった文字が『セーラームーン』。


以前にスーパーマリオのを見たことがあります。

どうやら女子の世界トップが滑走するとか。


それは見てみたいと思っていながら、鉄腕DAsHも見たくてザッピング。


けれどそういうものは(CMも入れて)引き伸ばして引き伸ばして後の方に持って来るのですね。


滑走前に経緯らしきものも映っていましたが、どうやら本当にセーラームーンが好きな選手のよう。

部屋に並んでたフィギュア(人形)は今のCrystalではなく最初のセーラームーンでしたね。

テレビ朝日系だからか、映像も普通に使える辺り。


金メダルを目指す演技も良いのですが、こういう遊びゴコロのある演技も良いですね。

特にヲタにとってはこういう系が見過ごせません。


それを抜いても流石の演技でした。

録画はしていませんでしたが、YouTubeで検索すると普通に引っかかります。



ネオロマの音楽&衣装で誰かやらないかなー、と思いつつ、世界規模じゃないからちょっと難しいのが現実です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美麗グラフィック。

2017-02-24 22:58:25 | 感想
昨夜、遙か3Ultimateを始めました。


Vitaのパッケージ裏面のキャスト欄の一番最初が川上さんの名前。

PS2のパッケージ裏面を見たら、一番最初は三木さんの名前。


何度も言ったけど、のっぴきならない理由で代役が立てられるのは致し方ないこと。


ただ、いくらフルボイスや新規スチルがVita版の魅力とは言え、ここで川上さんの代役として入って来たら売上は伸びていないだろうと思った。

きっと「あり続けること」というのは当たり前のことじゃない。



話は戻って。


以前のプレイから随分経っているのに覚えているところもあるから不思議。


立ち絵やカットインがさすがVitaの技術と思えるほど美麗。
更にフルボイスで嬉しい。

選択肢を全部選んで聴きたいところもあるけれど、まずは自分の気持ちに正直に選んでみる。
まだ1周目だからどれを選んでもゲームの進行に影響は無い。


ただ、美麗になった分、PS2版のままのアニメ映像や戦闘画面が粗く見えてしまう。


それさえ仕方ないし、プレイできないよりはマシと思えるほどやはり遙か3は楽しい。

フルコンの為に何周もしたはずなのに新鮮だもの。



楽しみにしていたゲームが発売されて最初の土日となるわけですが、至誠館イベントが待っています。

前のはテイフェスと被って行けなかったから今度行けるのが楽しみ。

更に日曜日は池袋と秋葉原に行く予定で、こちらも楽しみ。



悪い出来事はギリギリで回避できているとはいえ、幸せばかりでもなく。

不安をたくさん抱えることもあるけれど、死ねない理由はこの辺りにあるのかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気分は上がる。

2017-01-09 23:39:34 | 感想
「声優総選挙」を見ました。
こういうのが放送されるとなると気分が上がります。



「声優が選ぶ声優」なのですから、大御所~超実力派がランクインするのは当たり前だと思っていました。
むしろあまり若い人を出されると、私としては何を基準に選んだのかが疑問に思えて来ます。

多少の視聴率が取れてTwitterでもトレンド続々かとは思いますが、さすがにファン投票で声優を選ぶ番組は地上波プライムタイムの3時間スペシャルは無いかと思われます。

それほどに「声優」を作り上げたベテランの方々が凄いのです。

以前何かの折には「若手(40まで)」と「ベテラン」で分かれていたランキングがあったようですけれど、今回は今回です。



そして局の都合なのでしょうか、「もっと有名な主役級キャラ居るんじゃない?」と思っても、出せる映像は限られて来るのですね。
いくらテロップは出るとしても、高山さんで一番にコナンを出して来ないとか。



新聞のラテ欄でどの人が入るかはある程度わかっていましたが、取材無しで写真と作品紹介だけなんて方も居られました。


今も活躍できる「持続力」だけでなく、演技力や技術力や心意気を含めた上でのランキングなので、ランクインしてもおかしくないのに入って来なかった大御所の方もそれなりに居る感じがしました。


1位は納得の山寺さんは2位の野沢さんのポイント数を大きく上回っていました。
マナーモードの音ができることは知っていたのにCM入る前の映像で見事に引っかかりました。(笑)


関智さんも5位にランクインで、落語心中の映像が流れたけれども同じアニメの主役級の石田さんはランクインしていない件。

そこはある意味予想通りな気がしました。


それにしても、落語心中の二期を楽しみにしていたのに名古屋(CBC)では放送しないとか。


名古屋飛ばしになったアニメはいくらかありますが、それを局違いのテレビ愛知で放送というのがたまにあるのでそこに懸けるしかないですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々に見入る。

2015-11-21 22:40:23 | 感想
「大人」になってからの方がドラマを見る確率が減っている天臣です。(アニメを見る確率は減っていません)


好きな漫画の実写化でも、番宣でのイメージが違うから最初から見ようとしないものもあり、「原作が好きだから」と理由で見ても数話でギブアップなどもありました。


そして今週、日テレの番組でやたら番宣があってあらすじ(設定)でちょっとおもしろそうだと思って録画をしておいて今日見ました。


なかなかおもしろかったです。

ただおもしろいだけではなく、感動する場面もあったり。

続きがありそうな終わり方で、連ドラの初回でも良さそうな雰囲気でした。

やっぱドラマを見るのは演出や脚本もさることながら演技力は大事ですね。

殿も成長したものです。



原作本があるというので検索してみたら、既刊で出版が5年前とのこと。コミック化もされている様子ですが一度も見かけたことが無く。

現時点、アマゾンでは在庫が無いようです。
きっとドラマの影響で出版社では重版がかかってるんだろうなと予想。


連ドラになっても良い気がしますが、あまりに決定が遅いと子役の子が成長して交替してしまいそうな予感がします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そこそこの。

2015-10-04 22:11:32 | 感想
今日から仮面ライダーが新シリーズで『ゴースト』になりました。


先週のドライブ最終回などにちょこっと出て来ていましたが、本格的な内容や目的などが判明したのは今日のこと。


主人公の演技力は微妙なところがありますが、一応初回ですから。
歴代のライダーに(元々?)演技力が高かった人がそれなりに居たので比べてしまうのもあるのでしょう。

もっと言うと、初回のアカニンジャーより随分マシです。(苦笑)

ニンニンジャーの演技力にも最近ようやく慣れて来た感じです。
キニンジャーの子が一番早く演技力の上達を感じたでしょうか。


戦隊にしてもライダーにしてもベテラン俳優が一人二人入っているので、その気があるのなら更に勉強するのだと思います。


内容については、比較的わかりやすいものだったかと思います。

アイテムを増やして玩具をたくさん買わせようという気がしないでもない変身アイテムだったりしますが、フォーゼよりは抑えめであろうと思います。
むしろフォーゼで作り過ぎたと学習しているのでしょうか。


そこそこ面白そうなのでなんとなく見ることにしようとは思いました。


「大人」になったせいかスーパーヒーロータイムの内容が理解できなくなって視聴が一時止まっていた時もありましたが、最近は『取り敢えず見てみよう』なのが多くなった気がします。


その差は一体何なのでしょうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加