べんりや日記

住まいのこと、情報発信!

円形屋根の家 旧吉田町(燕市) T邸

2009-09-10 23:53:54 | 円形屋根の家 旧吉田町T邸(越後杉)
大黒柱を中心にした大空間と円形屋根の旧吉田町 T邸です
明るく・暖かい家をコンセプトにしたバリアフリー住宅でもあります。




 カメラマンによる撮影


プロのカメラマンに撮影してもらった吉田町T邸の写真を掲載します。
丸柱が異様に気に入ったらしく、カメラマンもかなりの枚数を、この大黒柱に集中して写していました。



台所側から見た大黒柱
放射状に伸びる梁は円形屋根を支えます。
小屋根に明り取り。
障子風の天窓は、開閉して奥の部屋の換気を促します。
もう8年も前の作品なのに、色あせた感じもありません。



大黒柱と和室、台所の配置がわかります。
南面から光を取り入れ、天窓からも光を入れています。
明るく、暖かい家がコンセプトです。



天窓から入った光が床に反射し、対照的に映っています。
カメラマンも、この形に引かれたのでしょう。
「形のおもしろさ」もこの家のテーマでもあります。



この天窓、夜は月が見えるそうです。
部屋で月見ができる風情ある家・・



奥の部屋からのカット
どうしても、大黒柱を真ん中に置いて写したいようです。
カメラマンもカメラをかまえて、ぐるぐる回っていました。
上を見すぎて首が痛くなるのも、私の家の特徴です。



玄関。
お客さんの趣味のケヤキ箪笥がお出迎え。
この家、バリアフリー住宅なのですが、そういう感じが全くありません。
お客さんは車椅子での生活ですが、
「古民家風」に仕上げることで、
バリアフリーという面を完全に覆い隠しています。




バーベキューが出来る庭で、
庭屋さんも円形屋根に合わせてコーディネートしたそうです



円形に敷き込んだブロックが、円形屋根とマッチしています。
いつまでも見ていて飽きない空間です



正面
柵も家に合わせての手作りです。
お客さんがこの家を大切にしているのが分ります。
全体の雰囲気を壊さないで統一性をもたせることで、
さらにこの家が引き立てあっています。


全景
「家」というよりも「舟」という印象。
地震のときも、舟のようにゆったりと揺れたそうです。
デザインもさりながら伝統構法を駆使した傑作のひとつです。
「越後にいきる家 認定2号」の名に恥じない作品です。



 関連記事


撮影風景

屋根の家

新潟日報の取材

各部屋の紹介

建て方の様子


 バリアフリー住宅


この旧吉田町T邸のバリアフリー住宅の要素を発展させたのが、中島町H邸です。こちらは、「完全バリアフリー住宅」なのですが、その面をほとんど感じさせない仕上がりになっています。

「バリアフリーの家」中島町H邸


作品集へ・・

コメント   この記事についてブログを書く
« 加藤材木店 丸太搬入 | トップ | 村上市 町屋の屏風まつり »

コメントを投稿

円形屋根の家 旧吉田町T邸(越後杉)」カテゴリの最新記事