表裏一体

表の話題も裏の話題もひっくるめて適当に語る徒然日記

この時季に。

2013-06-30 22:18:34 | 生態記録
靴が壊れました。


いつも靴は履きつぶすタイプです。
「替え時かな?」と思うのは『靴底が擦り切れた」『アッパーに穴が開いた」というパターンが多いのですが、今回は靴底が剥がれるという事態になりました。

イベントに行く時用で大事に履いていたつもりだったんですけどね。
年に数回履くだけでも購入したのは数年前。耐久性が落ちていたかもしれません。


瞬間接着剤で応急処置をすればもう少し持つかもしれませんが、外出先においていきなり剥がれたら大変です。
わざわざ修理するほどの価格でもない(むしろ修理代の方が高くつく可能性大)ので仕方なく処分です。


新しい靴を買う必要があるわけですが、これからの季節は夏なので、靴屋に並ぶ「レディースシューズ」はサンダルやミュールばかりです。


私の最優先事項は「つま先が出ない靴」です。

仕事履きにもするのでスニーカーはNG。

今は「パンプス用靴下」というのもあるのでパンプスもいいんですが、できれば靴下が隠れるタイプ希望。

更に私の『これくらいなら出せるよ』価格をクリアしているかどうか。


考えに考えていくつか試し履きした末に、ようやく決まりました。



イベントに行く時用のちょっと厚底な靴もあればいいなと思いつつ、取り敢えず最遊記の時は今日購入したものにしておきましょう。
コメント

可能性はあったけど。

2013-06-29 23:26:14 | 呟き
今日は銀魂のイベントだったそうで。


銀魂イベントは一昨年に桜祭り(仮)の振替のライブビューイングへ行きました。


ジャンプではネタによって時々読むか読まないか程度ですが、アニメはそこそこ好きですし映画も気になるしイベントも少し興味がありました。


両国国技館まで行くのは無理としてもライブビューイングならいいかなー、とは思っていました。
行く可能性もあったんですが、最遊記+WAイベとかコルダ4Sなどの情報が入って来たので直に行く方に集中し、ライブビューイングのチケットのチェックもすっかり忘れていました。


今日がその日であることはなんとなく思い出す程度で「まあ仕方ないか。再来週は生で石田さん見られるんだし」という感じでした。

しかし既に上がっているネットニュースでのイベントレポを見ると楽しそうです。


考えてみれば、いくらキャストが被っていても『作品』はそれ一つしか無いのですよね。


今日は習い事も休みだし行けばよかったかなー、と今更思ったりするわけですが数年前のように眠れないほどではなく落ち着いたものです。


月日により落ち着きが増えたせいか、今後に更なる楽しみが待っているからなのか。



自分では後者だと何となく思っています。
コメント

イベントに付き物。

2013-06-28 23:33:25 | 呟き
最近きになっているのはコルダ10Bの方のイベント。


それまではコルダ4Sで(コルダ3はよく知らないけど)どんなことになるのかな~?と思っていたんですがやはり世間的にも人気の比重は1・2の方が高いわけでキャストがどんなことになるかソワソワしている人も多いようです。


しかしその前に確定している最遊記+WAイベント。
イベント内容に重点を置いていてほとんど忘れかけていましたが、イベントには物販が付き物なんですよね。


ザラッと見ていてちょっと気になるものがありました。


現在使用しているパスケース……まあ、言わずもがなキャラクター商品ですが。
気がつけば5年ぐらいは使っているものです。


特に壊れているわけでもないのですが、鞄の中に入れっぱなしで擦れている為にちょっと汚れてきているんですよね。



この機に新しいのを買うか、しかしもう少し我慢するか、はたまたもう少し安価なキャラパスケースにするかですね。

キャストの筆跡でのセリフ(?)が印刷されたクッキーも魅力的なのですが、食べて無くなってしまうことを考えると勿体ない気がします。


今は遠慮しようかなー、などと思っていてもその場に行ったら(売り切れでなければ)結局買ってしまいそうな自分が居ます。
コメント

一体何の都合なのか。

2013-06-27 23:46:49 | 感想
4月から隔週で岸尾さんのネットラジオを聴いておりました。

一応生放送ですがアーカイブで後から聴くこともできます。(今のところ)


時々コアで付いていけない話題もあるんですが、トーク自体は好きな方ですしパソコンがついているついでなので聴いていました。


ラジオだと聴取率の問題も多少あるでしょうが、隔週ですし普通にスポンサーも付いているようなので1年ぐらいは続くと思っていたら今日の放送でいきなりの終了宣言。

一体何の都合なのでしょうか。

でも、あれはいい思い出になりました。


そしてうたプリやDD北斗も最終回を迎えました。

うたプリは朝に録画しておいたのを見たわけですが、最後の最後まで味噌汁吹くような場面があるってどうでしょう。(^_^;)


7月からのアニメでもダンガンロンパは楽しみにしているんですけどもね。
他の放送もチェックしておかねばです。
コメント

現実と未来はちぐはぐである。

2013-06-26 23:23:57 | 心の中
目の前に山がある。

乗り越えられるかどうかは乗り越えてみなければわからない。


しかし、乗り越えられる『現実』は時が過ぎなければ見えることはない。

上手く乗り越えられたらラッキーだし、頑張った自分を褒められることにもなる。

しかし途中で躓くかもしれないし、登ったところで落ちてしまうかもしれないし、諦めて引き返すだけかもしれない。


自信が無いからこそ現実は『理想』のままで未来と必ずつながるとは限らない。


全て思い通りにならないのは、「道」の中に居るのは自分一人ではないということ。


協調に対して頑張る気持ちがあれども、自分以外の者の気持ちは簡単にわからないわけで。
どんなに努力しても認められないこともあるわけで。


そういうことを考えると悪循環にハマって大変なことになる。


自分に厳しくするのと自分を痛めつけるのは違うし。

自分に優しくするのと自分を甘やかすのもまた違う。


自分を痛めつければ動けなくなるし、甘やかせば周りから余計浮いてしまう。


ちぐはぐでも生きていられるならそれでいいかもしれないとちょっと思った今日この頃である。
コメント

井の中の蛙も生きている。

2013-06-25 22:48:18 | 心の中
井の中の蛙とは、狭い世界しか知らなくて広い世界で自分がどれだけの存在(の大きさ)かを知らないという事例。


「自分はできる」とちょっとした自信を持ったところで、広い世界を知ってしまうと自分の小ささがより浮き彫りになってしまう。


ちょっとだけの差かもしれない。


頑張れば大海を知った上である程度強くなれるかもしれない。

でも、未来は見えないから不安しか無くて弱いままなのが現実だったりします。


狭い世界しか知らない者でも生きていることに価値があるのだと勝手に言い聞かせてみる。


大海へ出て波や潮に流されそうになったらば、取り敢えず流されてみよう。

もしかしたら流れ着いた先に思わぬ驚きと興奮が待っているかもしれないから。
コメント

焦燥感?

2013-06-24 23:37:20 | 呟き
昨今、1クールで終わるアニメは珍しくありません。

「取り敢えず人気が出たからアニメ化」というものも多いですからね。
それはステータスであり、原作人気にあやかってDVD売り上げ等による制作会社の収入を増やそうという意味合いもあるかもしれません。


「血液型くん!」のアニメが最終回でした。
私はニコ動のチャンネルで見ているのですが、2分弱のアニメですしネタ(原作ストック)もたくさんあるはずのでもっと続くと思っていましたが、あっという間でちょっと寂しいです。


7月からまた始まるアニメもありますが、現在楽しみにして見ているアニメが終わるのは寂しいと同時に時の流れに対しての焦燥感を感じたりもします。


今日はいろいろと緊張しましたし、しろくまカフェのライブビューイングも落選してしまいました。


不安も尽きないところで焦燥感は増すわけですが、多分眠れるようになっただけマシと思うことにして次に備えます。
コメント

心の中にはあったもの。

2013-06-23 23:24:13 | 創作裏話
4月1日のその日のうちにネタを練り上げ、作品としてアップした花太郎夢。


某乙女ゲーの声つながりからのネタで考えたのはいいけれど、時間がなくて半分だけ。


その話の軸になるべき大事な部分はハッキリ言って一言だけ。


そのまま「1本」で仕上げていればその書きたかった『一言』も入れられて既に終わっていたと思う。


けれど『前後編』という形にしてしまった以上、「1本」の長さが必要になるのでにその一言を広げなければならない。

自分でまいた種のようなものです。


心の中でその展開に持って行くことは決めていたんですがなかなか形にはなりませんでした。

時間はいつも以上にあったのに、出したところで壊れるわけでもないのに、何故か形にならないまま今日になりました。



明日からは時間が無さそうなので今日中に!と思って遙桜記を前倒しして先程2時間弱で書き上げました。


元々心の中にはあったので、やればできるもんですね。



また何か新しいネタが浮かんだらちょいちょい続けて行こうと思います。
コメント

熟トマト。

2013-06-22 23:09:50 | 生態記録
買っておいたトマト。

食べよう食べようと思いつつ、野菜を摂るなら人参派の私はついつい後回しになってしまって、とうとう生で行けるかどうか怪しいぐらいに熟してしまいました。


多分、腐っているほどではありません。
腐ると本当にカビが目に見えますから。

しかし、生で食べるにはちょっと勇気が要る感じ。


ということで、「トマトスープ」にすることに決定。


ネットでレシピ検索。

材料:トマト、塩・胡椒、油(炒め用)、コンソメ

天臣家には和風だしはあってもコンソメは無いんですね。
和風だしを使って仕上げようかと思いましたが、ちょっと冒険です。


取り敢えずトマトを湯むきして、種を取ってざく切りして、油で炒めて水を入れて塩胡椒のち味見。


……あれ?美味しい?


コンソメは入れていないはずなんですが、トマト自体が美味しいものだったのでそのまま行けました。


素材の味って大切ですね。
コメント

更に来たか!

2013-06-21 22:48:09 | 呟き
7月のコルダオンリーで何か情報は出ていないかと思って今日も公式サイトを見てみたら、9月に「10th Birthday」と銘打ったイベントがあるということ。


更に今度は1・2中心のイベントと表記されている。


最初からこっちやってよ!(屮 ゜д゜)屮


というツッコミもあるんですが、3中心のみで『10周年イベント』とされるのはどうかと思っていたので開催されるだけ充分かもしれない。


しかし、7月下旬にあってから9月初旬とはまたファンの口座(財布に普段そんな大金は入っていない)に優しくないスケジュールだよね。


冷静に思い出せば、遙か十年祭も2か月連続でin武道館とin京があったし、祭2011も1月と3月で行うはずだった。(3月は震災で中止)

それを考えれば「ネオロマペース」としては当たり前なのかもしれない。


十年祭はin武道館だった。
2日目の八葉勢揃いはほぼ満席だった。

コルダ3がフルボイス化+新要素でゲーム化という話題もあるけれど、世間(?)的には1・2の方が人気も需要もあるのが現実。

でも会場はパシフィコ。

これは『1・2中心』と称してもクインテットが集まらないフラグと考えていいんだろうか。
それともいつもの「これから出演交渉」というヤツなんだろうか。


取り敢えず様子を見て、クインテット率が確かに高かったら今度こそ旅行プランかな。
7月イベでの倍率をみると旅行プランだからって近年のネオイベのように簡単にはいかないんだろうけどチャンスは多い方が良いからね。

万が一取れなくても諦められる落ち着きが付いてきた。
あとは3年後(遙か15周年)に望みをかけるまで。


さて、今年までかと思っていたGCプレミアムも一応更新しておこうか。
コメント