今日のピッコロ

ピッコロシアター、県立ピッコロ劇団、ピッコロ演劇学校・舞台技術学校などのニュースや、日々の活動をご紹介します。

Piccolo Side Story <5> 2011年を振り返る

2011年12月28日 | piccolo side story

2011年のピッコロを一言で表現するとしたら“新しい出会い年〝だったと思う。
“出会い“をキーワードに2011年を振り返った。

<2月>関西の演劇人を結集した大型公演!

ピッコロシアターがプロデュースし、「天保十二年のシェイクスピア」(作=井上ひさし 演出=松本祐子)を県立芸術文化センター 阪急 中ホールで上演。ピッコロ劇団員に加え、関西で活躍する俳優陣総勢40名の大所帯でのスケール大きな公演。

個性的で魅力的な俳優達との出会いに劇団員も大いに刺激を受けた。

<6月>尼崎市と兵庫県の共同製作

 
尼崎市・(財)尼崎市総合文化センターとピッコロシアターが共同で制作・公演。第4回近松戯曲賞(尼崎市主催)を受賞した角ひろみさんの「螢の光」(作=角ひろみ 演出=深津篤史)をピッコロ劇団が上演。
 
実は、角さんは県立宝塚北高等学校演劇科の卒業生。卒業公演の会場はピッコロシアターの大ホールだった。そして、二十歳の記念には、中ホールで劇団芝居屋坂道ストアの公演を行った。あれから16年――。彼女の書いた戯曲が大ホールで上演された。これは新しい出会いというより、演劇の神様が下さった嬉しい再会劇だった。
 
<5月~>被災地との交流始まる

 
被災地からの要望を受け、『阪神・淡路大震災と兵庫県立ピッコロ劇団の活動記録』を被災地へ届けることから始まった交流は、8月、ピッコロ劇団員4名が仙台市を訪ね、子どもむけの演劇ワークショップを開催、地元のアーティストや演劇関係者と今後の演劇を通した支援や交流の方法を話し合うことへつながった。
 
9月には、震災で活動の場をなくした仙台から招いたSENDAI座☆プロジェクトをが、中ホールで「十二人の怒れる男」を上演。熱演・好演に満員の客席から大きな反響があり、来年の来演も決まった。
 
被災しながらも懸命に表現する彼らとの出会いは、あらためて地域で演劇を創ることや演劇の力を考え直す機会になった。
 
<10月>中学生2500人がピッコロ劇団を観劇
 
前回のPiccolo  Side Story<4>でも詳しくご紹介したが、県内の中学生のための演劇鑑賞事業「わくわくステージ」で、13校、約2500人の中学生が、ピッコロ劇団公演「しんしゃく源氏物語」(作=榊原政常 演出=白組・眞山直則 紅組・吉村祐樹)を鑑賞。新しい未来の観客との出会いになったと大いに期待したい。
 
<12月>ピッコロ劇団ファミリー劇場に子ども24人が出演

 
兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホールで上演したピッコロ劇団ファミリー劇場「扉のむこうの物語」(原作=岡田淳 台本=つげくわえ 演出=平井久美子)には、オーディションで選ばれた小学2~中学3年までの24人の子どもが出演。
 
演出の平井久美子(ピッコロ劇団)によると、子ども達の出演場面は本人たちの意見も取り入れ、一緒にシーンづくりをしたとか。歌・ダンスだけでなく、芝居の楽しさも感じてもらえただろうか。
 
その他にも、ここには書ききれない多くの出会いがあったが、なにより、多くの新しいお客様との出会いが一番であることは言うまでもない。
 
2011年、ピッコロシアター・ピッコロ劇団を応援して下さった皆様、ありがとうございました。
 
そして、まだピッコロを「知らない」「見たことない」「行ったことない」という多くの皆さま、来年はぜひ、出会いましょう!
 
2012年希望の年へ。演劇の力が少しでも発揮できることを願って――。
 
(業務部 古川知可子)


【発売情報】「桂米團治独演会」発売開始

2011年12月16日 | 主催事業
今日から、2月11日開催の「桂米團治独演会」のチケット一般発売を開始しました。
毎年人気の落語会。
良いお席はお早めにご予約くださいませ。
*2012ピッコロ寄席「桂米團治独演会」
 2月11日(土祝)開演午後2時
 〈出演〉「動物園」團治郎、「鷺とり」米團治、「向う付け」紅雀
      「たちぎれ線香」米團治 (中入) 「蛸芝居」米團治
 〈全席指定〉一般2500円 高校生以下2000円
 〈発売場所〉ピッコロシアター/ローソンチケット/塚口さんさんタウン
 
広報☆古川

いいむろなおきさん受賞

2011年12月07日 | ピッコロ劇団
先日のピッコロシアター文化セミナー〈78〉では、善竹隆司さんとの楽しいトークと実演を披露してくださったマイム俳優のいむろなおきさんが、この度、平成23年度兵庫県芸術奨励賞を受賞されることが発表されました。
 
 
先日の文化セミナーより
(左)いいむろなおきさん (右)善竹隆司さん
 
 
いいむろさんには、これまで、ピッコロ演劇学校の講師や、ピッコロ劇団のおでかけステージ「ピッコロ版 銀河鉄道の夜」でもご指導いただいています。おめでとうございました。
 
 
広報 古川

【開催案内】「扉のむこうの物語~岡田淳の物語世界」開催中

2011年12月06日 | 劇場の話題

現在、兵庫県立図書館(明石)では、「扉のむこうの物語~岡田淳の物語世界」展を開催中です。

岡田淳さんは、神戸在住の児童文学者で、ピッコロ劇団ファミリー劇場「扉のむこうの物語」の原作者でもあります。

岡田さんの本や、「扉の~」舞台写真や見どころなどを展示して岡田作品と舞台の魅力をご紹介しています。
「扉の~」は赤い鳥文学賞を受賞したお子様から大人まで読みごたえのあるファンタジックな作品です。

“読んでから観る” “観てから読む”
どのように楽しむかはあなた次第!
ご家族で“読む&観る”の冬休みはいかがでしょうか?

県立図書館http://www.library.pref.hyogo.jp

広報☆古川

 


【当日券情報】桂吉朝一門会

2011年12月02日 | 主催事業
12月3日(土)14:00開演
2011ピッコロ寄席「桂吉朝一門会」
出演=あさ吉・吉弥・よね吉・吉坊・吉の丞
〈全席指定〉一般2500円 高校生以下2000円
当日券は、開演の1時間前より大ホール受付にて発売いたします。