今日のピッコロ

ピッコロシアター、県立ピッコロ劇団、ピッコロ演劇学校・舞台技術学校などのニュースや、日々の活動をご紹介します。

ピッコロ舞台技術学校「OBのいま」③ 岩花さとみ さん

2019年03月26日 | 演劇学校・舞台技術学校

あちらこちらで桜の開花宣言がされ、春の訪れを感じる今日この頃。

先日、平成31年度生の前期選考試験があり、4月から新たに入学する第28期生の一部が決定しました。3月に卒業した27期生は、舞台関係の仕事に進んだ人も多かったため、春からはニューフェイスが増えそうです。

久々に掲載の「OBのいま」は、舞台技術学校9期・10期卒業生で「株式会社ハートスの岩花さとみさん」です。

『みちのくのスポーツ少女!!』

岩花さんは岩手県出身。幼い頃から運動神経抜群で、小中学校ではサッカー部・陸上部・バトミントン部など様々な運動部を掛け持ちし、雄大な自然の中を駆け回っていました。将来はオリンピック選手?と騒がれていたかどうかはわかりませんが、アクティブなスポーツ少女としてその名を轟かせていました。

『そして高校へ!』

そんな岩花さん。高校に入学し運動部からの勧誘合戦が繰り広げられた結果、勝ち名乗りをあげたのは、なんと演劇部!? ある意味体力勝負的なところもある演劇はスポーツの一種目と考えられなくもないですが、かなりの方向転換… 周りの人たちもさぞかし驚いたことでしょう。これは、宝塚歌劇大ファンの先輩に引っ張られてのこと。演劇部に籍を置き、何だかわからないままに演劇少女への道を邁進(まいしん)することになります。

『そして関西へ!』

高校時代は宝塚先輩の英才教育を受け、演劇人としてもデビュー?を果たした岩花さん。大学は岩手からわざわざ1000㎞以上離れた関西の大学へ!

しかし舞台とは全く関係のない学部への進学で、やはりと言うか当然というか大学時代はキャンプをしながら高校生と交流するサークルに所属し、北海道から九州まで全国津々浦々の山野を巡っていく超体育会系な活動に明け暮れていました。

『そしてピッコロへ!』

ご両親は放任主義だったため、就職を急かされることもなく優雅な学生時代を過ごしてきた岩花さん、卒業後はフリーターをしながらゆるゆると暮らしていました。

大学時代は演劇から離れていましたが、宝塚先輩の教育のおかげか観劇だけは地道に続けていて、劇場でたまたま見つけた舞台技術学校募集チラシを見て即入学を決意したそうです。高校演劇部の経験から、観劇のたびに裏方さんの技術や発想のすごさに魅了されていて自分でもやってみたいと常々思っていたからです。かつてのスポーツ少女の人生は、これをきっかけに大きく転換していくこととなります。

『そしてプロの道へ』

舞台技術学校には結局2年間通って、株式会社ハートスにアルバイトとして入り、その後働きぶりが認められて正社員として採用されました。ピッコロに通い始めたころはプロになろうとは思ってなかったのですが、熱心に自分のやりたいことをやり続けたことがプロ技術者という結果となってあらわれました。ご本人曰く「もちろん運や巡り合わせも良かったのだと思いますが、頑張ってきたからこその“運”だと思います。」

 
『物語はこれで終わりじゃない!』

入社後数年は懸命に現場の仕事に取り組んでいましたが、異動で大阪の国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)の劇場管理を任されることになりました。担当は自分ひとり…これまでは照明だけやっていればよかったのが、舞台・音響・映像・マネジメントに至るまであらゆることをやらなくてはいけなくなり、てんてこまい!大失敗は数知れず…大変でしたが、初めての劇場付きは仕事面だけでなくホールを利用される方たちとの交流など、数多くの体験ができて、岩花さん自身にとって大きな財産となりました。

『岩花さんから、プロを目指す未来の後輩たちへ』

上司からピッコロ舞台技術学校の講師を打診されたときは、正直ビビりました。他人にモノを教えるなんて経験はほとんどなかったから。それでも頑張って講師を始めてもう8年、いつも思うのは「勉強になる」ということです。ほとんどの学校生が初心者なので、その人たちに伝えていくとき、いつも何となくやっていたことの意味や業界で当たり前に通じていることが、普通の人には当たり前でないということに気づかされます。ちゃんと伝えるために伝え方・接し方を考える、これが毎日の仕事の中でも活きてきていて、毎年新しい後輩たちに出会うのがとても新鮮で楽しみです。

この学校を受験しようという人の中には、プロを目指している人もいると思います。実際多くの先輩たちが活躍していますし、恐れずチャレンジしてほしいと思います。わたしがみなさんに言えることは、まず“好き”という気持ちが必要だということ。何が好きで何をやりたいかということを考えてほしい。そして仕事になっても勉強は必要であるということ。私自身、多忙ですが観劇にはできる限り通うようにしています。私にとって演劇はもう人生に欠かせないものとなっていますし、他のプランナーやオペレーターのアイデアや技術を学ぶ絶好の機会だからです。

“好き”を仕事にすることは夢ではありません!趣味を持ちましょう、挑戦しましょう。この世界はいつでもあなたたちを待っています。悩んだり考えたりしているだけでは道は開けません、さあ動き出しましょう!

『最後に』

こういう風に他人を励ましていると「あなたは才能があるから」とか「できる人だから」とか言う人もいますが、私はどちらかというと、覚えるまでに時間のかかるタイプで、決してエリートではなかったと思っています。同じことでも3日でできる人もいれば3年かかる人もいます。最初は順調でも後々伸び悩む人もいるし、その逆だって… 人はその人の数だけ個性や才能が眠っているものです。誰でも化ける可能性は秘めています。私は本人がやりたいという気持ちと情熱を失わない限りは、応援していこうという気持ちを持っています。

では4月に、また新しい後輩たちに出会えることを楽しみにしています。

岩花さんの「OBはいま」はいかがでしたか?過去に掲載された「OBはいま」もお読みいただけます。以下のリンクからどうぞ。

「OBのいま」① 渡辺 舞さん

https://blog.goo.ne.jp/piccolo-town/e/35cba71e5ed9b9a72af6211de56d676f

「OBのいま」② 竹内哲郎さん

https://blog.goo.ne.jp/piccolo-town/e/b774881da7ed9387da51e4ab406f6aaa


卒業公演 終了!!

2019年03月13日 | 演劇学校・舞台技術学校

去る3月10日(日)、ピッコロ演劇学校・舞台技術学校 平成30年度「合同卒業公演」無事に終演いたしました!

演劇学校〈本科〉35名・〈研究科〉16名・舞台技術学校26名。

73名の学校生が巣立っていきました。

学校生の皆様お疲れ様でした。そして、ご卒業おめでとうございます!

これからのご活躍をお祈りするとともに、いつかまたこの劇場でお会いできるのを楽しみにしています。

 

演劇学校〈本科〉36期生・舞台技術学校27期生

『二十世紀少年少女唱歌集』

作=鄭義信  潤色・演出=本田千恵子(ピッコロ劇団)  

 

演劇学校〈研究科〉35期生

『罪と罰~神に選ばれた男~』

作=ドストエフスキー  構成・台本・演出=島守辰明(ピッコロ劇団)

 

そして、ピッコロ演劇学校・舞台技術学校は、2019年度生 願書受付中です。

詳細はこちら↓

http://hyogo-arts.or.jp/piccolo/school/

舞台技術学校担当 木屋村


デジタルサイネージ登場!!

2019年03月12日 | 演劇学校・舞台技術学校

阪急百貨店うめだ本店前に「ピッコロ演劇学校・舞台技術学校」2019年度生募集の特大デジタルサイネージが登場! 

ド迫力です!!

  

お近くを通る際には、ぜひご注目ください!! 掲出期間は3月17日(日)まで。

2019年度生募集の詳細 → http://hyogo-arts.or.jp/piccolo/school/

 

また、3月11日付け神戸新聞朝刊では、10日に開催した「平成30年度合同卒業公演」と修了式について掲載されました。

神戸新聞nextでもご覧いただけます。

https://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/201903/0012135112.shtml

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【当日券情報】ピッコロ演劇学校・舞台技術学校 平成30年度合同卒業公演

2019年03月08日 | 演劇学校・舞台技術学校

ピッコロ演劇学校・舞台技術学校「平成30年度合同卒業公演」は、両日とも当日券をご用意いたします。

それぞれ開演1時間前より、ピッコロシアター大ホール前にて販売します。

 

*********************

 

演劇学校〈本科〉36期生・舞台技術学校27期生 『二十世紀少年少女唱歌集』

 

作=鄭義信  潤色・演出=本田千恵子(ピッコロ劇団) 

 

 

 

演劇学校〈研究科〉35期生『罪と罰~神に選ばれた男~』

 

作=ドストエフスキー  構成・台本・演出=島守辰明(ピッコロ劇団)

 

 

3月9日(土)17:30/10日(日)13:00  ピッコロシアター 大ホール

 

 

前売 一般1500円 高校生以下1000円 

 

当日 一般1800円 高校生以下1300円

 

*前売券のご予約は、各回の前日まで受付しております。

 

予約・お問合せ:ピッコロシアター  TEL 06-6426-1940 

http://hyogo-arts.or.jp/piccolo/event/detail/?id=262

 

また、両校の2019年度生も募集中です。詳細 http://hyogo-arts.or.jp/piccolo/school/


卒業公演 仕込み開始!

2019年03月02日 | 演劇学校・舞台技術学校

今日からピッコロ演劇学校・舞台技術学校の合同卒業公演の仕込みが始まりました!

昨日の舞台技術学校の授業では、仕込みに向けて各コース最終調整を行いました。

 

音響コースは本科の通し稽古に参加。

音楽やSEのきっかけを確認しながら、本番通りにオペレーションを行いました!

 

 

照明コースは最終ミーティング中…

図面やきっかけの確認をチーム内で共有し、明日からの仕込みに備えます。

 

 

美術コースは道具製作の作業がすべて終了!

製作物の整理を行い、ホワイエでの展示に向けて準備中です!

 

 

公演は3月9日(土)・10日(日)、ピッコロシアター大ホールにて。

いよいよ上演まであと7日。

どんな舞台が出来上がるのか、とても楽しみです!

公演詳細 http://hyogo-arts.or.jp/piccolo/event/detail/?id=262

 

舞台技術学校担当 木屋村

 

 

 


卒業公演 稽古中!!

2019年02月26日 | 演劇学校・舞台技術学校

ピッコロ演劇学校・舞台技術学校「平成30年度合同卒業公演」に向けて、学校生は連日稽古に励んでおります!

それぞれの稽古の様子です。

 

演劇学校本科生と舞台技術学校生は鄭義信作「二十一世紀少年少女唱歌集」

 

演劇学校研究科生はドストエフスキー作「罪と罰」を上演します。

 

学校生たちの1年間の集大成を是非ご覧下さい!!

*********************

演劇学校〈本科〉36期生・舞台技術学校27期生 『二十世紀少年少女唱歌集』

作=鄭義信  潤色・演出=本田千恵子(ピッコロ劇団) 

 

演劇学校〈研究科〉35期生『罪と罰~神に選ばれた男~』

作=ドストエフスキー  構成・台本・演出=島守辰明(ピッコロ劇団)

 

3月9日(土)17:30/10日(日)13:00  

ピッコロシアター 大ホール

チケット販売中!!(全席自由)

前売 一般1500円 高校生以下1000円 

当日 一般1800円 高校生以下1300円

*前売券のご予約は、各回の前日まで受付しております。

予約・お問合せ:ピッコロシアター  TEL 06-6426-1940

http://hyogo-arts.or.jp/piccolo/event/detail/?id=262

 

また、両校の2019年度生も募集中です。

詳細 http://hyogo-arts.or.jp/piccolo/school/

 

  演劇学校担当 山中


「動く彫刻」いいむろなおき先生

2019年01月20日 | 演劇学校・舞台技術学校

1月20日(日)、ピッコロシアター中ホールにてピッコロ演劇学校本科の授業を開講。

今日の講師は、マイム俳優のいいむろなおき先生と青木はなえ先生です。

いいむろ先生と青木先生には、3月9日(土)・10日(日)のピッコロ演劇学校・舞台技術学校の合同卒業公演で、ムーヴメント指導もしていただきます!

本日は「動く彫刻」というテーマで、午前中は身体の動きの基礎を、午後は卒業公演に向けてのお稽古をしていただきました。

  

卒業公演の稽古もいよいよ本格的に!

怪我や病気などなく、全員が最後まで全力疾走できますように!

  

演劇学校担当 山中


ピッコロ舞台技術学校授業「ダンスの明かり」

2019年01月17日 | 演劇学校・舞台技術学校

ダンス公演の照明を中心に、国内外で活躍されている三浦あさ子先生の実習授業を2日間にわたって行いました。

プロダンサーの方の踊りに合わせ、照明コース生が様々なパターンの明かりを当てながら、具体的な明かりづくりの方法やキッカケの合わせ方など、実践的な授業が行われました。

 

ダンス照明は需要が多く、照明家を志す人ならぜひ学んでおきたいもの。

和気あいあいとした雰囲気の中にも、真剣な表情で取り組む学校生のまなざしが印象的でした。

さて、いよいよ「ピッコロ演劇学校・舞台技術学校 平成31年度生募集」の受付が始まりました。

所定の用紙に必要事項を記入の上、受験料3000円を添えてお申し込みください。

また、郵送でも「募集案内」をお送りいたします。

 

ご希望の方は、ピッコロシアターホームページ・電話・FAXなどからお問い合わせください。

お問い合わせ先:ピッコロシアター

【電話】06-6426-1940 【FAX】06-6426-1943

詳細およびフォーマットは → http://hyogo-arts.or.jp/piccolo/school/

 

舞台技術学校担当 西岡

 


ピッコロ演劇学校 オープンキャンパス開催

2019年01月16日 | 演劇学校・舞台技術学校

1月14日(月祝)、ピッコロシアター大ホールにて、ピッコロ演劇学校オープンキャンパス「体験入学」を開催しました。

様々な年齢、学生から社会人まで45名の方にご参加いただき、中には中国地方や四国からお越し下さった方も!!

 

参加者の皆さんは、担当職員から学校の説明を受けた後、在学生とともに身体をたくさん使った課題に取り組んでいただきました。外は寒い季節ですが、ホール内はみなさんの熱気と笑顔でいっぱいです!

 

最後には在学生が、3月9日(土)、10日(日)に行われる合同卒業公演の宣伝を行いました。

卒業公演は、演劇学校生と舞台技術学校生が互いの力を発揮しながら、共同でひとつの舞台を創り上げていきます。

平成30年度生の1年間の学習成果を、ぜひ劇場まで見にいらしてください!

 

また、平成31年度生の募集を開始しました!

詳細はこちらから → http://hyogo-arts.or.jp/piccolo/school/

 

演劇学校担当:山中

 


合同卒業公演にむかって。

2019年01月11日 | 演劇学校・舞台技術学校

1月10日、ピッコロ演劇学校・舞台技術学校では、学校生と講師陣、公演をサポートしてくださるスタッフの方々とが一同に会し、平成30年度の合同卒業公演の顔合わせ会を行いました。

学校生総勢73名の力を結集し、講師陣やスタッフの皆様の知恵と力をお借りしながら、公演に向けて準備を進めていきます。

公演は3月9日(土)17:30、10日(日)13:00、ピッコロシアター大ホールにて上演いたします。

詳細はピッコロシアターホームページで後日発表します。

この1年、学校生たちが積み重ねてきた集大成をぜひご覧ください。

 

また、ピッコロ演劇学校・舞台技術学校では、1月14日(月祝)より、平成31年度生の募集を開始します。

前期試験の応募締切は3月20日(水) 、選考試験は舞台技術学校と演劇学校研究科が3月23日(土)、 演劇学校本科が3月24日(日)です。

学校案内パンフレット・願書をご希望の方は、ピッコロシアターホームページからお申し込みいただくか、劇場まで直接(電話・FAX・来館)お問い合わせ下さい。

電話06‐6426‐1940 FAX06‐6426-1943

舞台技術学校担当:木屋村