今日のピッコロ

ピッコロシアター、県立ピッコロ劇団、ピッコロ演劇学校・舞台技術学校などのニュースや、日々の活動をご紹介します。

【資料室だより】10月の入荷本

2017年10月28日 | 資料室だより

ピッコロシアター資料室では、10月に下記の図書を入荷しました。

「シアターガイド」11月号(モーニングデスク)
「テアトロ」11月号(カモミール社)
「演劇と教育」9月号(晩成書房)
「えんぶ」10月号(えんぶ)
「悲劇喜劇」11月号(早川書房)
「シアターアーツ2017春号」(晩成刊書房)
「劇作家 秋元松代 荒地にひとり火を燃やす」著:山本健一(岩波書店)
絵本「劇場ってどんなところ」 (西村書店)

お探しの図書が見つからないときや相談などは、お気軽に職員にお尋ね下さい。


*********************************************************************
【ピッコロシアター資料室】 
舞台芸術に関する図書や台本の閲覧・貸出を行っています。
■場所:ピッコロシアター 1階
■利用時間:午前10時~午後5時30分(土・日・祝は午後4時まで)
■休館日:月曜日(休館日が祝日と重なる場合は翌日)
 ※劇場行事・蔵書点検などの都合で臨時休室することがあります。
◎一人2冊以内、2週間まで借りることが出来ます。
◎借りるためには利用者カードが必要です。作成時に身分証明書を提示して下さい。
◎利用者カードの有効期限は1年間です。
■お問合せ:ピッコロシアターTEL 06-6426-1940  FAX 06-6426-1943
***********************************************************************


【2017 Piccolo Passo】いよいよ明日!

2017年10月27日 | 演劇学校・舞台技術学校

ピッコロ演劇学校・舞台技術学校 合同発表会「2017 Piccolo Passo~小さな一歩~」

いよいよ明日、〈本科35期生〉の公演初日を迎えます。
満席が予想されます。お早目にお越しください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「2017 Piccolo Passo ~小さな一歩~」

演劇学校〈本科〉『Showcase~嘘~』

2017年10月28日(土)18:30/29日(日)14:00開演

ピッコロシアター 中ホール 入場無料

※開演45分前より入場整理券を配布いたします。

開演30分前より整理番号順にご入場いただきます。

 

 演劇学校〈研究科〉&舞台技術学校

『5時45分、グローヴァーズ・コーナーズ発 ~T.ワイルダー作「わが町」より~』

2017年11月4日(土)18:30/5日(日)14:00

ピッコロシアター 中ホール 入場料金:500円(全席自由席)

お問合せ:ピッコロシアター TEL 06-6426-1940 FAX 06-6426-1943

公演詳細http://hyogo-arts.or.jp/piccolo/event/detail/?id=212


【2017 Piccolo Passo】いよいよ今週末から!

2017年10月26日 | 演劇学校・舞台技術学校
 ピッコロ演劇学校・舞台技術学校生による平成29年度合同発表会
「2017 Piccolo Passo ~小さな一歩~」着々と準備が進んでいます。

昨夜の舞台技術学校の授業風景より。

 

大ホール舞台上では、音響コース生が演劇学校研究科の通し稽古の映像を見ながら

音響のきっかけの確認をし

 そして奈落作業場では、美術コース生による舞台セットの色塗り作業が

急ピッチで進んでいました。

 この「2017 Piccolo Passo ~小さな一歩~」では

演劇学校本科生32名、研究科生23名は役者として、そして、舞台技術学校生27名は、美術・照明・音響のスタッフとして共同でひとつの舞台を創り上げます。

どうぞ、ご期待ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 「2017 Piccolo Passo ~小さな一歩~」

■演劇学校〈本科〉『Showcase~嘘~』

2017年10月28日(土)18:30/29日(日)14:00

ピッコロシアター 中ホール 入場無料

  

■演劇学校〈研究科〉・舞台技術学校

『5時45分、グローヴァーズ・コーナーズ発 ~T.ワイルダー作「わが町」より~』

2017年11月4日(土)18:30/5日(日)14:00

ピッコロシアター 中ホール 入場料金500円(全席自由席)

 

お問合せ:ピッコロシアター TEL 06-6426-1940 FAX 06-6426-1943 

公演詳細http://hyogo-arts.or.jp/piccolo/event/detail/?id=212


【尼崎市民芸術奨励賞】ピッコロ劇団員 眞山直則

2017年10月24日 | 劇場の話題

ピッコロ劇団員の眞山直則が、「平成29年度尼崎市民芸術奨励賞」を受賞しました。

この賞は、芸術性の高い優秀な作品を創作し全国規模の活動を展開しており、今後の創作活動が期待される者に贈られます。

10月23日、尼崎市役所にて表彰式が行われ、稲村和美尼崎市長から表彰状が授与されました。

ピッコロ劇団での長年にわたる幅広い活動、特に台本・演出面で大きく貢献し地域の舞台芸術の向上の一翼を担っていること、また学校教育でも指導者として精力的に取り組み、高い評価を受けていることが認められての受賞です。

 

今後の一層の活躍に、どうぞご期待ください。


【販売終了】桂吉朝一門会

2017年10月20日 | 主催事業

ピッコロ寄席 桂吉朝十三回忌追善「桂吉朝一門会」(12月21日)の本席は

ピッコロシアターと全てのでプレイガイドで販売を終了いたしました。

なお、ピッコロシアターでは
10月27日(金)午前9時から補助席を若干数、販売する予定です。

お問合せ:ピッコロシアターTEL 06-6426-1940  FAX 06-6426-1943


留学生インターンシップ感想①

2017年10月18日 | 劇場の話題

夏休みにインターンシップを受けた神戸学院大学グローバル・コミュニケーション学部の留学生5名。

『ピッコロシアターの魅力』をテーマに感想を書いてくれました。

順次ご紹介します。

                           チョウ シチン(中国)

二週間のインターンシップありがとうございます。
ピッコロシアターでいろいろ勉強になりました。

ピッコロシアターでは、舞台のことや、劇団のことを社員さんから丁寧に紹介していただきました。
社員さんと話をしていて、勉強になり楽しかったです。

ピッコロシアターにはピッコロ演劇学校やピッコロ舞台技術学校もあり、演劇について学ぶことができます。
演劇を勉強したい方ぜひお越しください。
地域交流活動もあります。兵庫県にとても貢献しています。

ピッコロシアターの公演もたくさんありますので、皆さんぜひお越しください。

本当に、ピッコロシアターとの出会いはよかったです。

朝から新聞を読んで、お互い交流して、とても勉強になり、わからないことがあると、調べたい、勉強したいと感じました。

ピアノの演奏を見て感動しました。
ピッコロ舞台技術学校の学生さんと一緒に舞台のシステムを見ました。

舞台の裏方のことも見学しました。
舞台や劇団について新しいことを知って、とても勉強になりました。

今は三年生なので、二週間のインターンシップで、いろんな人と出会い、交流してもらって、勉強になりました。

本当にありがとうございます。


【当日券情報】ピッコロ劇団『かさぶた式部考』 世田谷パブリックシアター公演

2017年10月13日 | ピッコロ劇団

 ピッコロ劇団第59回公演『かさぶた式部考』<世田谷パブリックシアター公演>では

10月14日・15日の両日、当日券をご用意いたします。

各回、開演1時間前より世田谷パブリックシアター前受付にて販売します。

10月14日(土)14:00

10月15日(日)14:00

〈全席指定〉 一般3500円 大学・専門学校生2500円 高校生以下2000円

*ご予約は、各回の前日まで承ります。

ご予約・お問い合わせ:ピッコロ劇団 TEL 06-6426-1940  FAX 06-6426-1943

ご来場お待ちしております。

 


【メッセージ】岩松 了 ピッコロ劇団代表より

2017年10月11日 | ピッコロ劇団

こんにちは。ピッコロ劇団代表の岩松了です。

10月14・15日の両日(ともに14時開演)、世田谷パブリックシアターでピッコロ劇団が『かさぶた式部考』(秋元松代=作、藤原新平=演出)を上演します。4年ぶりの東京公演です。

前回は、座・高円寺にて『不条理・四谷怪談』(別役実=作、佐野剛=演出)を上演しました。好評を博しましたが、その後、地元での公演スケジュールの問題などもあり、東京公演をすることが叶いませんでした。

ピッコロ劇団は23年前まさに、あの阪神・淡路大震災の前年に産声をあげ、直後の震災を乗り越え、数々の作品を発表してきました。古典から近年の若手作家の作品まで。

それは県立劇団としての責務を果たすという一面もあるでしょう。震災からの復興に演劇が少しなりとも役立てるはずだと劇団員たちが奔走したのと同じ意味で、地元の人たちに開かれた劇団でありたいという願いの表れでもあるのです。

今回は、独自の言語感覚で、力強く生きる人たちの生命を見つめた秋元松代の1969年の作品を文学座の藤原新平氏が演出する舞台。3年前に兵庫で上演したものにさらに磨きをかけて再演します。

発表からほぼ半世紀を経た今、ピッコロ劇団というプロの劇団の技で、どんな新しい舞台になるのか、限られた公演回数ではありますが、兵庫までいらっしゃれないお客様に是非ともご覧いただきたいと劇団員一同願っております。

頑張ります。よろしくお願いいたします。

兵庫県立ピッコロ劇団代表 岩松 了


【掲載情報】ピッコロ劇団『かさぶた式部考』

2017年10月08日 | ピッコロ劇団

毎日新聞(東京版)10/5付で「かさぶた式部考」東京公演について紹介されました。


■毎日新聞「骨太の秋元戯曲にピッコロが再挑戦『かさぶた式部考』
https://mainichi.jp/articles/20171005/dde/012/200/009000c

**********
兵庫県立ピッコロ劇団第59回公演
『かさぶた式部考』
作=秋元松代 演出=藤原新平(文学座)

【東京公演】
10/14(土)14:00
  15(日)14:00
世田谷パブリックシアター
一般3500円 大学・専門学校生2500円 高校生以下2000円

公演情報はこちら
http://hyogo-arts.or.jp/piccolo/event/detail/?id=198

お問合せ:ピッコロ劇団 06-6426-1940


【掲載情報】壁新聞を演じてみる

2017年10月01日 | 劇場の話題
今年の夏休みに、教職員を対象に行った「まわしよみ新聞」を演劇化する研修(壁新聞を演じてみる)が
毎日新聞(9/19付東京版)に掲載されました。*大阪版は10/3(火)朝刊に掲載。
 
「まわしよみ新聞」
陸奥賢さん(「まわしよみ新聞」考案者)
本田千恵子(ピッコロ劇団員)
寸劇の発表会
 
『新聞で学ぼう』WEB
 
ぜひ、ご覧ください。