今日のピッコロ

ピッコロシアター、県立ピッコロ劇団、ピッコロ演劇学校・舞台技術学校などのニュースや、日々の活動をご紹介します。

資料室だより・蔵書点検に伴う資料室休室のお知らせ

2016年04月30日 | 劇場の話題

2年に一度の蔵書点検のため5月17日(火)~24日(火)まで資料室を完全休室致します。

この期間中は貸出し業務ができません。また、資料室内のご利用もお断りさせていただきます。
蔵書点検は、資料室がコレクションしている本の冊数を把握するのと共に、延滞・盗難・紛失などで行方不明の資料を確認するために実施するものです。

現在、延滞中もしくは延滞しそうな方は、借り直しをしていただくか、一旦ご返却をお願い致します。
ご不便をお掛け致しますがご理解のほどお願い申し上げます。


平成28年度ピッコロ演劇学校・舞台技術学校 合同入学式 ― 夢への新たな第一歩

2016年04月29日 | 演劇学校・舞台技術学校

初夏を感じる陽気となった4月26日、ピッコロシアターで、ピッコロ演劇学校・舞台技術学校の合同入学式がおこなわれました。

校長でもある井戸敏三兵庫県知事から受講票を受け取ったのは、ピッコロ演劇学校本科34期生の34名、研究科33期生の32名、そしてピッコロ舞台技術学校25期生の31名。

 

年齢も職業も様々な97名が、授業を通じて、技術を習得し、また精神面も鍛えられ、1年間の様々な試練を乗り越えて、来年3月の合同卒業公演では、見事に学習の成果を発揮することでしょう。

 

第一線で活躍する講師陣とスタッフを備えたピッコロ演劇学校・舞台技術学校で、入学時に感じられたワクワク感を持ち続けて、楽しく学んでください。

ご入学 おめでとうございます。!


業務部長 中村


出演者募集開始!!『歌うシャイロック』

2016年04月27日 | ピッコロ劇団

兵庫県立ピッコロ劇団第57回公演/ピッコロシアタープロデュース
『歌うシャイロック』の出演俳優を募集します。

ピッコロ劇団では、関西で活躍する演劇人の力を結集しておくるプロデュース企画の第8弾として、2017年2~3月、神戸アートビレッジセンターにて、鄭義信=作・演出『歌うシャイロック』を剣幸、右近健一(劇団☆新感線)を客演に迎えて上演いたします。


この作品を製作するにあたって、ピッコロ劇団員とともに作品創作に参加していただける俳優を募集します。
詳細http://hyogo-arts.or.jp/piccolo/boshu/gdan/

お問合せ:ピッコロ劇団 06-6426-8088(直通)


【当日券情報】劇団うりんこ公演『罪と罰』

2016年04月22日 | 主催事業
4月23日(土)15:00開演の劇団うりんこ公演『罪と罰』の当日券は
14:00からピッコロシアター2階大ホール前の当日券売り場にて発売いたします。
 
全席自由席 当日券2800円(小学生以上有料)
※未就学児入場不可
 
お問合せ ピッコロシアターTEL 06-6426-1940 
 

募金のお知らせ

2016年04月17日 | 劇場の話題

「平成28年熊本地震」で被災された地域、被災者の皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。被災者の方々への救済が一刻も早く行われ、一日も早い被災地の復旧、復興を心よりお祈り申し上げます。

ピッコロシアターでは、災害義援金の募金活動を行うため募金箱を設置いたしました。

集められた義援金は、日本赤十字社を通じて被災地へ送られます。
皆様のご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。


喫茶ピッコロより~萩原珈琲

2016年04月15日 | 劇場の話題
リニューアルオープンした「喫茶ピッコロ」
現在、コーヒーがオープン記念価格300円(税込)でお楽しみいただけます。
 
オーナーおすすめの萩原珈琲は、
炭火焙煎にこだわり阪神間のモダンな市民に愛される味!
ロイヤルコペンハーゲンのエレガントなカップで頂けます。
 
オーナー手作りのカレーは、日によって素材がバラエティー豊富!
昨日は、茄子とシメジのマイルドなカレーでした。
自家製らっきょ付きで700円(税込)
 
今日から、ピッコロ劇団オフシアターVol・32「喜劇 かもめ」が上演されます。
開演前のひととき、美味しいコーヒータイムはいかがでしょうか?
 
<喫茶ピッコロ>
ピッコロシアター2階 大ホール横
営業時間 通常11:00~17:00
*ピッコロシアター主催の催しがある場合は延長あり
 

【チケット情報】ピッコロ劇団オフシアターVol.32「喜劇 かもめ」

2016年04月13日 | ピッコロ劇団
ご好評をいただき誠にありがとうございます。

全公演前売券完売については、すでにお知らせいたしましたが、当日券についても、全公演販売予定はありませんので、ご了承ください。


『小泉八雲展』開催中

2016年04月12日 | 劇場の話題
6月のピッコロ劇団第55回公演「メトミミトヤミ―小泉セツと八雲の怪談―」は、明治の文豪・小泉八雲と妻・セツの物語。
 
 
「日本の面影」「怪談(KWAIDAN)」などで知られる小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)は、松江・熊本で教壇に立った後、1894年から約2年間、神戸に住み英字新聞の記者として活躍しました。
 
八雲の旧居住地にあたる兵庫県中央労働センター内の「ひょうご労働図書館」では、現在、『写真と本で紹介する小泉八雲展』が、開催されています。
 
「八雲がつないだ日本の地、日本人のこころ」をテーマに、書籍やパネル展示などで八雲の足跡がたどれます。
 
『写真と本で紹介する 小泉八雲展』
5月31日(火)まで開催 *日曜・祝日・毎月第二月曜休館
ひょうご労働図書館(神戸市中央区下山手6-3-28 ℡078-367-3895)
入場無料

4月に入団した新劇団員よりごあいさつ

2016年04月09日 | ピッコロ劇団
4月1日付で、文芸演出部・神田あゆむ(かんだ・あゆむ)、俳優部・木村美憂(きむら・みゆう)の2名がピッコロ劇団に入団しました。稽古場ブログなどでもご紹介していますが、あらためて二人からごあいさつ申し上げます。

「ピッコロ劇団で様々な舞台に関わり、たくさん勉強し、舞台人として、また人としても大きく成長したいと思います。」
神田あゆむ(写真左)

「大阪生まれ大阪育ちです。失敗を恐れずに地に足つけて元気に頑張っていこうと思います! よろしくお願いします。」木村美憂(写真右)
フレッシュな新人2人への応援を、皆さまどうぞよろしくお願いいたします。

【掲載情報】ピッコロシアター資料室

2016年04月08日 | 劇場の話題
4月5日(火)付け毎日新聞朝刊『関西遊覧』で、ピッコロシアター資料室が紹介されました。
資料室の成り立ちや、ピッコロ劇団の初代劇団代表・故秋浜悟史さん、
前劇団代表・別役 実さんについても触れられています。
 

『関西遊覧』こちらからもご覧いただけます。