今日のピッコロ

ピッコロシアター、県立ピッコロ劇団、ピッコロ演劇学校・舞台技術学校などのニュースや、日々の活動をご紹介します。

年末年始の休館のお知らせ

2010年12月28日 | 劇場の話題
ピッコロシアターは本日が仕事納め。
明日から年末年始のお休みを頂き、新年は4日(火)午前9時から業務を行います。
なお、2012年1月度のホール利用申込も1月4日(火)朝9時から受け付けます。
一年間、ご利用・ご来館いただいた皆様ありがとうございました。
来年も何卒よろしくお願い申し上げます。
どうぞ良い年の瀬をお迎えください。
ピッコロシアター職員一同

今日のピッコロ ~オカンのぼやき6~

2010年12月28日 | 演劇学校・舞台技術学校

日々に追われているうち、あっという間に演劇学校の2学期の授業は終わり、残るは3学期を残すのみとなりました。

10月の合同発表会の後には、それぞれに悩む様子も見受けられましたが、時間が過ぎるとともに、それぞれが次のステップへと向かっていこうとする強さを見せてくれたことが、とても嬉しかったです。

12月には、本科・研究科とも卒業公演に向けた授業が始まり、学校生たちは講師とともに卒業公演に向かって走り出しました。

新年には、卒業公演の顔合わせが行われ、演劇学校は卒業公演の色にどんどん染まっていきます。
つかの間のお正月休みですが、しっかりリフレッシュして、新年に元気な顔を見せてほしいと思います。

では、みなさま良いお年を・・・。

演劇学校担当:小梶


資料室からのお知らせ

2010年12月24日 | 劇場の話題

ストーブ・ファンヒーター・コタツの恋しい季節となってまいりました。
寒さ深まる今日この頃、暖かい部屋でのんびりと読書などいかがですか?

最近寄贈されたオススメの一冊はこちら!

野田秀樹さん率いる劇団夢の遊眠社(現在は解散)が、1986年に初演した戯曲「半神」です。

漫画家の萩尾望都さんが原作・脚本化されたものを、鬼才・野田秀樹がダイナミックに舞台化。

 <あらすじ>

醜いが高い知能をもつ姉シュラと、美しいが頭が弱い妹マリア。
ふたりは、半身を共有しながら、時に反発し、時に依存しあいながら存在してきた。
しかし、負担の大きさから双方ともに衰弱し、十歳を目前にして死の危険に直面する。
救う方法はひとつ。
分離手術によって、どちらか片方を生き延びさせる方法だけだった。
手術の成功で生き残ったのは、シュラなのか、マリアなのか・・・

「にぶんのいち たす にぶんのいち は しぶんのに」
「スフィンクスの謎の答えは いつも人間」
「タンゴのリズムが織りなす らせん方程式」

豊かな言葉がちりばめられた作品です!
沢山の戯曲を取りそろえておりますので、どうぞご利用くださいませ。

■資料室は12月28日(火)まで開いております。
平日   10時~17時半
土日・祝 10時~16時

資料室:内田


「さらっていってよピーターパン」当日券と上演時間について

2010年12月23日 | ピッコロ劇団
ピッコロ劇団ファミリー劇場「さらっていってよピーターパン」は、全公演とも当日券をご用意しております。
それぞれ開演の1時間前から会場の兵庫県立芸術文化センター「阪急 中ホール」前の当日券売り場で発売いたします。
ご来場お待ちしております。
 
■「さらっていってよピーターパン」
12月24日(金)16:00/25日(土)11:00 16:00
兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
(阪急「西宮北口」南改札すぐ)
上演時間:約90分
お問合せ ピッコロ劇団 06-6426-1940
広報☆古川
 

 

「桂米團治独演会」チケット発売開始

2010年12月18日 | 主催事業
昨日から、2011ピッコロ寄席「桂米團治独演会」(2月11日[金祝]14:00開演)のチケットの一般発売が始まりました。
昨年は早々に完売した人気の落語会。今年も出足は好調です。
 
米團治さんご本人からのセールスポイントはこちら↓
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
落語家でありながら、ミュージカルやクラシック音楽に凝っていて、
特にモーツァルト熱は重症で、自分をモーツァルトの生まれ変わりだと信じています。
 各地でオーケストラと競演し、オペラと上方落語の合体[らくごぺら]という新分野も確立しました。
 幅広い趣味を謳歌しつつも、古典落語に対しては純粋な心で向き合っています。
[王道を見失わずに歩む]のが信条。
上方の華やぎを大切に落語のさらなる繁栄を願って、今日も落語に邁進します。
                               桂 米團治
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
■2011年2月11日(金祝)14:00 
 ピッコロシアター 大ホール
「いらち俥」   桂 佐ん吉
「つる」     桂 米團治
「禍は下」     桂 宗助
「不動坊」    桂 米團治
     (中入)
「代書屋」    桂 米團治

 

ピッコロシアター、ローソンチケット、塚口さんさんタウンで発売しております。
良いお席はお早めにお求めください。
 
 
 
業務部 山本 

「さらっていってよピーターパン」特大ポスター登場

2010年12月17日 | ピッコロ劇団
12月24日・25日に芸術文化センターで上演する「さらっていってよピーターパン」。
いよいよ公演間近に迫ってきました。
 
クリスマスで賑わう阪急西宮北口駅の構内に、公演の特大ポスターが登場しました。
真っ赤なバックに、ピーターパンの後姿が切り絵で描かれた印象的なデザイン。
ぜひご注目ください。
 

クリスマスの予定がまだ決まっていない方へ・・・
心躍る舞台をクリスマスのデートコースに、またオリジナリティ溢れるクリスマスプレゼントにしてはいかがでしょうか?
ピッコロシアターHPのトップページでは舞台の動画もご紹介しています。
 
 
■「さらっていってよピーターパン」
 12月24日(金)16:00/25日(土)11:00 15:00
 芸術文化センター阪急 中ホール(阪急西宮北口駅前すぐ)
 おとな3,000円 こども1,500円 セット(おとな+こども)4,000円
 ピッコロ劇団 06-6426-1940
 芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255 
 
 
広報☆古川  

【掲載情報】毎日新聞「支局長からの手紙」

2010年12月16日 | 劇場の話題
12月10日に、このブログでもご紹介したソウル芸術大学からのインターンシップ生チェ・ボラムさんの研修の様子が、毎日新聞に掲載されました。
 
12月16日(木)付、毎日新聞阪神版(朝刊)『支局長からの手紙』。
阪神支局の香取支局長自ら、ボラムさんの似顔絵も書いて紹介して下さっています。
 

毎日j.p.からもご覧いただけます。
 
 
広報☆古川

トライやるウィーク(尼崎市立園田中学校)

2010年12月11日 | 劇場の話題

11月30日から12月3日まで、「トライやるウィーク」の一環で、地元の尼崎市立園田中学校から2年生3人を受け入れました。

 

演劇部所属で夏休みには「ピッコロフェスティバル」の舞台も経験しているという3人。
ならば、少し専門的なことも勉強してもらおうと、今回はピッコロの専門職員から舞台機構の説明や、『演劇を取り巻くさまざまな職業』という講義も受けていただきました。


将来、何かのヒントのになれば嬉しいですね。
3人から研修の感想が届きましたので、ご紹介します。
 
========================================
 
4日間のトライやるウィークで一番心に残ったことは、たくさんの照明や音響の器具を見ることができたことです。
ライトの色の種類が思っていた以上たくさんあることにおどろきました。

そして、調光室では、スイッチがたくさんある機械がいくつもあって、スポットライトという機械は動かすのが重たかったです。

演劇部で裏方のお仕事をしていない私にとって、裏方の仕事もやってみたいなと思いました。

裏方の仕事の大変さがよくわかってとてもいいトライやるウィークでした!
これからも何度かピッコロシアターさんのホールで演劇をさせていただきますが、私たちをささえてくださるすべての方に感謝し、心の込もった演技をしたいです。

4日間がすごく充実していて、多くのことを学びました。
そして、もっと演劇が好きになりました。

ありがとうございました。

園田中学校  西川

========================================

この4日間のトライ・やるウィークは楽しく出来ていい思い出が出来ました。
その中でも1番良い思い出になったのは、衣装部屋に入らせていただいた事です。
衣装部屋に入ると色々な衣装があり驚きました。

入ったときに、『どの衣装着てもいいよ。』と言われたので、紫色のきれいなドレスとピエロ衣装を着させていただきました。
すごいにあってると言われて着て良かったなと思います。

トライやるでは私を入れて3人ですが、1人の子はウエディングドレスとからすを着ていてもう1人の子は、よく分からない衣装を着てました。
でも皆にあってたと思います。

4日間しかありませんでしたが色々とお世話になり、色々なかたがたが優しくしていただいたので良かったなと思いました。

ありがとうございました。

園田中学校  江本

========================================

この4日間で、裏方ってやりがいがあるんだなって思いました。
そう思った理由は、裏方の人達が一生懸命舞台で役者の人たちがやりやすいようにしようと頑張っていたからです。

わたしは演劇部で、裏方をやっていたけど、途中で、同じ裏方の子が偉そうに言ってきたので、むかついて投げやりになってしまったことがあったので、今度裏方をするときは精一杯やりたいなって思いました。

ピッコロの皆さん楽しくてためになる事を教えてくれてありがとうございました。

園田中学校  遠山

=======================================

広報☆古川


韓国留学生と新聞社訪問

2010年12月10日 | 劇場の話題
一昨日、ピッコロシアターで研修中の韓国・ソウル芸術大学のチェ・ボラムさんと阪神間にある各新聞社を訪問しました。
目的は、『ピッコロシアター文化セミナー 俳優・演出家 笈田ヨシさんに聞く』 
ピッコロ演劇学校・舞台技術学校オープンキャンパス』のPR。
研修の一環として、ボラムさんは一生懸命に予習した流暢な日本語で「文化セミナー」の魅力を説明してくれました。
「私は日本でまだ3ケ月間しかいませんが、日本から多くのことを貰いました。
笈田さんはヨーロッパで40年以上も活躍していて、そこで色んなことを貰ったのだと思います。
それはとてもおもしろい、興味深いことだと思います」と。
写真は毎日新聞阪神支局にて。
香取支局長さんがボラムさんを取材しているところ。
近々、ボラムさんの話題も紙面に登場するかもしれません。
お楽しみに。
 
■ピッコロシアター文化セミナー<77>
 俳優・演出家 笈田ヨシさんに聞く 『漂流俳優』 
 12月22日(水)午後3時 ピッコロシアター中ホール
 入場無料(要申込)
 
広報☆古川

軽音楽ライブ実習、はじまる

2010年12月09日 | 演劇学校・舞台技術学校

ピッコロ舞台技術学校の軽音楽ライブ実習が始まりました。

大ホールを使い、準備を含めて4日間行われるこの実習。
2学期までかけて学んできたことの集大成という事でとても大がかり!

中ホールを使った合同発表会よりもさらにたくさんの灯体を仕込み、オペレーションする照明コース。

初めて自分たちだけで音響卓の仕込みをしました。もちろん生音のPAも初体験(?)の音響コース。

美術コースもキラキラ光る舞台セットを作り、いよいよ実習本番!

演奏協力で参加して下さっているのは、大阪を中心に東京などでもライブ活動を行っている「ALL SWAMPS(オールスワンプス)」さん。
音出し~リハーサル~本番という一連の流れを何度も繰り返し演奏していただいてますが、毎回パワフル&ソウルフルな音を聴かせて下さいます。
12/11の最終日にはミニライブも予定されていますので、こちらもとても楽しみです!

そして、この実習はオープンキャンパスにもなっておりますので、普段は見れない授業風景を広く外部の方にご覧頂けるようになっています。

音楽ライブができるまでの流れを楽しむもよし、授業の雰囲気を味わっていただくもよし、もちろん、ALLSWAMPSさんの演奏を楽しむもよし!
まだまだ参加を募集していますので、どうぞピッコロシアターまでお問い合わせ下さい。
実習日は12/9~11。時間は18時40分から20時40分まで。たくさんのご参加をお待ちしております。


舞台技術学校担当:中川