表裏一体

表の話題も裏の話題もひっくるめて適当に語る徒然日記

ふと思い立つ。

2009-04-30 22:27:31 | 生態記録
一つのものやことに集中すると周りが見えなくなるのは長所のようで短所かもしれない。


GW最終日、地元イベントのステージを観覧する為の整理券がもらえるかどうかがかーなーり心配で、仕事中でも心ここにあらず。
絶対いつも以上に顔が強張ってますよ。
配布されるのが当日なので当日にならないとわからないんですよね……。

「地元に来るなら見られたら嬉しい」が「すごく見たい」に変化しています。
前もこんなことあったような……。(^_^;)


そもそもワガママ言っちゃいけませんよね。


そんな気持ちでもごまかせないようなミスはしていません。
お金をもらっている以上、それ相応の仕事をするのが社会人ですから。



そんな気持ちのままで超電王の映画に行って大丈夫かな…と考えていたらら、ふと電王の顔アイコンとかあってもいいんじゃないかと思い立ちました。


M良太郎は髪型的にイノリのアイコンを加工すれば…と考えていたら「あれ?できるんじゃない?」という考えに辿り着き。


家に帰って夕飯や風呂などを済ませてPCに向かい、いつものツールで取り敢えずやってみることに。
参考はアニメイトで買ったグッズノート。


M良太郎の逆立てた髪の雰囲気が上手く出なくて、何度も描き直してたら何とかできて。

そこからUKRWも作成。

作成後、5人を並べてみたら顔や頭の大きさが揃っていないので更に微修正を加えて何とか完成。
1ピクセルでも違うとかなり雰囲気変わるんですよね。


ということで、完成した顔アイコンを屋根裏地下室の素材部屋にアップしました。

ちょうどいいのでチャットルームのアイコンにもしました。


せっかく追加して、今週はGWなのでチャットの予定外出没もアリ……かも?
コメント

あくまで堅実ですから。

2009-04-29 21:33:52 | 呟き
今年はネオロマンス15周年の年。


毎年オープンした月に「●周年記念」と掲げるお店や地域スポットなどは結構ありますが。

ネオロマの場合は5年区切りで行って、様々な企画や作品が用意されています。


イベント内容にしても、発売作品にしても、5年前の10周年よりも豪華な内容になっているのではないでしょうか。



ネオイベの旅行プランにも15周年の企画があるようです。
これは旅行会社の方が考えたのでしょうか。


抽選で1組だけ旅行代金が15円になるとか。
どうせなら15組無料招待(交通費は自己負担でも)とかした方が喜ばれるのではないかと思いましたけど、それはさすがに「商売」として厳しいかもと。
負担するのはイベント主催側でしょうし。


15円になるのは『企画』としてはちょっと面白いからいいとして。


「プラン参加でスタンプカードにスタンプをためてグッズをプレゼント」というものは如何なものかと。


女は結構堅実です。(ネオイベでも男性が参加することはありますが)


イベントが開催されたとしても目当てが無い(居ない)なら参加は見送るというのは私だけではありません。

更に、いくら参加したいと思っても値段が値段なのでお財布事情から毎回参加できないケースもよくあることです。

その上、応募者多数で倍率の高い抽選になるのは毎回のことで、プランで行きたくても行けない人なんていくらでも居るでしょう。


いくつスタンプが必要なのかはわかりませんが、ためられる人は居るのかな?とちょっと疑問に思いました。



とりあえず私はグッズよりも当選運が欲しいので必要時以外はおとなしくしておきます。
コメント

知った順番が関わることもある。

2009-04-28 22:31:40 | 呟き
あくまでも「ファン」としての「好き」という意味ですが。


認識するのも遅く、そんなに「好き」とは言えなかった人が、何らかのきっかけで急激に惹かれて以前から知っていた人の「好き順」を越えてしまうことは時々あります。


恋は突然、理由は要らない、ですよ。


ま、私はそんな大層な数をこなしてるわけじゃありませんけどね。



逆に、もっと早くに知っていたらもっと好きになっていたかもしれない、なんてこともあります。


確かに魅力を感じないことものないけど、既にもっと好きな人が居るからやっぱりそれは超えられないという感じ。


「早く知る」ということは、こちらの年齢も若いということにもなります。
「若さゆえの情熱」も関係するでしょう。
多分、中高生の時に好きだったアニメや漫画やアイドルを今は嫌いだという人は滅多に居ないかと。(極端な例はあるかもしれませんが)


しかし「若さ」は実年齢を重ねれば去って行くものではなく、気の持ち方でいくらでも保てるもの……と私は思いたいです。
コメント

まさかの柊。

2009-04-27 22:11:52 | 呟き
昨日話をしていた時にネオライから遙か4の話題になった時、新しい遙かのヴォーカルCDの話を聞きました。


ドラマCDが2枚出て、それぞれにキャラソンのショートバージョンが収録。

このパターンで行くといつかヴォーカルアルバムが出ると思っていたんですが、なかなか話は出なくて。

それでも数日前に情報が出ていたようで。


『新曲として風早、サザキ、柊、遠夜のソロ曲……』


サザキが歌うならっ!


と、いつもならそこに反応するところなんですが。



柊が歌うっ?!



と、そっちへ意識が向きました。

今までの遙かCDでキャラソンの機会があっても新曲の少なかった天青龍。
遙か3アニメのエンディングを歌ったと思ったら、先回の『星影の詩』でも語りのみ。
と思っていたところに柊が歌うとの情報。

やっぱり遙か祭2008の千秋楽で解禁されたのでしょうか。

あれだけの歓声を浴び、その後きっと感動の感想も届けられたことでしょう。
そうなれば確かにいつまでも閉じ込めていられないと思い直したのかもしれないとか勝手に思ったりしています。


6月24日発売……ということは、そのCDの収録曲がネオライで歌われる可能性が高いですね。
どっちにしても買いますよ。


しかし、リブが語りで出るのにアシュヴィンはまた出ませんか……。
語りでもいいから出てほしいのですけどねえ。
コメント

突発!遙か史跡巡り(ぷち)

2009-04-26 22:34:55 | 生態記録
今日は京都へ行きました。


数週間前にWeb友の美波さんとどこかで遊ぼう、という話になりまして。

ほぼ中間地点である彦根辺りがいいかな?という流れで来ていたんですが、天気予報(及び気温)がいまいちだったのでそれだったら私が京都まで遊びに行こうと3日ほど前に決めて本日に至ります。


新幹線を使わずに電車で約2時間半。


京都へ到着して美波さんと合流。
まずはお昼ごはんで「オムライス神話」復活。

ちなみに「オムライス神話」というのはイベントレポでちょこっと書いた(はずの)ことなんですけど。
大阪での緑川さんのイベントの時と天上天下イベントの時と続けて昼食がオムライスだったことでその名が付きました。

その後2回は諸々の都合でオムライスには辿りつかなかったんですが、今回復活することになりました。



お昼ごはんを食べた後、京都駅の地下をウロウロ。
最近二人とも天然石(パワーストーン)に興味アリ。
専門店が無いか探していたんですが、駅ビル辺りでは見つからなかったので市内にあるらしい店に行ってみよう、ということになりました。


バス停へ出て、どの辺りまで行けばいいのか確認しようと市内地図を見ていたら。


「神泉苑」


の文字。

そう……神泉苑と言えば遙かのあの場所!
激しく反応し「ここに行ってみる?」と話していたら。


降っていた雨が止んだ。


ああ、これはもう神泉苑に行けってこと?と解釈してそちら方面へ向かうバスに乗ることに。
たまたま出発直前だったバスに乗って路線図を見ていると。


「一条戻り橋」

の文字。
そう……一条戻り橋と言えば泰明や勝真の好きな土地!(心のかけらの在り処)

ついでだからここまで行ってみようとその場で決めて、「一条戻り橋」のバス停で下車。


すると。


「晴明神社」を発見。


遙かで出てくるのは『晴明邸』ですけども、縁はあるということで行ってみることに。
先に一条戻り橋を探そうと思ったんですが、一度少し戻ってもそれらしいのが見つからなかったので結局先に神社へ。


すると、晴明神社への通り道に「陰陽師グッズ」看板を発見。


おもしろそうだったので、神社でお参りをした後に寄ってみました。


晴明印のグッズやお守りやおみくじだけでなく、当初探していた天然石コーナーもあり、更に四神グッズも盛りだくさん。


『四神』と来てまた更に遙か魂が揺さぶられます。
おもしろいのですけど、楽しいのがありすぎてどれにするかかなり迷います。(予算の都合もありますし)
四神の八卦鏡キーホルダーというのがあったんですけど、玄武だけ無いのです。「四神」の名が付いている以上それだけ作ってないことはないはずなので、おそらく品切れ。

やっぱり遙か人気?(笑)


記念としていくつかお土産を買った後、一条戻り橋の史跡を見つけ、更に歩いて神泉苑へ。


神泉苑といえば、1で神子が飛ばされた場所で、永泉が八弦琴を持って入った場所。更に3では九郎のイベントがあった場所。


行くのは初めてで、実際はどんな所かと思っていたら。


案外小さい。


ゲームのグラフィックで見た限り相当広い場所だと思ったんですが、神泉苑内を普通に歩いて通り抜けるのに10分かかるかかからないか。


まあ、それが現実でしょう。もしかしたら昔は大きかったのかもしれません。
でも写真は撮りました。
遙か3で望美が……もとい、史実で静御前が舞を舞ったとされるお堂(?)も見て来ました。


その後京都駅へ戻り、少しお茶をしてから地元へと戻りました。


久しぶりに友達に会えてたくさん話せた上に遙か巡りも出来て楽しかったです。


かなり突発的な行動でしたが、行って良かったです。
次回があったら、もう少し時間があったらもうちょっと調べて遙か史跡を巡ってみたいと思います。



ちなみに。

今日の京都は雨が降ったり止んだりだったんですけど。

先程書いたように、神泉苑へ行こうと話した時に雨が止みました。

バスに乗っている間に少し強く降ったのですが、バス停を降りて晴明神社に向かうとした時に止みました。

しかし、先に一条戻り橋へ向かおうとしたらまた雨が降って来て、晴明神社へ戻るとまた雨が少し止んで。

神泉苑へ向かう時にまた雨が降り出したと思ったら、神泉苑に着いた時に止みました。


何この運命っ?!
コメント

やっぱり電王だね。

2009-04-26 10:29:38 | 感想
現在移動中。

時間があるので今日のディケイドの感想でも。


着いたのは電王世界。
写真館からでた士の格好、まんま「桜井さん」ですね。

電王世界のことを調べようとした矢先にモモタロスが士に憑依。
のちソードフォームに変身してイマジンと戦闘。


「俺、参上!」「行くぜ行くぜ行くぜ!」やっぱりモモタロスはこれが無いと。

戦闘が終わっても士に憑依したままのモモタロス。

夏みかんが笑いのツボを押して追い出した後、実体を保つ為に今度はユウスケに憑依。

そのままプリンで釣って電王世界の話を聞く士達。
Mユウスケはまた外へ出て行く。
その途中、ディエンドと対峙で戦闘。
「俺参上」速っ。(笑)

一方、ユウスケを追って探して出た先でウラ、キン、リュウタが次々に士に憑依。
いきなり服まで変わる(ウラの眼鏡はいいとして)のはディケイドサービスでしょうか。


ディケイドと闘いたいのに士に憑いているのは、ということで次は夏みかんに憑依。


夏みかんは「女の子バージョン」だからいいとしても、やっぱりタロスズは良太郎に憑いた方がいいです。(-.-;)
モモは気迫が足りないしリュウタのダンスレベルが落ちた気がしてしまいました。

夏みかんに憑依したタロスズはディケイドと戦闘。

そして崩れる電王世界。

止められなかったことを後悔していたところにデンライナー登場。

中には負傷したウラ、キン、リュウタにコハナ、ナオミ、オーナー。


タロスズの外見や声もそうですが、この3人も、そしてBGMも「電王」のままのキャスト。ディケイドの中でここまでオリジナル色が強いのは今のところ電王だけですね。

今までライダーはカタカナ名の別人が出て来たのに「リョウタロウ」が出ないのは、そこまで世界を崩せないということでしょうか。



それにしても、やっぱり電王は一番楽しいです。

来週も、そして映画の方も楽しみです。
コメント

だから『操る』って凄い能力だと思う。

2009-04-25 21:58:44 | 創作裏話
今日はほぼ1日中雨でした。

靴底が磨り減りすぎて雨の日は水が染みて冷たいです。
思えば既に2年近く履いている記憶があります。

靴紐が解けやすくてたまにしか履いていなかったのですが、一方の靴が壊れてからずっと履き続け。
交通費を節約する為にひたすら歩いた時もその靴でした。

そろそろ買わないと……と思ってもピンと来るものが無くて伸び伸びになっていましたが、ようやく新しい靴を買いました。


やはり新しい靴だと水が染みることはありませんね。


雨の恵みは勿論大事なものですけども。


そんな雨の日に思ったこと。


「ALL RIGHT」のパミルは気象を操れるという能力を持っているという設定です。

実は生まれつき。
ただし物心つかないときは空の何がどうなっているかわからなくて、どうすれば何が起こるかわからなかったのでしょう。
『操る』ということで何を(誰を)どうしようは至らなかったようです。


本編には書いていないんですが、パミルのそれに一番に気づいたのは役姫です。


それを胸にパミルは自分の生まれつきの能力を伸ばして行き強さを得たのです。
『強さ』と言っても泰地やなずなに出会うまでは「空しい強さ」というものだったのでしょうけども。


で、明日ちょっくら西の方に行くわけですが。(イベントではないです)
当地の天気は微妙です。

パミルが居たら自由にできるのにな~と思いつつも、現実に居ない者は仕方ありません。
自然に逆らうのはそれこそパミルみたいな者でしょう。


人間でどうにかできることやどうにもできないことに拘わらず、「自由に操れる」というのは凄いことなんだと改めて思いました。
コメント

1日だけ…かなあ?

2009-04-24 21:49:22 | 呟き
趣味により内容に偏りが生じます。

失礼な発言が出るかもしれませんが御容赦ください。




さて。



夏のネオライキャストが発表されてました。

昼休みに携帯から『アベニュー』を見た時はまだアップされていなかったんですが、さっきPCから見たら公式サイトが開設されていました。


「ネオライ」という時点でまず出ない人とか、夏休みということで忙しい人とかを考えたら、まあまあ予想通りでしょうか。


関智さん、横浜だけですか……大阪に行くより遠いんですねぇ。(-_-;)
そりゃあ御本人のスケジュール次第なのでこっちであれこれ言っても仕方ないですけどね。


道臣の歌が出たから鳥海さんは来ると思っていました。

置鮎さん、オンリー以外でのネオイベって5年ぶりじゃないでしょうか。(私の記憶に無いだけ?)

イトケンさんと内田さんはネオイベ出演率高いですねえ。


出演者の下に『キャスト情報』で(プロフィール用の)顔写真が載ってますね。


一昨年は保志さんが居たから両日かどうか散々悩んで、仕事の関係で泣く泣く1日だけに絞ったんですけど、今回は最初から1日だけ狙いでいいでしょうか。


それにしても、最近はイベントの発表があってキャストが一人でもツボったとしても両手を挙げて喜ぶことができなくなっていますね。
チケットが一般で無事に取れるかどうか確定しづらくなっているからです。

数年前の私の騒ぎは一体どこへ行ったんでしょう。


大阪は…スルーですね、はい。
ネオロマ声優には嫌いな人居ませんけど、かける予算を考えるとお留守番傾向、みたいな。

既に9月のイベントの噂が出ていますからそちらに運と予算を回すべきかもしれませんし。



プランは使用しないので、優先とプレリザで昼夜取れることを祈りましょう。

早起きで一般もいいですけど、去年のアレ以来かなり臆病になってしまっているのですよね……。
コメント

そういえば『食べ比べ』ってしたことない。

2009-04-23 22:42:33 | 呟き
今日の「ぐるナイ」で名古屋が出ていました。

「ご当地グルメ」としてVTRに登場したのは味噌カツ、手羽先、味噌煮込みうどん、ひつまぶし、あんかけスパ。


世間一般では定番ですね。


そして食べ歩きと買い物をするメンバー達。
「恋人選び」で最後まで選ばれなかった人が買い物の料金を自腹で払うというルールなので、自信がある場合はどんどん買っていったりします。
よっぽどじゃないとビリは無いとは思っても、個人的趣味でどうなるのかわからないのがそのコーナーの面白いところです。


天臣もたまにあの界隈に行きますが、「買い食い」をしたことはほとんど無いです。(苦笑)
勿論「おいしそう」とは思うのですが、味に欲が無い為に買うまでには至らないのですよね。

そもそも「おなかがすいた状態で食べ物が売っている場所へ行かない」は節約の基本ですし。



そしてぐるナイの食べ歩きパートの最後に出てきたのがういろう。

お土産向けで有名なのは『大須』か『青柳』ですね。
『とらや』などもデパ地下で出ていますけど、生なので日持ちはしないっぽいです。すぐ会う人へのお土産ならいいんでしょうけど。


そんな有名所のういろうを時々食べたりします。
でも同時に二つのブランドのういろうがテーブルの上に揃ったことはないので「食べ比べ」というのをしたことはないんですよね。


だから「どっちがおいしい?」と聞かれても答えられません。
どっちも美味しいです。


でも、ツナマヨパンはローソンのが一番美味しいと思います。
コメント

ネームバリュー?

2009-04-22 22:37:40 | 呟き
天臣家でとっている新聞には「テレビ欄」の他に『見どころ・聴きどころ』としていくつかのテレビやラジオの番組がピックアップして書かれている欄があります。


そこに載るのは大抵プライムタイムの番組かドラマがほとんど。
ラジオになれば帯番組の確率が高いです。


アニメが『見どころ』に載ることは相当確率が低いです。
月に一度載るか載らないか。
載るとしたらレギュラーではポケモンやコナンやナルトあたり。あるいは映画でのスペシャル。
新しく始まるといって載るとは限りません。現にハガレンやドラゴンボール改は載らなかったです。


まあ世間一般の『注目度』はそんなもんだよね……とか思ってたら。


今日の新聞に載っていました。(写真参照)


しかも深夜アニメ。(東海地方では戦国BASARAは水曜深夜に放送です)


番組のジャンルは書いていないので、タイトルと番組紹介だけ読んだら何も知らない人はドラマか思ってしまうんでしょうか。


ちなみに私は録画して見ています。(ゲームの方はプレイしたことないんですけど)
伊達が妙にテンション高くて英語を挟んで喋ってるところとか、真田のキャラが布都彦ちっくなのが面白くて結構好きです。(笑)


合戦ものはドラマにするとかなり大掛かりじゃないと納得できないものになりそうで難しいと思いますよ。
勿論戦国BASARAの作画の綺麗さも相当手が込んでいると思いますが。


国民的アニメでも『見どころ』にはあまり載らないのに深夜アニメ……やっぱり戦国武将のネームバリューからのことでしょうか。
コメント