表裏一体

表の話題も裏の話題もひっくるめて適当に語る徒然日記

新聞記事とか。

2011-08-31 22:18:26 | 呟き
東海テレビでの不適切テロップについて、昨日検証番組が放送されたようです。
とは言え、枠が取れなかったのか元々その番組が放送されていた時間に視聴していた人に向けたせいか、平日の午前中という社会人には優しくない時間帯。しかも東海ローカル。


今現在、東海テレビのサイト(http://tokai-tv.com/index.html)において番組の動画が見られます。


(特に心が)忙しいのに1時間も見ていられないので新聞記事と報告書を読みました。


新聞記事を見れば、結局一番の原因であるテロップ作成者は匿名の上に顔出しもせず。
犯罪そのものでない……いや、名誉毀損になるか。それだけのことをしてそれだけしか出さないでこっちに信頼を求められてもねえ……。

懲戒解雇は当たり前。仕事のできるできないは問題じゃない。心がある人間としてどうなのさ、って感じです。
以前から間違いがしばしば起きていたようですが、どうせ『仮名』を入れるなら普通に米のことを褒めた内容だったらそれほど問題は無かったのに。


私もとある「サンプル」を作る際に仮名を入れることはありますよ。
内輪の人間しか見ないとわかっていても不適切な名前など入れはしません。(趣味は満載だけど)


チェックも甘かった、なんて指摘もありますね。
人に伝えるプロならば何重にもチェックするはず。自分で解決できなかったら、すぐ上に言っても無理だったら更に上に報告するとか、放送業界に携わっていなくても『社会人』として手段はいくらでも思いつきます。


テロップの検証については腑に落ちないですけど、ヘキサゴンとかワンピとかネプリーグとかVS嵐とか、見たい番組が東海テレビでしか放送してないから仕方ない、って感じで今後も見ることでしょう。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うまければついて来る。

2011-08-30 22:41:44 | 呟き
たとえ中心街の店であっても、求められなければ廃れるもの。

たとえ中心街から外れても、求められれば続くもの。


実店舗でのビジネスは立地だけが物を言うわけではないと閉店準備をしている店を見ていると思います。



ただしかし、よく見かける「閉店準備」は服飾系が多い気がします。
服飾=流行モノ=人気も変動しやすく、移り変わりが激しい。
売れなくなって採算が合わず経営が苦しくなったらそれで終わり。


たとえばそれがアーティストなら、方向を切り替えて新たな道を進むことが出来るでしょう。
上手ければファンは付きますから。

たとえばそれが食べ物屋なら、新しいメニューを考案して新たな活路を拓くことができるでしょう。
美味ければ常連が付きますから。


職種によって仕方のないこともありますが、何度も流れて渦巻いて世の中というのは回ってゆくものだと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セカンドオピニオン?

2011-08-29 23:01:01 | 
自分のくじ運が気になる今日この頃。
(こんな時だけ)取り敢えずの努力はしているけれどどうだろう。

何度も「これ以上は無い」と思いつつ、何故か運がやって来てくれるから嬉しい。


でも未来なんて来なければ見えないものだから、今はどうしようもない。


そこで頼りにするのは『夢』。
時を超えたメッセージ、なんて解釈もあったりするから。


このブログにも内容を時々書いている。
『時々』なのは『時々覚えている』ではなく、『時々ネタになりそうなものを見る』という理由。


夢というのは時間が経つと忘れる。朝起きて夜書こうと思っても覚えていないこともしばしば。
取り敢えず覚えていた場合は寝起きの時にブクマしてあるケータイサイトで調べる。


だけどそれも全てのキーワードが載っているわけでもなくて。
同じキーワードでも後から他のサイトで調べると解釈が違っていたりもする。

良い結果を求める時は他所も見てみる。
本当は書籍もあるといいんだけど、どれがいいのか悩んで買いあぐねている状態が続いている。


今朝の夢は多分良い暗示…と思う。
願い、叶うかなあ?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日の。

2011-08-28 22:18:50 | 感想
他に見たい番組もあったし、風呂に入る為に中途半端に見られないので昨日の『お願いランキングゴールド』という番組は録画して今日見ました。


普段は見ないのですが、「声優が選ぶスゴイ声優BEST25」というのが気になりまして。


ポイント制のようなのですが1位から3位はダントツですね。
そこは納得です。


ランキング形式で紹介されてゆくのですが、「代表作」が何故そっち?というのもチラホラ。
一般的に見ても和彦さんだったらカカシ先生でしょ?中井さんだったらゾロでしょ?みたいな。

その和彦さんはランキングには入っていませんでした。ネオロマチームでよく褒められているので入るかもとチラッと思っていたんですけど。
「かっこいい」と「すごい」は似ているようで違うもの、なのでしょうか。


スタジオにも声優さん方が集まっていたのですが、平田さんがほとんど喋っていなかったのがちょっとなあ……という感じ。せっかくランキングに入っていたのに、エピソードも入っておらず。
調べてみたら、アニメでのキャリアはあの9名の中で一番短いらしいです。(舞台とか司会とかで95年以前から仕事はしていた様子)


真弓さんがしんちゃんのオーディションを受けて、矢島さん負けたというエピソードがありました。(御本人曰く気持ちいいほどの完敗だったとか)


番組の後半で、今度は矢島さんがブレイブストーリーのオーディションでウエンツに負けたという話がありました。

それはいくら何でも負けるわけないでしょ?

その後演じたシーンが流れたんですが、私が声ヲタというところを差し引いてもやっぱり負けるわけがないと思いました。
いわゆる「形だけのオーディション」だったのでしょうね。


三ツ矢さんもタッチの影響で時々このような番組に出るようですけど、なんか面白い人です。
岸尾さんのあのアドリブっぷりの元になった方というのも納得です。


とりあえずすごいのが見られて楽しかったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

効いているのかいないのか。

2011-08-27 21:03:24 | 生態記録
ここ1年ほど、大人ニキビが気になってます。


ニキビは毛穴に皮脂が詰まってしまうもの。

中学生~高校生のニキビは新陳代謝が活発になることによって皮脂が多く分泌されて処理しきれずに詰まってできるもの。
大人以上のものはホルモンバランスの崩れとか、睡眠不足やストレスからくるもの。


以前はそれほど気にするほどでもなかったのですが、ここのところは前のが治る前にまた新たに出現、みたいな。

睡眠は不足ってほど不足してるはずはないですし、ストレスも以前ほどはひどくありません。
ホルモンはさすがに自分ではコントロールしようもありませんからね。


あとは洗顔。
メイク(ファンデーション)をきちんとクレンジングできちんと落とせば問題ないかなと思っていたんですが、多分クレンジングで落とすだけでは足りないということでしょうか。


とは言え、「メイクも落とせる洗顔料」だけではさほど厚くないメイクでもあまり落ちないのはわかりました。

あまり皮脂を落とし過ぎると皮膚を守ろうとする「防衛本能」が働いて逆に皮脂が出過ぎるというのも聞いています。


一先ず大人ニキビ用クリームを買って塗りました。
箱に書いてあるように、ニキビができにくくなる…ということが無いのは何故でしょう。
治り具合が違って来て痕になりにくくなったのは確かですけどこれで効いているのか効いていないのかわかりません。

かと言って予算的にあまり高い品は買えません。
CMで「皮膚科で治しましょう」とも言っていますけど、そこまで深刻でもないので微妙です。


約2か月後の為に、私はどこまで頑張れるでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わかる人にしかわからない。

2011-08-26 22:48:01 | 感想
BLEACH総集編(雑誌)を読みました。

10年経つとプロでも更に上手くなるのだな、と実感。
しかし話が10年前にできていたからこそ今まで続いたのだと思ったりもしました。


そして「カラブリ」の描き下ろしがありました。


少々ネタバレ注意です。





総集編が出る、という話題が出るが『総集編』の意味を知らないルキアに一護が説明。

「要するに今までのことをわかりやすく振り返るもの」と知ったルキアは白夜を呼び、攫われた時の再現を求める。

そこへ恋次もやって来て、「今日からまた敵同士」と言い出した。


更に他の人々もやって来ていくらかの段取りを組むわけだが、このシーンはすべてフキダシ。
内容や口調から誰のセリフかを推測するしかないのけど。


多分雨竜が「ちょっと待て。黒崎のライバルなら僕が先だろう」に対して、多分恋次が「引っ込んでろ白メガネ」で、多分雨竜が「メガネは白くない、訂正しろ」……という流れがツボった。


『白メガネ』と言えばどうしてもネオイベでのイトケンさんが浮かぶ。
ネオロマを知った上でイベントを見た(DVD含む)人にしかわからないネタだけども、恋次がそのセリフ言ったかと思うとちょっと笑える。


カラブリは時々アニメ(死神大図鑑)になるけれど、これは「総集編」に対してのネタだからアニメにはならないかなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

免疫。

2011-08-25 22:21:38 | 呟き
今週に入ってまだかまだかと待っていた桜花祭の詳細がとうとう来ました。


日付についてはわかってますし、時間作って行く気も満載です。


気になるのはキャスト。
帰り道で携帯のネオロマ公式サイトをチェックしていたところサイトができていたことを知り、キャスト欄にリンクがあったのを見て早速クリック。


………………。


いきなり和彦さんの名前?……って、遙か4の並び順か。
関智さんに直純さんに中原さんに置鮎さんに鳥さんに根本さんに鈴村さんに…以下略。(コラ)

3月に出ていなかった人の名前は無し……やっぱり八葉揃わない。(泣)
開催発表から約1か月経って、その間にも出演交渉しているはずなんだろうけど追加されてないということはやっぱり無理なのでしょうか。


その件はもう7か月前に免疫ができています。
パシフィコでの祭なのだからできれば揃ってほしいところなのですけど、一市民の意見が通らないことも免疫ができています。
以前ほどの落ち込みはありません。
待ちに待っていた発表があった割には冷静です。


ただ、3月に居たはずの保志さんはっ?(超重要)

寺島さんは別のイベントが入っているので3月と同じだけ出られないというのはネット上で聞き及んでおりますが、個人的趣味からは離れておりますゆえ。
諏訪部さんや斎賀さんの名前も無いですね。


まだ日付の振り分けがされておりません。
毎度御馴染み「ほか」(追加予定)の文字はありますが、もう当てにしてません。


そしてホテルプランの受付も始まっています。
ネオフェス12を実質的にプラン料金で行ったことを思えば四葉+αの時点で申し込むのは問題なし。(本命ツボ入ってますし)
一度行ったおかげでその辺もまた免疫できてしまってますね。


キャストはまた締め切り後に更新・確定ということになりかねませんから深く考えない方が良さそうです。
料金が料金だとしても申し込んだから必ず当たる、とも限りませんし。


希望を懸けるか否かの二つに一つです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テレビ。

2011-08-24 22:33:14 | 呟き
なんかテレビ…主にバラエティ界が大変なことになってる。


逮捕されたわけではないし、功績を上げたスポーツ選手でもない。
なのに新聞の1面に政治的ニュースと同等のスペースで島田紳助引退のニュース。
今朝のワイドショーで会見の様子は見たけれど、たった3日で引退の結論になるようなことかと不思議に思う。

でも、悪いことは悪いことなんだよね。


ヘキサゴンとプロデュースの番組が好きだった。
今日のテレビ欄にヘキサゴンは載っていたけど、新聞のテレビ欄の内容は前日深夜に決められるもの。
で、今回のことを放送するかどうかは宙ぶらりんだったらしいのだが結局休止。


一部の番組では司会者を変えて継続するとのこと。
脱線はしないだろうけど、面白味も減るよね。


けじめをつけるのはいいけど、急過ぎる。


ヘキサゴン(アルバム・コンサート含む)とか、サーターアンダギーとか、リアンとか、夢来人とか、レギュラーとか、いきなり放り出されては困る人も居る。
収録済みで放送待ちの番組が何本もあるという。何らかの理由を付けて収録には出ず、収録分を消化した後で発表…という手段も取れたはず。


もうちょっと整理してからにしても良かったんじゃないかと思う。


「面白さ」については世間で意見が割れやすい。今回のことを喜んでいる人もネット上で多く見かける。
でも結局視聴率主義の世界なんだから、好きな人は好きで見ている為に『番組』というものは続けられる。
「歴史」「伝統」だけで続くのだったら水戸黄門だって終わらないし朝ドラの時間移動だって無いよ。


ヘキサゴンの放送が当分無いのは寂しいけど。


ぶっちゃけ遙5で八葉総入れ替えとかパシフィコの祭で(1~4)八葉が揃わないとかの衝撃はマシだと思う人間がここに一人。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

優しさは余裕から生まれる。

2011-08-23 22:59:23 | 心の中
また「心の中」カテゴリです。


今週に入ってから落ち着きません。

いつ桜花祭の詳細が出るんだろう、って。


日付的には『下旬』に入っている。
基本は金曜日更新のはずだけどここのところは何曜日に情報が来るかわからない。


詳細が出たところで参加が確定したわけじゃないからまだ不安は続くだろうけど。
取り敢えずキャスト次第でネオライ秋に強行するかもしれないのが関わっているから尚更。


強行するにしても予算がカツカツなので将来的な不安も考えてしまいます。
冷静な時は「今だけが楽しければ充分」ってほど楽天的になれません。


不安が心を締めている時は優しくなれないのですよね。

基本的に『当り散らす』ということはしないから自分の中に押し込めるだけ。


それを少しでも埋めようと働こうとしているわけだけど、仕事の量は限られている。
限られている物を自分のものにしよう思うけど、それは他人の仕事を奪うことに繋がる。

「奪い合えば足りないが分け合えば足りる」という言葉はあるけれど、分けたら減るのもまたこの世の理。

仕事を手にするのは悪いことをしているわけじゃないのに『そんなに仕事がしたいの?』とか言われてしまうと悪いことをしたような気分になって結局仕事を分けてしまう自分。


それで「落ち着かないループ」がより巡ります。


年内再演だったら『中止』じゃなくて『延期』の範疇だったんじゃないかな…ってのも胸に引っかかっています。

あの時点では「中止」だったのだし、次回の件を了承した上で振替を決めた(まさか本命が一人も居ないとは思ってなかったけど)のだから詐欺じゃないのはわかってます。


でも行けたはずのものに行けなくなるのは寂しくて「余裕」なんて生まれません。



好きなテレビ番組が無くなってしまうかもしれないし、習い事関係の予定も立てられない。


どこまで巡るか、このループは……。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

備えるべき?

2011-08-22 23:05:30 | 呟き
大人になっても子供の頃に言われたことがいつまでも残るから厄介だ。


やたらと薬(普通の風邪薬とか頭痛薬)とかに頼らない方が良いと親に言われたことがある。
今では間違いだとわかってウザいと思っても、子供の頃は何故かそれが「すべて正しい」と思ってしまう世界がある。


確かに飲み続けていれば耐性がついてしまう物もあるから間違いというわけでもないだろう。


しかし、切羽詰まりそうな時でさえ飲むのを躊躇ってしまうからどうだろう。
「きっとそのうち治まるから」と言って放置するのはいいが、放置していれば治るまでの時間が長くなってその間が辛いし、結局治らなかったら困るし、下手したら悪化するかもしれない。

悪化に備えるべきかどうか……見極められるほど自分で自分の身体をわかってはいない。
そうなると意志や記憶が軍配を示す。


薬学も進歩して、昔のような副作用が持続しているとも限らないのに自分が進歩していないのはこれ如何に。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加