今日のピッコロ

ピッコロシアター、県立ピッコロ劇団、ピッコロ演劇学校・舞台技術学校などのニュースや、日々の活動をご紹介します。

産経学園大阪校「楽しむ趣味の演劇講座」募集のお知らせ

2009年12月28日 | ピッコロ劇団

穗積恭平です。
今日は産経学園大阪校「楽しむ趣味の演劇講座」若干名の募集のお知らせです。

講師を始めて3年目になります。
月に2回と不定期ですが半年で12回のレッスンを行い、そして発表会をおこないます。


レッスンの内容は、エクササイズやゲームで心と体をリフレッシュ、楽しみながら身体で表現します。
言葉、イメージをふくらませてグループでの創作。
そしてあなたの魅力や人前での表現をもっと豊かにしませんか。


募集は、年齢・性別・経験は関係ありません。
慣れてきたら、台本を使って役を演じてみましょう。

講師は私穗積恭平と、アシスタントは広瀬綾子です。
クラスの授業はこんな雰囲気です。


途中入学可能です。年明け1回目1月9日(土)です。
それではお待ちしております。楽しみましょう。

見学入学のお問合せは産経学園大阪校   06-6373-1241 までお願いします。


中学生が「うそツキ、大好き、かぐや姫」をPR!

2009年12月24日 | 劇場の話題

「トライやるウィーク」で受け入れていた中学生6名が、ピッコロ劇団ファミリー劇場「うそツキ、大好き、かぐや姫」のPR文章を書いてくれました。
企画書を読み、初演のDVDを鑑賞してから、稽古場で実際の稽古を見学し、考えに考えた力作です。
それぞれ個性的で、視点も様々。中学生の目線で「かぐや姫」の魅力が表現されています。
ぜひ、お読み下さい。

「一風変わった舞台」 尼崎市立園田中学校 池田

普通のかぐや姫じゃなくて、「嘘」が好きなかぐや姫。
そんなギャップがすごく大好きです。
最初は子ども向けで、童話の様な話かな?と思っていました。
しかし、どんな年代の方でも楽しめる話であり、その上、芝居あり!歌あり!踊りあり!だし、「ウソつき」という、ちょっと変わった設定で普通の演劇とは違う舞台が、「ウソつき大好きかぐや姫」には、あると思います。

2009年の最後の思い出作りにきっといいものになると思います。
だから是非、観に来て下さい!!!!


「ワクワク、ドキドキの世界」 尼崎市立園田中学校 西ノ

マコトと言う小学5年生が、ウソつきの国から現代に迷いこんで来たかぐや姫と、冒険するストーリー。
「ウソには良いウソと悪いウソがある」ということが、改めて分かる作品だと思います。


マコトと姫たちの話がすごく面白いし、帝(みかど)と姫のシーンの時の歌がきれいにハモってて、とても魅力的です。
家族みなさんで楽しめる作品ですので、ぜひ見に来て下さい。

 

「キャラ設定が・・・」  尼崎市立園田中学校 早川

この「うそツキ、大好き、かぐや姫」の見どころは、1つ目に、かぐや姫のキャラ設定です。
とくに、かぐや姫のウソをつくキャラのおもしろさが見どころです。
2つ目に、セリフがまざり合うところが迫力があってすごいと思いました。
この劇は、かぐや姫が現代にやってきてウソをつく、面白い劇です。


「古文もカンタン!!」 尼崎市立大庄中学校 迫平

「うそツキ、大好き、かぐや姫」は、本当に小さい子でも楽しめる作品だと思います。
歌と劇とが交ざり合う中、何と言っても飽きませんっ!!


学校で習った「竹取物語」は、古文を中心に習っていたのですが、私は正直古文が苦手です・・・。
でもその古文さえもおもしろく表されていて、とても不思議でした(^^)
「うそつき」が「うそ月」というのはとてもおもしろい表現だと思いました。

私は、劇中の歌がとても好きです。
「かぐや姫」という誰でも知っている事を元に・・・なので、話こそは違いますが、分かりやすい内容だと思いますので、是非見に来て下さいッッ!!
 

「物語の世界へ・・・☆」 尼崎市立大庄中学校 森野

「うそツキ、大好き、かぐや姫」はとても楽しいお話です(^^)♪
お話の中で私が気に入っているところをいくつか紹介します。


まず1つ目は、歌、踊り、お芝居の3つが揃っていることです。
歌も踊りもお芝居もとても上手で、始まってすぐ物語の世界に引き込まれます。


2つ目は、登場人物の服がかわいいところです。
特に、かぐや姫の着物がすごく綺麗でした(‘∀`)
とにかく、子供から大人までみんなが楽しめると思います。
是非見に来て下さい!!


「個性的ww」  尼崎市立大庄中学校 松本

この「ウソつき、大好き、かぐや姫」は踊り、歌、物語ひとつひとつが小さなお子様にも楽しんでもらえる様に工夫されています。
話の中で時々ダジャレが入っていたり(笑)突然、客席の赤ちゃんが号泣するほどビックリするシーンがあったり・・・(笑)
最初っからこんなエピソードがあるので面白いです☆

本当に個性的なお話です。
歌を歌いながら踊る時、みんな笑顔で楽しそうに歌って踊っているので私達まで笑顔になっちゃいます☆
一人一人が楽しめるお話なので、是非見に来て下さい(w)!

広報☆古川


クリスマスイヴのかぐや姫!

2009年12月24日 | ピッコロ劇団
Merry Xmas♪ 

街はクリスマスムードがいっぱいですね。
西宮北口も西宮ガーデンズやアクタに向かうお買い物の人たちで大賑わい。

その阪急西宮北口の駅構内に「うそツキ、大好き、かぐや姫」の特大ポスターが登場しました。
西北の待ち合わせのメッカ“カリヨン時計”を囲む6本の柱すべてが「かぐや姫」一色になっています!

劇場の中では、着々と公演の準備とリハーサルが進んでいますが、劇場の外でもお客様のお越しを待って準備は万端です。
一年の最後にピッコロ劇団ファミリー劇場「うそツキ、大好き、かぐや姫」で
あたたかな思い出を作ってくださいね。

ポスターは公演中も掲示されています。

広報☆古川

「芸術文化センターの舞台って どきどき!」~“本日の劇場”阪急中ホール編~withピッコロ劇団

2009年12月23日 | ピッコロ劇団

今日は芸術文化センターでバックステージツアーが開催されました。


その名も・・・
≪「芸術文化センターの舞台って どきどき!」“本日の劇場”阪急中ホール編~withピッコロ劇団≫
 
お申し込み数は60名余り。
2班に分かれ劇場の奈落や舞台裏など普段は見られない場所を芸文センター職員の案内で巡ります。


「うそツキ、大好き、かぐや姫」の仕込みが進む中ホールでは今回の演出助手である劇団員の眞山を中心に舞台美術の一部を説明したり音響のこと照明のこと・・・
お芝居を創る過程をほんのちょっと覗いてもらいました。
 
約1時間半のツアーは盛りだくさん。
楽屋ですれ違う衣装姿の俳優に目をまん丸にして「公演が楽しみ!」と言ってくださった皆さん!
劇場でまたお会いしましょうね。

劇団部制作:田房


関西の演劇 活性化プロジェクト「創造集団の活動展」

2009年12月20日 | 劇場の話題
ピッコロシアターでは兵庫県立ピッコロ劇団創立15周年記念企画のひとつとして、展示室にて<関西の演劇 活性化プロジェクト「創造集団の活動展」>を展開しています。
 
ピッコロ劇団15年のあゆみだけでなく関西で活躍する劇団のチラシやポスターなど活動情報を展示しています。
 
<期間>12月18日(金)~平成22年1月26日(火)
<時間>午前10時~午後8時
 
実は自然光をとりいれたピッコロシアター展示室はちょっとした穴場です。
普段は ピッコロ演劇学校・舞台技術学校の卒業公演の舞台写真を展示しています。
広く皆様に貸し出しもしており書道や絵画などの作品展にもご使用いただけます。
 
ぜひ一度お立ち寄り下さい。
 
劇団部 田房

「歌って、踊って、かぐや姫」テレビ放映のお知らせ

2009年12月15日 | テレビ・ラジオ情報
13日に「アクタ西宮クリスマスイベント」の一環として円形デッキにて行われた「歌って、遊んで、かぐや姫」。

この様子が12月20日(日)正午からのサンテレビ「週刊ひょうご夢情報」で放送される予定です。

どうぞお見逃しなく!

劇団部制作:田房




「真田風雲録」読み合わせスタート!

2009年12月14日 | ピッコロ劇団

昨日、いよいよ県立ピッコロ劇団第36回公演『真田風雲録』の顔合わせと読み合わせが行われました。


2月公演『真田風雲録』では、ピッコロ劇団員以外に、関西の若い演劇人のパワーを結集しておおくりします。
出演者、スタッフが一堂に会すると、稽古場はまるでセンター試験の会場の様!


この力が集結して、芸術文化センター阪急中ホールの舞台で大暴れします。


どうぞお楽しみに!

 

劇団部制作:田房


歌って、遊んで、かぐや姫

2009年12月13日 | ピッコロ劇団

本日、1213日(日)は13時から、恒例の「アクタ西宮クリスマスイベント」の一環として円形デッキにて「歌って、遊んで、かぐや姫」を行いました。


寒い曇り空の下、多くのお客さまが、お買い物やお食事の合間に立ち寄って下さいました。

今年は、“かぐや姫の絵描き歌”を用意。
ヒメが登場すると、なんと曇り空の合間から陽が差し込み、拍手も湧きました。
舞台に上がってお絵かきに挑戦した、二人の積極的な女の子には、公演のチケットを、客席で、お絵かきを楽しんでくれた皆さんにも、お菓子などをプレゼントしました。



参加して下さった皆様、ありがとうございました。また、劇場でお会いしましょう。

劇団部制作:田房



高校生が劇団員にインタビュー

2009年12月11日 | ピッコロ劇団
『うそツキ、大好き、かぐや姫』の思い出し稽古まっただ中、兵庫県立加古川西高等学校から女子高校生2名が劇団部を訪れました。

これは、加古川西高校が行っている「将来の職業分野におけるリーダーシップの基礎を形成する」というテーマにおける取り組みの一環で、今回は、俳優を目指す2名が、劇団員:安達朋子、木全晶子にインタビューをし、稽古場を見学しました。

役への取り組み方や、演技の基礎についてなど、率直な質問を展開し、和やかにインタビューを終えた後、稽古場見学では、ダンスシーンを食い入るようにみつめていた二人―――。

将来、プロの俳優同士で、同じ舞台に立つ日が来るかも知れませんね。
 
劇団部制作:田房

【出演情報】FMあまがさきに森好文出演

2009年12月10日 | テレビ・ラジオ情報
FM尼崎の「モーニング・アベニュー」に劇団員の森好文が生出演します。
■12/15(火)10:30~ 約15分間 
■パーソナリティーはお馴染みの山本晃子さん
 
「うそツキ、大好き、かぐや姫」の稽古の様子や、役どころについてご紹介します。
好文さんの役は、お見合いクラブの謎のおじさん・テイさん!
夏休み公演では客席から登場し、その怪しい魅力に何故か子ども達に大人気でした。
 
尼崎市内の皆様、15日の10:30は、82.0HMzに合わせて下さいね。
 
 広報☆古川