べんりや日記

住まいのこと、情報発信!

ヤマハシステムキッチン ドルチェ

2009-12-16 17:54:01 | システムキッチンを考える
長岡のYAMAHAショールームにて、
「一番、高いキッチンを見せてください」と頼んだところ、
オープンタイプの「ドルチェ」対面型キッチンがそれだそうで・・・


YAMAHAといえば、楽器やバイクがまず、思いつきますが、ピアノの塗装技術を駆使したキッチンの扉は、豪華というほか無いでしょう・・・



ピアノがキッチンになったような感覚です。


で、まさに「音楽が鳴るんです」
と、ショールームのお姉さんが、対面側の扉を開くと、CDが付属されていて、流しの巾木部分にスピーカーが付いているという・・・

そこまで、するか!



対面側の扉を開くと・・・


そこにはCDをはじめとするアンプシステムが・・


一番下の巾木部分にスピーカーが内蔵されています。
ここまでくると、趣味の世界ですな~



この流しの扉は、すべて職人による塗装が施されているということで、色を塗っては研磨し更に上を塗るという、ピアノの塗装技術が使われています。

光沢は正に「ピアノ」そのもの・・・
扉の裏側も同様の塗装がされているという手のかかりようです。



ピアノと同じ技術で仕上げられている色とりどりの扉


裏側も手を抜くことなく仕上げています。


仕上げまで7段階の工程を経ています。
まさに職人芸の世界・・・



対面側にあるミニシンクはちょっとした洗い物や
野菜などを漬けて冷やすのに便利とか・・・


メインのシンク下の扉は、流しが深いために少し高さが低くなっています。
扉の裏側に包丁差しがありますが、包丁の収納としてはこれがベストかも・・・

全体にデザインに凝っているため、収納量はありません。シンク脇の4段引き出しには包丁差し(横型)が入っていたので、本当に使う気があるのか分からない・・
2~3人家族くらいの規模で、広いダイニングがあるならば、この流しを入れてもいいかもしれません。
対面キッチンで6帖くらいのスペースが必要となります。

「これがほしい」
と、展示品をそのまま求めていくお客さんも居たとか・・・


「システムキッチンを考える」目次へ・・
コメント   この記事についてブログを書く
« ペットも洗える! マルチユ... | トップ | 山の木の流れ »

コメントを投稿

システムキッチンを考える」カテゴリの最新記事