弁理士『三色眼鏡』の業務日誌     ~大海原編~

おかげさまで事務所開設7周年!
今後とも宜しくお願いします。

【業務日誌】雨はいつか止む

2019年09月18日 07時52分04秒 | 業務日誌
おはようございます!
朝一で、雨が降りださないうちに銀行回ろう、と思って自転車で出かけたら、
出てものの数分で本降りになりました。。。。ヒロシです(違う)。


さて、昨夜は中小企業家同友会の例会に参加してきました。
藤沢でハンバーグ屋さん「藤沢Bistroハンバーグ」他を経営している移川さん。
移川さんの報告を聴講するのは2回目。前回の“悲壮感”を帯びた報告がなぜか心に刺さっており、
また創業時期も弊所設立と殆ど同じ、ということで勝手にひそかに親近感も感じており、
今回の参加となりました。

いやー、相変わらず、経営のリアルを重厚感をもって語られる。
天国と地獄の振れ幅が大きすぎるんじゃ…?という気もするけど、これがリアル。

報告の際に配布された資料の一つに、
“逆境の時に響く言葉集”とでもいうべきものがあった。

例を2,3挙げると…
・遠回りしながらも、もがいて身に付けたものの方が、簡単に得たものよりも後々まで役立ちます。(羽生善治)
・困難に出逢った時、「ありがたい。この程度ですんでよかった」と感謝すると、その瞬間から人生は好転する。(中村天風)
・人生にリセットボタンは無いけれどスタートボタンは何回押してもいい!(田口久人)

などなど。

ひとつひとつが沁みる、というのもあるけど、
ボリュームの迫力、というか、一人じゃなくたくさんの人が言葉こそ違え同じように苦しいときのことを語っている。
そういうのを見ていると、
“いや、どんな成功している(と見える)人にも困難って降りかかっていて、それでも諦めないで歯を食いしばって堪えてきたから今があるんだな”
と思える。

ピンチはチャンス。
雨はいつか止む。
そういうこと。

…でもなあ、なにも外出した瞬間にピンポイントで降らなくても。。
と、雨の上がった窓の外をみてちょっとボヤいてみたりする今の自分。
コメント   この記事についてブログを書く
« 【業務日誌】棚卸し と ラ... | トップ | 【雑記】弁理士試験_論文式筆... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

業務日誌」カテゴリの最新記事