今日のピッコロ

ピッコロシアター、県立ピッコロ劇団、ピッコロ演劇学校・舞台技術学校などのニュースや、日々の活動をご紹介します。

【放送情報】FM宝塚で「あまに唄えば」紹介

2010年05月31日 | テレビ・ラジオ情報

6月3日(木)午前10時25分頃から~約15分間、FM宝塚の「演劇の輪」に劇団部制作担当の田房が電話生出演、目前に迫ったピッコロ劇団第37回公演「あまに唄えば」のみどころなどについてご紹介します。

どうぞお楽しみに。

FM宝塚のホームページ


広報☆古川


第29回社団法人日本照明家協会賞受賞

2010年05月29日 | ピッコロ劇団
このたび、平成21年度 第29回(社)日本照明家協会賞〈舞台部門〉の[優秀賞]に、“ピッコロ劇団:「門」若き日の近松”をプランを担当された西川佳孝氏(株式会社ハートス所属)が受賞されました。

西川氏のコメントです。
 
「門」は、個人的に「完全燃焼する事ができた作品」という印象です。
さらに観ていただいた多くの皆様からも、好評価をいただきました。
そんなところが受賞に繋がったのかなぁ~と、すべての皆様に感謝感謝です。
 
西川氏は今回の「あまに唄えば」の照明プランも担当されています。
 
広報☆古川


平井久美子と橘 義がモスクワ・ユーゴザーパド劇場に客演

2010年05月25日 | 外部出演
6月2・3日、モスクワのユーゴザーパド劇場で上演される「ハムレット」(演出=ワレリー・ベリャコーヴィッチ)に、
橘義(ハムレット役)、平井久美子(オフィーリア役)が客演として出演しています。
 
出発前の二人の抱負をご紹介します。

 

 
■みなさんこんにちは。ピッコロ劇団の橘義です。

このたび、3年前に上演致しました『ハムレット』の演出家ワレリー・ベリャコーヴィッチ氏より依頼があり、
彼が主宰するロシアの劇団ユーゴザーパドの公演にハムレット役で出演することになりました。
モスクワのユーゴザーパド劇場にて6月の2日と3日に上演いたします。
ようやく必要なビザの書類もそろい、あとはロシアに旅立つばかりです。
と言ってもロシアでの稽古はたった3日間!!しかなく、それまでに自分で稽古をしていかなければなりません。
自主稽古の毎日です。
またとない機会なので、頑張ると同時に目一杯楽しんで来たいとおもいます。
 
 
■劇団員の平井久美子です。

「ハムレット」の初演は6年前です。
演出家のワレリー・ヴェラコーヴィッチ氏は、今まで出会った誰よりもパワフルな人でした。
もちろん稽古もワレリーオーラで進んでいきます。
3年前の再演。その迫力は変わらず、稽古について行くのが楽しかった。
そして今回。
三度同じ役、オフィーリアで、日本を離れワレリーさん率いるユーゴザーパド劇団で公演できることの
不思議さと喜び!
ロシアに呼んで良かったと思ってもらえるように思いっきり舞台を楽しんできます!!!
 
 
今回、ロシアの俳優と共演する二人。
ロシア語と日本語での上演になるため、出国までにロシア語上演のビデオを繰り返し研究し、台詞の確認や自主稽古に黙々と励んでいました。
その成果はきっとモスクワの舞台で発揮されることでしょう。
帰国報告をどうぞお楽しみに。
 
広報☆古川 

【放送情報】NHK神戸放送で「あまに唄えば」が紹介されます

2010年05月25日 | ピッコロ劇団

NHK神戸放送の夕方の『ニュースKOBE発』で、「あまに唄えば」について岩松了劇団代表のインタビューと稽古場の様子が紹介されます。

■放映日 5月27日(木)18:10~19:00  
■番 組  NHK神戸「ニュースKOBE発」 
http://www.nhk.or.jp/kobe/program/001/index.html

写真は、稽古前の取材の模様。

岩松さんが毎回インタビューで強調するのは、「地元の、まだピッコロを観たことのない方、まだ芝居を観たことのない方に観ていただきたい!」ということ。



稽古場では、岩松さんらしい日常のリアリティもきっちりと追求され、ユーモラスなテイストも加わってきました。
稽古も大詰めです。

広報☆古川


【出演情報】FMいたみでピッコロ劇団や文学座公演の紹介をします。

2010年05月24日 | テレビ・ラジオ情報

5月26日(水)朝11時30分頃から、FM伊丹の「ハッピーファミリー~伊丹ふれあい通り」に、広報担当の古川知可子が出演して、ピッコロ劇団公演「あまに唄えば」と文学座公演「麦の穂の揺れる穂先に」のみどころをご紹介します。
 
伊丹、また近隣の皆さま、ぜひお聴きください。
FMいたみのホームページの動画サイトでは、スタジオの様子もご覧いただけます。
 
ハッピーFMいたみのホームページはこちらから

 


ピッコロ演劇学校<特別講義>『朗読』

2010年05月23日 | 演劇学校・舞台技術学校

5月22日(土)、23日(日)に俳優の伊藤惣一さんを講師にお迎えして、「朗読」の特別講義を開講しました。

まず「ういろう売り」のテキストをもとに発声やアクセントの指導を受け、後半は、音楽に合わせて数編の詩を朗読しました。

どの部分をどのスピードで読むのか、どの単語を強調するのか・・・
読む人によって少しずつ伝わるニュアンスが変わることが、聞いていてとても楽しく、 またそれによって伝わってくる世界観も変わってきます。

伊藤先生の授業は2回目だという、とある研究科生も、「去年はわからなかった感覚が、今年の授業を受けて少しわかった気がする!!」と。

この2日間を、これから本格化する演劇学校の授業にしっかり生かして欲しいと思います。

ピッコロ演劇学校担当 小梶


【出演情報】岩松了劇団代表がサンテレビに生出演

2010年05月21日 | テレビ・ラジオ情報
5月24日(月)17:30~サンテレビ「ニュースシグナル」に岩松劇団代表が生出演します。
稽古中の「あまに唄えば」の見どころや、劇団代表としての抱負などをお話します。
また、稽古風景や劇団員の山田裕、岡田力のインタビューも紹介されます。
 
サンテレビ「ニュースシグナル」http://www.sun-tv.co.jp/signal/
 
 
広報☆古川

「あまに唄えば」ロビーで放映中

2010年05月20日 | ピッコロ劇団
稽古真っただ中の「あまに唄えば」。
その稽古の様子と、岩松さん岡田力のインタビューをまとめたベイコミュニュケーションさんの番組を、劇場1階のロビーで放映を始めました。

約5分間です。
ピッコロシアターにお越しの際は、ぜひご覧くださいませ。

また現在、関西エンタメ情報サイト「Hatch-amp」でも岩松了さんのコメントを放映中です。

広報☆古川

「あまに唄えば」プレトーク~出会い・舞台ができるまで~開催

2010年05月15日 | ピッコロ劇団

ピッコロシアターでは、これまでにも、鑑賞劇場の前に出演者によるトークイベントを行ったり、文化セミナーを開催するなど、演劇鑑賞の手引きとなるような試みを開催してきましたが、今回は、初めてピッコロシアターを飛び出して、
貴布禰神社社務所で【プレトーク】を行いましました。

出演は、岩松了劇団代表と劇団員の孫高宏、岡田力、角朝子。
してゲストに貴布禰神社宮司・江田政亮さんをお迎えしました。


写真の段上左から 江田さん、孫さん、岩松代表、岡田、角。 

実は、今回「あまに唄えば」で孫が演じる役は、江田さんをヒントに描かれたもので、二人が並んで話す様子も楽しい風景になったかと思います。

ラジオのレギュラー番組も持つ江田さんは、ピッコロ劇団との出会いや尼崎という街の風景など、饒舌に明るく話してくださり、また、角朝子が劇中で演奏するため猛特訓中の島唄を披露するなど、和気藹藹としたトークイベントになりました。

参加くださった皆様ありがとうございました。
次は劇場でお会いしましょう。

劇団部制作 田房


新入団員 田中よし子

2010年05月14日 | ピッコロ劇団
ピッコロ劇団では今年4月から新しい劇団員3名を迎え、総勢35名で活動中です。
 
早速、オフシアター出演や「あまに唄えば」のスタッフワークにと活躍する新入団員を順次ご紹介してゆきます。
 
今日は田中よし子です。
先日のオフシアターvol.23「ワーニャ伯父さん!」で若手ながらマリーナという婆や役で貫禄の演技を見せて注目されました。
 
本人のコメントです。
 
「はじめまして!田中よし子です。
この春に、ピッコロ演劇学校研究科を卒業しました。
生まれてから、ずっと尼崎で暮らしてきたという、バリバリ『あまっこ』な私です。
元気に!パワフルに!ときには繊細に…頑張っていきたいと思いますので、
地域の皆様、どうぞ応援よろしくお願いします!」
 
現在、「あまに唄えば」の演出部員として舞台を裏から支えてくれています。
皆様どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
広報☆古川